現在位置 : 福ナビホーム > 特集記事 > 介護保険の動向と実際例
特集記事

介護保険の動向と実際例

関西国際大学  長谷憲明 氏

平成24年4月の法改正から1年が経過し、新たな課題等についても徐々に明らかになってきました。また平成26年の法改正と第6期介護保険事業計画の策定に向けての動きも始まっています。
本特集では5回に分けて、筆者が経験した介護保険の利用例や現在進行中の地域包括ケアのしくみづくりなどについて触れるとともに、次期の法改正の動向等について、公表されているデータを用いながらお伝えします。
前回の特集記事は⇒こちら

執筆者紹介

長谷 憲明(ながたに よしはる)氏
1970年早稲田大学商学部卒業後、東京都入庁。福祉事務所勤務、保護課、障害、高齢、企画等の仕事に従事し、2002年3月退職。 同年4月関西国際大学経営学部教授に就任し、2009年3月退職。2005年4月から2012年3月まで明治大学公共政策大学院ガバナンス研究科兼任教員、2009年4月から2012年3月まで公益財団法人東京都福祉保健財団事業者支援部参与。

2011年2月より関西国際大学学長特別補佐(客員教授)となり、2012年4月より同大学にて教育学部教授として教鞭を執るかたわら、介護関連の講演などを多数行なっている。 単著『新しい介護保険のしくみ』(発行:瀬谷出版)、共著 『介護支援専門員養成研修教本 基礎編 三訂版』(発行:公益財団法人東京都福祉保健財団)、『通所介護等の仕事』(通所介護等検討会 編)(発行:公益財団法人東京都福祉保健財団)、共著『認知症ケアのプランと実践』(発行:ひかりのくに株式会社)など。

目次

第3回平成27年度介護保険制度改革の動向

平成25年11月26日掲載

第4回地域包括ケアシステムの構築に向けて(その2)

平成26年01月14日掲載

第5回平成27年度介護保険制度改正の動向(その2) 

平成26年03月05日掲載

▼ご登録はこちら▼ メールマガジン

最新記事の掲載をメルマガでお知らせ!