福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査とサービス項目を中心とした評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成29年度(2017年度) 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)
法人名称
社会福祉法人すこやか福祉会
事業所名称
グループホームかなまち
評価機関名称 一般社団法人 地域ケア総合評価機構

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1) 認知症の状態であっても、自由に笑顔でその人らしくのびのびと生活できるようにしていく。
2) 入居者の持っている力をフルに活用し、自ら生きていくことに向かうようにしていく。
3) 職員は専門家として支援し、一緒に生活し生きていく立場を守る。
4) 経営は重視しながらも、経営中心の運営ではなく、「専門家による質の高い支援」を追及する。
5) 地域の人々とのつながりを大切にし「地域の中で安心して暮らし続けられる家」を目指す。 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 ・状況を的確に判断し、対処方法を考えて実行する事が出来る。                                                                   ・入居者との生活を楽しみながら支援する事が出来る。
・チームとして一人の方を支援するという視点を持つ。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) ・「認知症の方でも、その人らしく生活していくことが出来る」という事が常識となる世の中にしていく。
   (グループホームの役割の1つとしてある)
・対人援助職としての謙虚さを忘れず且つ命を預かっているという責任感。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 入居者は心身の状態に応じて適切で丁寧な支援を受けている
  • 地域に根ざしたホームづくりを目指し、町会の一員として顔なじみの関係づくりが広がっている
  • 職員間のフォロ―体制と学習意欲が高く、働きやすく風通しのよい職場環境が、やりがいのある職場づくりに繋がっている
さらなる改善が望まれる点
  • 入居者の自立支援に向けた学習意欲の強みを活かし、研修の年間計画に反映させ、各種マニュアルの整備をさらにすすめてほしい
  • 屋上庭園の整備が進めば入居者のさらに貴重な生活空間になると思われる
  • 入居者の安全性に配慮した生活環境の中長期的な計画の見直しが求められている

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 職場会議やカンファレンスに参加する体制を整え、学習や事例検討を大切にしている

 支援内容の充実のために日課以外の作業や交流を豊かにする取り組みをすすめている

 地域住民と協力、連携した取り組みを大切にし、地域の行事などの参加を継続している

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:利用者総数9名。家族等の9世帯を調査対象とした。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    調査票は事業所より各利用者の家族等へ郵送し配布した。第三者評価の観点から直接、評価機関へ返信用封筒にて返送。
    場面観察は調査員2名でホームの共有スペースでの様子を観察した。
  • 利用者総数: 9人
  • 利用者家族総数(世帯): 9世帯
  • 共通評価項目による調査対象者数: 9人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 6人
  • 利用者家族総数に対する回答者割合(%): 66.7%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
朝食後に全員の入居者がリビングに居た。入居者Aさんはリクライニング車椅子に座っていた。発語がなく自分で食べることができない様子で食事介助を待っていた。B介護職員が食事介助を始める。スプーンを口に運ぶと口を開き食べ始めた。表情が硬く、小さな声で「イタ」と言った。苦しそうな表情が見られていたが食事介助はしばらく続いていた。B介護職員が利用者Aさんの前に立ち、向き合いながらAさんを前かがみにさせ、身体の位置とお尻の位置を直して様子をみた。再度、食事介助を開始した。苦しい表情から落ち着いた表情になり全量食べていた。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
自分で食べることのできない利用者Aさんは、おかゆと、きざみ食、とろみをつけた水分を飲む状態である。B介護職員が一口ずつスプーンを差し出すと、口を開け食べており、むせも時々見られ、休みながら食べている様子だった。食事介助が始まりしばらくして苦痛な表情が続き、嫌々ながら食べている様子が伺えた。食事が始まる前からリビングに居るため、30分ほど同じ姿勢が続いていたと想定される。リクライニング車椅子で、腰の位置がずれると腹部が圧迫され、苦痛を我慢している様子だった。「早く身体の位置を直してほしい」と言う気持ちから「イタ」という小さな発語でサインされたと推測される。B介護職員はその小さな発語に気付き、Aさんの身体の位置を直したと思われる。Aさんの身体を前かがみにさせ、背中の圧迫をしばらく取り除くためため、支えながらゆっくりと背中を撫でた。様子をみて再度、食事介助を開始した。Aさんは腰や背中、腹部が楽になったのか、落ちついた表情になり、全量食事を食べた。利用者の小さな発語と表情から、職員はリクライニング車椅子の座る姿勢に原因があると考え、食事を中断し、身体の位置を直したことにより苦痛が緩和され安楽が保たれた。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

入居者の皆様全てが、自分の思いを表現できる方達ばかりではありません。認知症も含め、様々な障害がおひとりずつ違います。ひとりひとりのサインを受け止め、又、職員間で共有し、入居者の方々の思いを実現できたらと考え支援しています。今回の場面観察の方は、自分の思いを言葉で表現しにくく、ムセこみしやすいなど嚥下の障害もお持ちの方です。表情や声、食事の進み具合等様々なサインから、どのような思いか、そして身体の状態は安楽かなど身体状況や持っている疾患は何かなどを常に考えています。今何をすれば、満足に繋がる支援になるか試行錯誤する日々です。食事に限らず、車椅子も含めご本人に合った補助器具を活用しながら支援しています。認知症の症状に限らず高齢者が生活していく中で、必要になってくる知識や生活の充実をめざし、随時、学習会を実施しています。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
6/9
1.家族への情報提供はあるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
2.事業所内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
3.職員の接遇・態度は適切か
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
4.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
5.利用者同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
83%
無回答・非該当
17%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
7.利用者のプライバシーは守られているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
8.個別の計画作成時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
9.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
10.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
100%
 
どちらともいえない:0%  
いいえ:0%  
無回答・非該当:0%
11.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
50%
どちらともいえない
17%
いいえ
17%
無回答・非該当
17%
評点のレーダーチャートを表示する


サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • ホームの情報はインターネットやパンフレット等でいつでも知ることができる
  • ホームと法人のパンフレットをセットで配布しサービス内容を理解しやすくしている
  • 見学希望はいつでも受け付け個別の相談にも応じている
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 「重要事項説明書」の別添書を作成し、ホーム利用の理解を深めている
  • 入居時前後での利用者や家族の不安等を軽減する支援をおこなっている
  • 日頃からの家族等との連携を密にして継続性を大切にした支援をすすめている
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の介護計画を作成している
計画は、利用者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 入居者支援のためにアセスメントとカンファレンスの着実な実施に力をいれている
  • 個別性を重視した介護計画は定期的に細かく見直をしている
  • 職員間で利用者の介護計画の漏れのない情報共有につとめている
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
23/23
  1.認知症対応型共同生活介護計画に基づいて自立生活が営めるよう支援を行っている
個別の認知症対応型共同生活介護計画に基づいて支援を行っている利用者一人ひとりがその人らしく生活できるよう支援を行っている関係職員が連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 入居者本位の「介護計画」に基づく支援をおこなっている
  • 事業所の運営方針にそって、入居者のあるがままの生活を支援している
  • 職員のチームワークで入居者一人ひとりの日常生活を支援している
  2.利用者の状態に応じて、日常生活に必要なさまざまな作業等を利用者が主体的に行うことができるよう支援を行っている
食事に関する一連の作業等利用者の生活場面では、利用者の主体性と能力を活かして支援を行っている利用者一人ひとりに応じた生活への参加ができるよう工夫をしている利用者の心身の状況に応じて、生活するうえで必要な支援(食事や入浴、排泄等)を行っている各種手続きや買い物等日常生活に必要な事柄について、利用者本人による実施が困難な場合に代行している
【講評】 詳細はこちら
  • 職員は入居者の意欲と能力を引き出すきっかけを発見する感度を磨いている
  • 入居者の心身の状況に応じた臨機応変の支援をおこなっている
  3.利用者の健康を維持するための支援を行っている
利用者の心身の状況に応じた健康管理を行っている日常生活の中で、利用者一人ひとりの状態に応じて身体を動かす取り組みを工夫している服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている利用者の体調変化時(発作等の急変を含む)に、医療機関等と速やかに連絡できる体制を整えている
【講評】 詳細はこちら
  • 入居者一人ひとりの健康の維持・管理に努めている
  • 入居者の身体の機能や体力の維持に向けた支援をおこなっている
  • 事故を未然に防ぐ服薬管理体制や緊急連絡網を整えている
  4.共同生活が楽しく快適になるよう工夫している
利用者がお互いに関わり合いながら楽しく生活することができるよう支援を行っている事業所での生活は、他の利用者への迷惑や健康面に影響を及ぼさない範囲で、利用者の意思が尊重されている居室や食堂などの共用スペースは、利用者の安全性や快適性に配慮したものとなっている
【講評】 詳細はこちら
  • 集団の力で個を活かす支援を心がけている
  • 共同生活の中でも入居者個々の意思を優先している
  • 屋上庭園のある明るい環境が生活を潤いのあるものにしている
  5.事業所と家族等との交流・連携を図っている
家族や利用者の意向を考慮して、家族等が参加できる事業所の行事を実施している利用者の日常の様子を定期的に家族に知らせている家族等が事業所等に対し、意見や要望を表せる機会を設け、それらを活かした支援を行っている重度化した場合や終末期に備え、あらかじめ本人や家族等と話し合い、事業所でできることを説明しながら、方針を共有している
【講評】 詳細はこちら
  • 誕生会などは家族も参加し、入居者と家族が楽しめるような機会になっている
  • 毎月の「お便り」として1か月間の詳細なホームの生活の様子を伝えている
  • 医療的なケアが必要な場合は家族等と話し合い、医療機関と連携し共有をしている
  6.利用者が地域で暮らし続けるため、地域と連携して支援を行っている
地域の情報等を収集し、利用者の状況に応じて提供している利用者が地域のさまざまな資源を利用するための支援を行っている利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう、事業所が利用者と共に地域の一員として日常的に交流している運営推進会議で話し合われた意見を活かして支援を行っている区市町村や地域包括支援センターと日頃から連絡を取り、協力関係を築きながら支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 近隣の町会と防災訓練や運動会に参加し、入居者が地域の一員としての関係を深めている
  • 傾聴ボランティア、ヨガのボランティア等を定期的に受け入れ入居者と交流を図っている
  • 運営推進会議を2か月に1回開催し情報を共有するなど地域と結びついている
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 権利擁護について研修で学んだことを職場全体で活用し見直しをおこない共有している
  • 入居者のプライバシー保護や羞恥心に配慮したケアを大切にしている
  • 本人や家族からの生活歴の情報を元に生活習慣を継続できるよう支援している
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 法人作成の研修ガイダンスに基づき、ホームの手順書の見直しをしている
  • インシデント、アクシデントの事例を振り返り、再発防止に繋げている
  • 福祉用具を安全に使い、入居者の安全・安楽・快適な日常生活の支援を目指している
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0702059   修了者No.H1601059    
評価実施期間 2017年7月10日~2017年12月12日

サブメニュー