認知症の高齢者に対する福祉サービスの利用援助や権利侵害に関する相談は

区市町村社会福祉協議会(地域福祉権利擁護事業)

認知症高齢者など、判断能力が不十分なかたが安心して生活できるよう、福祉サービスを利用するにあたって必要な手続きなどについて援助します。

福祉サービス総合支援事業相談窓口

判断能力が不十分なかたの権利擁護や成年後見制度の利用相談などのほか、要支援、要介護高齢者、身体障害者に対する福祉サービスの利用援助を実施します。