福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査とサービス項目を中心とした評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成28年度 認知症対応型共同生活介護【認知症高齢者グループホーム】(介護予防含む)
法人名称
株式会社ユニマットリタイアメント・コミュニティ
事業所名称
かつしかグループホームそよ風
評価機関名称 一般社団法人 アクティブ ケア アンド サポート

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)  認知症高齢者の方でも地域で安心して生活できる環境の一つの選択肢としてこのホームを選んでいただければと考えています。
①入居者との信頼関係、コミュニケーション、おもいやりを大切にする
②入居者に押し付けの介護をしない
③入居者が我慢しないで職員に言いたいことが言えるホーム
④入居者が毎日笑顔で過ごせるホーム
⑤入居者に自分でできることは自分でやっていただく
⑥入居者のペースに合わせて職員がもっと待ってあげられるホーム
 以上六つの介護理念をもとに、施設に入所された方の自立と尊厳を守り、その人らしくいきいきと笑顔で生活していただけるよう介護サービスの提供に努めてまいります。
 また、地域に開かれた介護施設をめざし、地域との共生→地域への貢献が出来るような取り組みを行ってゆきたいと考えています。 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割  この施設で働くにおいて、資格や経験は必ずしも最重要な要素ではないと考えます。
 独りよがりな押し付けのケアをしないように常に自分を戒め、良く物事を観察する。
 自立支援という言葉を簡単に片づけないで、理論と実践の中で少しづつ理解を深めてゆける人が良いと思います。
 常にこの事業所の目的や理念をよく理解して、みなと同じ方向を向いて協調し、リーダーシップを発揮できるような人材を求めます。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)  グループホームに入居される利用者様は皆様認知症をお持ちです。
 入居者様は我々職員とは違う時代を生き、違うバックグラウンドを持ち、違う生活歴を持ち、違う人生を歩んでこられた方たちです。
 そのお一人おひとりが高齢になられて認知症という病気を持つにいたった。
 その方たちはそういう意味において自分とはまったく異なる人たちだと言えるかもしれません。あるいは自分とは何ら変わりのない人が認知症という病気を持ったことで、ある部分において日常生活に手伝いが必要になっただけ、とも言えるかもしれません。
 他者への寛容さ、相手を理解し受け入れる。そのうえで入居者様の幸せを考え、支援を実践する介護者であることを職員に期待します。
 これは職員間同士でも言えることで、他者への寛容さや愛情は自分の同僚に対しても持っていて欲しい重要な資質と考えます。
 寛容と愛情が良いチームを作り、良いチームが良い介護を生むものと信じます。
 入居者様、職員、ご家族や地域の方など、この施設にかかわったすべての人たちが幸せを感じられるようなものになれば素晴らしいと思います。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 「そよ風通信」を発行し、家族に生活の様子などを写真入りで編集し伝え、また、面会に来た時に直接職員が近況を伝えています
  • 職員の知識技術の向上が介護の質を向上させると信じ、スキルアップに取り組んでいます。
  • 5S活動にできていないところがあれば、管理者も一緒になって取り組む姿勢が成果を生んでいます
さらなる改善が望まれる点
  • 行事などに家族が参加する機会が増えているなかで、運営推進会議に家族が参加できる取り組みが期待されます
  • 月間ミーティングの欠席者へのフォローや確認状況の検証が期待されます
  • 「気づきノート」の内容のさらなる分析・検討・活用が期待されます

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 気づきノートが「利用者が主体」のサービス提供に重要な情報源になっています

 利用者の気持ちを大切に、尊厳を守り意思を大切にする介護に力を入れています

 今年から外部の専門家を呼び専門分野の研修にも取り組み始めています

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:・評価者2人が利用者18人について、職員と利用者の相互の関わりから利用者の気持ちの変化を読み取る場面観察方式による調査を実施しました。 
    ・利用者の家族18人(世帯)に対しアンケート方式により調査を行いました。
  • 調査方法:アンケート方式,場面観察方式  
    ・利用者調査(場面観察)は、9月6日(火)評価者2人がホームを訪問し行いました。
    ・利用者の家族へは、ホームから利用者調査票を評価機関作成の説明書を添えて配付し、記入後調査票を評価機関へ直接郵送してもらい、9月6日(火)に締め切りました。
  • 利用者総数: 18人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 18人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 14人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 77.8%
  • 調査項目: 共通評価項目

場面観察方式の調査結果

調査の視点:「日常生活の場面で利用者が発するサイン(呼びかけ、声なき呼びかけ、まなざし等)とそれに対する職員のかかわり」及び「そのかかわりによる利用者の気持ちの変化」

評価機関としての調査結果

調査時に観察したさまざまな場面の中で、調査の視点に基づいて評価機関が選定した場面
 「昼食の準備」鼻歌を歌いながら椅子に腰かけ所在無げにしていた利用者Aに、「Aさんいつものオシゴトお願い」と職員から声をかけられました。Aさんは、すっと立ち上がり慣れた様子で厨房に立ち、包丁を手にデザートづくりキウイの切りそろえに取り掛かりました。途中でどこまでやったかわからなくなり戸惑いを見せたAさんに、さりげなく手を添えながら「あとこれもお願いね」と職員がサポートしていました。終わると、「ただ働きだけどありがとう」と職員がねぎらうと、席に戻ったAさんはまんざらでもなさそうにはにかみ、嬉しそうでした。
選定した場面から評価機関が読み取った利用者の気持ちの変化
 所在無げな様子のAさんに職員が声掛けしました。Aさんは、自分の出番が来たことを思い出した様子で、厨房に立ち昼食のデザートづくりに取り掛かりました。先ほどとは違う真剣な表情が読み取れ、キウイを切り始めました。Aさんの得意なことを良くわかっている職員の声掛けに、利用者は得意そうな顔つきを示していました。ところが、キウイを全部切り終わらないうちに作業に戸惑いが見られました。見守っていた職員はさりげなくサポートすることによって、Aさんには戸惑いがなくなり、ホッとして自信を取り戻した様子で作業を終えることができました。職員のサポートの仕方はさりげなく利用者の気持ちに寄り添っていて、Aさんは、自分の席に戻ってからも嬉しそうな表情が見られました。職員の冗談を交えたねぎらいの声を聞くと、Aさんもにっこりとして、「そう、ただ働きさせるんだから、ここはいつもこうなんだから」と言いつつ満足そうに得意の歌を歌っていました。

「評価機関としての調査結果」に対する事業者のコメント

 今回、第三者評価のアンケートを実施させていただき、多くのご家族様から概ねご満足いただいているという結果を得る事が出来ました。これも日頃より、ご家族の皆様のご協力、ご理解の賜物と受け止めております。このアンケート結果より、今後もご家族様からのより率直なご意見をいただけるように努めていきたいと思います。
 かつしかグループホーム独自の介護理念を掲げております。日々より良い支援の提供をしていく事が出来るよう、この理念を念頭に置き、ご利用者様の生活がより良いものになるよう、安心安全に心がけております。職員間でよりきめ細かい情報の共有をし、全員一丸となり、よりよいサービスの向上を目指して参りたいと努めております。職員が協力し合ってご利用者様に喜んでいただけるよう、行事を考えております。今年は二度目となりました「納涼祭」には、地域の方にもご協力いただき、ご家族様だけでなく、地域の方々にもお越しいただき、多くの方に参加していただく事が出来ました。とても嬉しく思います。
 これからもご利用者様、ご家族様の「声」を大切にし、職員一丸となりより良い施設を目指していく所存であります。
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
14/18
1.家族への情報提供はあるか
はい
92.0%
無回答・非該当
7.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
2.事業所内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
92.0%
無回答・非該当
7.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
3.職員の接遇・態度は適切か
はい
71.0%
どちらともいえない
21.0%
無回答・非該当
7.0%
いいえ:0.0% 
4.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
85.0%
無回答・非該当
14.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
5.利用者同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
71.0%
どちらともいえない
14.0%
無回答・非該当
14.0%
いいえ:0.0% 
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.利用者のプライバシーは守られているか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
8.個別の計画作成時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
はい
92.0%
どちらともいえない
7.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
9.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
10.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
92.0%
無回答・非該当
7.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
11.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
50.0%
どちらともいえない
21.0%
いいえ
14.0%
無回答・非該当
14.0%
評点のレーダーチャートを表示する


サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • パンフレットやインターネットを通じ、希望者が入手しやすい情報提供に努めています
  • パンフレットは利用者や家族にわかりやすく配慮した写真や説明を載せています
  • 利用希望者や家族の希望に合わせて個別に対応し見学や相談を行っています
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、利用者の支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、利用者の不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、利用者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 入居前に重要事項や契約内容を説明し、利用者と家族の納得のうえ同意を得ます
  • 他の利用者や職員もみんなで祝い膳を囲み、新しい環境に入る不安の軽減を図っています
  • 利用者が退去する場合は、その後の介護の継続性に配慮し、必要な援助を行います
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、利用者の課題を個別のサービス場面ごとに明示している
利用者の心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し、把握している利用者一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.利用者等の希望と関係者の意見を取り入れた個別の介護計画を作成している
計画は、利用者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.利用者に関する記録が行われ、管理体制を確立している
利用者一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果利用者の状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 毎月課題を話し合い、定期的にモニタリングを行い、6か月毎にプランを見直します
  • 記録等は定めた場所に管理し、数値化できる記録類のデータ化に取り組んでいます
  • 気づきノートの活用に取り組んだ結果、書き込みが増え情報の共有が進んでいます
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
23/23
  1.認知症対応型共同生活介護計画に基づいて自立生活が営めるよう支援を行っている
個別の認知症対応型共同生活介護計画に基づいて支援を行っている利用者一人ひとりがその人らしく生活できるよう支援を行っている関係職員が連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • その人らしく生活ができるよう具体的な支援方法をケアプランに明記しています
  • 各種記録を整備し、その日のちょっとした変化に気付ける仕組みがあります
  • 定期的にミーティングを積み重ね、職員同士の連携を図っています
  2.利用者の状態に応じて、日常生活に必要なさまざまな作業等を利用者が主体的に行うことができるよう支援を行っている
食事に関する一連の作業等利用者の生活場面では、利用者の主体性と能力を活かして支援を行っている利用者一人ひとりに応じた生活への参加ができるよう工夫をしている利用者の心身の状況に応じて、生活するうえで必要な支援(食事や入浴、排泄等)を行っている各種手続きや買い物等日常生活に必要な事柄について、利用者本人による実施が困難な場合に代行している
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者も一緒に調理や準備など一連の作業に参加しています
  • 利用者に押しつけの介護をしないよう取り組んでいます
  • 買い物や各種手続きなどが困難な場合は職員が代行しています
  3.利用者の健康を維持するための支援を行っている
利用者の心身の状況に応じた健康管理を行っている日常生活の中で、利用者一人ひとりの状態に応じて身体を動かす取り組みを工夫している服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などしくみを整えている利用者の体調変化時(発作等の急変を含む)に、医療機関等と速やかに連絡できる体制を整えている
【講評】 詳細はこちら
  • 「GH経過表」などの書類を整備し、利用者の体調管理に活用しています
  • 誤薬が起こさないよう服薬確認のチェック体制を整えています
  • 体調の変化があった時に迅速に対応できる仕組みができています
  4.共同生活が楽しく快適になるよう工夫している
利用者がお互いに関わり合いながら楽しく生活することができるよう支援を行っている事業所での生活は、他の利用者への迷惑や健康面に影響を及ぼさない範囲で、利用者の意思が尊重されている居室や食堂などの共用スペースは、利用者の安全性や快適性に配慮したものとなっている
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者の会話や利用者同士の関わりなどを記録し、支援に結び付けています
  • 共有スペースや居室の清潔に努め、快適に過ごせるよう配慮しています
  • 日々の散歩や買い物、各種行事は利用者の意向を確認しながら行っています
  5.事業所と家族等との交流・連携を図っている
家族や利用者の意向を考慮して、家族等が参加できる事業所の行事を実施している利用者の日常の様子を定期的に家族に知らせている家族等が事業所等に対し、意見や要望を表せる機会を設け、それらを活かした支援を行っている重度化した場合や終末期に備え、あらかじめ本人や家族等と話し合い、事業所でできることを説明しながら、方針を共有している
【講評】 詳細はこちら
  • 各フロアごとに「そよ風通信」を発行し、家族に配付して生活の様子を伝えています
  • 終末期にどのように過ごすかを家族と話し合い、意向に沿って支援を行っています
  • 行事を開催するときには家族に開催のお知らせをして、参加できるようにしています
  6.利用者が地域で暮らし続けるため、地域と連携して支援を行っている
地域の情報等を収集し、利用者の状況に応じて提供している利用者が地域のさまざまな資源を利用するための支援を行っている利用者が地域とつながりながら暮らし続けられるよう、事業所が利用者と共に地域の一員として日常的に交流している運営推進会議で話し合われた意見を活かして支援を行っている区市町村や地域包括支援センターと日頃から連絡を取り、協力関係を築きながら支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 日々の生活の中で地域の人々と関わりをもてるよう配慮しています
  • 行事には家族のみでなく地域の人々も参加できるよう企画を工夫しています
  • 民生委員や自治会長、地域包括支援センターとの交流・連携に努めています
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている個人の所有物や個人宛文書の取り扱い、利用者のプライベートな空間への出入り等、日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮した支援を行っている利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 個人情報保護法とガイドラインに沿って情報の取り扱いをし利用者の同意を得ています
  • 押し付けの介護はしない、利用者に「自分の家」を感じてほしいと願うさりげない支援
  • 利用者との暖かなコミュニケーションと思いやりを大切にした支援を心掛けています
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 業務の手順や基本はすべて「利用者主体」の考え方に基づき運用しています
  • 業務マニュアルの中からテーマを選び、職員の工夫を加えて研修を実施しています
  • ホーム長との面談はなんでも言える時間で、30分から1時間にわたって話し合います
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0305067   修了者No.H1501031    
評価実施期間 2016年7月28日~2016年11月9日

サブメニュー