福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成27年度 児童養護施設
法人名称
社会福祉法人六踏園
事業所名称
調布学園
評価機関名称 株式会社 地域計画連合

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1)児童の権利擁護、人権尊重
2)児童の養育・成長を支援するのは職員。管理職は働く環境・働きがいのある職場づくりに努める
3)施設福祉は地域との協働性のもの。地域からの理解・協力なくしては福祉向上はあり得ないという概念
4)養育を支援される者、支援する者の区別をつけず、一手一つ皆兄弟の理念
5)陽気ぐらし(感謝・慎み・たすけあいの心持ち) 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 健康、児童の人権尊重、職員間及び地域諸関係機関(小・中学校教員、地域役員、児童相談所担当者)等との協力関係を重視できる人。児童養護施設としては当然子どもを愛し、子どもが好きでなくてはならないと考え、子ども達の親に対する考え方としては、親孝行の姿勢を基本とし、どのような状況の親に対しても親を安心させるようつとめられる職員としてつとめて貰いたい。一人ひとりの力量と同時に職員集団としての協力関係・信頼関係から生まれる力を発揮するよう願っている。様々な目標に向かい一手一つの調和を大切にできる気持ち。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) 求めている人材像や役割に加えて、児童一人ひとりに欠落しがちな家族観を職員が替わって満たすことができるよう職員の定着につとめて欲しい。幼児期に入所し、高校卒で卒園し、社会に巣立つ子ども達に、何年後もよりよき相談相手となってゆくためには、相当長期に勤務することを期待している。
福祉にたずさわる者として当然堅持しなければいけない使命感は一つ一ついうまでもないが、職員自身のもつ個性をより良く活かし、明るく朗らかに児童に接することを期待し、現在皆そのことを適切に実践してきている。前述とも重なるが、職員集団としての協力関係・信頼関係と調和を基に児童の擁護を一つ一つ築き上げるための土台(基礎)を固めて貰いたい。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 委員会からの提案を活かし、自立支援計画の充実と有効活用に向け具体的な取り組みが進められ、職員間の信頼と協力につなげている
  • 職種間の連携を大切に養育を豊かにする食堂での食事提供は職員同士の情報交換やコミュニケーションの場になっている
  • 子どもの健康管理から衛生面までの指導により、子どもたちに健康への配慮に関する意識が育ってきている
さらなる改善が望まれる点
  • 子どもと向き合い、より良い養育を目指し、子どもの生きる育つ守られる参加するなど、権利擁護推進の取り組みのさらなる充実が望まれる
  • 自立に向けた社会的なスキルと子どもが一人で生活を営むための体験を活かし、さらなる配慮と的確な指導も検討されたい
  • 人材育成委員会を立ち上げ人材の確保・育成に向けて検討を進めており、育成計画を検討して評価し、やる気と働きがいにつなげられたい

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 改築に向けた具体的な検討が進められ、将来構想の中で具体的に位置づけられている

 学習習慣を身につけるため、子どもの力に応じた対応を行い、継続的な支援に努めている

 日常的に地域と連携しながら、子どもたちの社会的自立に向け暮らし方の実践をしている

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:平成27年7月1日現在の施設の利用者を対象とした。
  • 調査方法:アンケート方式,聞き取り方式  
    個別面接調査法。調査員が個別に聞き取りで調査を実施した。
    また、当日、面接での聞き取り調査ができなかった利用者には、調査票を配布して後日郵送での回答とした。
  • 利用者総数: 72人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 72人 (アンケート方式5人 聞き取り方式67人)
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 70人 (アンケート方式3人 聞き取り方式67人)
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 97.2%
  • 調査項目: 共通評価項目
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
70/72
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
1.食事の時間が楽しいひとときになっているか
65.0% 28.0%
いいえ:2.0%  無回答・非該当:2.0% 
2.子どもの年齢や特性、個別事情に応じて生活や規則内容等の説明を受けているか
67.0% 31.0%
いいえ:1.0%  無回答・非該当:0.0% 
3.【中学生以上の方に】
将来に関する支援は、子どもの個別の要望や事情に応じて行われているか
61.0% 38.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
4.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
48.0% 38.0% 12.0%
無回答・非該当:0.0% 
5.職員の接遇・態度は適切か
51.0% 37.0% 11.0%
無回答・非該当:0.0% 
6.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
67.0% 25.0% 7.0%
無回答・非該当:0.0% 
7.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
67.0% 24.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
8.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
62.0% 28.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
9.子どものプライバシーは守られているか
61.0% 27.0% 11.0%
無回答・非該当:0.0% 
10.個別の計画作成時に、利用者の状況や要望を聞かれているか
58.0% 32.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
11.サービス内容や計画に関する職員の説明はわかりやすいか
58.0% 34.0% 7.0%
無回答・非該当:0.0% 
12.【小学校4年生以上の方に】
自らの権利について、職員はわかりやすく教えてくれたか
50.0% 33.0% 15.0%
無回答・非該当:0.0% 
13.子どもの不満や要望は対応されているか
47.0% 38.0% 12.0%
無回答・非該当:1.0% 
14.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
51.0% 40.0% 8.0%
無回答・非該当:0.0% 
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
3/3
  1.子どもや保護者等に対してサービスの情報を提供している
子どもや保護者の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している子どもや保護者の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • 施設要覧、ホームページで子どもたちの生活や心身にわたる発達支援の姿勢を伝えている
  • 事業所便り「ともだち」は毎号編集内容を検討し、行政や関係機関に情報提供をしている
  • 学園への問い合わせや見学対応は体制を整え、個々の状況に合わせ対応する仕組みがある
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.サービスの開始にあたり子どもや保護者に説明し、理解を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要な事項等を子どもや保護者の状況に応じて説明しているサービス内容について、子どもや保護者の理解を得るようにしているサービスに関する説明の際に、子どもや保護者の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、子どもの支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービス利用前の生活をふまえた支援を行っているサービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 入所依頼と同時に支援を明確にし、スムーズな受け入れの仕組みが整えられている
  • 環境の変化による子どもの情緒安定に留意し、自立支援や家庭支援方針につなげている
  • 自立支援コーディネーターを中心に、より充実した退所後の支援継続の仕組みがある
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.定められた手順に従ってアセスメントを行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している
子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している子ども一人ひとりのニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.子どもや保護者の希望と関係者の意見を取り入れた自立支援計画を作成している
計画は、子どもや保護者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を子どもにわかりやすく説明し、同意を得るようにしている計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している
子ども一人ひとりに関する情報を過不足なく記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、子どもに変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 一人ひとりの子どもの情報は統一された書式に記載・把握し、定期的に見直しをしている
  • 自立支援計画は支援目標のすり合わせを行い、より良い支援への取り組みをしている
  • 適切な養育環境で健全な発達が育まれるよう、打ち合わせ会等で情報の共有をしている
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
38/38
  1.個別の自立支援計画に基づいて、自立した生活が営めるよう支援を行っている
個別の自立支援計画に基づいて支援を行っている子ども一人ひとりに合った方法で、子どもと職員の信頼関係を構築するために受容的・支持的な関わりをしている小規模なグループでケアを行うなど、子どもが家庭的な環境の中で生活できるよう支援を行っている子ども一人ひとりの自立に向けて、関係機関と連携をとって、支援を行っている退所後は計画に基づいて、一人ひとりに応じた支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 自立に向けた子どもの生活体験の幅を広げ、自立の意識づくりに向けて取り組んでいる
  • 子どもの学力アップを図り、職場体験などの社会参加の機会を体験し、学びを広げている
  • 退所した子どもへのアフターケアを積極的に行い、安心感と意欲・活力につなげている
  2.家族等との関係構築に向けた取り組みを行っている
子どもや保護者等の状況、意向・希望を把握し、家庭関係の調整を行っている子どもの状況や行事等の情報を個別の連絡により保護者等に知らせている保護者等との面会、外出、一時帰宅等は、状況を把握したうえで、子どもの安全に注意しながら行っている家族との再統合に向け、子どもや保護者等の意向をふまえて、児童相談所等と連携をとって、支援を行っている家族との再統合が難しい場合、養育家庭や養子縁組等を必要とする子どもが制度を活用できるよう児童相談所と連携をとっている入所中の子どもの家族等(里親を含む)に対し、退所後の生活を想定したさまざまな支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの家庭復帰支援に向けたチェックリスト作成から家庭関係調整を継続している
  • 保護者への支援を丁寧に行い、子どもの成長を理解しやすいように周知を進めている
  • 関係機関との調整を行い、子どもの成長により良い生活環境になるよう努めている
  3.子どもが楽しく安心して食事ができるようにしている
食事の献立は、子どもの状況や嗜好に応じて工夫している食物アレルギーや疾患等については、主治医等の指示に従い、対応している楽しい食事となるような環境を整えている食事時間は子どもの希望や生活状況に応じて対応している食についての関心を深めるための取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもが食事を楽しみ、期待する献立と栄養面の配慮がされた食事が提供されている
  • 子どもの年齢に合わせ食事量と内容が配慮され、バランスを考えた食事が提供されている
  • 食育活動から高校生が中心となり、年下の子どもを招待する等の取り組みが継続している
  4.子どもの健康を維持するための支援を行っている
入所まもない子どもの健康状態(口腔ケア、視力等)に配慮し、健康維持のための支援を行っている健康に関して、子どもからの相談に応じ、必要に応じて子どもや保護者等に説明をしている子どもの服薬管理は誤りがないようチェック体制の強化などのしくみを整えている子どもの体調に変化があったときには、速やかに対応できる体制を整えている日頃から医療機関と連携を図り、健康管理に活かしている健康について子どもに理解を促す取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの服薬の管理と職員間での確認が丁寧に行われ、子どもの安全に活かされている
  • 性(生)教育への理解が、子ども自身の健康と自立に向けた力として育まれている
  • 日常生活に根付いた感染症予防対策が徹底されており、罹患者が抑制されている
  5.子どもの精神面でのケアについてさまざまな取り組みを行っている
子どもが心の悩みや不安を相談できるように工夫している性についての正しい知識と理解が得られるよう、子どもの年齢や状況に応じた説明を行っている子どもの抱える問題に応じて、心理的ケアが必要な場合は、関係職員・機関と連携をとって、支援を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの抱える問題について、関係する職員などが一丸となって取り組んでいる
  • 子どもの問題について、職員間での連携と具体的な環境整備や支援等が始まっている
  • 性教育を正しい知識として伝え、生教育の中でも指導を継続して丁寧に取り入れている
  6.子どもの自主性を尊重し、施設での生活が楽しく快適になるよう支援を行っている
居室や共用スペース等は、子どもの状況に応じて、安全性や快適性に配慮したものとなっている日常生活の過ごし方は、子どもの状況・年齢等に応じて工夫している行事やイベントの企画・準備は子どもも参加して行っている施設の生活ルールは子どもの意見を参考に見直しを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 児童会での検討内容に生活ルールの議題が出され、子どもの声が検討されている
  • 子どもの参加と意見交換の姿が変化しており、実態を考慮した児童会の検討を進めている
  • 小さい子どもと高校生の精神バランスを取りつつ、遊びと交流の場を継続し提供している
  7.子ども一人ひとりに応じた学力向上・進路決定のための取り組みを行っている
基本的な生活習慣及び生活知識・技術を身につけられるよう支援を行っている基礎学力の向上・学習習慣獲得のための支援を行っている子どもの意欲・意思や能力に応じた学習教材・塾等を活用している進路について、子どもと保護者等、学校、施設による話し合いを行っている進路の決定は、子どもの意向や適性に応じて選択・決定できるよう支援を行っている個別に必要な時期・状況で、自立に向けての社会体験を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 学習時間と部屋の保障を行い、子どもたちに学習の習慣をつけるが進められている
  • 学力の向上のために、一人ひとりの子どもの学習課題に沿った学びの提供をしている
  • 職業体験などを通した経験が子どもの学びと自信につながり、進路への意識を育んでいる
  8.地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている
地域の情報を収集し、子ども一人ひとりの状況に応じて活用している施設の活動や行事に地域の人の参加を呼びかける等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している子どもに、地域と日常的に関わりながら生活していることの大切さを伝えている
【講評】 詳細はこちら
  • 地域で暮らしているという意識を体験する情報を収集し、子どもの生活の幅を広げている
  • 子どもたちは学園や地域の行事を楽しみ、ボランティアによる色々な活動体験している
  • グループホームは家庭的養護を目指し、地域との交流にも積極的に取り組んでいる
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
8/8
  1.子どものプライバシー保護を徹底している
子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、子どもや保護者の同意を得るようにしている個人の所有物や郵便物の扱い、居室への職員の出入り等、日常の支援の中で、子どものプライバシーに配慮した支援を行っている子どもの羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、個人の意思を尊重している
「子どもの権利ノート」などにより、子どもの基本的人権について、日常生活の中でわかりやすく説明している子ども一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、放任、虐待、無視等が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に予防・再発防止を徹底している虐待被害にあった子どもがいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている施設内の子ども間の暴力・いじめ等が行われることのないよう組織的に予防・再発防止を徹底している
【講評】詳細はこちら
  • 個人情報は法人の規定に従い、身体と心について学ぶ性教育はプライバシーも教えている
  • 子どもと向き合い、より良い養育を目指して、解りやすく権利擁護の説明をしている
  • 当学園の職員として職務規定に沿い、専門機能強化型施設としての対応に努めている
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうかを定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や子ども・保護者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、子どもの安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 安定した養育を目指す「実務の手引き」冊子は、実践ポイントがまとめられ活用している
  • 総括論議では情報を共有して学び合い、子どもの適切な養育、支援向上に努めている
  • チーム労働を基本に、チーム内で取り組む0JTを養護支援の学び合いに活かしている
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0601002   修了者No.H1002019   修了者No.H0701051    
評価実施期間 2015年7月1日~2016年3月31日

サブメニュー