福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成28年度 乳児院
法人名称
社会福祉法人二葉保育園
事業所名称
二葉乳児院
評価機関名称 株式会社 ウエルビー

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)子供を第一に(Children First)
2)子供にとって何が良いか常に考え代弁し実践しよう
3)1人一人の個性を大切に
4)子供の家庭を大切に
5)子供とともに職員も成長しよう 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 ・自ら進んで取り組む姿勢、システム理解とコミュニケーション理解 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) ・こどものサインを見逃さない、気づきを持つ 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 家庭的養護の推進と自立を促す保育の実践で、children first の基本方針を実現しています
  • 29年度よりスタートさせるべく職員の評価とともに進級に対するモデルケースの準備を進めています
  • 地域子育て支援センターと連携した様々な取り組みで、乳児院の専門性が地域全体の親子支援に活かされています
さらなる改善が望まれる点
  • 目標シートの作成とともに人事考課制度のようなものとリンクされることが職員の人材育成にも寄与すると思われます
  • 諸会議における目的や意義を今一度確認いただき、決定事項などは職員全体への周知・理解について検討の余地がありそうです
  • マニュアルの一元化を図ることで、全職員が業務の改善の担い手であるという意識を持てるようにしていくことが求められます

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 事業計画に合わせた予算策定と執行の均衡を保っています

 家族等との再統合が難しい子どもたちのために、里親委託の促進に取り組んでいます

 院内に併設された地域子育て支援センターで、多様な取り組みを行っています

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:全利用者30名
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    保護者の皆さまへは面会に来た際に、調査の趣旨を説明いただきアンケートを配布、調査機関へ直接返送いただきました。また、院内の様子をつかみ評価の視点を定めるため場面観察を行いました。
  • 利用者総数: 30人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 30人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 6人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 20.0%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
①室内にいた子どもたちが公園に遊びにいくため靴下をはくなど支度をしています。ふざけながら支度をする子どももいてなかなか出発ができない様子
②行き慣れた公園でブランコをこいだり、縄跳びや、遊具に乗って遊ぶ子どもたち。一人ひとりが思い思いに遊んでいる中、職員は常に全員が目に入る位置にいてそれぞれの子どもたちの遊びが膨らむように声かけをしています。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
①職員は支度を急かせる様子がないため、子どもたちはゆったりと時にはふざけ合うことを楽しみながら、準備を進めている様子がうかがえました。職員がやれば早く出発できますが、あくまでも待つ保育で子どもの意思を尊重していることがうかがえます。
②職員は常に全員が見える位置に自然に移動して安全に配慮していました。子どもたちの危険と思われる行動についても「だめ、危ない」など、行動を禁止する言葉は使わず、先回りすることで回避しているようでした。こういったきめ細かな目配りによって子どもたちは安心して思い切り遊びを楽しむことができると思われます。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

乳児院の生活のなかで、公園に行ったり、散歩でのお出かけはとても楽しいことの一つになります。慣れ親しんだ公園の中を自由に子どもたちが遊んでいる様子が、切り取られている場面として浮かびます。又、出発前の様子もよく見えているなと感心しました。確かに、職員さんがやれば早く出来ることではありますが、それぞれの子どもたちの日頃の様子から、声掛けをして待っている様子が知れてよかったです。出来ることが増えて行くと自信にもなりますし、応援をしてくれている様子を見ると頑張ろうという気持ちも芽吹くかなと思います。危険個所の察知もなれた公園であれば尚の事、いつもと違う部分もすぐに感知できることが職員さんには求められます。連れていく子どもたちの体力や力量に応じて、目配り気配りができることが望まれますので、位置取りなどをほめて頂けると、職員さんも励みになると思います。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
6/30
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
1.生活環境は乳幼児にとって安全な設備になっているか
66.0% 33.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
2.防犯等の対策がとられ、乳幼児が安心して生活できる環境となっているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
3.乳幼児の様子は家庭に連絡されているか
66.0% 16.0% 16.0%
無回答・非該当:0.0% 
4.乳幼児との面会や外出、外泊には、保護者等の希望を聞いてくれているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
5.保護者等からの相談を聞いてくれているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
6.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.職員の接遇・態度は適切か
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
8.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
9.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
10.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
11.個別の計画作成時に、利用者の状況や要望を聞かれているか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
12.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
83.0% 16.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
13.保護者の不満や要望は対応されているか
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
14.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
50.0% 33.0% 16.0%
いいえ:0.0% 
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
3/3
  1.保護者等に対してサービスの情報を提供している
保護者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している保護者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • 毎月ホームページを更新し、子どもたちの生活を紹介しています
  • 地域子育て支援センターの事業を通じて、乳児院の存在を周知しています
  • 行政機関等との連携を密にし、受け入れを行っています
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり保護者等に説明し、理解を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要な事項等を保護者等の状況に応じて説明しているサービス内容について、保護者等の理解を得るようにしているサービスに関する説明の際に、保護者等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、乳幼児の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、乳幼児の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、乳幼児や保護者等の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 家庭での暮らしの記録は子どもの財産との想いで、丁寧な聞き取りを行っています
  • 児童相談所等と連携し、保護者の意向の確認に努めています
  • こどもまつり等の行事に招待するなど、保護者との継続的な関係づくりを行っています
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.必要に応じて、定められた手順に従ってアセスメントを行い、乳幼児の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
乳幼児の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している乳幼児や保護者等のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.乳幼児の様子や保護者等の希望、関係者の意見を取り入れた自立支援計画を作成している
計画は、乳幼児の様子や保護者等の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を保護者等にわかりやすく説明し、同意を得るようにしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.乳幼児に関する記録が行われ、管理体制を確立している
乳幼児一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果乳幼児の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.乳幼児の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、乳幼児に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもを第一にという基本方針に基づき、自立支援計画書を作成しています
  • 個別の養育計画表を毎月作成し、発達や生活習慣等についての共有を図っています
  • 記録の保管のあり方についての検討を進め、改善を図っています
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
31/31
  1.個別の自立支援計画に基づいて乳幼児一人ひとりに応じた支援を行っている
個別の自立支援計画に基づいて支援を行っている乳幼児一人ひとりの気持ちや要求に対し理解を深めるための取り組みを行っている乳幼児一人ひとりに応じて適切な愛着関係を築く取り組みをしている小規模なグループでケアを行うなど乳幼児が家庭的な環境の中で生活できるよう支援を行っている関係機関や専門機関と連携をとって、支援を行っている退所後は計画に基づいて、一人ひとりに応じた支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子ども一人ひとりに決まった担当職員を配置しています
  • 次年度より、縦割りによるモデルクラスの設定を検討しています
  • くじらホームを作り、緩やかに退所できるよう取り組んでいます
  2.家族等との関係構築に向けた取り組みを行っている
乳幼児や保護者等の状況、意向・希望を把握し、家庭関係の調整を行っている家族との再統合に向け、保護者等の意向をふまえて、児童相談所等と連携をとっている乳幼児の状況と安全に配慮しながら、保護者等との面会・外出・外泊を行っている家族との再統合が難しい場合、養子縁組や養育家庭を必要とする乳幼児が、機会を逃さず制度を活用できるよう児童相談所と連携をとっている入所中の乳幼児の家族等(里親を含む)に対し、退所後の生活を想定したさまざまな支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 家庭復帰を第一に考え、子どもたちの様子を家族に伝えています
  • 二葉独自のステップ表を用いて、退所後のシュミレーションを行っています
  • 里親支援機関事業を受託し、養育家庭への積極的な支援を行っています
  3.乳幼児の発達を促すための支援を行っている
乳幼児の自主性、自発性が育つように、年齢・発達に応じた遊びができるよう支援を行っている戸外へ出かける機会を設け、外の世界への興味を広げるよう工夫している衣服、寝具等の選択は乳幼児の状況や好みに配慮し、個別で使用している発達の状態に応じ、排泄等の自立に向けた取り組みを行っている乳幼児の発達の状態に応じた入浴ができるよう支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 我慢強く待つ保育を実践し、子どもたちが自分でできることを促しています
  • 職員を名前で呼ぶなど、身近な大人との愛着形成を大切にしています
  • 職員と一緒に買い物に出かけるなど、院外の活動も大切にしています
  4.乳幼児が楽しく安心して食事ができるようにしている
乳幼児の状態や嗜好に応じて献立を工夫している乳幼児の状態に応じて食事を提供している授乳は乳幼児が安心した状態で受けられるよう配慮して行っている楽しい食事となるような環境を整えている食についての関心を深めるための取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • それぞれが好きなキャラクターの食器などを使い、楽しく食事ができています
  • 調理担当職員が各クラスに分かれて、子どもたちと一緒に食事をしています
  • バーベキューやサンマ祭など、子どもたちが調理に親しむ行事を行っています
  5.施設での生活が、乳幼児にとって安心で快適なものとなるよう支援を行っている
居室や共有スペースは、乳幼児の状況に応じて、安全性や快適性に配慮したものとなっている静けさや明るさの環境に配慮するなど、乳幼児が心地よい眠りにつけるようにしている居室は乳幼児がくつろげる環境になるよう配慮している多様な体験を楽しめるような行事やイベント等を実施している
【講評】 詳細はこちら
  • 天気の良い日は毎日布団を干すなど、子どもたちが快適に暮らせる配慮をしています
  • 詳細な事故報告を行うことで、各居室ごとに再発防止に取り組んでいます
  • お食い初めや初詣など、家庭的な行事も大切にしています
  6.乳幼児一人ひとりの健康を維持できるよう支援を行っている
乳幼児突然死症候群(SIDS)や窒息等の予防に関するしくみがある乳幼児の服薬管理には誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている乳幼児の体調に変化(発作等の急変を含む)があったときには、医療機関等と速やかに連絡が取れる体制を整えている乳幼児の健康に関して、必要に応じて他職種の職員や外部の専門家と連携をとり対応している
【講評】 詳細はこちら
  • 感染症対策マニュアルに基づき、インフルエンザ等の予防に努めています
  • 15分視診チェック表を作成し、きめ細やかな安全確認を行っています
  • 毎月1回、児童精神科医が来院し、ケースカンファレンス行っています
  7.地域との連携のもとに乳幼児の生活の幅を広げるための取り組みを行っている
地域の情報を収集して、乳幼児一人ひとりの状況に応じて活用している乳幼児が地域の一員として生活できるよう、日常的な関わりが持てる機会を設けている
【講評】 詳細はこちら
  • 院内に地域子育て支援センターがあり、近隣の親子との交流が図れています
  • ボランティアや実習生の受け入れを、積極的に行っています
  • 地区の乳幼児支援機関関係者連絡会に参加し、地域全体の親子の育ちを応援しています
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
5/5
  1.乳幼児のプライバシー保護を徹底している
乳幼児に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者等の同意を得るようにしている広報誌等発行物の作成時には、乳幼児の記述に関して個人が特定されるなど不適切な記述がないか責任者を決めてチェックしている
  2.サービスの実施にあたり、乳幼児の権利を守り、個人の意思を尊重している
一定のルールのもとで、これまでの生活習慣を配慮した支援を行っている乳幼児の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった乳幼児がいる場合には、関係機関と連携しながら、対応する体制を整えている
【講評】詳細はこちら
  • 子どもの権利擁護の視点を持つ職員の育成を行っています
  • 発行物の作成に当たっては、8段階のチェックを行っています
  • 家庭でのルーティンを大切にしています
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、乳幼児の様子を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、乳幼児一人ひとりの安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 研修のグループ分けを行い、他部署の職員との交流を図っています
  • 第三者委員会を年に1回開催し、業務の見直しに取り組んでいます
  • 居室担当は経験年数の違う職員を配置し、助言できる体制を作っています
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0502079   修了者No.H1001015   修了者No.H0701104    
評価実施期間 2016年10月28日~2017年3月27日

サブメニュー