福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査と事業評価(組織マネジメント項目・サービス項目)の評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成27年度 認証保育所A型・B型
法人名称
株式会社こどもの森
事業所名称
三鷹プチ・クレイシュ
評価機関名称 一般社団法人 アクティブ ケア アンド サポート

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 1.子ども・保護者第一主義
利用者の立場に立って物事を考え、自分がしてもらって嬉しいと思う事を相手にもできるようにする。
何を必要としているのかを常に頭に置いてサービスを提供して行く。
2.子どもの自主性を育む
子どもが日々の生活の中で自ら考え行動できるように、自分でしようとする気持ちを大切にしている。
何でもやってあげるのではなく、子どもが出来ること、出来そうなことはなるべくさせる。
何事も経験する事が大切。
3.他児への関心・興味を持つ
自分だけが良ければいいのではなく、他児にも興味や関心を持ち、思いやりの気持ちを言葉や態度で表せるようにする。
4.職員育成
社会人としての常識・マナーを身に付け、保育士として「先生」と呼ばれる事への自覚を持つ。
5.安全第一
大切な「命」をお預かりしているという事を常に頭に入れ、危機管理能力を身に付け未然に事故やケガを防いでいく。
起こってしまった事故やケガに関しては速やかに適切な対応ができるようにする。
6.自分の子どもを入れたい園にする
職員が保護者目線で見たときに、自分の子どもも自分の園に入れたいと思えるようなサービスを提供する。 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 ・求めている人材像
「子どもの事を第一に考えられる人」
「明るくどんなときでも笑顔を見せられる人」
「素直で向上心を持ち、人としても保育士としても常に成長しようと努力をしている人」
「保育士」という仕事は子ども達にとってその子どもの人格形成に大きな影響を与える、とても大切な時期に関わっている責任のある仕事。先生と呼ばれるからには、私たちは保育のプロとして、保育知識・技術更に人としての在り方も指導できるよう、常に学ぶ姿勢を持ってほしい。

・求めている役割
保育園はチーム。職員一人ひとりの力が合わさって、初めて保育園としての役割を果たせると考える。
経験年数により出来る事、出来ない事があるが、自分に出来る事は何かを常に考え、出来る事を精一杯やる。自分の得意な事、好きな事をアピールする。ピアノが苦手ならピアノの代わりになる「これだけは誰にも負けない」というものを一つでいいので持つ。得意じゃなくても「好き」なら良し。例えば、絵本の読み聞かせや手遊びなど何でもいい。保育の現場で子ども達の前で、自信を持ってできるものを身に付けておく。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)  在園している間だけではなく、その子どもの5年後、10年後、大人になってからまでの大きなビジョンを持って、ずっと変わらずに持ち続けて欲しいもの、例えば挨拶がきちんと出来たり、人に優しく出来たり、何事にも「ありがとう」という感謝の気持ちを持てたり、人として大切なものをこの時に身に付けられるような保育を心掛けて欲しい。
 その為には、仕事に対して責任感を持ち、全ては子どもの為にという姿勢が大切である。
 仕事を進める上で、自己判断はしてはならない。必ず報告・連絡・相談をする事は現場では必要な事。どんな小さな事や「こんな事まで?」と思えるような事まで、しっかりと報告・連絡・相談をする。
 また、掃除を徹底的にする事により、気づきの目が養われる。子どもや保護者に対してちょっとした変化に気づける事に繋がっている。
 この仕事が素晴らしい仕事と誇りに感じながら、自信を持って子ども達の前に立って欲しい。
 正直この仕事は大変だが、保育士になって良かったと思える時が必ずある。それまでには失敗したり、壁に当たる事も、落ち込む事も悩む事もたくさんある。しかし、失敗を恐れずいろいろな事にチャレンジし、自分の力に変えて欲しい。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 戸外活動を1日2回行い、体力を作り、感性を培い、体験を広める活動を行っています
  • 子どもと保護者の情報を職員全員が共有し、保育に取り組んでいます
  • スキルアップすべき課題を把握し、職員の質の向上に取り組んでいます
さらなる改善が望まれる点
  • 地域のイベントや人々との共同活動など、地域に根ざす取り組みが期待されます
  • 保育課程に沿って、0.1.2歳児の個別月間指導計画の充実が期待されます
  • 保育園の2~3年後の姿と取り組む事項を明らかにする計画の検討が期待されます

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 保護者の意見や要望を多様な方法で把握し、サービスの改善と向上に活用しています

 集団生活の中で、おもいやる心や社会性、四季や生態の変化を学んでいます  

 2つのエピソードを交え、一日の子どもの様子や連絡を保護者に伝える仕組みがあります

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象: 2015年9月現在、在園している子どもの保護者43世帯を対象としました。
  • 調査方法:アンケート方式  
     保育園から、保護者に対し第三者評価の目的などを説明してもらいました。保護者へ保育園から利用者調査票(保護者用)と評価機関作成の説明書を配付し、記入後評価機関へ直接郵送してもらい、10月23日(金)に締め切りました。回答者数は38人(世帯、88%)でした。
  • 利用者総数: 43人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 43人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 38人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 88.4%
  • 調査項目: 共通評価項目
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
38/43
1.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい
92.0%
どちらともいえない
7.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
2.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい
71.0%
どちらともいえない
26.0%
いいえ:2.0%  無回答・非該当:0.0% 
3.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい
94.0%
無回答・非該当
5.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
4.安全対策が十分取られていると思うか
はい
84.0%
どちらともいえない
10.0%
無回答・非該当
5.0%
いいえ:0.0% 
5.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
6.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.保護者の考えを聞く姿勢があるか
はい
97.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:2.0% 
8.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい
89.0%
どちらともいえない
10.0%
いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
9.職員の接遇・態度は適切か
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
10.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい
97.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:2.0% 
11.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい
73.0%
無回答・非該当
23.0%
どちらともいえない:2.0%  いいえ:0.0% 
12.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい
97.0%
どちらともいえない:2.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
13.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい
86.0%
どちらともいえない
5.0%
無回答・非該当
7.0%
いいえ:0.0% 
14.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
15.利用者の不満や要望は対応されているか
はい
81.0%
どちらともいえない
5.0%
無回答・非該当
13.0%
いいえ:0.0% 
16.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい
31.0%
どちらともいえない
18.0%
いいえ
5.0%
無回答・非該当
44.0%
評点のレーダーチャートを表示する

組織マネジメント分析結果     ←クリックすると詳細が表示されます。

サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
5/5
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している事業所のサービス利用が困難な場合には、理由を説明したうえで、他の相談先紹介など支援の必要に応じた対応をしている
【講評】詳細はこちら
  • パンフレットや運営法人のホームページなどで情報を提供しています
  • 保育園の保育内容などを利用希望者に理解してもらえるよう工夫しています
  • 利用希望者などの問い合わせや見学には、個別に対応しています
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
6/6
  1.サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明しているサービス内容について、保護者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  2.サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている
サービス開始時に、子どもの支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っているサービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 入園のしおりに沿って説明し・重要事項等の同意を得て契約書を取り交わしています
  • 入園時に、支援に必要な子どもの情報や保育への要望などを確認しています
  • 卒園に際し、子どもや保護者のストレスを軽減できるよう配慮しています
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
12/12
  1.定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している
子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録しているアセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  2.子どもの様子や保護者の希望、関係者の意見を取り入れた指導計画を作成している
計画は、保育課程を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している計画は、子どもの様子や保護者の希望を尊重して作成、見直しをしている計画を保護者にわかりやすく説明している計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  3.子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している
子ども一人ひとりに関する情報を過不足なく記載するしくみがある計画に沿った具体的な支援内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  4.子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
【講評】詳細はこちら
  • 子どもの心身状況や生活状況を把握し記録しています
  • 養護と教育の領域に沿った個別指導計画の内容の充実が望まれます
  • 子どもの情報はミーテングや職員会議などで職員全員が共有し、支援を行っています
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
37/37
  1.子ども一人ひとりの発達の状態に応じた援助を行っている
子ども一人ひとりの発達の過程や生活環境などにより子どもの全体的な姿を把握している子どもが主体的に周囲の人やものに働きかけることができるよう、環境構成を工夫している子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう援助している特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 子どもの記録、保護者や職員間の情報交換で、子どもの姿や心身の変化を捉えています
  • 子どもが興味を持って自発的・主体的に関われるプログラムや環境を用意しています
  • 年齢や習慣、文化、行事などから多様な体験を積み、互いを尊重する心を育てています
  2.家庭と保育所の生活の連続性を意識して保育を行っている
登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう支援を行っている休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮しているお迎え時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
【講評】 詳細はこちら
  • 送迎時の口頭、連絡ノート、伝達ノート、他で重層的に家庭との連絡を把握しています
  • 基本的な生活習慣の習得に、保護者と連携し、子どもの意欲を引き出すよう努めています
  • 子どもがリラックスして好きなことをしたり、休息する時間を持てるよう配慮しています
  3.日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している
日常の保育の内容は保育目標を反映して構成されている子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている子どもがのびのびと体を動かせるよう、積極的に戸外活動や外気浴等を実施している戸外・園外活動には、季節の移り変わりなどを感じとることができるような視点を取り入れている【0・1・2歳児のみ受け入れている保育所で、取り組みのない場合は非該当とする】<BR>子どもが集団活動を経験する機会(他の保育所の子どもとの交流など)を積極的に設けている
【講評】 詳細はこちら
  • 室内と戸外遊びのバランスの良い時間配分や計画、環境作りで自発性を育んでいます
  • 集団活動を通じて自律性や思いやりを、自然に触れて四季や生態の変化を学んでいます
  • 近隣の傘下の保育園(複数)と合同で、スケールの大きい集団活動を行っています
  4.行事等を通して、日常の保育に変化と潤いを持たせるよう工夫している
みんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している子どもが興味を持ち、自ら進んで取り組めるような行事等を実施している行事等を行うときは、保護者の理解が得られるような工夫をしている保育所の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
【講評】 詳細はこちら
  • 発表会で、劇や合奏を披露し、運動会で、組体操を行い達成感を味わっています
  • 子どもが自ら選んだ劇や体操を行い、主体性や満足感を得て、自信に結び付けています
  • 夏祭りでは、子育て相談コーナーを設け、地域の人々の子育て相談に応じています
  5.保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている
保育時間の長い子どもが、くつろげる環境になるよう配慮をしている子どもの様子を確実な方法により職員間で引き継いでいるお迎え時には、子どもの日中の様子(担任からの引き継ぎ事項等を含む)を保護者に直接伝えている
【講評】 詳細はこちら
  • 延長保育では保育士が傍らに付き添い、制作や遊びをじっくりできるよう援助しています
  • 口頭と記録の2通りを実行し、引き継ぎに漏れが生じないよう徹底しています
  • 日々、子どもの生活やエピソード、全体の活動を、連絡帳と会話、掲示で伝えています
  6.子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している
子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮しているメニューや味付けなどに工夫を凝らしている子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている保育所の食育に関する取り組みを、保護者に対して伝える活動をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 声かけや援助で、子どもが楽しく食べられるよう配慮しています
  • 食事は子どもに適したカロリーや味付け、形状で、体調に合わせた提供しています
  • 食事に対する自立や関心を育て、保護者に食の安全について知らせています
  7.子どもが心身の健康を維持できるよう支援を行っている
けがや病気を防止するため、日頃から身の回りの危険について子どもに伝えている医療的なケアが必要な子どもに対し、専門機関等との連携に基づく支援を行っている保護者に対して感染症や乳幼児突然死症候群(SIDS)等に関する情報を提供し、予防に努めている
【講評】 詳細はこちら
  • 危険な箇所や子どもの心身状況に気を配り、検温、視診など健康管理に取り組んでいます
  • 医療的ケアの子どもへは医師の処方による予薬表と説明書に従って服薬を援助しています
  • 感染症対策や乳幼児突然死症候群に対して、徹底した取り組みを行っています
  8.保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている
保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して接している保護者同士が交流できる機会を設けている保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている保育所の保育に関して、保護者の考えや提案を聴く機会(運営委員会など)を設け反映させている子どもの発達や育児などについて、懇談会や勉強会を開催し、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 就労する保護者の立場に立ち、希望や要望を柔軟に受け入れる姿勢で取り組んでいます
  • 「先生は助言も親身にしてくれ信頼できます。」と、保護者アンケート評価を得ています
  • 保護者と一緒に、子どもの養育・教育に対する共通認識を深めています
  9.認証保育所の特性をいかした取り組みをしている
異年齢児との生活の中にあっても、年齢や一人ひとりの発達にあった援助を行っている新たに入所した子どもと、すでに入所している子どもが安定した関係を築けるよう配慮している契約や更新の機会をとらえ、保護者と緊密に連携しながら保育を行っている
【講評】 詳細はこちら
  • 幼児クラスは、異年齢で活動しながら、年齢に応じ、工程を変えるなど工夫しています
  • 在園児には担任が関わり、新入園児にはフリーの職員がつき、馴染むよう配慮しています
  • コミュニケーションを大事にし、信頼を得るよう保護者との連携を徹底しています
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.子どものプライバシー保護を徹底している
子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている子どもの羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している
日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、放任、虐待、無視等が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に予防・再発防止対策を徹底している虐待を受けている疑いのある子どもの情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関に連絡し、その後も連携できるような体制を整えている
【講評】詳細はこちら
  • 子どものプライバシーの保護に関し、個人情報保護方針に基づき取り組んでいます
  • 日々、子どもの気持ちを尊重した保育に努めています
  • 一人ひとりの子どもの人権を尊重した保育をしています
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、子どもの安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 傘下の保育園統一の基本保育マニュアルを、職員は保育の実践に生かしています
  • 保育計画やマニュアルなどには職員や保護者の要望、子どもの様子を反映しています
  • 子どもの安全性に配慮し、様々な取り組みを実施しています
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H1001044   修了者No.H1101037   修了者No.H0602015    
評価実施期間 2015年7月21日~2016年3月29日

サブメニュー