福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査とサービス項目を中心とした評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成29年度(2017年度) 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)
法人名称
社会福祉法人すこやか福祉会
事業所名称
グループホーム青戸
評価機関名称 一般社団法人 地域ケア総合評価機構

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)自立支援をサービスの基本とする                                                             2)一律のルールやスケジュールで管理した運営は行わない                                                                                             3)地域を生活圏とする                                                                                        4)身体の抑制、施錠による行動制限は行わない                                                                                                           5)職員の質の向上 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 1)自分で考え、行動することができる                                                             2)考えを人に伝え、確認し、高めていく事ができる       
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) 理念を理解し、尊厳を大切に、専門職として質の高い自立支援を進めて欲しい 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 利用者の状況に応じてアセスメントを更新し、支援の実践に活かしている
  • 全職員を対象とした学習・研修計画を実践し、その成果を日々の支援に生かしている
  • 地域との交流を図り地域の一員として暮らすことができるよう支援している
さらなる改善が望まれる点
  • 日常生活を豊かにするための取り組みに期待したい
  • 介護過程の理解を深め「考える介護」を提供できる職員の育成を図る
  • 現状のサービスの質を確保しながら経営を改善し、事業所の役割をさらに高める課題

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 見学はいつでも受けており事業所の基本方針についても分かりやすく説明している

 職員が講師役となり勉強会を実施するなど認知症の理解につなげている

 家族会や面談の場を設けるなど、さまざまな機会をとおして家族との交流に努めている

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:アンケート調査は2ユニット18名の利用者の家族を対象におこない、場面監察は共有スペースで利用者の生活の様子を観察した。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    アンケート用紙は事業所からご家族に郵送し、回答は返信用封筒にて評価機関に直接返送していただいた。場面観察は評価者2名で、リビングでくつろぐ様子、洗濯物干しや掃除、昼食の準備、食事の様子などの場面で、職員との関わり方などについて観察した。
  • 利用者総数: 18人
  • 利用者家族総数(世帯): 18世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 18人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 16人
  • 利用者家族総数に対する回答者割合(%): 88.9%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
リビングに入ってきた利用者が何か探している様子。職員が「何か捜しているのですか?」と問いかけると、「鋏」と答える。職員が鋏を持ってくると、「コーヒーがないので、ほしい」と話す。「コーヒーはないので、午後の買い物の時に買ってくるのでもいいですか?」と職員が答えると、「今、買いに行きたい」と話す。今日はとても暑いので出かけるのは大変であること、午後必ず買ってくることを丁寧に伝える。鋏は何に使うのかと職員が話しかけると、利用者は「折り紙を切るのよ」と、鋏を器用に使って切り始める。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
鋏を捜してウロウロと歩き回っていた利用者に、職員がすぐに対応することで、利用者は落ち着いて椅子に座り、お茶を飲み始める。「コーヒーがほしい」との訴えに対しては、午後の買い物時に買ってくること、「今買いに行きたい」という思いには、外はとても暑いので、出かけるのは大変であることを、優しく丁寧に説明する。利用者は納得した様子で、お茶を口にする。鋏は何に使うのかという言葉かけに、穏やかな様子で落ち着いて作業を始めたことからも、自分の思いを受け止めてくれたという安心感、満足感がうかがえた。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

認知症に伴うADLの低下や他の疾病など様々な病状・状態が出現し、より細やかな見極めと動機づけや根拠のある自立支援が必要になってきております。まずは一番大切な事「主体はご本人である」という事を忘れずに、職員の主観や都合で物事を進めないケアを心掛けるよう指導しております。調査結果にありますような、言語コミュニケーションのとれる利用者様が気がかりな行動をしているときは「どうしましたか?」や「何かお捜しですか?」というような、開いた質問から声掛けをするのが望ましいと考えます。利用者のニーズに対して直ぐに実現できない事は、説得ではなく、納得して頂けるような返答をし、関係性の構築に努めています。
人的環境や物的環境を活用し、その方一人ではできない事も集団の力を生かし、利用者様同士で互いに助けあったり、補い合ったりできる場面を多く作り出せるよう試行錯誤しております。生活圏をホーム内完結にせず、利用者様の生活がより充実したものになるように、ご家族、他関係機関、地域の方々等の協力を仰ぎ、連携方法の工夫や地域への発信に力を入れていきたいと思います。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
16/18
1.家族への情報提供はあるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
2.事業所内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
81%
どちらともいえない
13%
いいえ
6%
 
無回答・非該当:0%
3.職員の接遇・態度は適切か
はい
94%
どちらともいえない
6%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
4.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
94%
どちらともいえない
6%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
5.利用者同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
75%
どちらともいえない
19%
無回答・非該当
6%
 
いいえ:0%
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
7.利用者のプライバシーは守られているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
8.個別の計画作成時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
9.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
10.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
94%
どちらともいえない
6%
 
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
11.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
75%
どちらともいえない
13%
無回答・非該当
13%
 
いいえ:0%
評点のレーダーチャートを表示する


サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • 基本方針や利用料等を分かりやすく記載したパンフレットを整備して情報を提供している
  • 随時見学を受け入れており事業所の特徴を伝えている
  • 隣接している公団住宅の自治会活動などをとおして事業所の情報を地域に発信している
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 時間をかけてサービス内容や利用料金などを丁寧に説明している
  • 利用者の心身の状況や生活習慣などを詳細に把握して支援にあたっている
  • 利用者の状況に応じて個別に対応しながら入居後の不安の軽減に努めている
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の介護計画を作成している
計画は、利用者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 利用者の状況に応じてアセスメントを更新し実践に即したケアプランを作成している
  • 支援の根拠を明確にして日々のケアを実践している
  • 日々の記録を工夫して利用者の状況の把握に努めている
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
23/23
  1.認知症対応型共同生活介護計画に基づいて自立生活が営めるよう支援を行っている
個別の認知症対応型共同生活介護計画に基づいて支援を行っている利用者一人ひとりがその人らしく生活できるよう支援を行っている関係職員が連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者の声に耳を傾けながら日々の支援をおこなっている
  • 生活習慣を大切にその人らしい生活の継続に努めている
  • 職員の気づきを共有して連携しながら支援をおこなっている
  2.利用者の状態に応じて、日常生活に必要なさまざまな作業等を利用者が主体的に行うことができるよう支援を行っている
食事に関する一連の作業等利用者の生活場面では、利用者の主体性と能力を活かして支援を行っている利用者一人ひとりに応じた生活への参加ができるよう工夫をしている利用者の心身の状況に応じて、生活するうえで必要な支援(食事や入浴、排泄等)を行っている各種手続きや買い物等日常生活に必要な事柄について、利用者本人による実施が困難な場合に代行している
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者は役割分担をしながら主体的に作業をおこなっている
  • 集団の力を活かしながら利用者のできることを引き出す支援を心がけている
  • 利用者の心身の状況に応じて必要な支援をおこなっている
  3.利用者の健康を維持するための支援を行っている
利用者の心身の状況に応じた健康管理を行っている日常生活の中で、利用者一人ひとりの状態に応じて身体を動かす取り組みを工夫している服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている利用者の体調変化時(発作等の急変を含む)に、医療機関等と速やかに連絡できる体制を整えている
【講評】 詳細はこちら
  • 訪問看護ステーションと連携して利用者の健康管理をおこなっている
  • 日常生活のなかで体を動かす機会を設けている
  • 訪問看護と職員が連携して誤薬防止に努めている
  4.共同生活が楽しく快適になるよう工夫している
利用者がお互いに関わり合いながら楽しく生活することができるよう支援を行っている事業所での生活は、他の利用者への迷惑や健康面に影響を及ぼさない範囲で、利用者の意思が尊重されている居室や食堂などの共用スペースは、利用者の安全性や快適性に配慮したものとなっている
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者同士の関わりをとおして生活の活性化につながるよう支援している
  • 様子を見ながら利用者間の良好な関係づくりを心がけている
  • 地域との交流を図りながら、日常生活の幅がひろがるよう支援している
  5.事業所と家族等との交流・連携を図っている
家族や利用者の意向を考慮して、家族等が参加できる事業所の行事を実施している利用者の日常の様子を定期的に家族に知らせている家族等が事業所等に対し、意見や要望を表せる機会を設け、それらを活かした支援を行っている重度化した場合や終末期に備え、あらかじめ本人や家族等と話し合い、事業所でできることを説明しながら、方針を共有している
【講評】 詳細はこちら
  • 家族会開催や毎月のおしらせで家族との交流を図っている
  • 入居者本人・家族の要望・意見をケアプランに反映している
  • 入居時に終末期に関しての要望を聞き、事業所の対応方針を説明している
  6.利用者が地域で暮らし続けるため、地域と連携して支援を行っている
地域の情報等を収集し、利用者の状況に応じて提供している利用者が地域のさまざまな資源を利用するための支援を行っている利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう、事業所が利用者と共に地域の一員として日常的に交流している運営推進会議で話し合われた意見を活かして支援を行っている区市町村や地域包括支援センターと日頃から連絡を取り、協力関係を築きながら支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 地域を生活圏とする環境作りのために自治会と連携を図っている
  • 運営推進会議を年6回開催している
  • 地域の関係機関と連携をとり信頼を積み重ねて事業を展開している
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 個人情報管理について入居時に説明し同意書を交わしている
  • 日常の生活での入居者のペース・嗜好・体調により個別支援をおこなっている
  • 入居者を丸ごと知ることが大切と、詳細なアセスメントをおこなっている
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 日々の支援の中で問題意識をもって「気づきを記録する」ことが大切としている
  • 職場会議・カンファレンスなどを大切にして情報の共有に努めている
  • 共通の学習会に参加し実践的に学びあい改善策を具体化している
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0404025   修了者No.H1202013    
評価実施期間 2017年7月10日~2017年12月18日

サブメニュー