現在位置 : 福ナビホーム > 東京の福祉オールガイド > 在宅重症心身障害児(者)訪問事業
東京の福祉オールガイド

在宅重症心身障害児(者)訪問事業

在宅重症心身障害児(者)訪問事業

家庭で生活をする重症心身障害児(者)とその家族に対し、看護と療育の支援をします。

対象となるかた

都内に住所を有する在宅の重症心身障害児(者)で、18歳未満にその状態になったかた

支援内容

  • 訪問看護
    看護師などが家庭を訪問して、重症心身障害児(者)の状況に応じ、家族とともに日常生活上の看護を行うほか、看護技術指導、療育指導、相談などを行っています。訪問は、原則、週1回3時間以内です。
  • 訪問健康診査
    専門医師及び看護師などが、重症心身障害児(者)の家庭を訪問して、健康状態や障害の程度などを診査するとともに、必要な指導を行っています。訪問は、原則として年1回程度。

費用

無料、ただし、事業利用にあたり必要となる主治医指示書料は自己負担です。

問い合わせ先

区部にお住まいのかたは、お住まいの地区を管轄する区保健所・保健センター

町田市にお住まいのかたは、町田市保健所

八王子市にお住まいのかたは、八王子市保健所

多摩地区(町田市、八王子市以外)にお住まいのかたは、お住まいの地区を管轄する都保健所

※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用ください。

詳しくは
在宅重症心身障害児(者)訪問事業
東京都福祉保健局ホームページより)
※外部のページにリンクしています。このページに戻る場合は、ブラウザの「戻る」機能をご利用ください。