就学の支援

失業により再就職までの資金が必要なとき

総合支援資金

失業など、日常生活全般に困難を抱えており、継続的な相談支援・貸付により自立が見込まれる世帯に対して、貸付をおこないます。
(失業給付など、他の公的給付・貸付を受けている場合は貸付対象外。)

【資金の種類(3種類)】

  1. 生活支援費: 就職活動中の生活費用
    貸付限度額: 月額20万円(単身世帯15万円)、最長12か月
  2. 住宅入居費: 住宅賃貸契約の費用
    貸付限度額: 40万円
  3. 一時生活再建費: 生活再建のための一時費用
    貸付限度額: 60万円

【連帯保証人】
原則として、都内に居住する連帯保証人1名が必要です。

相談は
地区社会福祉協議会

詳しくは
貸付などの相談をしたい東京都福祉保健局ホームページより)
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用下さい

臨時特例つなぎ資金貸付

住居がなく、離職者支援の公的給付・公的貸付を申請しているかたに対して、給付や貸付がおこなわれるまでの当面の生活費を貸し付ける制度です。

【貸付限度額】
10万円(貸付利率:無利子、償還期間:10ヵ月以内)

【連帯保証人】
不要です

詳しくは
臨時特例つなぎ資金貸付制度東京都福祉保健局ホームページより)
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用下さい。