現在位置 : 福ナビホーム > 福祉用具 > 高齢者の入浴 > 3.洗い場への移動

高齢者の入浴

3.洗い場への移動 

脱衣場から洗い場への移動について

すのこで脱衣場と洗い場の段差を解消します
*すのこで脱衣場と洗い場の段差を解消します
浴室への出入りが容易になる三枚引き戸
*浴室への出入りが容易になる三枚引き戸
脱衣場と洗い場の間には、水が外に流れていかないように段差が設けられていることが一般的です。そのため、洗い場の入口にグレーチング(鋼材を網状に組んだ排水溝用の蓋)を設けて段差を解消するなど、浴室を改修する方法もありますが、もっと手軽に段差をなくすためには、洗い場にすのこを敷くという方法があります。

それでも、多少の段差が生じることもありますので、段差のあるところには必ず手すりをつけましょう。手すりは、大きな段差があるときには縦型のものを、移動や立位姿勢を保持するときには横型を設置するなど、使用の状況や場所に応じて使い分けるようにします。

また、ドアは開き戸では開放時にスペースが必要になるうえ、手すりがつけにくいという欠点があるため、折れ戸か引き戸がよいでしょう。可能であれば3枚引き戸が間口も広くとれるため望ましいでしょう。

 

次のページへ