福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成30年度
医療型障害児入所施設(旧重症心身障害児施設)
医療型障害児入所施設
法人名称
社会福祉法人全国重症心身障害児(者)を守る会
事業所名称
東京都立東大和療育センター
評価機関名称 一般社団法人 日本福祉サービス評価機構

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)安全で安心できる質の高い療育(医療・看護・生活支援サービス)を提供する。
2)利用者やご家族と十分に話し合い、納得と信頼をいただける療育センターであり続ける。
3)地域に根ざした施設として、利用者とご家族の生活を支援する。
4)職員の能力向上に努め、各職種が協働し、活力ある職場を目指す。
5)多様化する療育ニーズと社会の変化に的確に対応し、療育の発展に貢献する。 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 【一般職員】
[一般職] 
 *自らの職務に精通し問題意識を持って業務改善を行なう能力
[主任]([一般職]に求められることに加えて)
 *組織運営を支援する能力
【監督職】(【一般職員】に求められることに加えて)
 *リーダーシップを発揮し、部下の指導・育成を行う等の組織運営能力
【管理職】(【監督職】に求められることに加えて)
 *組織の向かうべき方針を立てる課題設定能力
 *組織運営能力 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) [社会的使命を果たす]利用者ご家族の声に耳を傾け、療育事業に携わる者としての使命感と責任感、誇りをもって、施設理念の実現に向け、業務を遂行する。
[自ら考え、行動する]柔軟な思考及びチャレンジ精神をもって、主体的に考え、行動する。
[コミュニケーションを図る]「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」を基本としたコミュニケーションと情報共有を図り、組織一丸となって目標の達成に取り組む。
[学ぶ]業務のプロフェッショナルを目指し、向上心をもって自ら積極的に学ぶとともに、お互いに助け合い、学び合いながら業務を遂行する。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 多職種の専門職が連携した療育体制により一人ひとりの利用者の状態に応じたQOLの維持向上に取り組んでいる
  • 今後の療育における利用者の意思決定支援について、利用者・家族と療育関係者によるACPの取り組みが行われている
  • 利用者の権利と尊厳を守る取り組みがさまざまな療育活動の場面や記録作成において多面的に行われている
さらなる改善が望まれる点
  • 療育活動や安心・安全の質の向上のために専門職人材の育成・定着とともに必要な職員数を確保するためのさらなる取り組みが望まれます
  • 利用者の高齢化や状態の変化に対応した日中活動、デイルーム、プレイルーム等活動環境の変化に対応した療育体制への見直しが望まれます
  • 長期入所の定員に限りがある中、短期入所の利用率向上を図る等、在宅の重症心身障害児者への支援機能を高める取り組みが望まれます

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 利用者の安全確保のために医療安全・感染予防等の委員会を設置して取り組んでいます

 重症心身障害児者の療育の変化に対応できる専門職人材の育成・教育を行っている

 療育における日中活動の充実を図るため、療育環境の見直し・整備に取り組んでいる

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:利用者は92人(男性60人、女性32人)です。アンケート調査は、その家族を対象に実施しました。利用者の平均年齢は53歳、平均入所期間は22年9月です。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    利用者の家族を対象にアンケート方式で、利用者本人については場面観察方式で調査しました。
  • 利用者総数: 92人
  • 利用者家族総数(世帯): 92世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 92人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 66人
  • 利用者家族総数に対する回答者割合(%): 71.7%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
午後の活動はDVDの観賞。利用者がデイルームに集まり、スクリーンに映し出された画面を見ている。Aさんはマットに横になってスクリーンの方に顔を向けている。こちらからは、AさんがDVDを見て何か感じたり、考えたりしているのかはよくわからない。そこに職員が来て、Aさんの隣に座る。職員は話しかけながら、Aさんの手を取り、マッサージをするようにさすったりしている。その内、Aさんの表情が和らぎ、声も出るようになる。職員はDVDの内容について説明をしているようで、Aさんも一緒に見て、楽しんでいるようだ。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
この日のDVDは利用者が希望した作品とのこと。利用者はマットの上に寝そべっている人、車椅子の人、ソファーに腰掛けている人、それぞれリラックスした姿勢でスクリーンに映し出された画面を見ている。Aさんはマットに横になってスクリーンの画面の方に顔を向けているが、表情の動きはあまり感じられないので、こちらからはAさんがDVDを見て何か感じているのか、面白いと思っているのかはよく分からない。その内、職員が来て、Aさんに声をかけ、隣に座る。職員がAさんに話しかけながら、手を取り、マッサージをするようにさすったり、揉むようにしている。Aさんは職員が側に来て話しかけ、手のマッサージをしてくれて嬉しかったのだろう、それが表情にも現れていると感じた。多分、やさしくマッサージするように手と手が触れ合っていることもAさんにとって心地よく、リラックスできることなのだと思われる。職員が一緒に画面を見ながら、DVDの内容についても話をしてくれたので、Aさんも一緒に楽しんでいるように見えた。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

利用者の障害の状況や認知発達段階にはレベルの差があり、個々の興味・関心・嗜好や理解度も異なるため、全体活動を行うときには特に配慮しながら活動を実施している。当日の医療病棟の療育活動は全体活動であった。個別活動は個々のニーズに合わせて行うため、利用者の満足度は高い。一方、全体活動には個別活動で味わうことのできない参加者全員の一体感や楽しさの共有を体験できる等のメリットがある。
今回のDVD鑑賞では、全員がリラックスしていたが希望が叶った多数の利用者は喜んでいた反面、少数の利用者は関心が持てない様子も見られた。ビデオに気がついていない利用者に、職員が「〇さんが選んだビデオだよ」、「この後、△△がでてくるよ」等、個々の利用者に合わせた声かけやタッチングを行い、楽しさの共有に結びつけている。活動を行う中で、利用者同士で直接コミュニケーションが取れなくても、職員が利用者と利用者の関係をつなぎ、それぞれの社会性を高めていくことができるように支援を行っている。また、個々の要求や意思を尊重し、快適で楽しく安心して過ごせる毎日であるように、全ての職種が専門性を発揮して支援し、利用者のQOLの向上につながるよう努めている。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
66/92
1.子どもの様子や支援の内容についての十分な説明があるか
はい
82%
どちらともいえない
17%
 
いいえ:2%  
無回答・非該当:0%
2.家族への精神的なサポートの取り組みは十分か
はい
62%
どちらともいえない
29%
無回答・非該当
6%
 
いいえ:3%
3.緊急時の対応体制は信頼できるか
はい
85%
どちらともいえない
12%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:3%
4.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
83%
どちらともいえない
14%
 
いいえ:2%  
無回答・非該当:2%
5.職員の接遇・態度は適切か
はい
91%
どちらともいえない
6%
 
いいえ:3%  
無回答・非該当:0%
6.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
83%
どちらともいえない
11%
 
いいえ:2%  
無回答・非該当:5%
7.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
53%
どちらともいえない
9%
無回答・非該当
38%
 
いいえ:0%
8.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい
71%
どちらともいえない
21%
 
いいえ:3%  
無回答・非該当:5%
9.子どものプライバシーは守られているか
はい
82%
どちらともいえない
8%
無回答・非該当
9%
 
いいえ:2%
10.個別の計画作成時に、子どもや家族の状況や要望を聞かれているか
はい
85%
どちらともいえない
11%
 
いいえ:2%  
無回答・非該当:3%
11.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
79%
どちらともいえない
14%
 
いいえ:3%  
無回答・非該当:5%
12.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
70%
どちらともいえない
23%
無回答・非該当
8%
 
いいえ:0%
13.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
56%
どちらともいえない
23%
無回答・非該当
18%
 
いいえ:3%
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • センターのホームページやパンフレットで事業の概要を案内しています
  • 東京都の所管部局をはじめ関係機関・事業所等にセンターの情報を提供しています
  • 利用希望者の問い合わせや見学の希望には随時対応しています
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者等の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者等の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者等の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者には長期入所のしおり等に基づいて基本的ルール等について説明しています
  • 利用者の支援に必要な個別事情は、看護・療育記録にまとめています
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の支援計画を作成している
計画は、利用者等の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を利用者等にわかりやすく説明し、同意を得ている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 利用者の心身状況や生活状況は個別の療育カルテと看護・療育記録に記録しています
  • 個別支援計画は利用者の状況や家族の希望・意見を尊重して作成・見直しを行っています
  • 個別支援計画や記録類は、支援に関わる職員全員が共有し、活用しています
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
29/29
  1.個別の支援計画に基づいて利用者の状態に応じた支援を行っている
個別の支援計画に基づいた支援を行っている利用者の特性に応じて、コミュニケーションのとり方を工夫している周囲の人との関係づくりについての支援を行っている関係機関(教育機関、福祉関係機関、医療機関等)と連携をとって、支援を行っている利用者一人ひとりの状況や意向に応じた退所後の支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 個別支援計画に基づいて、個別の支援マニュアルを作成して支援を行っています
  • グループ活動を通じて、人とのつながりを持てるよう支援を行っています
  • 近隣の医療機関と連携して、転院治療等の対応をしています
  2.利用者が食事を楽しめるよう支援を行っている
食事時間が楽しいひとときとなるよう工夫している利用者の状態やペースに合った食事となるよう、必要な支援(見守り、声かけ、食の形態や用具の工夫等)を行っている利用者が安全に食事をとれるよう取り組みを行っている食物アレルギーや疾患等については、医師の指示に従い、対応している食についての関心を深めるための取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 行事食や誕生日食、バイキング食などを提供して利用者に喜ばれています
  • 食事の時は、料理の説明をしたり、利用者に声をかけながら介助を行っています
  • 食物アレルギーに関しては、医師の指示に基づいて除去食、代替食を提供しています
  3.利用者一人ひとりの状況に応じて生活上で必要な支援を行っている
身の回りの支援は、利用者一人ひとりの意向に配慮しながら行っている基本的な生活習慣や社会生活上のルール等(あいさつ、マナー、交通ルール等)を身につけられるよう支援を行っている一人ひとりの有する能力を活かすよう機能訓練等を実施している
【講評】 詳細はこちら
  • 身の回りの支援は担当職員の受持ち制にして、利用者の状況に合わせて行っています
  • 機能訓練として、病棟ごとにクラブ活動とエクササイズを実施しています
  4.利用者の心身の健康を維持するための支援を行っている
入所まもない利用者の健康状態(口腔ケア、視力等)を把握し、健康維持に向けた支援を行っている服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などのしくみを整えている利用者の状態に応じた健康管理を行い、体調変化(発作等の急変を含む)に速やかに対応できる体制を整えている日常的に利用者の口腔ケアを行っている健康に関する利用者の悩みや不安等を受け止め、必要に応じて利用者や家族に対応している利用者の抱える問題に応じて、心理的ケアが必要な場合は、関係機関と連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 新規の利用者の健康状態については家族等から必要な情報を得ています
  • 利用者の体調の変化に的確に対応できるように健康管理を行っています
  • 利用者の加齢が進む中で、生活習慣病の予防にも取り組んでいます
  5.利用者の主体性を尊重し、施設での生活が楽しく快適になるような取り組みを行っている
居室や共用スペース等は、安全で快適に過ごせるよう、利用者の状況に応じて、環境・空間を工夫している施設での生活は、医療面や生活ルール等に配慮したうえで、原則として自由である日常生活の過ごし方は、利用者の特性や嗜好を考慮し、多様な体験ができるようにしている利用者の状況や希望に沿って、行事やイベント等の多様な体験ができるようにしている
【講評】 詳細はこちら
  • 仮設棟での生活ですが、居室等は安全に過ごすことができるよう環境を整えています
  • 日常の療育活動は、病棟ごとにいろいろなプログラムを用意して取り組んでいます
  • 利用者が多様な体験ができるように秋祭りやクリスマス会などの行事に取り組んでいます
  6.家族との交流・連携を図っている
利用者の日常の様子や施設の現況を家族へ知らせている家族との面会、外出、外泊は、安全に注意した上で可能な限り希望に応じて行っている家族の状況に配慮し、相談対応や支援を行っている家族同士が交流できる機会を設けている
【講評】 詳細はこちら
  • 家族とは個別支援計画について個別面談を行い、情報交換を行っています
  • 家族の相談には、病棟職員や在宅支援室が窓口となって対応しています
  7.地域との連携のもとに利用者の生活の幅を広げるための取り組みを行っている
地域の情報を収集し、利用者の状況に応じて提供している必要に応じて、利用者が地域の資源を利用し、多様な体験や交流ができるよう支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 食事会など、いろいろな院外療育活動を行い多様な体験ができるよう支援を行っています
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
6/6
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者等の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている施設内の利用者間の暴力・いじめ等が行われることのないよう組織的に予防・再発防止を徹底している
【講評】詳細はこちら
  • 利用者に関する情報の外部とのやりとりについては文書で同意を得ています
  • 日常の支援では、利用者の意向を尊重して支援を行うよう心がけています
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
5/5
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている
【講評】詳細はこちら
  • 看護・療育業務基準などを作成し、業務の基準や手順等を明示しています
  • 業務の基準や手順等については、年度の事業計画の策定に合わせて見直しを行っています
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0301059   修了者No.H0901035   修了者No.H1301056    
評価実施期間 2018年10月24日~2019年3月29日

サブメニュー