福祉サービス第三者評価情報 > 評価結果検索 > 評価結果一覧 >評価結果

評価結果 利用者調査とサービス項目を中心とした評価手法

          ※印刷してご活用いただけます。

平成27年度 居宅介護支援
法人名称
社会福祉法人聖風会
事業所名称
ケアマネージメントセンター扇
評価機関名称 特定非営利活動法人 NPOとうきょう福祉サポート

第三者評価結果の構成  見たい内容をクリックすると該当部分へジャンプします。

事業者の理念・方針、期待する職員像

理念・方針
事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など) 事業所では、介護保険法の理念、尊厳の保持と自立支援を受け、法人理念である「最高の価値あるものを、すべての人に」~地域に信頼される施設を目指して~を受け、大切にしている事(運営理念)相手の立場で見る・聞く・考える。相手の笑顔、自分の笑顔。その人がその人らしく生きる事を大切にし、目標(経営理念)地域に貢献する総合福祉事業の展開、卓越したケアサービスによる顧客満足、効果・効率を考えた弛まぬ業務改善を目標としている。また、サービス提供の考え方として、困難ケースの対応等は抱え込まずに所内で話し合いながら、ケアプランを作成するように務めること。ゆうあいの郷・扇の一員としての重要性を充分理解し、各サービスと連携、地域の財産としての存在となる事を全職員が一丸となって取り組む事を目指している。 
期待する職員像
職員に求めている人材像や役割 事業所では、職員に対し求める事として、専門性としての知識とプライドを持って、利用者のサポート役に徹することができる人を求めている。日本の超高齢社会における現状を踏まえると様々な課題を抱えている。独居高齢者の増加、老々介護家庭の急増、不安を抱える家庭介護における介護者の介護負担とストレス、地域環境の変化に伴う高齢者への脆弱な支援体制など、適切且つ適確なケアは急務であること、また、日々増え続ける認知症高齢者への専門的なケアは既に限界に達している事を、施設職員全員が認識し、介護の専門家としての対応が求められている。事業所は、地域に開かれた、介護支援の専門サービスであり、その存在は真に大きなものがあると考える。地域における福祉の発信拠点として、地域の様々な機関との連携を密に行い、地域に暮らす全ての人々が豊かで、潤いのある、安心した日常生活への支援を、力の限り実践することを求めている。 
職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感) 事業所では、職員に期待することとして、適確な判断力を身に着け、利用者の立場に立って考える事ができる人材を期待している。介護現場では、認知症高齢者への適切な専門的ケアは真に重要な一つであり、更に、要介護高齢者の増加と共に、重度化も介護現場を困難な状況にしている。これらのことを充分把握し、事業所の地域における重要性を理解し、日々の業務を行って欲しいと考えている。利用者は、永き人生の総まとめの時期、介護に関するプラン作りに関わる情報の提供者として、「ケアマネジメントセンター扇」を選ばれた事を誇りに思い支援に取り組んで欲しい。持ちきれないほどの沢山の想い出を携え、その人生のグランドフィナーレを、輝かしきものにするため、懸命に毎日暮らしていることを、理解して支援して欲しい。利用者一人ひとりを良く知り、価値観やこだわり、その人らしさが発揮出来る事を目指し、少しでも長く、豊かな生活を継続し、メリハリある暮らしを実感出来る事を全職員が目指して欲しいと考える。 

全体の評価講評 詳細はこちらから

特によいと思う点
  • 利用者、家族の多種多彩なニーズや困難事例など様々なケース、全職員の経験、専門性など英知を結集、一つ一つ解決していく弛まぬ努力
  • 事業所全員の情報共有、連携による利用者、家族の安心した介護生活を支える質の高い取り組み
  • 各サービス事業所と密に連携し、丁寧に信頼関係を築きサービスの隙間を埋める細やかな支援
さらなる改善が望まれる点
  • 利用者、家族のより安心な日常生活を支え、豊かな在宅生活に繋がる社会資源の理解と専門性の発揮に繋がる更なるスキルアップへの取り組み
  • 業務水準を保持し、業務の見直し、検討を行い、より効率的な運営など、負担軽減を目指した、業務改善への取り組み
  • ファイリングの統一やプロセスシートの導入による確実な支援経過のチェックシステムの構築に期待

事業者が特に力を入れている取り組み 詳細はこちらから

 利用者の状態を分析、担当者会議によって効果的な居宅サービス計画になるように調整

 利用者の安心した生活に繋がる24時間対応できる体制への取り組み

 週1回のケアマネ会議による利用者情報、制度改正、地域情報などの共有への取り組み

利用者調査結果詳細はこちらから

調査概要

  • 調査対象:ご利用者様30名全員を対象に、アンケート調査を実施しました。
  • 調査方法:アンケート方式  
    利用者アンケート調査票は、第三者性確保のため、個別の返信用封筒を添付して事業所より発送し、評価機関へ直接回収しました。
  • 利用者総数: 30人
  • 共通評価項目による調査対象者数: 30人
  • 共通評価項目による調査の有効回答者数: 23人
  • 利用者総数に対する回答者割合(%): 76.7%
  • 調査項目: 共通評価項目
※読み上げソフトをご利用のかたへ
パーセンテージの読みあげは「はい」「どちらともいえない」「いいえ」「無回答」の順番で読み上げられます。
有効回答者数/利用者総数
23/30
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
1.ケアプラン立案時に、利用者や家族の状況や要望を聞かれているか
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
2.ケアプランについての説明は、わかりやすいか
95.0%
どちらともいえない:4.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
3.サービス内容には、利用者の要望を反映しているか
91.0% 8.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0% 
4.ケアマネジャーの接遇・態度は適切か
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
5.病気やけがをした際のケアマネジャーの対応は信頼できるか
78.0% 17.0%
どちらともいえない:4.0%  いいえ:0.0% 
6.利用者の気持ちを尊重した対応がされているか
100.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:0.0% 
7.利用者のプライバシーは守られているか
91.0%
どちらともいえない:4.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:4.0% 
8.サービス内容に関するケアマネジャーの説明はわかりやすいか
86.0% 8.0%
どちらともいえない:4.0%  いいえ:0.0% 
9.利用者の不満や要望は対応されているか
95.0%
どちらともいえない:0.0%  いいえ:0.0%  無回答・非該当:4.0% 
10.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
82.0% 13.0%
どちらともいえない:4.0%  いいえ:0.0% 
はい  どちらともいえない  いいえ  無回答・非該当
評点のレーダーチャートを表示する


サービス分析結果

評価項目の評点

評価項目には、2から6個標準項目が設定され、
その標準項目の内容が実施できている場合は、 実施できていない場合はで表示されます。
  1. サービス情報の提供
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
4/4
  1.利用希望者等に対してサービスの情報を提供している
利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している利用希望者等の問い合わせがあった場合には、個別の状況に応じて対応している
【講評】詳細はこちら
  • ホームページとパンフレットで事業所の役割と利用する場合の方法等の情報を提供
  • 関係機関への情報提供で介護保険制度利用への地域の期待に対応
  • 突然の来訪相談にも快く対応し、当番制で24時間365日の相談体制を整備
評点の内容 詳細はこちらから
  2. サービスの開始・終了時の対応
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
6/6
  1.サービスの開始にあたり利用者等に説明し、同意を得ている
サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を利用者の状況に応じて説明しているサービス内容や利用者負担金等について、利用者の同意を得るようにしているサービスに関する説明の際に、利用者や家族等の意向を確認し、記録化している
  2.サービスを終了する場合も、サービスの継続性に配慮した対応を行っている
利用者が居宅介護支援事業所の変更を希望する場合、継続的にサービスが提供されるよう対応している利用者が他のサービスに移行する場合、新たな事業所の関係者等と連携して支援体制を整えているサービス終了後も必要に応じて、利用者や家族等からの相談に応じている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者の理解を確認しつつ解り易い説明に努め、同意の上で契約
  • 支援内容、概算経費、事業所の空き情報を把握して実現可能なプランを提案する取り組み
  • 利用者情報の把握や提供でサービスの継続性やスムーズな利用再開に繋げる支援
評点の内容 詳細はこちらから
  3. 個別状況に応じた計画策定・記録
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
10/10
  1.利用者の要望や状況に応じて、要介護認定等に係る申請の代行・支援等を行っている
利用者(家族)から要介護認定等の申請の代行を依頼された場合には、協力している利用者の状態が変化して要介護度が変わったと思われる場合には、要介護状態区分変更の申請のための支援や助言を行っている介護保険外の申請書類の作成(減額申請等)について、支援や助言を行っている
  2.利用者の状況等に関する情報を職員間で共有化している
計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している申し送り・引継ぎ等により、利用者に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
  3.利用者が居宅で日常生活を営むことが困難になった場合には、サービス提供事業者や医療機関の意見を参考に対応する体制を整えている
サービス提供事業者や医療機関と連携をとりながら利用者の状況を把握している利用者が介護保険施設等や医療機関等への入所・入院を希望する場合には、情報提供等の便宜を図っている利用者が介護保険施設等や医療機関等への入所・入院を希望する場合には、主治医と連携をもって対応している
  4.介護保険施設や医療機関等を退所・退院する利用者が居宅における生活に円滑に移行できるよう支援している
利用者が介護保険施設や医療機関等を退所・退院する際には、事前にカンファレンスを行うなど必要な情報を入手する体制を整えている居宅での生活における留意点等の情報を介護保険施設等から聴取し、状態を把握することで居宅サービス計画に役立てている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者の利益を保護する速やかで確実な代行業務やサービス継続の支援
  • 利用者の情報共有で、良質なプラン作成と日々の支援に活かすチームケア
  • 実際のサービス提供現場に出向いて状況を把握、担当者と情報交換してプランに反映
評点の内容 詳細はこちらから
  4. サービスの実施
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
24/24
  1.利用者の個別の情報や要望を把握している
利用者の特性に応じて、コミュニケーションのとり方を工夫している利用者の個別事情や要望の把握をし、記録している利用者および家族から聞き取る以外に観察などで状況を確認し、情報の把握に役立てている利用者の要望以外に、把握した状況を分析し生活課題を抽出しているアセスメント時に利用者が望む生活像の把握をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者とのコミュニケーションには特性に応じて工夫、話しやすい雰囲気に配慮
  • 利用者の身体状況や生活の情報を詳細にとらえたアセスメントとケアプラン作成
  • 利用者だけでなく、家族や利用サービス事業所とも連携し課題を検討
  2.一人ひとりの居宅サービス計画は、利用者本人や家族の希望と関係者の意見を取り入れて作成している
事業所として居宅サービス計画作成にあたっての基本的考え方や方法を明確にしている(個性の尊重・自立支援の視点等)介護保険サービス及び介護保険外サービスに関する情報を収集し、利用者のニーズに応じて提供している居宅サービス計画は利用者の望む生活像をもとに、利用者の状況や要望などを取り入れて作成している利用者と家族の意向が異なる場合には、話し合いを行うなど、調整を図っている利用者の要望と専門的視点からみたニーズが一致しない場合、可能な限り利用者に説明し同意を得るようにしている作成した居宅サービス計画の内容(サービスの種類、回数、利用者負担金額等)について説明し、同意を得ている
【講評】 詳細はこちら
  • 事業所の運営理念を意識し、利用者・家族の心情に十分配慮した対応
  • 利用者のニーズにあわせて介護保険内外、各種の情報提供
  • 各サービス事業所との連携と利用者・家族の意向を整理・調整支援
  3.利用者の状態を分析し、サービス担当者会議によって効果的な居宅サービス計画となるように調整している
家族やサービス提供事業者等関係者とアセスメント内容を共有している介護支援専門員が作成した居宅サービス計画のサービス内容について、家族やサービス提供事業者等関係者から意見を収集し、必要に応じて見直しをしているサービス担当者会議の内容を記録している必要に応じて、自治体や地域包括支援センター等と連携を図っている
【講評】 詳細はこちら
  • サービス担当者会議は、家族・医療・各サービス事業所との連携の要
  • 24時間いつでも利用者・家族からの連絡・相談に応じタイムリーな対応
  • 関係機関と連携し利用者が安心で安定した生活が送れるよう支援
  4.居宅サービス計画に基づいて提供されるサービスの開始当初に、サービス提供の状況を確認している
提供されているサービス内容が居宅サービス計画の援助目標に沿ったものであるか確認をしているサービスの提供によって生じる利用者の状態や環境等の変化を確認している提供しているサービスに過不足がないかの確認をし、必要に応じて調整している居宅介護支援の経過を記録し、把握している利用者、家族とサービス提供事業者の関係が良好であるか確認をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 利用者の安心したサービス開始に繋げる、実際の提供状況等の把握と確認
  • 確実なサービスの提供の確認、モニタリング、再アセスメントへの取り組み
  • 提供されるサービスが快適で真のニーズ解決に繋がっているかなどを確認する取り組み
  5.利用者の状態や環境の変化を継続的に把握し、必要に応じて居宅サービス計画の見直し・変更を行っている
居宅サービス計画における援助目標の達成度を定期的に把握し、記録している利用者の状況や要望等の変化を定期的に把握している援助目標の達成状況や利用者の状態変化等必要に応じて再アセスメントを行っている利用者の状態や要望の変化に対応し居宅サービス計画の見直し・変更をしている
【講評】 詳細はこちら
  • 定期的なモニタリングによる確実な目標達成度を把握、適切な計画作成に繋げる取り組み
  • 利用者の様々な状況変化や要望を受け留め、より良い計画作成、変更に繋げる取り組み
  • 利用者の状態変化に合わせた計画の見直し、変更など臨機応変に対応する取り組み
  評点の内容 詳細はこちらから
  5. プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
7/7
  1.利用者のプライバシー保護を徹底している
利用者に関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、利用者の同意を得るようにしている日常の支援の中で、利用者のプライバシーに配慮している利用者の羞恥心に配慮した支援を行っている
  2.サービスの実施にあたり、利用者の権利を守り、個人の意思を尊重している
日常の支援にあたっては、個人の意思を尊重している(利用者が「ノー」と言える機会を設けている)利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、放任、虐待、無視等が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に予防・再発防止を徹底している虐待被害にあった利用者がいる場合には、関係機関と連携しながら対応する体制を整えている利用者一人ひとりの価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
【講評】詳細はこちら
  • 利用者、家族の安心に繋がる個人情報保護に向けた取り組みの実践
  • 利用者の価値観やこだわり、生活習慣などを大切にした取り組み
  • 利用者一人ひとりの想いを汲み取り、その人らしい生活支援に繋げる取り組み
評点の内容 詳細はこちらから
  6. 事業所業務の標準化
サブカテゴリーごとの
標準項目実施状況
11/11
  1.手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている
手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  2.サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている
提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や利用者等からの意見や提案を反映するようにしている職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  3.さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している
打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している職員全員が、利用者の安全性に配慮した支援ができるようにしている職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
【講評】詳細はこちら
  • 適確な業務に繋がるケアマネジャー用業務マニュアルの活用と見直し
  • ケアマネ連絡会などによるサービスの質の向上への取り組み
  • 管理責任者を中心とする職員間の信頼関係への取り組み
評点の内容 詳細はこちらから

事業者のコメント

*以下の項目は事業者によって、自ら更新される情報です。
評価者 修了者No.H0502057   修了者No.H0602010   修了者No.H1201001   修了者No.H1302007    
評価実施期間 2015年8月10日~2015年12月28日

サブメニュー