東京都福祉サービス第三者評価  評価結果





評価結果基本情報

評価年度 平成30年度
サービス名称 認証保育所A型・B型
法人名称 株式会社こどもの森
事業所名称 東久留米プチ・クレイシュ
評価機関名称 一般社団法人 アクティブ ケア アンド サポート

コメント

1.利用者調査は、保護者29人(世帯)に対しアンケート方式により実施し、評価機関が用意した封筒により郵送してもらい、27人(世帯、93%)から回答が寄せられました。
2.事業評価に当り、経営層及び職員に対し、「第三者評価ハンドブック」を用いて、目的、手順、分析及び回答シートの記入要領などを説明しました。
3.訪問調査は、12月17日(月)に行い、聞取り調査と併せて、延長保育と食事の場面を含む保育状況全般を観察しました。
4.評価者はいずれも評価対象事業所とは事業上の関係を有せず第三者性の確保を図りました。


(内容)
 Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像
 Ⅱ 全体の評価講評
 Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み
 Ⅳ 利用者調査結果
 Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)
 Ⅵ サービス提供のプロセス項目


公益財団法人東京都福祉保健財団
Copyright©2003 Tokyo Metropolitan Foundation of Social Welfare and Public Health. All Rights Reserved.


Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像

1 理念・方針  (関連 カテゴリー1 リーダーシップと意思決定)
  事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)

1.自分の子どもを入れたい保育園作り 2.子どもの安全第一 3.心も体も健やかで明るく元気に過ごす 4.友達を大切にする思いやりの心 5.何ごとにも自分で挑戦し、自分でしようとする心を育てる

 
2 期待する職員像  (関連 カテゴリー5 職員と組織の能力向上)
  (1)職員に求めている人材像や役割

 子どもと元気に遊べる人、子どもに笑顔で接してくれる人、とにかく子どもを第一に考え行動できる人が保育園で働く職員として大切だと考えています。保育士だけではなく、調理士やパートの職員も同様です。また、保育者として向上心を持ち、こんなことがしたい、こうなって欲しい、などのビジョンを持っていると保育園で働く上でやりがいを持って働くことができます。保育者にはゴールはありません。どんなに経験を積んでも毎日は同じではないですし、同じ個性を持つ子どももいません。それを楽しみながら日々学び、子どもと共に成長したいと思える職員を求めています。

 
(2)職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

 毎日笑顔で過ごすことを大切にして欲しいです。子どもや保護者の前で笑顔でないと、相手も笑顔になってくれません。まず自分が楽しめるようになれば自然と笑顔が出て、見ている相手も笑顔になれると考えます。日々の保育の中で、こんなことがやりたい、次はこんなことをしてみたい、などの目標も持ちながら働くと、向上心を持って仕事に携われると思います。

 


Ⅱ 全体の評価講評

全体の評価講評

特に良いと思う点
1 子どもが主体的に周囲の人・もの・ことに働きかけるよう環境を工夫しています

 発達に合わせて、玩具を選び、市販品だけでなく、手作りのものも用意しています。ひも通しやボタン付けなど指先の感覚を養えるものも工夫しています。0歳児の保育室では、布などの軟らかい素材の遊具や絵本を揃えていて、子どもが自分で手に取り、遊びに集中している姿が見られました。幼児のコーナーでは、パズルやカードで数合わせのゲームに集中していたり、コマ作りに熱中していたり、様々な子どもの様子が見られました。発達に合わせて手作りの玩具や絵本、ままごとセットなど自由に遊べる環境を工夫しています。
2 様々な素材に触れたり、遊んだりする中で、表現を楽しみ、感覚を養えるよう工夫しています

 制作や遊びの中で紙や絵の具、様々な素材に触れるよう工夫しています。絵本や楽器、布など毎日色々な遊びの中で、保育者が関わりながら感覚を養っています。幼児は、英会話(週1回)、絵画(月1回)に取り組み、楽しみながら学んでいます。訪問調査の日、幼児が英会話のレッスンに楽しそうに大きな声で取り組んでいました。園内に、絵画教室で子どもが制作した絵画や折り紙を展示しています。子どもたちが、カスタネットやタンバリンの合奏を楽しそうに練習しているなど、子どもの生活が豊かになるよう様々な工夫が見られました。
3 園長のリーダーシップで職員と課題を共有し、目指す方向へ取り組んでいます

 職員の経験が比較的浅いことを踏まえ、園長が先頭に立って保育園の運営をリードしています。職員会議や朝礼、保育の場面で、保育園が目指す方向とどのような保育を行うか自らの思いを伝え、助言・指導に努めています。人事制度に基づく職員との面談で、個人目標の設定や進捗度の確認を援助するなど、人材育成に力を入れています。食事会などの機会を作り、少人数の職員と信頼関係を築くとともに、園長の立場への理解が深まるよう働きかけています。

さらなる改善が望まれる点
1 文書・記録類のファイルが利用しにくいと見られ、整理し使いやすくすることが望まれます

 法人が個人情報保護方針及び個人情報保護規程を定め、園内に個人情報保護方針を掲示し、その方針に従って運用しています。保護者との利用契約書に、個人情報の取得と利用目的などを記載し、保護者の同意を得ています。行事や日常の保育で撮った写真の管理は、保護者の同意のもとに専門業者に委託しています。作成した文書・記録類は、案件ごとにまとめています。現状、これらのファイリング(分類・整理、保管・廃棄など)が不十分で利用しにくいと見られます。過年度分の整理から始め、適切にファイリングを進めることが望まれます。
2 イベントに地域の人々の参加を呼びかける、さらなる取り組みが期待されます

 系列園との交流を月1回行い、他の系列園を訪問したり、その保育園の子どもと触れ合う、交流の機会を設けています。地域に向けた行事を月1回土曜日に実施しています。園外にポスターを掲示し、地域の人々に参加を呼び掛けています。「みんなで遊ぼう」をテーマに、リトミック・リズムジャンプ・撮影会などを開催していますが、参加者は毎回数人に留まっています。今後、こうした地域の人々に参加を呼びかけるイベントの企画・開催などさらなる取り組みが期待されます。
3 中期または長期課題に取り組む、時間的要素を織り込んだ計画の策定が望まれます

 法人の「教育経営計画書」や入手した情報の分析に基づき、年度事業計画を作成しています。事業計画書には、保育目標を明示し、実施事項として、園児の定数、年度始の在籍数、保育時間、休園、職員体制、年間行事予定、避難訓練計画、研修などを定めています。年度計画を円滑に遂行するため、職員の「個人目標設定シート」による実行計画を作成し、年度初に行事担当者を決めています。今後、年度計画を充実させるとともに、保育園の中期または長期的課題に取り組む、時間的要素を織り込んだ計画の策定が望まれます。

Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み

1 ★ 園長が中心になって入手した情報を分析し、保育園の課題を共有しています

 法人の保護者アンケートに、忌憚のない意見が寄せられています。年2回運営委員会を開催し、保護者代表から意見や要望などを聞いています。職員の意向は、園長の個人面談や法人事務局派遣の職員の面談などを通して把握しています。園長は、法人の園長会で業界の動向や保育に関する情報を入手しています。市の担当部署から待機児童などの保育に関する情報や研修案内などの情報提供を受けています。園長は、職員会議などでこうした情報を分析し、課題を伝えています。
関連評価項目(事業所を取り巻く環境について情報を把握・検討し、課題を抽出している)
2 ★ 子どもが様々な表現を楽しみ、感覚を養えるよう工夫しています

 子どもは、制作や遊びの中で紙や絵の具など様々な素材に触れたり、絵本や楽器、布を用いたりして、職員が関わりながら感覚を養っています。訪問調査の日、幼児が英会話のレッスンを受け、絵カードの質問に英語で答えている様子が見られました。絵画教室では、2・3・4歳児の絵画や折り紙で製作した作品を展示しています。子どもたちのクリスマスに向けた作品も展示しています。カスタネットやタンバリンなどで楽しそうに合奏を練習しているところも見られ、子どもの生活や遊びが豊かになるよう工夫していることがうかがえました。
関連評価項目(日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している)
3 ★ 保護者とのコミニケーションを大切にし、信頼関係を築くよう努めています

 登園時、保護者との会話で子どもの様子や家庭の状況を把握し、降園時、保育園の子どもの活動や様子を伝えています。園長は、年2回個人面談を行い保育園に対する意見や要望を聞き、また、保護者代表が参加する運営委員会(年2回開催)で、保育園の運営について意見や要望を出してもらって話し合うなど、保護者とのコミニケーションを大切にしています。今回の利用者調査の結果、「子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか」(問8)に対し、回答者27人中26人(96%)が「はい」と答え、評価していることがうかがえました。
関連評価項目(保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている)

Ⅳ 利用者調査結果

調査概要
調査対象: 2018年9月現在、利用者総数33人の保護者29人(世帯)を調査対象として実施しました。回答者数は27人、利用者総数に対する回答者の割合は93%でした。

調査方法:アンケート方式  
 保育園から保護者に対し第三者評価の目的等について説明され、保護者へ利用者調査票(保護者用)と評価機関作成の説明書を配布、記入後評価機関へ直接郵送してもらい、9月21日(金)に締め切りました。

利用者総数 33人
利用者家族総数(世帯) 29世帯
アンケートや聞き取りを行った人数 29人
有効回答者数 27人
回答者割合(%) 93.1%

総括
 保育園は、最寄駅前のバスロータリーから商店街を通り、徒歩3分ほどのマンション1階に立地しています。  回答者の総合的な感想は、「大変満足」が14人(54%)、「満足」が12人(46%)、「どちらともいえない」や「不満」、「大変不満」はありませんでした。  保育園に対する意見・要望には、「園長先生をはじめ職員の方々にはとても感謝しています。ハードな職場にも関わらず、疲労やイライラを一切見せずにいつも笑顔で迎えて下さり、頭が下がります。用意するもの(コップや歯ブラシ、オムツなど)や手間が全体的に保護者に負担が少ないので大変助かります。職員が子どもに親身になり可愛がってくれているという愛情を感じ安心します。」という記述のほか、「基本時間が8:00~17:30だと、とても助かります。近くに系列園があるので、プール等は共同で実施されたら良いのではないかと思います。夏の間も少し外に出られるようなテラスなどあればもっといいなと思います。認可にしようとしている動きもあるときくが、多少高くても認証がいいというニーズがあり、受け皿をなくさないで下さい。」という記述がありました。

利用者調査結果

1.保育所での活動は、子どもの心身の発達に役立っているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、全員が「はい」と答えました。自由意見には、「自分でやる力が身についたと思います。友達や先生とのことを教えてもらった時に思いました。」という記述がありました。
2.保育所での活動は、子どもが興味や関心を持って行えるようになっているか
はい 26人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が26人(96%)と非常に多く、「どちらともいえない」が1人(4%)でした。自由意見は、ありませんでした。
3.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、全員が「はい」と答えました。自由意見には、「きちんとヒアリングしていただいています。」という記述がありました。
4.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい 25人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が25人(93%)と非常に多く、「どちらともいえない」が2人(7%)でした。自由意見には、「マンションの一室で環境としてはあまり良いと言えない状況の中で散歩などで努力されていると思います。プール遊びは外が良いと思います。」という記述がありました。
5.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい 22人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 4人 
 回答は、「はい」が22人(81%)と多く、「どちらともいえない」が1人(4%)、「非該当」が4人(15%)でした。自由意見には、「嫌な顔を見せず、親切に対応してくれてとても助かっています。柔軟に丁寧に対応してくれます。」という記述がありました。
6.安全対策が十分取られていると思うか
はい 20人  どちらともいえない 7人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が20人(74%)、「どちらともいえない」が7人(26%)でした。自由意見はありませんでした。
7.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい 25人  どちらともいえない 1人  いいえ 1人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が25人(92%)と非常に多く、「どちらともいえない」と「いいえ」がそれぞれ1人(各4%)でした。自由意見には、「仕事の支障にならないよう、土・日に行事を設定してくれたり、先生のできる範囲で準備もしてくれ、保護者に負担させることがほとんどなく、大変良いと思います。」という記述がありました。
8.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい 26人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が26人(96%)と非常に多く、「どちらともいえない」が1人(4%)でした。自由意見には、「いつでもちょっとしたことも相談しやすく、また子どもや親の気持ちに沿って的確なアドバイスがもらえて助かります。」という記述のほか、「お迎えや送りの時間帯はバタバタしているので、ゆっくり話すことは難しいですが、先生への信頼はあるので、個人面談などを実施して頂けるとうれしいです。」という記述がありました。
9.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、全員が「はい」と答えました。自由意見には、「古いマンションだと思うので多少の傷みは仕方ないと思いますが、清潔感を感じ先生方の努力を感じます。」という記述がありました。
10.職員の接遇・態度は適切か
はい 25人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、「はい」が25人(93%)と非常に多く、「どちらともいえない」が2人(7%)でした。自由意見には、「言葉づかい、態度、服装等は周囲の保育園等の中で最も安心できます。いつでも笑顔で気持ちよく挨拶して下さるので、気持ちが良いです。子どももそういう光景を毎日見ているので、同じようになると思っています。ありがたいです。」などの記述がありました。
11.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい 26人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
 回答は、「はい」が26人(96%)と非常に多く、「非該当」が1人(4%)でした。自由意見には、「よく様子を見ていてくださり、連絡も本当に良いタイミングでいただくので本当に助かります。対応して頂きありがたかったです。」という記述がありました。
12.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい 22人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 4人 
 回答は、「はい」が22人(81%)と多く、「どちらともいえない」が1人(4%)、「非該当」が4人(15%)でした。自由意見には、「丁寧に子どもに話してくれているようで、また親にも都度報告してくれ、信頼できます。ちょっとしたケンカなどがあった時も、しっかり状況を説明してくれ、とても安心できます。先生方の対応に信頼をおいてお任せできます。」という記述や、「友達に対しての対応について教育的な話を子どもたち全体に聞かせる時間があったらありがたいです。」という記述がありました。
13.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、全員が「はい」と答えました。自由意見には、「子どもを大事にしてくれていることが伝わり、安心して預けられます。いつも子どもの様子をよくみて気持ちに寄り添ってくれて、子どもも先生たちが大好きです。担当の先生だけでなく、その他の先生もよくみてくれて感謝です。」という記述がありました。
14.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい 23人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 3人 
 回答は、「はい」が23人(85%)と多く、「どちらともいえない」が1人(4%)、「非該当」が3人(11%)でした。自由意見はありませんでした。
15.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
 回答は、全員が「はい」と答えました。自由意見には、「1日のできごとを把握できるので、良いです。」という記述がありました。
16.利用者の不満や要望は対応されているか
はい 17人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 8人 
 回答は、「はい」が17人(63%)、「どちらともいえない」が2人(7%)、「非該当」が8人(30%)でした。自由意見には、「不満や要望を受けとめ、対応してくれます。特に不満に思うことがないのですが、仮に不満を伝えたら、きちんと対応してくれる保育園だと思います。」という記述がありました。
17.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい 10人  どちらともいえない 3人  いいえ 3人  無回答・非該当 11人 
 回答は、「はい」が10人(37%)、「どちらともいえない」と「いいえ」がそれぞれ3人(各11%)、「非該当」が11人(41%)でした。自由意見には、「まだそういう機会がありません。そういう説明があったか記憶していません。ただ、あまり役所が親身になってくれるとも思っていません。」という記述がありました。

Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)

※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー1  リーダーシップと意思決定
  サブカテゴリー1  事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている
  評価項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を周知している 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、職員の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目2 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、利用者本人や家族等の理解が深まるような取り組みを行っている
  評価項目2 経営層(運営管理者含む)は自らの役割と責任を職員に対して表明し、事業所をリードしている 実施状況
  標準項目1 経営層は、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)の実現に向けて、自らの役割と責任を職員に伝えている
  標準項目2 経営層は、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)の実現に向けて、自らの役割と責任に基づいて職員が取り組むべき方向性を提示し、リーダーシップを発揮している
  評価項目3 重要な案件について、経営層(運営管理者含む)は実情を踏まえて意思決定し、その内容を関係者に周知している 実施状況
  標準項目1 重要な案件の検討や決定の手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 重要な意思決定に関し、その内容と決定経緯について職員に周知している
  標準項目3 利用者等に対し、重要な案件に関する決定事項について、必要に応じてその内容と決定経緯を伝えている
講評
入園案内や入園のしおりで理念や保育目標を掲載し、周知に取り組んでいます

 「心もからだも健やかで明かるく元気な子」など3項目を保育目標とし、入園案内(パンフレット)や入園のしおりに記載し、保護者や見学者に周知しています。保護者とは茶話会を設け、クラスごとに保育園が目指す方針を説明し、個人面談でさらに理解を深めています。職員には、運営会社(以下、「法人」という。)の「教育経営計画書」を、朝礼時に読み合わせるなど理解を深めるよう取り組んでいます。法人事務局が実施する研修や会議においても、認識を深めることに努めています。保護者や職員がいつでも見ることができるよう玄関に掲示しています。

園長が保育園の運営に取り組み、リーダーシップを発揮しています

 職員の勤務経験が比較的浅いことを踏まえ、園長が先頭に立って保育園を運営しています。職員会議や朝礼、保育の場で、保育園が目指す方向やどのような保育をするかなど自らの思いを込めながら、業務を遂行しています。人事制度に基づく職員との面談を活用し、個人目標の設定や進捗度の確認においてリーダーシップを発揮しています。職員との信頼関係を築くとともに、園長の立場への理解が深まるよう働きかけています。

保育園の運営にかかる重要事項は、保護者や職員に周知しています

 法人事務局が実施した保護者アンケートや保護者参加の行事アンケートの結果について、職員全員で検討し、必要に応じ対応を決定しています。行事などの重要な案件は、担当職員が起案し、職員会議の検討を経て決定しています。決定したことは、園だよりや「お知らせ」、掲示などにより保護者に周知しています。職員会議の欠席者には、職員連絡ノートで伝えています。法人が決定した保育園の運営に関わる重要事項や職員に関する事項は、園長が職員会議などで説明し、周知しています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー2  事業所を取り巻く環境の把握・活用及び計画の策定と実行
  サブカテゴリー1  事業所を取り巻く環境について情報を把握・検討し、課題を抽出している
  評価項目1 事業所を取り巻く環境について情報を把握・検討し、課題を抽出している 実施状況
  標準項目1 利用者アンケートなど、事業所側からの働きかけにより利用者の意向について情報を収集し、ニーズを把握している
  標準項目2 事業所運営に対する職員の意向を把握・検討している
  標準項目3 地域の福祉の現状について情報を収集し、ニーズを把握している
  標準項目4 福祉事業全体の動向(行政や業界などの動き)について情報を収集し、課題やニーズを把握している
  標準項目5 事業所の経営状況を把握・検討している
  標準項目6 把握したニーズ等や検討内容を踏まえ、事業所として対応すべき課題を抽出している
  サブカテゴリー2  実践的な計画策定に取り組んでいる
  評価項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)の実現に向けた中・長期計画及び単年度計画を策定している 実施状況
  標準項目1 課題をふまえ、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)の実現に向けた中・長期計画を策定している
  標準項目2 中・長期計画をふまえた単年度計画を策定している
  標準項目3 策定している計画に合わせた予算編成を行っている
  評価項目2 着実な計画の実行に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)の実現に向けた、計画の推進方法(体制、職員の役割や活動内容など)、目指す目標、達成度合いを測る指標を明示している
  標準項目2 計画推進にあたり、進捗状況を確認し(半期・月単位など)、必要に応じて見直しをしながら取り組んでいる
講評
園長や職員は保育園を取り巻く環境や注目する情報を入手し、課題を共有しています

 法人事務局が実施する保護者アンケートに忌憚のない意見が寄せられています。年2回運営委員会を開催し、保護者代表の意見・要望などを聞き、話し合う場として活用しています。職員の意向は、園長の個人面談や法人から派遣された職員の面談などで把握しています。園長は、法人の園長会で業界動向や保育に関する情報提供を入手しています。市の担当部署から待機児童など保育に関する情報や研修案内の情報を入手しています。園長は、必要に応じ職員会議などでこれらの情報や保育園に与える課題を伝え、共有しています。

「教育経営計画書」に沿って、年度事業計画を策定しています

 法人の「教育経営計画書」や入手した情報の分析を踏まえ、年度事業計画を作成しています。事業計画書には、保育目標を明示し、実施事項として、園児の定数、年度始の在籍数、保育時間、休園、職員体制、年間行事予定、避難訓練計画、研修などを織り込んでいます。計画を円滑に遂行するため、職員の「個人目標設定シート」による実行計画を作成し、年度初に担当者を決めています。今後、年度事業計画を充実させるとともに、中期または長期的な課題に取り組む、時間的要素を織り込んだ計画の策定が期待されます。

計画の着実な実行に取り組み、進捗状況を確認しながら前へ進めています

 計画を着実に遂行するため担当を明確にし、併せて、月単位の取り組む計画を作成しています。それに基づいて業務を遂行し、職員会議で進捗状況を確認し、次月の計画作成に生かしています。行事は、担当職員が実施時期に合わせて、前年度の保護者アンケートの結果や企画・予算をもとに原案を作成します。その原案を職員会議で話し合い、コンセンサス(合意)を得たうえで、実施に取りかかります。実施後、保護者アンケートを行い、結果をまとめ、次期行事に生かせるよう記録を残しています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー3  経営における社会的責任
  サブカテゴリー1  社会人・福祉サービス事業者として守るべきことを明確にし、その達成に取り組んでいる
  評価項目1 社会人・福祉サービスに従事する者として守るべき法・規範・倫理などを周知し、遵守されるよう取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 全職員に対して、社会人・福祉サービスに従事する者として守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳を含む)などを周知し、理解が深まるように取り組んでいる
  標準項目2 全職員に対して、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳を含む)などが遵守されるように取り組み、定期的に確認している。
  サブカテゴリー2  利用者の権利擁護のために、組織的な取り組みを行っている
  評価項目1 利用者の意向(意見・要望・苦情)を多様な方法で把握し、迅速に対応する体制を整えている 実施状況
  標準項目1 苦情解決制度を利用できることや事業者以外の相談先を遠慮なく利用できることを、利用者に伝えている
  標準項目2 利用者の意向(意見・要望・苦情)に対し、組織的に速やかに対応する仕組みがある
  評価項目2 虐待に対し組織的な防止対策と対応をしている 実施状況
  標準項目1 利用者の気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している
  標準項目2 虐待を受けている疑いのある利用者の情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関と連携しながら対応する体制を整えている
  サブカテゴリー3  地域の福祉に役立つ取り組みを行っている
  評価項目1 透明性を高め、地域との関係づくりに向けて取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 透明性を高めるために、事業所の活動内容を開示するなど開かれた組織となるよう取り組んでいる
  標準項目2 ボランティア、実習生及び見学・体験する小・中学生などの受け入れ体制を整備している
  評価項目2 地域の福祉ニーズにもとづき、地域貢献の取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 地域の福祉ニーズにもとづき、事業所の機能や専門性をいかした地域貢献の取り組みをしている
  標準項目2 事業所が地域の一員としての役割を果たすため、地域関係機関のネットワーク(事業者連絡会、施設長会など)に参画している
  標準項目3 地域ネットワーク内での共通課題について、協働できる体制を整えて、取り組んでいる
講評
保護者の意向を把握する体制を整備し、活用しています

 苦情解決制度の概要を園内に掲示し、保護者に周知しています。保護者の苦情や相談を受け付けるため、法人事務局宛ての「ご意見はがき」を入口に常備し、保護者が気軽に利用できるよう配慮しています。保護者から直接意見や要望が寄せられると、園長が速やかに対応しています。園長は、日々の登降園時、保護者に声かけ、様子を観察し、意見を汲み取り、苦情の芽を早期に摘みとるよう努めています。年1回法人事務局が保護者アンケートを実施し、直接保護者の意向を把握しています。

気になる子どもを支援する体制を整えています

 毎朝登園時視診を行い、子どもの様子を確認しています。変化に気づいた時は保護者に確認しています。前日の降園後に何かあった場合、保護者から伝えられた職員は園長に報告・連絡し、相談する態勢を整えています。毎朝の視診のほか、着替えの際に変化がないかや身体測定の結果を見て成長に変化がないかなどを観察しています。気になる子供が出てきたら、市の担当部署に相談し、支援を受ける態勢を整えています。虐待防止ガイドブックを備え、子育て相談ができる窓口の案内を設置しています。

地域に開れた、存在感のある保育園を目指し、子育て支援事業に取り組んでいます

 地域に開かれた、存在感のある保育園を目指し、地域の子育て家庭に向けた行事を月1回開催しています。園外にポスターを掲示し、参加を呼びかけいます。「みんなで遊ぼう」をテーマにリトミック・リズムジャンプ・撮影会などを開催し、毎回数人が参加し、高い評価を得ています。継続的に育児相談会を実施しています。近隣の系列園と合同で法人の園バスや電車を利用して遠足に出かけています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー4  リスクマネジメント
  サブカテゴリー1  リスクマネジメントに計画的に取り組んでいる
  評価項目1 事業所としてリスクマネジメントに取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していることの実現を阻害する恐れのあるリスク(事故、感染症、侵入、災害、経営環境の変化など)を洗い出し、どのリスクに対策を講じるかについて優先順位をつけている
  標準項目2 優先順位の高さに応じて、リスクに対し必要な対策をとっている
  標準項目3 災害や深刻な事故等に遭遇した場合に備え、事業継続計画(BCP)を策定している
  標準項目4 リスクに対する必要な対策や事業継続計画について、職員、利用者、関係機関などに周知し、理解して対応できるように取り組んでいる
  標準項目5 事故、感染症、侵入、災害などが発生したときは、要因及び対応を分析し、再発防止と対策の見直しに取り組んでいる
  サブカテゴリー2  事業所の情報管理を適切に行い活用できるようにしている
  評価項目1 事業所の情報管理を適切に行い活用できるようにしている 実施状況
  標準項目1 情報の収集、利用、保管、廃棄について規程・ルールを定め、職員(実習生やボランティアを含む)が理解し遵守するための取り組みを行っている
  標準項目2 収集した情報は、必要な人が必要なときに活用できるように整理・管理している
  標準項目3 情報の重要性や機密性を踏まえ、アクセス権限を設定するほか、情報漏えい防止のための対策をとっている
  標準項目4 事業所で扱っている個人情報については、「個人情報保護法」の趣旨を踏まえ、利用目的の明示及び開示請求への対応を含む規程・体制を整備している
講評
リスクに優先順位をつけ、それぞれリスク対策に取り組んでいます

 リスクを①感染症、②事故、③災害、④侵入(不審者)、⑤環境の変化と優先順位をつけ、それぞれリスク対策に取り組んでいます。感染症には、流行期に園だよりで注意喚起し、市のメールや保護者の情報などがあると園内に掲示し、注意を促しています。不審者対策では、市の情報をもとに園内に掲示し、注意を喚起しています。救命処置(心臓マッサージなど)の発生に備え、職員は救急救命技能認定を受け、対策マニュアルを整備しています。地震や火災の発生など保育園の運営が困難になる非常事態へ備え、事業継続計画を策定しています。

保育園と保護者の連絡体制を確立し、非常時・緊急時に備えています

 発生した事故について、事故状況、要因、再発防止策を記載した事故報告書を作成し、併せて事故簿に記載し、職員間で情報共有しています。系列園で発生した事故については法人事務局から情報が提供され、職員会議などで共有しています。地震や火災発生時に対応できるよう毎月避難や消火訓練を行っています。保護者との緊急連絡用メール通信網や災害伝言ダイヤルの活用を入園のしおり(冊子)に記載し、保護者に協力を呼びかけています。また、非常用備蓄として、水や米、お菓子などの食糧を備え、マニュアルを用意しています。

個人情報保護方針に基づいて、個人情報を取り扱っています

 法人が個人情報保護方針及び個人情報保護規程を定め、保育園には個人情報保護方針を掲示し、その方針に従って運用しています。保護者との利用契約書に、個人情報の取得と利用目的などを記載し、保護者の同意を得ています。行事や日常の保育で撮った写真の管理は、保護者の同意のもとに専門業者に委託しています。文書・記録類は、おおむね案件ごとにまとめていますが、現状、ファイリングが不十分で見にくい状況と見られます。今後、過年度分の整理を含め、適切にファイリングしていくことが望まれます。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー5  職員と組織の能力向上
  サブカテゴリー1  事業所が目指している経営・サービスを実現する人材の確保・育成・定着に取り組んでいる
  評価項目1 事業所が目指していることの実現に必要な人材構成にしている 実施状況
  標準項目1 事業所が求める人材の確保ができるよう工夫している
  標準項目2 事業所が求める人材、事業所の状況を踏まえ、育成や将来の人材構成を見据えた異動や配置に取り組んでいる
  評価項目2 事業所の求める人材像に基づき人材育成計画を策定している 実施状況
  標準項目1 事業所が求める職責または職務内容に応じた長期的な展望(キャリアパス)が職員に分かりやすく周知されている
  標準項目2 事業所が求める職責または職務内容に応じた長期的な展望(キャリアパス)と連動した事業所の人材育成計画を策定している
  評価項目3 事業所の求める人材像を踏まえた職員の育成に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 勤務形態に関わらず、職員にさまざまな方法で研修等を実施している
  標準項目2 職員一人ひとりの意向や経験等に基づき、個人別の育成(研修)計画を策定している
  標準項目3 職員一人ひとりの育成の成果を確認し、個人別の育成(研修)計画へ反映している
  標準項目4 指導を担当する職員に対して、自らの役割を理解してより良い指導ができるよう組織的に支援を行っている
  評価項目4 職員の定着に向け、職員の意欲向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所の特性を踏まえ、職員の育成・評価と処遇(賃金、昇進・昇格等)・称賛などを連動させている
  標準項目2 就業状況(勤務時間や休暇取得、職場環境・健康・ストレスなど)を把握し、安心して働き続けられる職場づくりに取り組んでいる
  標準項目3 職員の意識を把握し、意欲と働きがいの向上に取り組んでいる
  標準項目4 職員間の良好な人間関係構築のための取り組みを行っている
  サブカテゴリー2  組織力の向上に取り組んでいる
  評価項目1 組織力の向上に向け、組織としての学びとチームワークの促進に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員一人ひとりが学んだ研修内容を、レポートや発表等を通じて共有化している
  標準項目2 職員一人ひとりの日頃の気づきや工夫について、互いに話し合い、サービスの質の向上や業務改善に活かす仕組みを設けている
  標準項目3 目標達成や課題解決に向けて、チームでの活動が効果的に進むよう取り組んでいる
講評
学生の保育園見学ツアーを企画し、見学者を増やし、採用に結び付くよう努力しています

 法人の「教育経営計画書」に、求める人物像や職員育成の考え方を示しています。法人のホームページにも求める人物像を明確にしています。他の系列園と協力して保育園見学ツアーを企画し、見学者を増やし、こどもの森グループに対し関心や理解を深めてもらうよう取り組んでいます。大学や専門学校を訪問したり、募集要項を送付したりと人材確保に協力しています。特にボランティアとして保育士養成専門学校生を受け入れるなど保育園とのつながりの強化に努めています。保育園に保育士募集の掲示を貼り、非常勤職員を採用しました。

期待する人物像を目指し、研修を充実させ、育成に取り組んでいます

 職員は、「スタッフシート」で能力開発や職務目標を設定し、園長との面談で決定したうえで、能力向上に取り組んでいます。法人の入社年度別・役職別などの研修を受講し、能力向上を図っています。非常勤の中途入社職員にも研修を実施し、法人が目指す理念や方針、保育技術などを身につけるよう受講を勧めています。こうした研修の結果、園長が考える保育園像に対する職員の理解が深まるとともに、仕事に取り組む意欲が高まり、職務能力の向上につながっています。毎月、園内研修で小テストを行い、知識の修得・向上を図っています。

職員の定着に向け、園内の雰囲気づくりに取り組んでいます

 勤務は、1日1時間の休憩を含む10時間、月間総労働時間を調整し2日の休日を設定しています。年2回リフレッシュ休暇で連続5日間の休暇を取得できるようにしています。有給休暇の希望にシフト調整で対応しています。園長は「スタッフシート」をもとに、職員と面談し、不安・不満の把握と解消に取り組んでいます。他の系列園の職員との面談も実施し、園長に言えないことなどの把握に努めています。誕生月にケーキで祝い、年2回食事会を設けるなど良好な雰囲気づくりに気を配っています。「サンクスカード」で感謝の気持ちを伝え合っています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー7  事業所の重要課題に対する組織的な活動
  サブカテゴリー1  事業所の重要課題に対して、目標設定・取り組み・結果の検証・次期の事業活動等への反映を行っている
  評価項目1 事業所の理念・基本方針の実現を図る上での重要課題について、前年度具体的な目標を設定して取り組み、結果を検証して、今年度以降の改善につなげている(その1)
前年度の重要課題に対する組織的な活動(評価機関によるまとめ)  2018年度、4月の入園予約人数に対し、キャンセルが多数あり、追加募集などで定員割れを防ぎました。また、認可保育園の新設や定員の増加が多く、認可園へ入りやすくなりました。
 そこで、行事の開催と参加者募集のポスターを保育園の周辺に貼り出し、参加者の募集に取り組みました。来園者には、パンフレットを手渡し説明に努め、都合がつけば園内見学を勧めました。
 こうした取り組みの結果、保育園を理解してもらう機会を増やせたと評価しています。2018年4月現在、市内の6歳未満の子ども数は減少し、この傾向は続くものと考えられます。
 園児を確保するための認可園との競争が一段と厳しくなると予想され、より一層存在感を高め、関心をもってもらえる取り組みを強化しています。イベントの開催を設け、より多くの方に園のアピールを行えるように取り組んでいます。
評語
目標の設定と取り組み 具体的な目標を設定し、その達成に向けて取り組みを行った
取り組みの検証 目標達成に向けた取り組みについて、検証を行った
検証結果の反映 次期の事業活動や事業計画へ、検証結果を反映させた
【講評】
 2017年度、市内の2つの認証保育園の一つで、保護者は認可園を優先して子どもを預けています。昨今の待機児童解消の流れから、市は保育園の増設や既存保育園の定員増加を図り、認証保育園を優先して選ぶ保護者は少ないのが現実です。このような実情を踏まえ保育園の知名度を上げ、認証保育園としての特徴を発揮して子育て家庭の興味や関心を高めることに取り組んできました。
 行事を企画し園外に行事の開催案内ポスターを掲示し、関心を高めるよう取り組み、見学者に保育園の説明に力を入れました。
 こうした取り組みにもかかわらず、予約者の多数が辞退する結果になりました。費用の問題もありますが、保育園の特徴や魅力を伝えきれていないのではないかと考えられました。
 今年度(2018年度)は、前年度の取り組みを継続し、入園していない親子の参加を期待し、リズム体操や絵画教室などを企画し参加者を募集しています。見学者にパンフレットを手渡し、詳しく説明しました。こうした取組みで保育園と関係がない地域の人も参加してもらっています。 
  評価項目2 事業所の理念・基本方針の実現を図る上での重要課題について、前年度具体的な目標を設定して取り組み、結果を検証して、今年度以降の改善につなげている(その2)
前年度の重要課題に対する組織的な活動(評価機関によるまとめ)  保育士採用環境が厳しい中、法人事務局の取り組みを支援するため、新卒保育士の確保に貢献したいと考え、保育士を目指す学生などにこどもの森グループに興味・関心を持ってくれるよう働きかける取り組みを取り上げました。
 職員の出身校へ手作りの募集案内やボランティア募集ポスターを持参し、掲示してもらうよう依頼しました。保育士育成大学や専門学校へボランティア募集のポスターを送付し、掲示を依頼しました。知人などに保育の仕事をしたい人がいないか声かけを依頼しました。
 こうした取り組みの結果、見学者はありましたが、採用には結びつきませんでした。認証保育園では見学者を確保することが厳しい状況で、さらなる工夫により見学者の確保を目指しています。
 今年度(2018年度)は、前年度同様の取り組みに加え、他の系列園の園長が企画した保育園見学コースに保育園を加えるよう働きかけ、コース組み込んでもらい見学を受け入れました。これまでに、数人の見学者がありましたが、採用には至りませんでした。そのような中、園外に掲示した非常勤職員の募集案内に応募があり採用に結び付きました。
評語
目標の設定と取り組み 具体的な目標を設定し、その達成に向けて取り組みを行った
取り組みの検証 目標達成に向けた取り組みについて、検証を行った
検証結果の反映 次期の事業活動や事業計画へ、検証結果を反映させた
【講評】
 保育人材の不足が保育業界の大きな課題となっています。待機児童解消の流れから保育園増設や定員増加が進んだことから保育士不足が激しくなっています。法人全体では毎年一定の退職者が出るため、その補充に新卒の保育士を確保することに力点を置いて取り組んできています。
 前年度(2017年度)、こうした法人の取り組みを支援したいと、園長や職員が協力し、人材確保に取り組みました。認証保育園は保育士養成課程上の保育実習でないという大きなハンディがあるなかで、学校訪問を重ねたり、募集案内を送付したりしました。
 今年度(2018年度)は、前年度の取り組みに加え、学生に保育園見学の機会を提供するため、他の系列園と協力しバスを活用した保育園見学ツアーを企画しました。これまで、採用実績はありませんが、法人に興味や関心を持ってもらう機会になったと評価しています。 

Ⅵ サービス提供のプロセス項目(カテゴリー6)

カテゴリー6 サービス提供のプロセス
  サブカテゴリー1 サービス情報の提供
  評価項目1 利用希望者等に対してサービスの情報を提供している 実施状況
  標準項目1 利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している
  標準項目2 利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている
  標準項目3 事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している
  標準項目4 利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
  標準項目5 事業所のサービス利用が困難な場合には、理由を説明したうえで、他の相談先紹介など支援の必要に応じた対応をしている
講評
パンフレットやホームページで保育の考え方や取り組みを紹介しています

 「入園案内」(パンフレット)に、認証保育所が認可保育所とほぼ同じ東京都の基準を満たし、認証された保育所であることを記載し、保育目標「明るく元気な子・思いやりのある子・自分でしようとする子」と、保育内容、食事、安全、衛生、健康に関する取り組みを紹介し、併せて、手続き、月極め料金、一時預り料金、所在地、地図などを記載しています。法人のホームページ(以下、「HP]という。)に、運営方針「子どもの十全なる発達と保育を通して子育て家庭をサポートする。=自分の子どもを入れたい園にする」と掲載しています。

利用希望者などが知りたいことを分かりやすく簡潔に伝えています

 法人の「プチ・クレイシュ」(HP)は、利用希望者などが知りたいと思うことを分かりやすく説明しています。親しみやすい絵や写真を用い、子どもや職員の生き生きした表情、活動の様子を紹介しています。また、法人のHPには、「利用者の声」として、保護者の意見や要望と併せて、個別の保育園に対するものも紹介しています。見学者には、日常の活動の様子を理解してもらうため、保育園の生活と活動の報告書、散歩マップを準備し、閲覧を勧めています。

見学者には、保育をありのまま見てもらうことを主眼として案内しています

 利用希望者などの問合わせや見学希望は、開園時間中随時受け付けています。子どもの生活と活動に気を配り、希望日の昼の時間帯に2組までを受け付けています。見学時、日常の子どもが安らかに過ごしている様子、クラスの配置などを見てもらうとともに、個別面談の時間を設け、保育園の特徴や利用状況を説明しています。見学者に、「空き待ち登録申込書」と「見学者アンケート」に記入してもらいます。利用が困難な場合、他の系列園や近隣の保育園を紹介しています。


  サブカテゴリー2 サービスの開始・終了時の対応
  評価項目1 サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている 実施状況
  標準項目1 サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明している
  標準項目2 サービス内容について、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目3 サービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  評価項目2 サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 サービス開始時に、子どもの保育に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している
  標準項目2 利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように配慮している
  標準項目3 サービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
講評
入園のしおりの内容を説明し、保護者の同意を得て、利用契約を締結しています

 見学時、入園案内(パンフレット)をもとに、保育目標と保育内容、手作りの給食、利用料金などを説明しています。併せて、忙しい保護者の負担を少しでも軽減できるよう布団や食事用エプロン、歯ブラシを準備していることを伝えています。入園に当たり、入園のしおり(冊子)に沿って、入園に際しての注意事項と登園禁止の病気、登園初日に持参する物、災害に備える対応などを説明しています。重要事項説明書は、予め保護者に読んでおいてもらい、質問があれば答え、同意を得たうえで契約書に署名捺印してもらいます。

入園の際、保護者から子どもの基本事項や生活状況、保育に対する意向を確認しています

 入園時、保護者に、児童票に子どもの情報を記入してもらいます。情報として、入園までの発育歴をはじめ、健康情報(病歴・予防接種・かかりやすい病気・かかりつけ医の住所や連絡先、生活・健康状態など)を記入してもらいます。併せて、保育園に希望することを確認し、記録しています。食事アンケートに、これまでに食べたことのあるものをチェックしてもらいます。行事の連絡や災害時のため伝言ダイヤルに登録してもらっています。医師による子どもの健康診断行い、健康管理に活用しています。職員全員がこうした子どもの情報を共有しています。

入園時や退園時の環境変化を考慮し、子どもの不安やストレスの軽減に配慮しています

 子どもが保育園の生活に馴染めるよう名前の呼び方や保育時間について保護者の希望を聞き対応しています。慣れ保育を4日間実施し、保育時間を少しずつ長くするなどしています。慣れ保育は、保護者の育児休暇や就労状況を考慮して日数を調整し、入園前に一時保育を行うこともあります。子どもが安心して保育園生活に馴れていけるよう柔軟に対応しています。退園・卒園の際は、アルバムや在園中の作品集を贈ります。9歳まで一時預りを行うことも伝えています。卒園児や退園児には、夏祭りや運動会の行事に招待しています。


  サブカテゴリー3 個別状況の記録と計画策定
  評価項目1 定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している 実施状況
  標準項目1 子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している
  標準項目2 子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録している
  標準項目3 アセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  評価項目2 全体的な計画や子どもの様子を踏まえた指導計画を作成している 実施状況
  標準項目1 指導計画は、全体的な計画を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している
  標準項目2 指導計画は、子どもの実態や子どもを取り巻く状況(保護者の意向を含む)の変化に即して、作成、見直しをしている
  標準項目3 個別的な計画が必要な子どもに対し、子どもの状況(年齢・発達の状況など)に応じて、個別的な計画の作成、見直しをしている
  標準項目4 指導計画を保護者にわかりやすく説明している
  標準項目5 指導計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している
  評価項目3 子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している 実施状況
  標準項目1 子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある
  標準項目2 指導計画に沿った具体的な保育内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  評価項目4 子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している 実施状況
  標準項目1 指導計画の内容や個人の記録を、保育を担当する職員すべてが共有し、活用している
  標準項目2 申し送り・引継ぎ等により、子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
講評
子どもの各種記録や日常の保育をもとにアセスメントし、ニーズや課題を把握しています

 職員は、児童票、保護者との個人面談や登降園時の会話などを通して子どもの状況を把握しています、0・1歳児は家庭での生活の様子を複写式連絡帳に記入してもらい、保育園の生活の様子を記入して返すなど双方が共有しています。2歳児以後は連絡帳で保育園の生活状況を伝えています。健康診断記録、保護者面談記録、連絡帳などを含む経過記録をまとめています。週案に基づく保育の実施状況を記録した保育日誌などをもとに、子どもの心身状況や生活状況をアセスメント(情報の収集・分析)し、一人一人のニーズと課題を把握しています。

子どもの状況の変化などを踏まえ、毎月末に職員会議で指導計画を見直しています

 保育目標を、「①心もからだも健やかで、明るく元気な子、②友達と仲良くできる思いやりのある子、③なんでも自分でしようとする子」としています。0歳児の週案には、ねらいを「友達や身の回りに興味を持ち、関わりをもとうとする。」と記載していて、訪問調査の日、友達の登園を喜ぶ姿や食器を1個ずつ職員に促されて片付けている姿が見られました。保育計画に沿った取り組みと評価できます。保育計画を、保護者に個人面談で伝えています。今後、速やかに現行の保育課程を新しい保育指針に対応した全体的な計画に移行することが望まれます。

子どもの保育に関わる情報を記録し、職員は共有しています

 日々の保育や登園時に保護者から伝えられた子どもの情報は、朝礼で全職員に伝え共有しています。延長保育時、担当職員に口頭のほか、申し送り表や職員連絡ノートによって伝達し、共有を図っています。個別指導計画、児童票、健康診断記録、経過記録や日常の関わりから得られた情報を記録し、職員全員が共有しています。保護者と、個人面談前にアンケート形式で意見や要望を書いてもらったうえで面談し、保育に対する意見や要望があれば記録しています。これらの意見や要望を指導計画に反映し、見直し後保護者に伝えています。


  サブカテゴリー4 サービスの実施
  評価項目1 子ども一人ひとりの発達の状態に応じた保育を行っている 実施状況
  標準項目1 発達の過程や生活環境などにより、子ども一人ひとりの全体的な姿を把握したうえで保育を行っている
  標準項目2 子どもが主体的に周囲の人・もの・ことに興味や関心を持ち、働きかけることができるよう、環境を工夫している
  標準項目3 子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう配慮している
  標準項目4 特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している
  標準項目5 発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている
  標準項目6 【5歳児の定員を設けている保育所のみ】 小学校教育への円滑な接続に向け、小学校と連携を図っている
講評
発達過程や生活環境などから子どもの全体的な姿を把握し、保育を行っています

 入園時、保護者に子どもの成育歴や予防接種歴、病歴など基本的なことを児童票に記載してもらい、子どもの全体的な姿を把握しています。入園後、嘱託医による年2回の健康診断や毎月の身体測定などの記録を残すとともに、日々子どもと接する中で、連絡帳の記載内容や登降園時の保護者との対話などから得た情報で現状を把握しています。これらの情報をもとに、年間指導計画・月間指導計画・週案を作成し、日々保育に取り組む中で、子どもの新たな姿を発見し、経過記録に記録しています。

子どもの発達状態に合わせて主体的に遊び込めるよう環境を工夫しています

 各クラスの子どもの発達に合わせて玩具を選び、市販品に加え手作りの遊具も用意しています。ひも通しやボタン付けなど指先の感覚を養えるよう工夫しています。0歳児の部屋では、職員の手作りの玩具や絵本などを用意し、職員が見守る中で一人一人が手にした玩具に集中して遊んでいて、椅子に座り、テーブルに向って画用紙に絵を描いている姿が見られました。訪問調査の日、ゲームやブロックあそびに熱中している幼児の姿が見られました。子どもの発達状態に合わせて遊具を替え、興味を持って取り組めるよう環境を工夫しています。

合同保育の活動を通して、思いやりや尊敬する気持ちを育んでいます

 日常、戸外活動など他のクラスの子どもと一緒に散歩に出かけ、縦の関わりが意識できるよう工夫しています。行事でも、異年齢の子ども同士が互いに関わる機会を作っています。異年齢児保育を通して、互いを認め合い、思いやりや尊敬する気持ちを育んでいます。遠足は、3歳児以上で出かけ、11月頃からは2歳児も参加し、一緒に出かけています。幼児は、お泊り保育で、水族館に出かけ、帰園後食材の買い出しに行きカレーを作って食べる体験をしています。5歳児の利用に備え、就学前の学習、過ごし方、小学校との連携などの仕組みを整えています。

  評価項目2 子どもの生活が安定するよう、子ども一人ひとりの生活のリズムに配慮した保育を行っている 実施状況
  標準項目1 登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している
  標準項目2 発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう援助している
  標準項目3 休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮している
  標準項目4 降園時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
講評
登園時、保護者の連絡帳と会話で家庭での様子を把握しています

 登園時、保護者から連絡帳を受け取り、会話して家庭での様子を確認しています。同時に、体調の変化なども聞いています。職員は、子どもに対し視診や触診を行い、傷に気づけばどこでついたかを聞いています。与薬の依頼には、医師が処方した薬のみ預かり、薬の名称、与薬の時刻・方法を確認しています。登園時の子どもの連絡事項は朝礼で職員に伝達し、申し送りノートで他の職員に伝えています。休園の子どもが登園してきた時は、無理をしないよう注意を払いながら関わり、子どものリズムで過ごせるよう配慮しています。

発達の状況に応じて基本的な生活習慣が身につくように援助しています

 子どもの日常の様子と発達状況を踏まえ、食事や排せつなどの基本的な生活習慣が身につくよう指導計画に織り込んで進めます。職員は絵本などを用いて話し、子どもが興味を持って取り組むよう伝えています。0歳児が自分からスプーンやコップを使って食べようとする意欲が出てくるなど、発達に応じ進めています。保護者と排泄間隔を確認し、トイレに誘ったり、パンツへの移行時期を話し合ったりして進めています。自分のことは自分でできるようにと、例えば、職員が子どもに洋服やタオルをたたむところをやって見せるなど早めに援助しています。

休息時間の長さや時間帯は、子どもの状況に応じて調整しています

 子ども一人一人の状況や年齢・発達に応じ、休息時間の長さや時間帯を調整しています。0歳児は連絡帳に家庭と保育園の睡眠時間を24時間記録しています。1歳児から、家庭と保育園で相互に睡眠時間を伝え合い、4歳児からは個別に対応しています。0歳児は乳幼児突然死症候群(SIDS)予防のため、5分おきに呼吸をチエックし、併せて体動センサーを設置しています。子どもの呼吸は胸に手を当て確認し、チエック表に記録しています。

  評価項目3 日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している 実施状況
  標準項目1 子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている
  標準項目2 子どもが人と関わる力を養えるよう援助している
  標準項目3 子ども一人ひとりの状況に応じて、言葉に対する感覚を養えるよう配慮している
  標準項目4 子どもが様々な表現を楽しめるようにしている
  標準項目5 子どもの心身の発達が促されるよう、戸外・園外活動(外気浴を含む)を実施している
  標準項目6 生活や遊びを通して、子どもが自分の気持ちを調整する力を育てられるよう、配慮している
講評
子どもの発達に合わせ、遊びこめる時間と空間など環境に配慮しています

 子どもが身の回りのものに親しみや興味を持てるよう環境を工夫しています。訪問調査の日、0歳児の部屋では、市販や手作りの玩具を用意しているほか、個々に遊ぶ子どもや職員と1対1で画用紙にクレパスで描くことに集中している子どもの姿が見られました。1歳児は、手作りのボタンはめやパズルで手先を動かしています。幼児は、カードでゲームをしたり、コマ回しに集中していたりしました。同じ活動にならないよう子どもの発達状況に応じた玩具や用意する物を変更するなど環境を工夫しています。

子どもが様々な表現を楽しめるよう工夫しています

 制作や遊びの中で、紙や絵の具、様々な素材にふれるよう工夫しています。毎日、絵本や楽器、布などにふれる遊びの中で職員と関わりながら感覚を養っています。幼児は、英会話教室や絵画教室を開き、楽しみながら学べる機会を設けています。訪問調査の日、幼児が英会話のレッスンで、絵カードを見て英語で発音したり、日本語で答えたりする様子が見られました。絵画教室の、2歳児みかん、3歳児折り紙、4歳児の作品が掲示されていました。発表会に向けて、カスタネットやタンバリンなどで合奏を練習のする様子も見られました。

子どもの心身の発達を促すよう園外活動に取り組んでいます

 園外に出かけられる日はできる限り散歩に出かけ、四季折々の自然に触れるよう心がけています。0歳児は、入園当初、保育室の雰囲気に慣れるよう室内遊びから始め、徐々に散歩カーで外出します。戸外活動を多くし、毎日テーマを決めて実行しています。3歳児以上は、5月から3月まで(7月と2月を除く)、遠足に出かけています。2歳児は11月から参加します。法人の園バス、または、公共のバスや電車を利用して出かけます。5月は親子遠足、8月は水族館に出かけ、帰園後にお泊り保育を実施しています。

  評価項目4 日常の保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している 実施状況
  標準項目1 行事等の実施にあたり、子どもが興味や関心を持ち、自ら進んで取り組めるよう工夫している
  標準項目2 みんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している
  標準項目3 子どもが意欲的に行事等に取り組めるよう、行事等の準備・実施にあたり、保護者の理解や協力を得るための工夫をしている
講評
行事を計画的に取り組み、子どものやり遂げる気持ちを育んでいます

 年度初に、年間行事予定表を保護者に配付しています。各行事に子どもが関心や興味を持って進んで取り組めるよう事前に絵本や音楽を使って説明しています。子どもの日の行事をはじめ、七夕会、えんにちごっこ、お泊り会、運動会、お楽しみ会、発表会、毎月の遠足などを実施しています。こどもの日の行事では、大きな鯉のぼりに子ども全員が手形を押し、完成させています。運動会や発表会では、各年齢に合わせたプログラムを企画し、達成感や楽しさを味わえるよう練習を重ね、本番で盛り上がるよう工夫しています。

皆で協力し、やり遂げる喜びを味わえるような行事を企画し実施しています

 日常の保育で、子どもの発達に応じた行事の練習プログラムを取り入れています。「えんにちごっこ」で、魚釣りやヨーヨー、ボールゲームなどを楽しく遊んでいます。運動会は小学校の体育館で実施しました。子どもたちは皆で協力して、バルーンや創作ダンスなどを楽しくやり遂げています。運動後の保護者アンケートには、時間は丁度良いが親子一緒の体操や親子競技を取り入れてほしいなどの意見が寄せられました。訪問調査の日、2月の発表会に向け、英会話のレッスン、タンバリンやカスタットの演奏の練習に取り組む姿が見られました。

年間行事予定表を保護者に配付し、行事に対する理解が得られるよう努めています

 保護者に対し、年間行事予定表に保護者参加行事を記載し知らせています。季節行事や親子参加行事を企画しています。例えば、後者では多様な体験を楽しめる場所を選び、親子遠足を実施しています。保護者には、行事前に通知を配付し、内容と日程を知らせ、保護者に理解してもらえるよう工夫しています。今回の利用者調査では、「行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か」(問7)について、回答者27人中25人(92.%)が「はい」と回答し、「仕事に支障がないよう土・日に設定している」との意見がありました。

  評価項目5 保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている 実施状況
  標準項目1 保育時間の長い子どもが安心し、くつろげる環境になるよう配慮をしている
  標準項目2 保育時間が長くなる中で、保育形態の変化がある場合でも、子どもが楽しく過ごせるよう配慮をしている
講評
保育時間の長い子どもたちがくつろげる環境になるよう工夫しています

 長時間保育の子どもに対する配慮事項を毎月指導計画に織り込み、子どもの様子を把握しながら日々の保育を組み立てています。早朝の受け入れは、乳児と幼児を分けて受け入れ、乳児の玩具は日によって変え、幼児は自由に好きな玩具で遊んでいます。延長保育では、18時に夕食を用意し、必要としない子どもには補食を提供します。訪問調査の日、子どもの人数が少なくなる中、色とりどりの風船を手に持って、職員と一緒に元気な声を上げ、日中はできない遊びを楽しんでいました。子どもが安心して過ごせるよう工夫しています。

保育形態が変化する中で、子どもが安心して保護者を待てるよう配慮しています

 0歳児には、担任でない職員がミルクや睡眠のリズムを把握していて対応し、1歳児には、玩具や絵本の取り合いから手を出さないよう間に入り、子どもの気持ちを受け止め、仲良く遊ぶよう促す、2歳児は危険がないよう職員の立配置を考え、玩具の使い方の共通ルールのもとに関わっています。また、3・4歳児には、年下の子どもを思いやる心を養うなど、発達状況により配慮しています。保護者には、子どもの状態を把握して口頭で伝えるとともに、申し送りや職員ノートを活用して伝達事項を伝えています。

  評価項目6 子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している 実施状況
  標準項目1 子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮している
  標準項目2 メニューや味付けなどに工夫を凝らしている
  標準項目3 子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している                                                                                        
  標準項目4 食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている
講評
子どもと職員が楽しい雰囲気の中で一緒に食事を摂っています

 0歳児は、保育室で職員が見守り、椅子に座り、スプーンを使って食べています。1歳児は、椅子に座って自分で食べ、お代わりのほしい子どもは食器を指さして希望しています。幼児では、当番の子ども2人がご飯とおかずが運ばれてくると、壁に掲示された配膳図の通り、幼児用テーブル3台に配膳します。当番が箸の使い方や時間内に食べ終わるよう声かけしています。子どもの席は指定されていて、職員と一緒に落ち着いて食べています。訪問調査の日、楽しい雰囲気の中で食事が進んでいました。

栄養とカロリーを計算して法人の統一献立をもとに、子どもに合わせて調理しています

 毎月法人事務局で栄養とカロリーを計算した献立をもとに、子どもに合わせて調理しています。離乳食は、初期から完了食まで5段階の献立を立てています。季節や行事に合わせ、旬の食材を使用して季節を感じられるよう配慮しています。食材の味や大きさ、硬さを年齢に合わせています。食材は、安全なものを購入し、産地を表示しています。入園前に保護者に食材アンケートを行い、食物アレルギーがある場合は医師の診断書を提出してもらいます。除去食で対応し、保護者に献立表をチエックしてもらっています。

野菜の栽培や調理をするなど保育活動の中で食育を行っています

 夏前にトマトやきゅうりなどの野菜を栽培し、子どもが食材に興味を持つよう工夫しています。8月、幼児はお泊り保育を実施しました。子どもは、八百屋に買い出しに行き、洗う、むく、切る仕事に協力し、カレーを作りました。秋には、芋ほり遠足に出かけ、掘ったさつま芋で大学芋などの調理活動を行いました。子どもが調理に取り組めるメニューで、食に対する関心を引き出す食育に取り組んでいます。行事食で、雛祭りにはちらしずし、七夕には流しそうめんと伝承にも配慮しています。

  評価項目7 子どもが心身の健康を維持できるよう援助している 実施状況
  標準項目1 子どもが自分の健康や安全に関心を持ち、病気やけがを予防・防止できるように援助している
  標準項目2 医療的なケアが必要な子どもに、専門機関等との連携に基づく対応をしている
  標準項目3 保護者と連携をとって、子ども一人ひとりの健康維持に向けた取り組み(乳幼児突然死症候群の予防を含む)を行っている
  標準項目4 子どもの入退所により環境に変化がある場合には、入所している子どもの不安やストレスが軽減されるよう配慮している
講評
子ども自身が健康や安全に関心を持ち、健康を維持できるよう努めています

 0歳児の年間指導計画の保育目標を「保健的で安全な環境の中で、心身共に健康で過ごせるようにする。」とし、玩具や室内の消毒を徹底し、清潔な環境を整えています。年間指導計画には、子どもの健康・安全に関する取り組みを記載しています。月齢が進むと、日中の散歩で「道中を歩く機会が増えるので、安全な道を選んだり、安全な遊具の使い方を心がける」としています。3・4歳児は、手洗いやうがいを登園時、散歩後、給食時やおやつ前、排泄後に励行しています。このため、手洗い場に手の洗い方を図で示しています。

医療的な配慮を必要とする子どもには、専門機関と連携しながら保育を行っています

 医療的な配慮を必要とする子どもがいる場合、嘱託医に相談したり、専門機関と連携をとったりしながら、子どもに対する支援と保育を行っています。保護者と連携し、どのようなケアが必要か話し合っています。そうした情報を担任だけでなく、職員全員が把握・共有できるようにしています。医師の処方薬を1日ごと預かり、「お薬シート」を作成したうえで複数の職員が確認し合いながら与薬しています。職員は、傷や怪我の応急処置法を学ぶとともに、発生予防と併せて、感染症の予防・まん延防止に努めています。

保護者と連携し、子どもの健康維持に取り組んでいます

 登降園時に子どもの様子を観察し、体調の変化を確認しています。視診で顔の傷に気づいた時は何時からか、眼鏡を始めてかけてきた時など保護者の情報を、朝礼で職員全員に伝えています。乳幼児突然死症候群(SIDS)の予防のため、0歳児は体動センサーを使用し、0・1・2歳児には5分毎の呼吸、体の向きなどを確認し、記録しています。園内にAEDを設置し、職員は使い方を学んでいます。園だよりに、流行性の感染症や病気に関し、「熱中症予防のために」(冊子)を添付するなど、保護者と連携して子どもが健康に過ごせるよう努めています。

  評価項目8 保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して支援を行っている
  標準項目2 保護者同士が交流できる機会を設けている
  標準項目3 保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている
  標準項目4 子どもの発達や育児などについて、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている
  標準項目5 保護者の養育力向上のため、園の保育の活動への参加を促している
講評
保護者の就労など個別の事情に合った、サービス提供に努めています

 保護者の急な就労事情の変化による申し出に、延長保育や補食提供を行うなど柔軟に対応しています。急な変更によって子どもが不安にならないよう職員が寄り添い、保護者が迎えに来るまで安心して過ごせるよう配慮しています。今回の利用者調査の結果、「保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか(問5)」に対し、回答者27人中22人(81%)が「はい」と答えていました。自由意見欄には、保護者の「柔軟に丁寧に対応してくれます。」という記述がありました。

保護者の参加する行事を行い、保護者同士の交流が図れるように工夫しています

 親子遠足を通して保護者同士が交流し親睦を深める機会となるよう期待しています。年2回保育参観を行い、保護者に子どもの活動状況を見てもらっています。その後の親睦会で、保護者同士が自由に話し合い、親睦を深める場を設けています。運動会や茶話会など保護者同士が関わる行事も取り入れています。

保護者とのコミュニケーションを大切にして信頼関係を築くように努めています

 登降園時、保護者との会話に努め、子どもの様子や変化、家庭環境など把握するとともに、子どもの活動の様子を伝えています。園長は、毎年2回保護者と個人面談を行い、保育園に対する意見や要望を聞く機会としています。また、保護者代表が参加する運営委員会(年2回)を開催し、保育園への意見や要望を聞くほか、質問に答えています。今回の利用者調査の結果、「子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか」(問8)に対し、回答者27人中26人(96%)が「はい」と答え、高く評価していることがうかがえました。

  評価項目9 地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている 実施状況
  標準項目1 地域資源を活用し、子どもが多様な体験や交流ができるような機会を確保している
  標準項目2 園の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
講評
戸外活動や系列園・他園の子どもとのふれあいや交流をしています

 戸外に出られる日はできる限り散歩に出かけています。子どもたちは商店街を通り、八百屋にはどのような野菜や果物があるかを学んだり、消防署を訪ね消防車に乗せてもらう体験をしたりしています。幼児はほぼ毎月遠足に出かけています。遠足は、法人の園バスなどを利用し、博物館や水族館、美術館などに出かけます。毎月、系列園の子どもたちと交流し、農園で芋ほりをしたり、公園で遊んだりしています。公立保育園の運動会に招待され、参加しています。地域の資源を活用し、珍しい体験を重ねるとともに、社会性を養っています。

行事に地域の人々の参加を呼びかけ、毎回数人が参加しています

 毎月他の系列園と交流し、相互に訪問し、子ども同士が触れ合う場を設けています。地域に向け、毎月1回土曜日に行事を企画・実施しています。園外にイベントのポスターを貼り出し、地域の人々に参加を呼びかけています。「みんなで遊ぼう」をテーマにリトミックやリズムジャンプ、撮影会などを開催し、毎回数人が参加しています。また、継続的に育児相談会を実施しています。今後も、行事の内容を充実させ、地域の在宅子育て家庭に参加を呼びかけるなどさらなる取り組みが期待されます。


  サブカテゴリー5 プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
  評価項目1 子どものプライバシー保護を徹底している 実施状況
  標準項目1 子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目2 子どもの羞恥心に配慮した保育を行っている
  評価項目2 サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している 実施状況
  標準項目1 日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している
  標準項目2 子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した保育を行っている
  標準項目3 虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている
講評
写真や氏名、誕生日などを園だよりなどに掲載することについて承諾を得ています

 入園(契約)時の個人面談で、「個人情報保護方針・規定」を説明しているほか、「会員規約」に個人情報の利用目的を具体的に示しています。名前や顔写真、誕生日、クラス名などを園だよりや園内掲示物などに掲載することについて保護者の承諾を得ています。職員に守秘義務に関する承諾を求め、個人情報や記録類の管理を徹底しています。トイレの順番待ちや排泄失敗時、子どもの気持ちを受け止めながら責めずさりげなく対応するなどプライバシーの保護に努めています。年齢や身長などを考慮しドア付き個人用トイレの使用も指導しています。

「子どもに対する方針」を唱和し、職員は自らの行動を確認しています

 法人の「教育経営計画書」のなかで、子どもに対する方針を「一人ひとりを大切にする」としています。個々の子どもを尊重し、保育を行っています。職員は朝の打ち合わせで、「子どもの名前は呼び捨てにしない。子どもの自主的な行動を尊重する。子どもの人格・家庭・身体的な特徴に関して否定的なことは言わない。」など子どもに対する方針を唱和し、日々の行動を確認しています。子どもの嗜好や特性、家庭の価値観、習慣、宗教など知り得た情報を職員間で共有し、日常の保育に配慮しています。

虐待に関わる勉強会や気になる言動の気づきを重ね、子どもの権利を守っています

 法人の「虐待防止ガイドブック」を参考に、実際に起きている虐待事例の報道にも注目しながら、職員会議などで学習しています。様々な事例をもとに、虐待に関する知識や認識を高め、その恐れがないか現状把握に努めています。職員の言葉遣いや子どもに対する態度など、気になる言動に気づいた時は、園長が注意や助言をし、職員会議でも取り上げ、話し合っています。虐待が疑われた時は、直ぐ園長に報告し、園長は必要に応じ、法人事務局に報告したうえで、関係機関に通報する仕組みを整えています。


  サブカテゴリー6 事業所業務の標準化
  評価項目1 手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている
  標準項目2 提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている
  標準項目3 職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  評価項目2 サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている
  標準項目2 提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている
講評
業務の取り組み方を定期的に確認し、身につくよう取り組んでいます

 「教育経営計画書」に、保育園の基本方針「子ども第一主義、保護者のサポートとコミュニケーション、職員の育成」を掲げています。朝の会で、その計画書の中から、子どもに対する方針を唱和し、業務のあり方を確認しています。「子どもの森のお約束」に、子どもや保護者との関わり方、安全管理や衛生管理などの業務の取り組み方を具体的に示しています。独自の園マニュアルは、新人職員の指導に活用しています。職員は、これらの手引きを常時活用しているほか、年2回「スタッフシート」で自己評価を行い、実施状況を確認しています。

保護者や運営委員会、職員の意見や提案をもとに、見直しや改善に取り組んでいます

 事故や安全対策マニュアルは、公園の遊具の点検、園外保育や室内遊びなどについて、毎年1回見直しています。年2回の運営委員会や日々の登降園時の会話、個人面談、保護者アンケートなどを通して保護者の意見や提案を聞き、職員会議で保育の改善・向上の視点から話し合い、必要に応じ業務や計画、マニュアルの見直し・改善に生かしています。