現在位置 : 福ナビホーム > 東京の福祉オールガイド/高齢者 > 住みやすく改修

住みやすく改修

手すりやスロープなどを付けて安全にしたい

住宅改修費/介護予防住宅改修費(介護保険)

介護保険適用の対象となっている方が、廊下や階段、浴室への手すりの設置、段差の解消、など小規模な改修を行った際にその費用の一部が支給されます。要介護状態に関係なく限度額は原則一回限りで20万円です。

もっと詳しく

ワンポイントアドバイス
全額自己負担で住宅改修を行い、支払った費用(上限20万円)の9割を払い戻す(償還払い)方式です。この手続きには、申請書のほか、住宅改修理由書などの書類が必要となりますので、改修を行う前に、区市町村の介護保険窓口にご相談下さい。なお、区市町村によっては、住宅改修の事業者を指定しているところもあります。

お問合せは
区市町村の介護保険の窓口へ

住宅のバリアフリー化

高齢者のいる世帯に対し、介護が必要になる状態を少しでも防止するために、段差の解消、浴そうの取替、流しや洗面台の取替えなどのバリアフリー化の際に、その費用の一部が助成されます。

ワンポイントアドバイス
介護保険の住宅改修費の支給が優先されます。

詳しくは
住宅改善事業(バリアフリー化等)区市町村別事業概要一覧 
東京都福祉保健局ホームページより)
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用ください。