現在位置 : 福ナビホーム > 東京の福祉オールガイド > 福祉サービス総合支援事業

福祉サービス総合支援事業

福祉サービス総合支援事業

認知症高齢者や知的障害者、精神障害者などの判断能力が十分でない人々の誰もが、安心して福祉サービスを利用し生活していくためには、成年後見制度の活用や福祉サービスの利用援助が必要です。 東京都では、福祉サービスの利用者などに対する支援を、住民に身近な区市町村が総合的・一体的に実施するための補助を行っています。(区市町村により、実施していない場合や利用の状況が異なることがあります。)

事業の内容

  1. 利用者サポート
    福祉サービス利用に際しての苦情や、判断能力が十分でない人々の権利擁護相談、成年後見制度の利用相談などの一体的な対応
  2. 福祉サービス利用援助
    判断能力が十分でない人々、要支援・要介護高齢者など支援が必要な高齢者や身体障害者に対する福祉サービスの利用援助
  3. 苦情、権利擁護相談に関する第三者機関の設置
    福祉サービスの利用に際しての苦情、権利擁護相談に関する第三者機関の設置

相談する

都内の福祉サービス総合支援事業相談窓口

詳しくは
福祉サービス総合支援事業
東京都福祉保健局ホームページより)
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用ください。

「福ナビ」内関連ページへ

福祉サービス利用援助事業【日常生活自立支援事業】(地域福祉権利擁護事業)

成年後見制度