現在位置 : 福ナビホーム > 東京の福祉オールガイド > 不服申立て(生活保護)

不服申立て(生活保護)

不服申立て(生活保護)

保護の決定その他の処分について不服がある場合、被保護者などの請求に基づいて必要な審査を行い、その権利または利益を救済する制度です。

審査内容

  1. 保護の適否、種類、程度及び方法の決定に関する処分
  2. 保護の変更、停止または廃止の決定に関する処分
  3. 保護の申請却下に関する処分(保護の申請をして30日以内に通知を受けなかった場合も含みます。)その他

請求期間

処分のあったことを知った日の翌日から3ヶ月以内(やむを得ない理由により期間内に請求できなかった場合を除きます)。

なお、審査請求に対する知事の裁決に不服のあるかたは、厚生労働大臣に再審査請求をすることができる場合があります(裁決があったことを知った日の翌日から1ヶ月以内)。

請求先

正副2通の不服申立書を作り、総務局総務部法務課または福祉事務所に提出します。

  1. 総務局総務部法務課
    総務局総務部法務課ホームページ
    *外部のページへリンクしています。
  2. 福祉事務所
    福祉事務所の一覧へ

 

根拠法令等

生活保護法

「福ナビ」内関連ページへ

審査請求のページへ