福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査とサービス項目を中心とした評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成29年度(2017年度) 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)
法人名称
社会福祉法人すこやか福祉会
事業所名称
グループホームかねがふち
評価機関名称 一般社団法人 地域ケア総合評価機構

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1、認知症であっても、その人らしくのびのびと暮らしていけることを目標にした支援                              2、御家族と共につくりあげるホーム                                                           3、地域と繋がり続けられるホーム                                                            4、経営は重視しながらも、経営中心の運営にならないこと                                                           5、常に可能性とリスクを考え支援をおこなえること 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 介護職としての最低限のマナー、節度のある接遇が安定して提供出来る事。協調性を持ち合わせていること。体調面の安定。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) 常に入居者ご本人や、ご家族にとってプラスになる選択が出来る事。常に生活を支える介護職だからこそ、「普段と何かが違う」という観察眼を持つ事。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • ホームからの毎月のお知らせや密な連絡もあり、ホームのケアへの信頼感に基づいて、家族との協力関係が良好である
  • 平均介護度4.2と重度化しても利用者の意志を汲み取ろうと努める介護により、穏やかな生活が営まれている
  • 現状に埋没することなく、ツールの導入や柔軟な発想の転換で、個々の利用者を主体とした介護に取り組んでいる
さらなる改善が望まれる点
  • 人員不足により職場会議や面接が定期的におこなえていないことを課題としている
  • 利用者の重度化が進んだ時、家族の金銭的負担等も考慮し、様々な介護サービスがあるという情報の提供をしていくことを課題としている
  • 終の棲家としてのホームとして、重度化の進行は当然であり、穏やかで尊厳ある生活を実現するために人手不足は決定的である

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 オリジナルの手順書を作成し利用者を主体とした業務の一定水準を確保している

 徹底した口腔ケア、見守り、医療との連携により、健康管理をおこなっている

 利用者の様子を「利用者の発した言葉」でも伝え、家族から高い信頼を得ている

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:全入居者9名のご家族を対象にアンケートを実施。場面観察は9人を対象に実施した。常時車イス利用者4名。食事全介助者2名。排泄介助必要者9名。リフト入浴6名。要介護度3の利用者が2名、4の利用者が3名、5の利用者が4名で、平均介護度4.2と重度化が顕著である。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    アンケート方式・場面観察方式。
    アンケートは事業所から直接ご家族に送付して頂き、回答は無記名で直接評価機関に返送して頂いた。場面観察は朝食後から昼食までの間、リビングで過ごす入居者の様子を評価者2名で観察した。
  • 利用者総数: 9人
  • 利用者家族総数(世帯): 9世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 9人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 7人
  • 利用者家族総数に対する回答者割合(%): 77.8%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
Aさんは朝食を終えて、リビングでテレビを見ながらウトウトしていた。2人の職員は他の利用者の食事介助、トイレ誘導、水分補給などを順次おこなっていたが、Aさんの様子も把握していた様子で、食事介助などが一段落した時点で一人の職員がAさんに声をかけた。「入歯の手入れに行きませんか。立ってもらっていいですか」。Aさんは立ち上がろうとして膝折れしそうになったが、職員は予期した体勢で補助。「もし無理だったら車椅子持ってきますよ」と言うと、Aさんは「車椅子に乗ると癖になるんだよね。大丈夫。」と笑顔で応じていた。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
食事後、特にやることもなくてウトウトしていたAさんは、職員が自分のところへ来てくれたことで「頑張って自分の足で歩こう」と思ったようだった。手引き歩行で洗面所に向かいながら職員はAさんに「入れ歯はね、入れっぱなしにしておくと口に傷がついちゃうんですって」「廊下が長いから、歩く練習になりますね」などいろいろ話しかけ、Aさんはそれに笑顔で応えていた。口腔ケア、トイレ、手洗いを済ませて自席へ戻るまで、すべて手引きで歩き通した。職員の「お疲れ様でした。ありがとうございました」の言葉に「ありがとう」と笑顔で応じていた。歩き通した満足感、職員とマンツーマンで向き合った充足感を感じていたのではないかと思われる。重度化が進み、食事介助や排泄介助などの身体介護に比重がかかる状況にあっても、職員は利用者一人ひとりの状況をよく把握して生活のリズム、ペースに合わせた支援をしており、頭が下がる思いであった。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

ADL、認知症の両方が重度化している中で、お1人おひとりに関われる時間は限られている。本来のグループホームらしい、家事に参加する姿や、趣味を楽しむ場面は殆んど見られない。そんな中でも、出来る限り、その方のペースを守り、納得して行動に繋げられる事を目標としている。職員には必ず「○○して下さい」と言う、一見丁寧のようだが、一方的に○○する事を強制するのではなく、「○○して頂けますか?」と言うお伺いの声かけをするよう指導している。認知症であっても自己決定権を持つという基本的な事を忘れない為である。平均介護度が昨年よりさらに上がり、4.2となった。少ないマンパワーの中で、出来る事にも限界はある。しかし、その方にとって、今重要視すべきところを常に観察し見極める力を付け、入居者の権利と生活の質を守って行きたいと思っている。これだけの重度化の中でも、ゆったりとした時間が流れ穏やかな表情が見られる事は、職員の努力は勿論、ご家族の理解と協力によるところが大きい。重度化は決してマイナスではなく、認知症の入居者が穏やかな生活の中で、長生きをした結果である。認知症介護の通過点として、現在の状況を何とか乗り越えて行きたいと感じている。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
7/9
1.家族への情報提供はあるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
2.事業所内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
3.職員の接遇・態度は適切か
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
4.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
5.利用者同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
はい
71%
どちらともいえない
14%
無回答・非該当
14%
 
いいえ:0%
7.利用者のプライバシーは守られているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
8.個別の計画作成時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
はい
86%
どちらともいえない
14%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
9.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
10.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
86%
どちらともいえない
14%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
11.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
71%
どちらともいえない
14%
無回答・非該当
14%
 
いいえ:0%
評点のレーダーチャートを表示する


サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • わかりやすいホームページ、パンフレットを作成し事業所の情報を提供している
  • 法人内3施設で情報を共有し、共通の申し込みを可能とし利用希望者に応えている
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 契約内容については時間をかけ丁寧に説明し同意を得ている
  • 入居前の生活を継続支援するために様々なツールを使い情報を収集している
  • 体調変化などは家族にこまめに連絡するとともに生活の質に配慮した支援を行っている
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の介護計画を作成している
計画は、利用者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 定着した方式で不足ない記録が職員間で共有されている
  • 申し送り・記録の時間が保障され、職員間で一致したケアがしやすい態勢になっている
  • インシデント・アクシデント報告が的確に記録され、分析されている
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
23/23
  1.認知症対応型共同生活介護計画に基づいて自立生活が営めるよう支援を行っている
個別の認知症対応型共同生活介護計画に基づいて支援を行っている利用者一人ひとりがその人らしく生活できるよう支援を行っている関係職員が連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 「利用者は自己決定権を持つ」との基本のもとに支援がおこなわれている
  • 「その人らしさ」を支援するために、アセスメントを綿密におこなっている
  • 個々の認知症状に、可能な限りその人に合った支援で解決できるよう努力している
  2.利用者の状態に応じて、日常生活に必要なさまざまな作業等を利用者が主体的に行うことができるよう支援を行っている
食事に関する一連の作業等利用者の生活場面では、利用者の主体性と能力を活かして支援を行っている利用者一人ひとりに応じた生活への参加ができるよう工夫をしている利用者の心身の状況に応じて、生活するうえで必要な支援(食事や入浴、排泄等)を行っている各種手続きや買い物等日常生活に必要な事柄について、利用者本人による実施が困難な場合に代行している
【講評】 詳細はこちら
  • 平均介護度4.2という重度化の中でも主体的に生活できる支援をおこなっている
  • 日常的に必要な品物は買い物を代行している
  • 利用者の主体性を引き出せるケアを常にくふうしている
  3.利用者の健康を維持するための支援を行っている
利用者の心身の状況に応じた健康管理を行っている日常生活の中で、利用者一人ひとりの状態に応じて身体を動かす取り組みを工夫している服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている利用者の体調変化時(発作等の急変を含む)に、医療機関等と速やかに連絡できる体制を整えている
【講評】 詳細はこちら
  • 口腔ケアなど徹底した健康管理により、重度化しながらも安定した暮らしができている
  • 薬局、診療所、マッサージ、訪問看護など医療との連携が密である
  • 生活の場であるグループホームにおける医療の連携について考えていこうとしている
  4.共同生活が楽しく快適になるよう工夫している
利用者がお互いに関わり合いながら楽しく生活することができるよう支援を行っている事業所での生活は、他の利用者への迷惑や健康面に影響を及ぼさない範囲で、利用者の意思が尊重されている居室や食堂などの共用スペースは、利用者の安全性や快適性に配慮したものとなっている
【講評】 詳細はこちら
  • 入居者の相性や行動様式などを考慮し、食事の場所分けなどをしている
  • 利用者同士、会話にはなりにくくても、関わりを持ち、共に生活している意識がある
  • 重度化の中でも、誕生会などは家族と共に実施し、楽しみの場になっている
  5.事業所と家族等との交流・連携を図っている
家族や利用者の意向を考慮して、家族等が参加できる事業所の行事を実施している利用者の日常の様子を定期的に家族に知らせている家族等が事業所等に対し、意見や要望を表せる機会を設け、それらを活かした支援を行っている重度化した場合や終末期に備え、あらかじめ本人や家族等と話し合い、事業所でできることを説明しながら、方針を共有している
【講評】 詳細はこちら
  • 毎月、「一か月のまとめ・様子」、「ご家族への手紙」が家族へ届く
  • クリスマス会、誕生会、家族会などへの参加が多い
  • ホームの「出来ない事はできない」と訴える率直な姿勢が家族の協力を強めている
  6.利用者が地域で暮らし続けるため、地域と連携して支援を行っている
地域の情報等を収集し、利用者の状況に応じて提供している利用者が地域のさまざまな資源を利用するための支援を行っている利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう、事業所が利用者と共に地域の一員として日常的に交流している運営推進会議で話し合われた意見を活かして支援を行っている区市町村や地域包括支援センターと日頃から連絡を取り、協力関係を築きながら支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 運営推進会議が2か月に1度、定期的に開催されている
  • 入居者と買い物に出ることはほとんどできないが、地域の商店の協力が得られている
  • お祭りへの参加など地域との結びつきがある
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者のプライバシー、羞恥心、尊厳を守る介護に努めている
  • 利用者主体を支援しつつ、予測した介護で事故防止に努めている
  • 一人ひとりを主体にした介護により重度化が進行しても利用者は心穏やかに過ごしている
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者ごとの手順書を作成し、統一した支援をおこなっている
  • 利用者の安全を守るため多角的に考えツールの導入をおこなっている
  • 介護はきついと言われる中、新人職員が希望を持って取り組めるよう教育を実施している
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H1202025   修了者No.H1302016    
評価実施期間 2017年7月14日~2018年2月18日

サブメニュー