福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成29年度 認証保育所A型・B型
法人名称
株式会社学研ココファン・ナーサリー
事業所名称
ココファン・ナーサリー馬込
評価機関名称 一般社団法人 アクティブ ケア アンド サポート

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) <学研ココファングループ理念>
 全ての人が心豊かに生きることを願い、今日の感動・満足・安心と明日への夢・希望を提供します
<保育方針>
 ・子どもの養護と教育を両輪とした、子ども主体の心と体の育ちの支援
 ・子ども一人ひとりの認知・発達に応じた、個別の発達支援
 ・地域社会のすべての子育て家庭に対する、様々な取り組みによる育児支援
<保育目標(目指す子どもの姿)>
 ・基本的生活習慣が確立した子
 ・心も体も自立した子
 ・自律した行動がとれる子
 ・他人に対する思いやりと寛容な気持ちを抱き、援助ができる子
<ココファン・ナーサリーの取り組み>
 ・子どもが本来持っている「育ちのチカラ」を伸ばします
 ・子どもの主体的な活動を援助し、子どもの発達を促します
 ・養護と教育の一体化を実践し、家庭と連携します 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 1.コミュニケーション能力の高い人材
 ココファングループが提供するサービスは、個人が単独で提供するものでなく、チームで協力しながら提供していく。相手の考えに耳を傾け理解する姿勢と、自分の考えを相手により良く伝える工夫が必要

2.成功達成させる信念を持っている人材
 ココファングループでは、企業理念・ビジョンの実現に向けて、仕事の成功達成を求めていく。社員それぞれが成功達成するためにはどうしたらよいのか、自分はどう行動すべきか、成功達成するための信念をもち将来を予測しながら、柔軟な発想で仕事を進める人材を求める

3.責任感がある人材
 ココファングループでは、すべての社員個々の職務、ステージに応じて「期待する役割」を設定している。個々の役割を果たしていくことで個人のスキルアップ、キャリアアップが図られ、ひいてはグループ理念・ビジョンの達成につながるという考えに基づいた人事評価制度を取り入れている。自らの役割を理解し、強い「責任感」で仕事を完結できる人材には、経験、キャリアを問わず、様々ステージが用意されている。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) ○子どもが好きで、子どものことを一番に考えられる保育者であって欲しい。
 ・大好きな子どものことを思い、共に成長や自立を願い考え、全力で子どもと向き合って保育にあたれる保育者であって欲しい。
 ・子どもの成長・発達に合わせた保育内容、計画をたて、無理なく対応できる保育者であって欲しい。
○職員同士思いやり、助け合える関係を築いていって欲しい。
 ・保育は1人ではできないので、相手のことを考え、自分がどうすれば他の職員が動きやすいか、働きやすいかを考えられる人になって欲しい。
 ・経験年数に関係なく、思った事を言い合える、相談や質問がしやすい関係であって欲しい。
○「これは誰にも負けない」と自信を持って言える得意なことを1つは持っていて欲しい。
 ・自信を持って出来ることを持つことで更なる向上心を持って保育にあたり、子ども達にその楽しさを伝えていって欲しい。
○仕事の効率化を図り、仕事だけでなく全てのことで前向きに素直な人であって欲しい。
 ・どうすればみんなが働きやすくなるか考え行動し、何に対しても逃げずに前向きに取り組める人であって欲しい。
 ・ごまかさず嘘をつかず真摯な姿勢で保育にあたって欲しい。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 異年齢の活動を通して、一人一人の違いを認め、互いを尊重する心を育んでいます
  • 保育業務の標準化を図るためのマニュアルを整備し、活用しています
  • 職員の疲労やストレス状態を把握しながらやる気を引き出すように努めています
さらなる改善が望まれる点
  • 戸外遊びをもっと増やしてほしいという保護者の意見が見られ、検討が期待されます
  • 子どもの生活の幅を拡げる観点から、さらなる取り組みが期待されます
  • 職員の能力向上、組織力向上のため、社外研修を含めて取り組むことが期待されます

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 手作り玩具の製作過程で職員同士協力し合い、組織のチカラが向上しています

 人気の献立のレシピの配付や試食会などで家庭と連携した食育に力を入れています

 より多くの保護者同士が交流できる機会を設定し、意見を交わし親睦を深めています

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象: 2017年9月現在、利用者総数(園児)20人の保護者20人(世帯)を対象に実施し、18人(世帯)から回答が寄せられました。回答者割合は90%でした。
  • 調査方法:アンケート方式  
     予め保育園から保護者に対し第三者評価の目的等について説明され、保護者へ利用者調査票(保護者用)と評価機関作成の説明書を配布、記入後評価機関へ直接郵送してもらい、9月29日(金)に締め切りました。
  • 利用者総数: 20人
  • 利用者家族総数(世帯): 20世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 20人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 18人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 90.0%
  • 調査項目: 共通評価項目
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
18/20
1.保育所での活動は、子どもの心身の発達に役立っているか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
2.保育所での活動は、子どもが興味や関心を持って行えるようになっているか
はい
94.0%
どちらともいえない
5.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
3.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい
94.0%
どちらともいえない
5.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
4.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい
83.0%
どちらともいえない
11.0%
無回答・非該当
5.0%
いいえ:0.0% 
5.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい
72.0%
無回答・非該当
27.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
6.安全対策が十分取られていると思うか
はい
83.0%
どちらともいえない
16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい
88.0%
いいえ
11.0%
どちらともいえない:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
8.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
9.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
10.職員の接遇・態度は適切か
はい
94.0%
どちらともいえない
5.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
11.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
94.0%
無回答・非該当
5.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
12.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
61.0%
無回答・非該当
38.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
13.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
14.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい
83.0%
どちらともいえない
11.0%
無回答・非該当
5.0%
いいえ:0.0% 
15.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
83.0%
どちらともいえない
11.0%
無回答・非該当
5.0%
いいえ:0.0% 
16.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
44.0%
どちらともいえない
5.0%
無回答・非該当
50.0%
いいえ:0.0% 
17.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
33.0%
どちらともいえない
11.0%
無回答・非該当
55.0%
いいえ:0.0% 
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
5/5
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している事業所のサービス利用が困難な場合には、理由を説明したうえで、他の相談先紹介など支援の必要に応じた対応をしている
【講評】詳細はこちら
  • ホームページで保護者が必要とする情報を分かりやすく提供しています
  • 見学希望者などに希望を確認し、丁寧に対応しています
  • 入園希望に応えられない場合、現状を説明し納得を得るように努めています
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
6/6
  1.サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明しているサービス内容について、保護者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、子どもの保育に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 提供する保育サービスに理解を得て契約書を取り交わします
  • 「慣れ保育」の期間を設定し、子どもと保護者の不安軽減に努めています
  • 退園・転園時、子どもの生活について保護者に情報交換の機会を提供しています
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
12/12
  1.定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している
子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.保育課程や子どもの様子を踏まえた指導計画を作成している
指導計画は、保育課程を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している指導計画は、子どもの実態や子どもを取り巻く状況(保護者の意向を含む)の変化に即して、作成、見直しをしている個別的な計画が必要な子どもに対し、子どもの状況(年齢・発達の状況など)に応じて、個別的な計画の作成、見直しをしている指導計画を保護者にわかりやすく説明している指導計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している
  3.子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している
子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある指導計画に沿った具体的な保育内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している
指導計画の内容や個人の記録を、保育を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもの心身の状態や保護者の要望を把握し個別記録に残しています
  • 保育課程を作成し、子どもの状況に沿った指導計画の策定を図っています
  • 職員間で情報共有しやすい保育室環境です
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
36/36
  1.子ども一人ひとりの発達の状態に応じた保育を行っている
発達の過程や生活環境などにより、子ども一人ひとりの全体的な姿を把握したうえで保育を行っている子どもが主体的に周囲の人・もの・ことに興味や関心を持ち、働きかけることができるよう、環境を工夫している子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう配慮している特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている【5歳児の定員を設けている保育所のみ】<BR>小学校教育への円滑な接続に向け、小学校と連携を図っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの一人一人の全体像を把握し、発達に応じた適切な保育に努めています。
  • 異年齢活動を通して、一人一人の違いを認め、互いを尊重する心を育てています
  • 発達過程で生じる子ども同士のトラブルには、子どもの気持ちを尊重しながら対応します
  2.子どもの生活が安定するよう、子ども一人ひとりの生活のリズムに配慮した保育を行っている
登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう援助している休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮している降園時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
【講評】 詳細はこちら
  • 登園時、職員は視診や会話で子どもの体調や降園時の変更などを確認しています
  • 基本的生活習慣の定着は家庭と連携しながら、無理なく進めています
  • 降園時に、日中の活動の様子を保護者に伝えています
  3.日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している
子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている子どもが人と関わる力を養えるよう援助している子ども一人ひとりの状況に応じて、言葉に対する感覚を養えるよう配慮している子どもが様々な表現を楽しめるようにしている子どもの心身の発達が促されるよう、戸外・園外活動(外気浴を含む)を実施している生活や遊びを通して、子どもが自分の気持ちを調整する力を育てられるよう、配慮している
【講評】 詳細はこちら
  • 日常の遊びを通じて人と関わりを持ち、自分で遊びを選択できるように援助しています
  • 一人一人の発達や意欲に沿った言語活動を心掛けています
  • 近隣に数か所ある公園や、園舎前の遊歩道での戸外遊びを日課にしています
  4.日常の保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している
行事等の実施にあたり、子どもが興味や関心を持ち、自ら進んで取り組めるよう工夫しているみんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している子どもが意欲的に行事等に取り組めるよう、行事等の準備・実施にあたり、保護者の理解や協力を得るための工夫をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 協力する楽しさややり遂げる達成感を味わえる行事を心がけています
  • 行事後アンケートを行い、保護者の意見を検討し、以後の行事企画に反映しています
  • 保護者が参加しない行事は、ブログ、写真の掲示、園だより等で詳細を伝えています。
  5.保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている
保育時間の長い子どもが安心し、くつろげる環境になるよう配慮をしている保育時間が長くなる中で、保育形態の変化がある場合でも、子どもが楽しく過ごせるよう配慮をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 一日のほぼ半分を過ごす子どもが安心して楽しく寛げるよう配慮しています
  • 延長時、職員が仲立ちして異年齢の子ども同士の遊びが充実するように見守っています
  6.子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している
子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮しているメニューや味付けなどに工夫を凝らしている子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している                                                                                        食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 職員会議において給食会議も行い、安全で楽しい食環境の提供を検討しています
  • 毎月、保護者と担任・栄養士が面談し子どもの状態を共有しています
  • 人気献立レシピの配付や、試食会等で、家庭と連携した食育に取り組んでいます
  7.子どもが心身の健康を維持できるよう援助している
子どもが自分の健康や安全に関心を持ち、病気やけがを予防・防止できるように援助している医療的なケアが必要な子どもに、専門機関等との連携に基づく対応をしている保護者と連携をとって、子ども一人ひとりの健康維持に向けた取り組み(乳幼児突然死症候群の予防を含む)を行っている子どもの入退所により環境に変化がある場合には、入所している子どもの不安やストレスが軽減されるよう配慮している
【講評】 詳細はこちら
  • 絵本などを用いて子どもの年齢に合わせた安全教育を行っています
  • 感染症発生時、主な症状やケアなどを記載した「緊急ミニおたより」を配付しています
  • 環境の変化には、スキンシップを心掛け、気持ちの安定を図るようにしています
  8.保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている
保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して支援を行っている保護者同士が交流できる機会を設けている保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている子どもの発達や育児などについて、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている保護者の養育力向上のため、園の保育の活動への参加を促している
【講評】 詳細はこちら
  • より多くの保護者が交流できるような機会を提供しています
  • 共通認識が得られ、信頼関係が深まるようなコミュニケーションに努めています
  • 保護者が子どもの成長発達を感じ取れるよう園行事へ参加を促しています
  9.地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている
子どもが地域の資源を利用し、多様な体験や交流ができるような機会を確保している園の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
【講評】 詳細はこちら
  • 積極的に地域へ出かけて、子どもが多様な交流ができるように努めています
  • 自然な形で異世代の人々と交流し、生活の幅を広げています
  • 職場体験や実習生を受け入れ、子どもが職員以外の人と交流できるように図っています
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.子どものプライバシー保護を徹底している
子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている子どもの羞恥心に配慮した保育を行っている
  2.サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している
日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した保育を行っている虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待を受けている疑いのある子どもの情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関に連絡し、その後も連携できるような体制を整えている
【講評】詳細はこちら
  • 子どものプライバシー保護を徹底し、羞恥心への配慮に努めています
  • 子ども一人一人の発達や生活習慣、保護者の意向に沿って保育を行っています
  • 本部のガイドラインに沿って、組織的に虐待防止に努めています
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、子どもの安全性に配慮した保育ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 保育業務の標準化を図るため、マニュアルを整備しています
  • 保育内容の向上のため、毎年「園の生活の手引き」などを見直しています
  • 職員会議や普段の円滑なコミュニケーションにより業務の一定水準確保を図っています
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0701042   修了者No.H0701088   修了者No.H0702035    
評価実施期間 2017年6月22日~2018年2月6日

サブメニュー