福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

令和元年度(2019年度)
福祉型障害児入所施設(旧知的障害児施設)
生活介護
施設入所支援
福祉型障害児入所施設
法人名称
社会福祉法人啓光福祉会
事業所名称
啓光学園
啓光学園
評価機関名称 特定非営利活動法人 福祉経営ネットワーク

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1) 利用者一人ひとりのライフステージに応じたサポートを行う。
2) より多くの情報を発信し、利用者や家族にに支持される施設を目指す。
3) 地域のニーズや社会情勢に目を向け貢献できる施設(法人)を目指す。
4) 職員一人ひとりの専門性を磨き、質の高いサービスの提供を目指す。
5) 職員一人ひとりが活躍できる体制を整え、成長できる活気ある職場を目指す。
 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 ① 経営理念や運営方針、支援方針を理解し、自発的に行動できる人材
② 職層や役割に与えられた業務を、献身的に実践できる人材
③支援技術や接遇マナーを身に付け、利用者のニーズのくみ上げと解決ができる人材 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) ① 子どもを成長させることを主眼点に置き、年齢に応じた必要な支援をコーディネートできる職員
② 知識や技術力を身に付け、効率的、効果的に利用者支援に当たれる職員
③ チーム内の役割を理解し、チームに協調及び貢献できる職員 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 毎月のモニタリングの実施に加え、子どもへの支援内容やポイントをわかりやすく示した書式を活用し、計画に沿った支援提供に努めている
  • 日々の状態把握や口内環境のケアに加え、個々に応じた栄養管理・生活支援を検討する会議を実施する等、健康支援の強化をすすめている
  • 年間研修計画を策定したうえで、職員一人ひとりに研修の機会を確保している
さらなる改善が望まれる点
  • 虐待根絶に向けて定めた方針を徹底するとともに、再発防止に向けた効果的な取り組みに努められたい
  • 運営への参画意識を高めるために、事業計画の策定過程に全職員が関わるしくみを導入されたい
  • 子どもを対象とした余暇活動のプログラムや、地域資源を活用した多様な体験の提供等、成長過程にとって重要な経験の機会を創出されたい

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 目指すべき支援について職員と個別に話し合う時間を持ち、根幹を見つめ直している

 子どもに特化した支援指針の策定と併せ、項目を追加した新アセスメントを導入している

 各種マニュアルを整備して、標準的な支援が展開できるようにしている

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:事業所と協議のうえ、調査に協力可能な世帯を対象とした。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    アンケート用紙を事業所より配布してもらい、回答後、返信用封筒にて直接評価機関に返送する方法を取った。また、場面観察方式での調査もあわせて行った。
  • 利用者総数: 10人
  • 利用者家族総数(世帯): 6世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 6人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 2人
  • 利用者家族総数に対する回答者割合(%): 33.3%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
食堂で子ども達の宿題をみていた職員が打ち合わせのため席を離れると、1人の子どもがその後を追っていく。エレベーター前で話している職員に近づき、背後からお腹に手を回したり、足に抱きつき、職員に笑いかける。職員はその都度お腹に回った子どもの手を持ったり、身体を抱えたり、くすぐったりしながら、「髪の毛食べないよ」と言って、髪をとく。職員が他職員にハイタッチをしてみせ促すと、子どもは一瞬考え、職員の手を取り、代わりにハイタッチをさせる。職員が離れると、床に寝そべったり、髪の毛を口に入れて職員の動きをちらちら見ている。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
一緒に宿題をしていた職員の姿が急にみえなくなったことで、子どもは不安な気持ちを抱いた様子だった。職員を見つけると、ちょっとほっとした気持ちになり、近づいていくが、他の職員と話をしていて自分に視線が向けられていないとわかると、身体に抱きついたり笑いかけたりして、職員の関心が自分の方に向くように行動しているように見えた。職員は話を続けながらも、子どもの行動一つひとつに対して、抱きしめたりくすぐったりといったスキンシップで応え、自分の方を見てほしいという子どもの気持ちを理解し、受け止めているように伺えた。子どもは、自分の気持ちが職員に伝わり、思うように受け止めてもらえたことや、1対1でのかかわりを持てたことで、安心感や充足感をさらに高めていったように見受けられた。また、信頼している職員にハイタッチを代行させることで、馴染みの薄い、他階の職員との交わりに対して、自身の中に沸き上がった戸惑いや恥ずかしさを紛らわしているようにも見えた。再び職員が離れていくと、今度は自分から近づこうとはせずに、離れた場所で気を引く行動をとり、職員の方からかかわってくるのを、大きな期待と小さな不安に揺れながら待っているように伺えた。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

今年度啓光学園では、幼少期・児童期に対しては「心と身体の生育」・「遊び」・「感覚統合」に対する支援、青年期に対しては社会性と地域で生活していく力や精神力、困難対処法を身に付けるための支援の構築を支援方針に挙げ、成人と区別した児童支援指針の作成に取り掛かっている。学校が休みの日には、宿題を初め金銭の取り扱いや文字書き絵描きなどの課題活動、またプールやゲーム、カラオケなどのレクリエーション活動をプログラム化し、日ごとに担当職員を配置してこれらの支援に当たっている。選定された場面は夏休みの課題活動支援の一コマであり、調査結果説明からすると対応した職員には利用者個々との関係の深さも個別対応技術においてもかなりの熟練さが見られる。それでも複数の児童が一斉に注目行動に転じてしまうのは体制上の問題によるものと考えられるが、成人との混合生活の中では職員の児者間の連携は不可欠であり、児童の活動対応に専念できるような「教室方式」を作るのは難しい。よって利用者一人ひとりの個別活動を支援するためには、職員が頻繁に利用者のもとへ足を運び、課題設定→評価を繰り返す「巡回方式」による支援の強化とマニュアル化が必要であると考えられる。
この評価結果の利用者調査は、有効回答者数が3未満であったため、個人情報保護の観点から、各項目の回答数・コメントは公開されていません。
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.子どもや保護者等に対してサービスの情報を提供している
子どもや保護者が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している子どもや保護者の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している子どもや保護者の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • ホームページを活用して、事業所の近況を広く情報発信していくことが期待される
  • 措置による入所の割合が増加しており、児童相談所からの依頼に随時対応している
  • 見学に際しては、生活するフロア等を案内しながら、個別の質問に応じている
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり子どもや保護者に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を子どもや保護者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、子どもや保護者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、子どもや保護者の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、子どもの支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 円滑に利用を開始できるように、面談時に支援内容や生活の様子を丁寧に説明している
  • 把握した子どもの状態をアセスメントシートに集約し、支援内容の検討にいかしている
  • 支援の継続性への配慮のもと、退所後の状況に合わせたアフターケアに努めている
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している
子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している子ども一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.子どもや保護者の希望と関係者の意見を取り入れた個別の支援計画を作成している
計画は、子どもや保護者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を子どもや保護者にわかりやすく説明し、同意を得ている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している
子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、子どもに変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもに特化した支援指針の作成と併せて、指針に沿ったアセスメントを導入している
  • グループ会議での検討とモニタリングを毎月行って、支援状況の進捗を確認している
  • 職員間の共有を的確に行うために、支援情報の管理や周知のしくみを工夫している
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
35/35
  1.個別の支援計画に基づいて子どもの状態に応じた支援を行っている
個別の支援計画に基づいた支援を行っている子どもの特性に応じて、コミュニケーションのとり方を工夫している周囲の人との関係づくりについての支援を行っている関係機関(教育機関、福祉関係機関、医療機関等)と連携をとって、支援を行っている子ども一人ひとりの状況や意向に応じた退所後の支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 現場での手順書等に個別支援の内容を反映させ、計画に基づいた支援提供につなげている
  • 入所までの経緯や障害特性等を踏まえ、子どもが安心できる関係作りを重視している
  • 個々のライフステージに応じた支援展開を目指し、関係機関と日常的に連携を図っている
  2.子どもが食事を楽しめるよう支援を行っている
食事時間が楽しいひとときとなるよう工夫している子どもの状態やペースに合った食事となるよう、必要な支援(見守り、声かけ、食の形態や用具の工夫等)を行っている食事時間は子どもの希望や生活状況に応じて対応している子どもが安全に食事をとれるよう取り組みを行っている食物アレルギーや疾患等については、医師の指示に従い、対応している食についての関心を深めるための取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもに対する食事支援の充実に向けて、食育の観点を重視し検討をすすめられたい
  • アレルギーの対応や食事量の調整等を行い、成長期に適した食事提供に努めている
  • 定期的な選択食や行事の際の弁当等、食に対する楽しみを広げる機会を創出している
  3.子ども一人ひとりの状況に応じて、自立に向けた生活上の支援を行っている
身の回りのことは自分で行えるよう、必要な支援を行っている基本的な生活習慣や社会生活上のルール等(あいさつ、マナー、交通ルール等)を身につけられるよう支援を行っている子ども一人ひとりの状況に応じて、金銭の管理や使い方について支援を行っている個別に必要な時期・状況で、自立に向けての社会体験を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 一人ひとりの自立を支援する上で、持っている力に着目する視点、姿勢が期待される
  • 社会生活でのルール等の体得に向け、生活場面において個々に応じた支援を行っている
  • 本人に適した移行につなげられるよう、実習や見学等の機会を時期に応じて提供している
  4.子どもの健康を維持するための支援を行っている
入所まもない子どもの健康状態(口腔ケア、視力等)を把握し、健康維持に向けた支援を行っている服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などのしくみを整えている子どもの体調変化(発作等の急変を含む)に速やかに対応できる体制を整えている子どもが自ら体調管理(水分補給や自己服薬管理等)できるよう支援を行っている健康に関する子どもの悩みや不安等を受け止め、必要に応じて子どもや家族に対応している日頃から医療機関と連携を図り、健康管理に活かしている
【講評】 詳細はこちら
  • 健康診断や定期的な歯科診療等を実施し、医務との連携のもとで健康支援にあたっている
  • 様子のこまめな観察や毎日のボディーチェックにより、子どもの心身状態を把握している
  • 写真を用いた内容の確認や与薬時のダブルチェック等、誤薬防止に向けて取り組んでいる
  5.子どもの精神面でのケアについてさまざまな取り組みを行っている
子どもが心の悩みや不安を相談できるように工夫している子どもが年齢や状況に応じた必要な知識(性別の理解や性に関する知識等)を得られるよう支援を行っている子どもの抱える問題に応じて、心理的ケアが必要な場合は、関係機関と連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもが発する感情や行動を受け止めて、安心して自分を出せる環境作りを心がけている
  • 年齢、性別に合わせた支援に関し、方針や明確な支援プロセスの確立をすすめられたい
  • 精神科医による心理相談会を定期的に設け、専門的なアドバイスを支援にいかしている
  6.子どもの主体性を尊重し、施設での生活が楽しく快適になるような取り組みを行っている
居室や共用スペース等は安全で快適に過ごせるよう、子どもの状況に応じて、環境・空間を工夫している日常生活の過ごし方は、子どもの特性や嗜好を考慮し、多様な体験ができるようにしている施設の生活ルールは子どもの意見を参考に見直しを行っている子どもの状況や希望に沿って、行事やイベント等の多様な体験ができるようにしている
【講評】 詳細はこちら
  • 居室の清潔保持と併せ、整理整頓等の生活習慣の体得に向けた支援に取り組まれたい
  • 子どもの発達や成長に応じた過ごし方の提供に向け、遊びや学習の時間を設けている
  • 土日等の過ごし方の充実を目指し、個々の希望に沿った個別外出を実施している
  7.家族との交流・連携を図っている
子どもの日常の様子や施設の現況を家族へ知らせている家族との面会、外出、外泊は、安全に注意した上で可能な限り希望に応じて行っている家族の状況に配慮し、相談対応や支援を行っている家族同士が交流できる機会を設けている
【講評】 詳細はこちら
  • 学園だよりと毎月のモニタリング結果を渡して、支援内容や生活の様子を伝えている
  • 家族の状況や意向を踏まえながら、面会、外出等への柔軟な対応に努めている
  • こまめな情報共有と意向把握を心がけ、家族との協働による支援を目指している
  8.地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている
地域の情報を収集し、子どもの状況に応じて提供している必要に応じて、子どもが地域の資源を利用し、多様な体験や交流ができるよう支援を行っている施設の活動や行事に地域の人の参加を呼びかける等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
【講評】 詳細はこちら
  • 意思疎通のツールや伝え方の工夫を図り、子どもに合わせた情報提供につなげられたい
  • 子どもの将来の可能性を広げていくために、多様な体験の機会を創出されたい
  • 子どもの個性や可能性を伸ばしていけるよう、過ごし方の充実に向けた検討が期待される
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
6/6
  1.子どものプライバシー保護を徹底している
子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、子どもや保護者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、子どものプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、子どものプライバシーに配慮した支援を行っている子どもの羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(子どもが「ノー」と言える機会を設けている)子ども一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている施設内の子ども間の暴力・いじめ等が行われることのないよう組織的に予防・再発防止を徹底している
【講評】詳細はこちら
  • 個人情報の取り扱い方針等を利用開始時に説明して、同意の署名・捺印を得ている
  • 子どもの育つ権利や発達の保障の観点から、さまざまな体験をする機会を創出されたい
  • 日頃の支援場面で、それぞれの言動を率直に指摘し合える職場風土を醸成されたい
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
5/5
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や子ども・保護者等からの意見や提案を反映するようにしている
【講評】詳細はこちら
  • 各種マニュアルを整えてOJT等を定期的に行い、支援業務の標準化に取り組んでいる
  • 職員が携帯できるサイズの「簡易マニュアル」を作成し、職員への浸透を図っている
  • 利用者の自立を支援する方法や姿勢について職員の共通理解を深められたい
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0201011   修了者No.H1601038   修了者No.H0801023    
評価実施期間 2019年7月16日~2020年1月28日

サブメニュー