現在位置 : 福ナビホーム > 東京の福祉オールガイド/高齢者 > 高齢者の医療

高齢者の医療

住み慣れた家での療養生活を支えてくれるサービスは

訪問看護ステーション

かかりつけの医師の指示にもとづいて、保健師、助産師、看護師、准看護師、作業療法士、言語聴覚士が訪問し、住み慣れた家でお年寄りに、療養しやすいように看護サービスを提供します。

<利用できる方>
病気やけが等によって、居宅において療養を受ける状態の後期高齢者医療の対象者および難病等の患者で居宅において療養を受ける状態にある方

<利用するには>
かかりつけの医師にご相談下さい。

※介護保険の要介護または要支援の認定を受けた方は、介護保険の利用となります。
訪問看護/介護予防訪問看護(介護保険)のページ

長期にわたって入院、療養を必要とする方のためのサービスは

療養病床

高血圧症などの慢性疾患や人工透析など高度医療と長期療養を必要とする患者の入院加療を行います。

認知症患者の精神科治療ができるところは

老人性認知症専門病棟

認知症高齢者に対し、適切な精神科治療を短期間で集中的に行うことを目的とした専門病棟です。
都内に住所のある寝たきり状態でない方で、認知症による著しい精神症状・問題行動(幻覚、妄想、不安、イライラ、怒りっぽい、落ち着きがない、徘徊、大声、興奮、不潔行為、まとまらない行動など)を示し積極的な精神科医療が必要と診断された方が入院の対象となります。

詳しくは
高齢者精神医療相談班東京都福祉保健局ホームページより) 
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用ください。