福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成28年度 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)
法人名称
株式会社ニチイ学館
事業所名称
ニチイケアセンターあらかわ
評価機関名称 特定非営利活動法人 赤坂福祉プランニング

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)認知症の方が可能な限り能力を発揮し、共同生活を行う場所を提供いたします
2)安心して日常生活が送れるよう心身の状況を踏まえ、適切にサービスを行います
3)一人ひとりの人格、プライバシーを尊重し家庭的な環境の下で日常生活が営めるサービスを提供します
4)個々の介護計画に基づき漫然かつ画一的なものとならないように配慮してサービスを行います
5)入居者様の生命、身体保護のために緊急、やむおえない場合を除き行動制限は行いません 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 ・ 仕事に対して常に向上する意欲が持てる人 
・ 人のことを思いやれるチームワークで統率が取れる人 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) ・責任感と節度ある行動力、的確な判断ができる観察力
・人の気持ちに寄り添える優しさと柔軟性
・認知症を理解し、一人ひとりに尊厳を持った行動 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • さまざまな医療機関との連携を図り、利用者の安全と健康管理に努めている
  • 「重度化した場合における対応に係る指針」により利用者・家族の安心感に繋げている
  • 外出を出来るだけ多くするような取り組みを強めていることは高く評価される
さらなる改善が望まれる点
  • 職員の自己啓発と現場で実践できる実用性の高い研修が求められている
  • 介護計画がサービス内容にリンクして、全職員が共通認識が持てることを期待する
  • 職員の日常的共通認識を導き出す情報共有のツールとして記録の管理が図られるよう期待

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 外出や散歩、撮影会、バレー団鑑賞などホームから出る機会を多くする取り組みを強める

 研修・業務ミーティングに重きを置いて、人材育成と介護レベルの差解消に努めている

 「基本情報シート」に半年ごとの記録を残してサービスの継続性にも配慮している

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:調査対象=利用者18名(現員18名)の家族18世帯に対して、アンケート調査を実施。回答数=14
    利用期間:6ヶ月~1年=1名、1年~2年未満=3名、
    2年~3年未満=2名、3年~4年未満=6名、
    4年以上=1名、無記入=1名
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    場面観察方式。家族アンケート方式。
    全ての利用者を対象に場面観察を実施。
    評価機関事務局が第三者評価の目的や記入方法について家族に説明をし、返信用封筒にて評価機関宛てに直接郵送していただく。説明会欠席者には事業所を介してアンケート用紙を配布した。

  • 利用者総数: 18人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 18人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 14人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 77.8%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
○居室とキッチンに囲まれた広く大きなテーブルが2箇所に設えられている、ホールでの様子
○キッチンでの職員と利用者の様子
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
職員は、トイレや居室への誘導時には、必ず声かけをして利用者を促し、確認をしてから行動に移している。
食事介助をしながら、時折居眠りをしている隣の利用者の膝をさすったり声かけをして、見守りをしている。
キッチンでは、一部の利用者が職員に声をかけられて、気軽に昼食の支度に取り掛かる。野菜を切ったり米を研いだり、「何かの役に立ちたい」と思っている方もいるようだ。
職員はトイレ介助や利用者の移動など、必要に応じてルーティンワークをこなし、利用者と職員の組み合わせ、利用者と利用者の組み合わせに留意した取り組みがうかがえて、「無理強い」や「やらされている感」はなく、それぞれ安心して穏やかに過ごされている様子がうかがえた。


                                         

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

常日頃、利用者様の訴えに答えてはおります。声なき呼びかけやまなざしは、全て気が付かなければならないとは思いますが、時折、人員体制上難しい時もあります。体調の変化には十分に気を付けて迅速に対応できるように利用者お一人おひとりに目配りを行い、業務に取り組んでいくことが大事だと思います。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
14/18
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
1.家族への情報提供はあるか
92.0% 7.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
2.事業所内の清掃、整理整頓は行き届いているか
64.0% 28.0% 7.0%
無回答・非該当:0.0% 
3.職員の接遇・態度は適切か
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
4.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
64.0% 21.0% 14.0%
いいえ:0.0% 
5.利用者同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
64.0% 21.0% 14.0%
いいえ:0.0% 
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
85.0% 14.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.利用者のプライバシーは守られているか
71.0% 21.0% 7.0%
いいえ:0.0% 
8.個別の計画作成時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
71.0% 21.0% 7.0%
いいえ:0.0% 
9.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
64.0% 35.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
10.利用者の不満や要望は対応されているか
71.0% 21.0% 7.0%
いいえ:0.0% 
11.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
42.0% 14.0% 21.0% 21.0%
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • パンフレットや「ほほえみ通信」を作成して、情報提供している
  • 事業所情報発信のさらなる拡がりに期待する
  • 利用者の日常生活を見ていただき、事業所の雰囲気を感じとっていただきたい
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を説明し、同意を得ている
  • 利用開始直後の環境変化にはあまり違和感を感じることなく入居されている
  • 「重度化した場合における対応に係る指針」を整備して、施設の取り組みを説明している
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の介護計画を作成している
計画は、利用者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • その人らしく生活できるようにアセスメント時には詳細な利用者情報を収集している
  • 利用者一人ひとりに関する必要な情報を記録し、理念の実践に取り組んでいる
  • 限られた時間内でのアセスメントの読込みと情報共有の徹底に期待する
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
23/23
  1.認知症対応型共同生活介護計画に基づいて自立生活が営めるよう支援を行っている
個別の認知症対応型共同生活介護計画に基づいて支援を行っている利用者一人ひとりがその人らしく生活できるよう支援を行っている関係職員が連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 日常生活支援シート「私の基本情報シート」を活用している
  • 計画作成と記録類をより正確にリンクさせ、利用者の個別の対応に寄与させる
  • 介護計画の作成過程では多方面からのアプローチが可能となるように取り組んでいる
  2.利用者の状態に応じて、日常生活に必要なさまざまな作業等を利用者が主体的に行うことができるよう支援を行っている
食事に関する一連の作業等利用者の生活場面では、利用者の主体性と能力を活かして支援を行っている利用者一人ひとりに応じた生活への参加ができるよう工夫をしている利用者の心身の状況に応じて、生活するうえで必要な支援(食事や入浴、排泄等)を行っている各種手続きや買い物等日常生活に必要な事柄について、利用者本人による実施が困難な場合に代行している
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者のニーズやストレングスを把握して、個別の活動の充実に繋がるようにしている
  • 入居者の状況変化に対応し 一人ひとりに合った支援を行っている
  • 日々の取組みの積み重ねで一人ひとりの意思尊重とできることを大切にした生活へ繋げる
  3.利用者の健康を維持するための支援を行っている
利用者の心身の状況に応じた健康管理を行っている日常生活の中で、利用者一人ひとりの状態に応じて身体を動かす取り組みを工夫している服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている利用者の体調変化時(発作等の急変を含む)に、医療機関等と速やかに連絡できる体制を整えている
【講評】 詳細はこちら
  • 訪問看護事業所と契約することでより高いレベルでの医療連携の形を構築している
  • 集団で行う体操やゲームなど利用者が身体を動かす機会を毎日設けている
  • 訪問歯科を活用し、歯そのものと口腔内の健康維持に努めている
  4.共同生活が楽しく快適になるよう工夫している
利用者がお互いに関わり合いながら楽しく生活することができるよう支援を行っている事業所での生活は、他の利用者への迷惑や健康面に影響を及ぼさない範囲で、利用者の意思が尊重されている居室や食堂などの共用スペースは、利用者の安全性や快適性に配慮したものとなっている
【講評】 詳細はこちら
  • 衛生マニュアル手順書を整備し、食及び衛生面の配慮に取り組んでいる
  • 利用者の個別ニーズに沿ったサービスを提供している
  • 入居者同士の気の合う方々が楽しくおしゃべりする姿が日常的に見られている
  5.事業所と家族等との交流・連携を図っている
家族や利用者の意向を考慮して、家族等が参加できる事業所の行事を実施している利用者の日常の様子を定期的に家族に知らせている家族等が事業所等に対し、意見や要望を表せる機会を設け、それらを活かした支援を行っている重度化した場合や終末期に備え、あらかじめ本人や家族等と話し合い、事業所でできることを説明しながら、方針を共有している
【講評】 詳細はこちら
  • 「ほほえみ通信」を毎月発行して、利用者の様子を家族に伝えている
  • 家族会で認知症を理解してサポートする研修会を実施して好評を得る
  • 看取りに関する指針を明記して、利用者、家族、スタッフの安心感につなげている
  6.利用者が地域で暮らし続けるため、地域と連携して支援を行っている
地域の情報等を収集し、利用者の状況に応じて提供している利用者が地域のさまざまな資源を利用するための支援を行っている利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう、事業所が利用者と共に地域の一員として日常的に交流している運営推進会議で話し合われた意見を活かして支援を行っている区市町村や地域包括支援センターと日頃から連絡を取り、協力関係を築きながら支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 運営推進会議が定期的に開催されて、風通しの良い施設を目指している
  • 地域の社会資源を利用して、継続する生活を実現している
  • 地域生活を広げるため、地域行事に参加していく取り組みが望まれている
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者の羞恥心に配慮した支援に努めている
  • 利用者の権利を擁護し、不適切な対応の排除に努めている
  • 虐待防止の組織的な防止対策に取り組んでいる
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 新任職員へのOJT実施等 職員全体のサービス水準の確保に向けて取り組んでいる
  • 日常的な共通認識を導き出す情報共有ツールとしての各種記録の適正管理に期待する
  • 使いやすい、活きた業務マニュアルに更新されるよう、今後の取り組みに期待したい 
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0303081   修了者No.H0202079   修了者No.H1301029    
評価実施期間 2016年7月21日~2017年1月25日

サブメニュー