音声読み上げサービス

緑寿園

更新日 2017年9月1日 
001-1322900008

1 基本情報

事業所名 緑寿園
フリガナ リョクジュエン 
設立 1975年11月1日設立  
サービス種別 指定介護老人福祉施設 
他の実施サービス種別
短期入所生活介護(介護予防)    
所在地 202-0023
東京都西東京市新町1丁目11番25号
地図
交通手段 JR中央線、西武多摩川線武蔵境駅北口より、ひばりヶ丘駅行きの西武バスに乗って、至誠学舎東京前バス停下車すぐ。
または西武新宿線田無駅か西武池袋線ひばりヶ丘駅より、武蔵境駅行きのバスに乗って、至誠学舎東京前バス停下車すぐ。 
最寄り駅 西武新宿線田無駅、  西武新宿線西武柳沢駅、  JR中央線(他各線)武蔵境駅 
事業所電話番号 0424-62-1188  
事業所FAX番号 042-462-1582  
ホームページ  
メールアドレス ryoku+r001@rykuju.gr.jp 
経営法人 社会福祉法人至誠学舎東京 
設置者  
指定番号(介護)
事業所番号 1373700085  指定年月日 2000年4月1日  
介護サービス情報の公表(介護)
有り(公表のシステムへ移動します。このページに戻るにはブラウザの戻るボタンをご利用ください。)  
評価情報
平成29年度
事業所関連情報
※別画面でPDFファイルを表示します
サービス改善計画(平成27年度)
サービス改善計画(平成26年度)
 
備考  

2 サービス内容

対象地域 武蔵野市、小金井市、西東京市 
定員 100 
定員備考  
病床数 100 
病床備考  
居室数
1人部屋 2人部屋 3人部屋 4人部屋 その他
  50       
設備等
  ベッド、整理ダンス、他       
協力提携病院 西東京中央総合病院、佐々総合病院、水田歯科、丸山眼科 
敷地面積 (m2) 2650.87 
建物面積 (m2) 4627.96 
健康管理への取組 常勤医師による診察、治療及び協力医院等による治療。衛生管理者、産業医による生活環境の点検と指摘、施設としての改善。 
食事
朝食:7時30分から9時30分 食堂でそろって  
昼食:12時から13時 食堂でそろって  
夕食:17時45分から18時45分 食堂でそろって  
食事代:
備考:自室でも可。
食事・嗜好品等の工夫 一人ひとりの身体状況、嗜好を考慮した献立、医師からの指示による治療食。歳時、行事に合わせた食事でバラエティに富み、楽しんでいただいている。 
入浴回数・時間 あり
週2回。9時30分から16時
9時30分から16時の間に、利用者の状態に合わせた入浴方法(一般浴、機械浴、リフト浴)による。
 
入浴施設・体制 3つの浴室、4種類の入浴設備で利用者の身体状況に合わせて実施している。 
機能訓練 あり  (マッサージ師、看護師による身体機能の維持)  
家族の宿泊 なし  終末期には、一緒にすごす時間を大切にし、その都度工夫している。 
地域との交流 ボランティア希望者の受け入れ、地域に出向いての相談、介護、栄養講習など希望を取り入れノウハウを提供している。文化祭で、施設、生活活動の紹介をしている。 
家族会・保護者会・利用者会等 あり  年2回 

3 サービス提供のための職員(スタッフ)体制

職員数
常勤職員 38  非常勤、その他 (非常勤) 73  合計 111 
上記のうち専門職員の人数
医師 介護福祉士 33  介護職員初任者
研修課程修了者
27 
看護師 理学療法士   作業療法士  
保育士   保健師   栄養士
調理師 介護支援専門員 10  社会福祉士
専門職員その他人数 50  専門職員その他 介護職、調理 

4 サービス利用のために

利用申込方法 施設へ直接ご連絡下さい。 
申請窓口開設時間 月曜日から土曜日の9時から17時まで。 
申請時注意事項 指定の入所申込書兼調査票他添付書類による。 
サービス決定までの時間 既入所者の移動(死亡など)時 
入所相談 あり (生活相談員がご相談に応じます。施設へ電話でご連絡下さい。)  
サービス提供マニュアル あり  全業種にわたって整備、見直し、改善を随時行う。 
駐車場有無 あり  台数に限りがあります。 
苦情対応
窓口設置 あり
第三者委員会の設置 あり

5 事業所から利用(希望)者のみなさまへ

サービス方針 (私たちが日々めざすこと)
一人ひとりがよりよく生きられる生活環境をつくる。
安心し安全に満足されるサービスに眞心を込める
ご要望・苦情を傾聴し、業務改善を行う。
業務を効率化し、新しい運営の展開を図る。
失敗や事故から学び業務改善や新たな仕組みづくりに繋げる。 
特徴 1.介護職、看護職、栄養士がサービス基準検討会を持ち、利用者の日々の変化に対応し、日常生活の安心、満足につなげています。
2.ご家族とのきめ細かな連絡を徹底しています。 
利用者へのPR 利用者の現在の状況を素直に受け入れ、共感し、共に歩む支援を中心に、生きていくよろこびを実感できるよう、サービスを真心をもって提供します。地域での福祉の拠点として利用でき、交流の機会を進んで作ります。 

6 施設の公開、実習生、ボランティアの受入

施設の公開・見学 見学の目的、人数、時間等を打ち合わせ確認後、受け入れる。 
実習生の受入 大学生、短大生等の資格取得上必要な施設実習の実施。 
ボランティアの受入 利用者に豊かで潤いのある生活をしていただくために、近隣地域の希望者を受け入れる。行事の際には芸能関係の方が華を添えている。 

7 事業所提供資料


8 求人情報

登録なし