福祉サービス第三者評価情報

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成27年度 児童養護施設
法人名称
社会福祉法人六踏園
事業所名称
品川景徳学園
評価機関名称 株式会社 地域計画連合

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)児童の権利擁護、人権尊重、一人一人のニーズを大切にする。
2)児童の養育、成長を支援するのは職員であり、管理者は働き易い環境・働き甲斐のある職場作りに努める。
3)施設福祉は地域との共同性のもの。地域の理解協力なくしては福祉の向上はありえないという概念。
4)養育される者、する者の区別をつけず、皆きょうだいの理念。
5)民主的園運営と、長く働き続けることが出来る職場環境(条件)を整える。  
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 児童の人権を尊重し、職員間及び諸関係機関(小・中学校、地域、児童相談所担当者)等との協力関係を重視できる常識的人。一職員としては当然子どもを愛し、子どもが好きでなくてはならないが、子ども達に関わる多くの人を大切にし、特に親からは我が子の養育者として信頼されるような存在でありたい。職員一人ひとりの力量が豊かになると同時に職員集団としての協力関係・信頼関係から生まれる力を発揮出来る関係性を願っている。また身体的・精神的に健康であることも重要な要素であり、少々の困難にめげず、様々な目標に向かい、一手一つの調和を大切にできる気持ちを持ち続けて欲しいと願っている。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) 上記の内容に加え、何はともあれ職員自身が長期間勤続することが大切である。子ども達はこれまで好ましくない家庭環境で育ってきただけに、児童一人ひとりに欠落しがちな家族観を、職員が代わって充たすことが出来るよう、定着につとめて欲しい。例え家庭引き取りになっても、家族関係で悩む子どもや、社会に巣立つた子ども達から、何年経ってもより良き相談相手と認められるためには、相当長期間勤務することが前提になる。
労働条件的には労基法が遵守し難い条件の為、子ども対応では心身ともに疲弊するような状況もある。そんな現実の中で一人一人が自分なりの使命感を堅持し、自身のもつ個性をより良く活かし、明るく朗らかに児童に接することを期待している。さらに職員集団としての協力関係・信頼関係と調和を基に、専門的機能を備え、児童個々の確かな自立に向けて、熱意と誠意を持って貰いたいと期待している。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 「児童会」を開催し子どもたちの意見表明の場とするとともに中学・高校生への居場所づくりを行っている
  • 施設の説明会を開催し、地域、関係機関の理解を広げるように発信した
  • グループホーム開設に向け、職員による委員会を立ち上げて協議するなかで様々な学びを得ている
さらなる改善が望まれる点
  • 職員の理解を深めながら、引き続きOJTを重視した職員育成に取り組むことを期待する
  • 高校進学と高校生の安定した学習生活と意欲に継続的な支援を期待する
  • ヒヤリハットの目的を再度全職員で確認し、アクシデントの事前防止につながる分析に期待する

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 グループホーム開設に向け、中長期構想を策定し、委員会を立ち上げて準備している

 ヒヤリハットの内容検討から職員の危機管理への意識を高めている

 子どもの主体的な活動が各寮での生活を豊かにしている

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:平成27年12月1日現在の施設の利用者を対象とした。
  • 調査方法:アンケート方式,聞き取り方式  
    個別面接調査法。調査員が個別に聞き取りで調査を実施した。
    中学生以上は、聞き取り調査を希望しない利用者・都合により調査ができない利用者には、調査票を配布して回収する方法で調査を行った。
  • 利用者総数: 47人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 47人 (アンケート方式4人 聞き取り方式43人)
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 47人 (アンケート方式4人 聞き取り方式43人)
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 100.0%
  • 調査項目: 共通評価項目
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
47/47
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
1.食事の時間が楽しいひとときになっているか
63.0% 29.0% 6.0%
無回答・非該当:0.0% 
2.子どもの年齢や特性、個別事情に応じて生活や規則内容等の説明を受けているか
72.0% 19.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
3.【中学生以上の方に】
将来に関する支援は、子どもの個別の要望や事情に応じて行われているか
74.0% 25.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
4.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
57.0% 29.0% 12.0%
無回答・非該当:0.0% 
5.職員の接遇・態度は適切か
68.0% 23.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
6.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
85.0% 14.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
68.0% 27.0%
いいえ:4.0%  無回答・非該当:0.0% 
8.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
74.0% 25.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
9.子どものプライバシーは守られているか
80.0% 17.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:2.0% 
10.個別の計画作成時に、利用者の状況や要望を聞かれているか
78.0% 14.0% 6.0%
無回答・非該当:0.0% 
11.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
76.0% 21.0%
いいえ:2.0%  無回答・非該当:0.0% 
12.【小学校4年生以上の方に】
自らの権利について、職員はわかりやすく教えてくれたか
81.0% 15.0%
いいえ:2.0%  無回答・非該当:0.0% 
13.子どもの不満や要望は対応されているか
68.0% 25.0% 6.0%
無回答・非該当:0.0% 
14.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
72.0% 19.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
3/3
  1.子どもや保護者等に対してサービスの情報を提供している
子どもや保護者の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している子どもや保護者の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもとの気持ちを大切にしながら学園の情報を提供している
  • 子どもの意志決定を待ち、職員との関係を作るような情報提供をしている
  • 施設見学を積極的に受け入れ、学園の実態把握ができる情報提供をしている
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり子どもや保護者に説明し、理解を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要な事項等を子どもや保護者の状況に応じて説明しているサービス内容について、子どもや保護者の理解を得るようにしているサービスに関する説明の際に、子どもや保護者の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、子どもの支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 入所前より、事前面接と見学を丁寧に行い、学園の説明をしている
  • 子どもの生活環境の変化に配慮した取り組みをしている
  • 退所後の生活を考えるアフターケアの取り組みがある
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している
子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している子ども一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.子どもや保護者の希望と関係者の意見を取り入れた自立支援計画を作成している
計画は、子どもや保護者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を子どもにわかりやすく説明し、同意を得るようにしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している
子ども一人ひとりに関する情報を過不足なく記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、子どもに変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもの実態を把握した支援計画作成と定期的な見直しをしている
  • 子どもと家族の関係を関係機関との協議によって支援計画に反映させている
  • 子どもの実態と支援計画の検討内容を職員が共有している
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
38/38
  1.個別の自立支援計画に基づいて、自立した生活が営めるよう支援を行っている
個別の自立支援計画に基づいて支援を行っている子ども一人ひとりに合った方法で、子どもと職員の信頼関係を構築するために受容的・支持的な関わりをしている小規模なグループでケアを行うなど、子どもが家庭的な環境の中で生活できるよう支援を行っている子ども一人ひとりの自立に向けて、関係機関と連携をとって、支援を行っている退所後は計画に基づいて、一人ひとりに応じた支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 各寮の特徴を活かした自立支援への取り組みが行われている
  • 子どもの意見を活かした支援会議が自立に向けて進められている
  • 子どもの自立に向けた生活と社会体験を長期休暇の時期に取り入れている
  2.家族等との関係構築に向けた取り組みを行っている
子どもや保護者等の状況、意向・希望を把握し、家庭関係の調整を行っている子どもの状況や行事等の情報を個別の連絡により保護者等に知らせている保護者等との面会、外出、一時帰宅等は、状況を把握したうえで、子どもの安全に注意しながら行っている家族との再統合に向け、子どもや保護者等の意向をふまえて、児童相談所等と連携をとって、支援を行っている家族との再統合が難しい場合、養育家庭や養子縁組等を必要とする子どもが制度を活用できるよう児童相談所と連携をとっている入所中の子どもの家族等(里親を含む)に対し、退所後の生活を想定したさまざまな支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 家族の実態を把握し、子どもの状況に合わせた家庭復帰のチェックをしている
  • 子どもの健康な家庭生活の体験を工夫しながら行っている
  • 子どもの関係機関と連携し、子どもの支援のネットワークを築いている
  3.子どもが楽しく安心して食事ができるようにしている
食事の献立は、子どもの状況や嗜好に応じて工夫している食物アレルギーや疾患等については、主治医等の指示に従い、対応している楽しい食事となるような環境を整えている食事時間は子どもの希望や生活状況に応じて対応している食についての関心を深めるための取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 調理室の透明化とオープン化を図り、子どもに食を学ぶ機会を提供している
  • みんなで食事をつくり、後片づけを手伝うことが自然の行動になっている
  • 子どもの調理に関する興味関心を高めるとともに調理の工夫をしている
  4.子どもの健康を維持するための支援を行っている
入所まもない子どもの健康状態(口腔ケア、視力等)に配慮し、健康維持のための支援を行っている健康に関して、子どもからの相談に応じ、必要に応じて子どもや保護者等に説明をしている子どもの服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などのしくみを整えている子どもの体調に変化があったときには、速やかに対応できる体制を整えている日頃から医療機関と連携を図り、健康管理に活かしている健康について子どもに理解を促す取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの通院が自主的にできるように支援している
  • 子どもの服薬管理が職員とのダブルチェックで周知されている
  • 小さい時期より生教育を行い、回数を重ねて積み上げている
  5.子どもの精神面でのケアについてさまざまな取り組みを行っている
子どもが心の悩みや不安を相談できるように工夫している性についての正しい知識と理解が得られるよう、子どもの年齢や状況に応じた説明を行っている子どもの抱える問題に応じて、心理的ケアが必要な場合は、関係職員・機関と連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの実態と抱える問題に職員と連携をとりながらケアをしている
  • 複合的な課題を抱えた子どもへの対応を精神科医との連携で取り組んでいる
  • 日常生活場面から見える子どもの課題把握と対応を行っている
  6.子どもの自主性を尊重し、施設での生活が楽しく快適になるよう支援を行っている
居室や共用スペース等は、子どもの状況に応じて、安全性や快適性に配慮したものとなっている日常生活の過ごし方は、子どもの状況・年齢等に応じて工夫している行事やイベントの企画・準備は子どもも参加して行っている施設の生活ルールは子どもの意見を参考に見直しを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの遊びの活動が、寮の生活に潤いと活性化を起こしている
  • 子どもが他者を思いやる姿の成長を見せている
  • 子どもの訴えや要求を出せる姿が増えてきている
  7.子ども一人ひとりに応じた学力向上・進路決定のための取り組みを行っている
基本的な生活習慣及び生活知識・技術を身につけられるよう支援を行っている基礎学力の向上・学習習慣獲得のための支援を行っている子どもの意欲・意思や能力に応じた学習教材・塾等を活用している進路について、子どもと保護者等、学校、施設による話し合いを行っている進路の決定は、子どもの意向や適性に応じて選択・決定できるよう支援を行っている個別に必要な時期・状況で、自立に向けての社会体験を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 学校に通うことが日常生活に根づいた動きになっている
  • 子どもの学習習慣の獲得と学力アップへの取り組みがある
  • 一人ひとりに見合った学びの機会と支援をしている
  8.地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている
地域の情報を収集し、子ども一人ひとりの状況に応じて活用している施設の活動や行事に地域の人の参加を呼びかける等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している子どもに、地域と日常的に関わりながら生活していることの大切さを伝えている
【講評】 詳細はこちら
  • グループホーム検討委員会による地域住民との関係を再認識した
  • 施設の設備や備品の貸し出しと開放を継続している
  • 地域住民との関係性の大切さを子どもたちに伝えている
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
8/8
  1.子どものプライバシー保護を徹底している
子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、子どもや保護者の同意を得るようにしている個人の所有物や郵便物の扱い、居室への職員の出入り等、日常の支援の中で、子どものプライバシーに配慮した支援を行っている子どもの羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、個人の意思を尊重している
「子どもの権利ノート」などにより、子どもの基本的人権について、日常生活の中でわかりやすく説明している子ども一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、放任、虐待、無視等が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に予防・再発防止を徹底している虐待被害にあった子どもがいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている施設内の子ども間の暴力・いじめ等が行われることのないよう組織的に予防・再発防止を徹底している
【講評】詳細はこちら
  • 自分の意見を第三者に表明する子どもが増えている
  • 子ども同士が安全で安心できるような関係づくりをしている
  • 男女の差異と年齢に見合った関係づくりを生活の中で培えるように配慮している
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうかを定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や子ども・保護者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、子どもの安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 施設説明会で職員が力を発揮するとともに、子どもへの支援内容を振り返る機会となった
  • ヒヤリハットの集計が行われ、事故防止の支援に関する検討へと進めている
  • 子どもの支援に還元できる研修で支援内容をスキルアップさせている
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0702083   修了者No.H1002019    
評価実施期間 2015年11月20日~2016年3月29日

サブメニュー