東京都福祉サービス第三者評価  評価結果





評価結果基本情報

評価年度 平成29年度
サービス名称 認証保育所A型・B型
法人名称 有限会社杉山事務所
事業所名称 さくらんぼ保育園
評価機関名称 一般社団法人 地域ケア総合評価機構

コメント

利用者調査票は事業所を通じて保護者に配布、回収は返信用封筒で直接評価機関に郵送していただく形でおこなった。保育現場の見学を実施、また事前に一定程度の事業所資料を提出していただき分析するなど、訪問調査に備えて準備をおこなった。評価チームには保育士経験が豊富な評価者を含めた。


(内容)
 Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像
 Ⅱ 全体の評価講評
 Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み
 Ⅳ 利用者調査結果
 Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)
 Ⅵ サービス提供のプロセス項目


公益財団法人東京都福祉保健財団
Copyright©2003 Tokyo Metropolitan Foundation of Social Welfare and Public Health. All Rights Reserved.


Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像

1 理念・方針  (関連 カテゴリー1 リーダーシップと意思決定)
  事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)

1) 家庭的保育 2) きめ細やかな保育 3) 子どもの個性を尊重する保育

 
2 期待する職員像  (関連 カテゴリー5 職員と組織の能力向上)
  (1)職員に求めている人材像や役割

・子どもと一緒に楽しむことができ、積極的に教育・保育に従事する職員 ・社会情勢や環境の変化について常に関心を持ち、時代に適した教育・保育実践のための自己研鑽に努めている職員

 
(2)職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

・保育所保育指針を十分に理解し、向上心を持って教育・保育に取り組む姿 ・教育、保育の仕事に責任を持ち、自らの人間性と専門性の向上のために努める姿

 


Ⅱ 全体の評価講評

全体の評価講評

特に良いと思う点
1 認証保育所の特性を生かし職員全体で子どもの状況を把握し保育をおこなっている

0~2歳児が対象の定員29名の小規模保育所の特性を活かし、子ども一人ひとりの状況を職員が共有するようにしている。リーダー会議や職員会議等の話し合いを通じ、日常の連絡体制がスムーズにおこなわれており、子どもの状況を職員全員が理解しよりよい保育につなげるよう努めている。保護者アンケートでも、「小規模であることのメリットを十分に発揮されている」等の意見も寄せられており、保護者のニーズに応えていることがうかがえる。
2 季節の食材を取り入れるなど様々な食育の取り組みが保護者に喜ばれている

食事は季節の食材を取り入れ、その味を活かすように薄味での調理を心掛け、提供されている行事食も子どもたちに喜ばれている。園の食育計画に基づきおこなわれている毎月の食育では、食材に触れて食べることに興味を持ち、楽しく食事ができるような働きかけをおこなっている。プランターでミニトマトやピーマンなど野菜を育てていることも、子どもたちの興味や関心をを育んでおり、保護者にも喜ばれている。
3 英語教室や音楽教室の活動を子どもたちは保育士と一緒に楽しんでいる

園では毎週火曜日・木曜日の午前中に外国人講師による英語教室をおこなっている。0~2歳児までの小さな子どもたちが対象のため、絵本やカードを見ての歌やゲームなどを楽しみながら英語に親しんでいる。水曜日の午前中におこなわれる音楽教室では、専任講師を招いて、ピアノなどの楽器に合わせてリズム遊びを保育士と一緒に楽しんでいる。地域の子育て世帯は、希望すればいつでも見学することができるので、喜ばれている。

さらなる改善が望まれる点
1 地域との交流を広げ子どもの生活の幅を広げることを期待したい

園でおこなっている音楽教室や英語教室、絵本の読み聞かせ等は、地域の親子にも自由に参加できるようにしている。近くの公園への散歩では商店の人や親子に声をかけるなど関わりを多く持つようにしている。避難訓練では避難場所の中学校に園を知ってもらったり、消防署からは消防車を見せてもらうなどしている。地域との継続的な交流の機会を増やし、地域の一員として活動するとともに、さらに子どもの生活の幅を広げることを期待したい。
2 事故防止や感染対策などさらなる安全対策に取り組むことが期待される

0歳から2歳児までの保育であり、きめ細やかな子どもの安全対策が求められる。園は開放的な造りであり見学者も多い。さまざまなリスクを洗い出し話し合うほか、ヒヤリハットは傾向を分析したり、防止策の十分な検証をおこなうことを望みたい。感染対策についても十分な予防策を講じるなど、さらなる子どもの安全対策に取り組むことを期待したい。
3 保護者や地域の方から意見を聞く場を設け、保育サービスの向上につなげることを期待したい

同法人の運営する他の認証保育所では運営委員会を年2回開催し、保護者代表や外部委員、法人代表や主任保育士等の参加のもと開催されている。委員会では園運営や保育に関し意見交換などおこない、良質な保育を目指して話し合っている。当園でも保護者や地域の方から保育に関し意見を聞くことができるような場を設け、保育サービスの向上につなげることを期待したい。

Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み

1 ★ 経営層と職員の話し合いの場を多く持ち共通理解のもと目指す保育に取り組んでいる

経営層と職員及び職員間の話し合いの場を多く持ち、意思疎通を図っている。会議体としてリーダー会議や職員会議があり、目的に沿った話し合いをおこなっている。日々の保育はクラスで十分に話し合い、子どもの一人ひとりの状況を把握し実践に取り組んでいる。また、園長は定期的な個人面談を実施するなかで職員と保育観など話し合っている。全職員が共通理解のもと園の目指している保育に取り組んでいる
関連評価項目(重要な案件について、経営層(運営管理者含む)は実情を踏まえて意思決定し、その内容を関係者に周知している)
2 ★ 利用希望者の見学を随時受けつけ、きめ細やかな対応をおこなっている

園では玄関近くにパンフレットを置き希望者が自由に手に取れるようにしている。ホームページも充実しており様々な情報を得ることができる。見学については随時受けつけており園長・主任が対応している。見学者個々の要望を聞いたり必要なアドバイスをおこなうなど、丁寧な対応を心掛けている。
関連評価項目(利用希望者等に対してサービスの情報を提供している)
3 ★ 毎日の戸外活動で、子どもたちの心身の成長発達が促されている

近くに都立東綾瀬公園があり、子どもたちは毎日戸外遊びを楽しんでいる。春は桜やお花畑を散策したり、秋にはどんぐりや落ち葉を拾うなど、自然に充分触れることができる。公園までの道のりは10分程度であるが、途中で商店や街の人が声をかけてくれるなど、地元の方との触れ合いも見られる。戸外での活動は、子どもたちの生活を豊かにし、心身の成長発達を促している。
関連評価項目(日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している)

Ⅳ 利用者調査結果

調査概要
調査対象:在園する全園児の保護者を対象とした。園児の数は29人、保護者世帯は28世帯。

調査方法:アンケート方式  
調査はアンケート方式で実施した。保育園より調査票を保護者に配布していただき、回収は返信用封筒で評価機関宛に直接郵送していただいた。

利用者総数 29人
利用者家族総数(世帯) 28世帯
アンケートや聞き取りを行った人数 28人
有効回答者数 27人
回答者割合(%) 96.4%

総括
さくらんぼ保育園は0~2歳児定員29名の認証保育所である。マンションの1階に開設され、18年目を迎えている。今回の利用者アンケートでは「保育所での活動は、子どもの心身の発達に役立っているか」「保育所での活動は、子どもが興味や関心を持っておこなえるようになっているか」「職員の接遇・態度は適切か」の問いに全員が「はい」と回答している。「食事」や「職員との信頼関係」に関する設問についても高い評価を得ている。園への総合的な感想では、「大変満足」「満足」を合わせて100%となっており、保護者の園への信頼が大変大きい状況である。

利用者調査結果

1.保育所での活動は、子どもの心身の発達に役立っているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
全員が「はい」と回答している。「リトミックや英語、絵本の読み聞かせ、毎日のお散歩、制作活動などとても素晴らしい」等の意見が寄せられている。
2.保育所での活動は、子どもが興味や関心を持って行えるようになっているか
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」の回答が100%である。「英語や音楽がより好きになったと思います」等の意見が出されている。
3.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい 26人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が96%、「どちらともいえない」が4%である。「園の食育活動や食事内容が子どもの食欲へと繋がっている」等の声が寄せられている。
4.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい 20人  どちらともいえない 5人  いいえ 1人  無回答・非該当 1人 
「はい」が74%、「どちらともいえない」19%、「いいえ」が4%、「無回答・非該当」が4%である。「自然豊かな公園で外遊びが出来てとても良い」等の意見がある。
5.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい 21人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 5人 
「はい」が78%、「どちらともいえない」が4%、「無回答・非該当」が19%となっている。「無回答・非該当」の回答は、保育時間の変更を申し出たことがないケースと考えられる。「いつも助かっている」等の意見が出ている。
6.安全対策が十分取られていると思うか
はい 23人  どちらともいえない 4人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が85%、「どちらとも言えない」15%である。「定期的に避難訓練などもおこない、さすがだと思う」等の意見があった。
7.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい 22人  どちらともいえない 5人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が81%、「どちらともいえない」19%となっている。「2か月前から日程の連絡を頂いているので参加しやすい」等の意見が出ている。
8.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい 26人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
96%が「はい」と回答している。「どちらともいえない」は4%である。「とても親身になり対応してくれる」等の意見が寄せられている。
9.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい 25人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が93%、「どちらともいえない」が7%である。「清潔にされている」との意見があった。
10.職員の接遇・態度は適切か
はい 27人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が100%である。「言葉遣いはやさしいし、服装は動きやすい恰好だと思う」という意見が寄せられている。
11.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい 22人  どちらともいえない 3人  いいえ 0人  無回答・非該当 2人 
「はい」が81%、「どちらともいえない}が11%、「無回答・非該当」が7%となっている。「無回答・非該当」はそうした経験がないケースと思われる。
12.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい 18人  どちらともいえない 4人  いいえ 0人  無回答・非該当 5人 
「はい」が67%、「どちらともいえない」が15%、トラブル等の体験がないと思われる回答が19%あった。
13.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい 25人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
93%が「はい」と回答している。「どちらともいえない」が7%である。
14.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい 25人  どちらともいえない 0人  いいえ 0人  無回答・非該当 2人 
93%が「はい」と回答している。「無回答・非該当」の回答が7%となっている。
15.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい 24人  どちらともいえない 3人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい」が89%、「どちらともいえないが11%である。「連絡帳に丁寧に書かれているので分かりやすい」との意見があった。
16.利用者の不満や要望は対応されているか
はい 21人  どちらともいえない 3人  いいえ 0人  無回答・非該当 3人 
78%が「はい」と回答している。どちらともいえない」11%、「無回答・非該当」が11%あった。
17.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい 18人  どちらともいえない 2人  いいえ 2人  無回答・非該当 5人 
「はい」が67%、「どちらともいえない」が7%、「いいえ」が7%、「無回答・非該当」が19%となっている。「困ったことがない」等の意見があった。

Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)

※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー1  リーダーシップと意思決定
  サブカテゴリー1  事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている
  評価項目1 事業所が目指していること(理念、基本方針)を明確化・周知している 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を明示している
  標準項目2 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、職員の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目3 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、利用者本人や家族等の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目4 重要な意思決定や判断に迷ったときに、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を思い起こすことができる取り組みを行っている(会議中に確認できるなど)
  評価項目2 経営層(運営管理者含む)は自らの役割と責任を職員に対して表明し、事業所をリードしている 実施状況
  標準項目1 経営層は、自らの役割と責任を職員に伝えている
  標準項目2 経営層は、自らの役割と責任に基づいて行動している
  評価項目3 重要な案件について、経営層(運営管理者含む)は実情を踏まえて意思決定し、その内容を関係者に周知している 実施状況
  標準項目1 重要な案件を検討し、決定する手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 重要な意思決定に関し、その内容と決定経緯について職員に周知している
  標準項目3 利用者等に対し、重要な案件に関する決定事項について、必要に応じてその内容と決定経緯を伝えている
講評
園の保育理念や保育方針が明文化され職員や保護者に周知を図っている

園の保育理念や保育方針を明示し、ホームページや園内に掲示している。保育方針等は年度初めの職員会議で代表より説明されるほか、行事等を企画する際には方針に沿って計画している。また、年2回の園長と職員の個別面談もあり、目指している保育について話し合っている。保護者に対しては、入園時に説明したり、年度初めの保護者会で伝えている。

管理者は自らの役割と責任を果たし理念の実現に向けリーダーシップを発揮している

職務分担表が明示され園の業務を統括する園長の役割が明確になっている。園長は職員会議やリーダー会議に出席し指示を出したり自らの考えを伝えている。職員とは日頃から意思疎通を図っており、個別面談も年2回おこなうなど意向の把握に努めている。クラスごとの保護者懇談会では、園の保育について説明したり、登降園時には保護者とのコミュニケーションを図っている。また、地域のネットワークにも参加するなど、自らの役割と責任を果たし、理念の実現に向けリーダーシップを発揮している。

重要案件は幹部会議で決定し職員会議で周知をおこなっている

園の重要案件は代表者、園長及び主任保育士が参加する幹部会議で検討し、決定事項は職員会議で周知している。非常勤職員には個別で伝えたり会議録を見てもらうほか、内容によってはミーティングで伝えている。また、クラス代表が参加するリーダー会議で話し合われた内容も、幹部会議で検討し決定している。保護者に関することは園だよりや掲示板で知らせたり、個別のことは登降園時や連絡帳で伝えている。園の意思決定は職員会議等で丁寧に伝え、共通理解を図っていることがうかがえる。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー2  経営における社会的責任
  サブカテゴリー1  社会人・福祉サービス事業者として守るべきことを明確にし、その達成に取り組んでいる
  評価項目1 社会人・福祉サービスに従事する者として守るべき法・規範・倫理などを周知している 実施状況
  標準項目1 福祉サービスに従事する者として、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などを明示している
  標準項目2 全職員に対して、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などの理解が深まるように取り組んでいる
  評価項目2 第三者による評価の結果公表、情報開示などにより、地域社会に対し、透明性の高い組織となっている 実施状況
  標準項目1 第三者による評価の結果公表、情報開示など外部の導入を図り、開かれた組織となるように取り組んでいる
  標準項目2 透明性を高めるために、地域の人の目にふれやすい方法(事業者便り・会報など)で地域社会に事業所に関する情報を開示している
  サブカテゴリー2  地域の福祉に役立つ取り組みを行っている
  評価項目1 事業所の機能や福祉の専門性をいかした取り組みがある 実施状況
  標準項目1 事業所の機能や専門性は、利用者に支障のない範囲で地域の人に還元している(施設・備品等の開放、個別相談など)
  標準項目2 地域の人や関係機関を対象に、事業所の機能や専門性をいかした企画・啓発活動(研修会の開催、講師派遣など)を行っている
  評価項目2 ボランティア受け入れに関する基本姿勢を明確にし、体制を確立している 実施状況
  標準項目1 ボランティアの受け入れに対する基本姿勢を明示している
  標準項目2 ボランティアの受け入れ体制を整備している(担当者の配置、手引き書の作成など)
  標準項目3 ボランティアに利用者のプライバシーの尊重やその他の留意事項などを伝えている
  評価項目3 地域の関係機関との連携を図っている 実施状況
  標準項目1 地域の関係機関のネットワーク(事業者連絡会など)に参画している
  標準項目2 地域ネットワーク内での共通課題について、協働して取り組めるような体制を整えている
講評
園職員として遵守すべき内容をファイリングし会議で説明している

園職員として遵守すべきこととして、園規則や児童福祉法、保育指針等をファイリングし、いつでも確認できるようにし、内容等は職員会議で説明している。また、職員更衣室には保育士倫理綱領を目に付くように掲示している。園は情報開示にも努め、第三者評価の定期受審と公開、ホームページでの園情報の提供、園でおこなう英語教室や音楽教室は入口のポスターで案内している。

一時預かりや年末保育など子育て家庭への支援や、園の保育を地域に開放している

園では一時預かりや年末保育、家庭福祉員代替え保育等を実施し、可能な限り受け入れている。利用希望者の見学時には、質問があれば地域の保育園の情報も提供している。園でおこなう音楽教室や英語教室、絵本の読み聞かせ等には、地域の親子にも参加してもらっている。近隣の散歩では商店街の人や、公園での外遊びでは地域の親子と交流もある。地域のボランティアも受け入れているが、さらに地域との交流や園の機能を地域に活かすことを期待したい。

地域の子育てネットワークに参画し情報収集や情報交換をおこなっている

保育園や幼稚園、小学校、民生委員等が参加する子育てネットワーク連絡会に参加し、情報を得たり連携がとれる関係を作っている。連絡会は年3回開催されており、最近では発達障害に関する講演を聞いたり、予防接種や歯と口の健康など話し合っている。また、区の認証保育所対象の事務連絡会には必ず出席し、待機児童解消対策や補助金等の情報を収集している。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー3  利用者意向や地域・事業環境の把握と活用
  サブカテゴリー1  利用者意向や地域・事業環境に関する情報を収集・活用している
  評価項目1 利用者一人ひとりの意向(意見・要望・苦情)を多様な方法で把握し、迅速に対応している(苦情解決制度を含む) 実施状況
  標準項目1 苦情解決制度を利用できることや事業者以外の相談先を遠慮なく利用できることを、利用者に伝えている
  標準項目2 利用者一人ひとりの意見・要望・苦情に対する解決に取り組んでいる
  評価項目2 利用者意向の集約・分析とサービス向上への活用に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者アンケートなど、事業所側からの働きかけにより利用者の意向を把握することに取り組んでいる
  標準項目2 事業者が把握している利用者の意向を取りまとめ、利用者から見たサービスの現状・問題を把握している
  標準項目3 利用者の意向をサービス向上につなげることに取り組んでいる
  評価項目3 地域・事業環境に関する情報を収集し、状況を把握・分析している 実施状況
  標準項目1 地域の福祉ニーズの収集(地域での聞き取り、地域懇談会など)に取り組んでいる
  標準項目2 福祉事業全体の動向(行政や業界などの動き)の収集に取り組んでいる
  標準項目3 事業所としての今後のあり方の参考になるように、地域の福祉ニーズや福祉事業全体の動向を整理・分析している
講評
入園時に苦情解決の仕組みを説明し受け付けた場合は迅速に対応している

苦情解決の体制を明示し、入園時に受付担当者や解決責任者、区の相談窓口等を、重要事項説明書を配布し説明している。苦情等を受け付けた場合は「苦情受付・処理簿」に記録し、園長や主任及び担当保育士で話し合い、保護者の理解と同意を得て解決を図っている。また、職員とはすぐに情報の共有を図りその後の対応につなげている。そのほか、意見箱も設置するなど多様な方法で保護者の意向の把握に努めている。

保護者から聞き取った意向は保育や行事などに反映させている

保護者一人ひとりの意向は登降園時や連絡帳などから把握したり、契約更新時には個別に話を聞いている。また、保育参観やお買い物ごっこ、リトミックコンサートなど、保護者が参加する行事の後にアンケートを実施し、感想や園に対する要望等を聞き取っている。寄せられた意見は検討し日常の保育や行事等に反映させている。園は普段から要望や意見を言いやすい雰囲気を作るなど、保護者との関係を大切にしている。

保育を取り巻く環境について会議や研修等に参加し情報の把握に努めている

地域の子育てネットワークに参加し情報収集したり意見交換をおこなっている。要保護児童対策地域協議会にも出席し、支援が必要な子どもの情報を共有している。保育行政等については都や区が開催する研修に参加したり、新聞や保育雑誌の購読などで情報を得ている。区の待機児童解消アクション・プランからは、待機児童数や開設予定の保育施設などが把握できている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー4  計画の策定と着実な実行
  サブカテゴリー1  実践的な課題・計画策定に取り組んでいる
  評価項目1 取り組み期間に応じた課題・計画を策定している 実施状況
  標準項目1 理念・ビジョンの実現に向けた中・長期計画を策定している
  標準項目2 年度単位の計画を策定している
  標準項目3 短期の活動についても、計画的(担当者・スケジュールの設定など)に取り組んでいる
  評価項目2 多角的な視点から課題を把握し、計画を策定している 実施状況
  標準項目1 課題の明確化、計画策定の時期や手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 課題の明確化、計画の策定にあたり、現場の意向を反映できるようにしている
  標準項目3 計画は、サービスの現状(利用者意向、地域の福祉ニーズや事業環境など)を踏まえて策定している
  標準項目4 計画は、想定されるリスク(利用者への影響、職員への業務負担、必要経費の増大など)を踏まえて策定している
  評価項目3 着実な計画の実行に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 計画推進の方法(体制、職員の役割や活動内容など)を明示している
  標準項目2 計画推進にあたり、より高い成果が得られるように事業所内外の先進事例・失敗事例を参考にするなどの取り組みを行っている
  標準項目3 計画推進にあたり、目指す目標と達成度合いを測る指標を明示している
  標準項目4 計画推進にあたり、進捗状況を確認し(半期・月単位など)、必要に応じて見直しをしながら取り組んでいる
  サブカテゴリー2  利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる
  評価項目1 利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者の安全の確保・向上を図るため、関係機関との連携や事業所内の役割分担を明示している
  標準項目2 事故、感染症、侵入、災害などの事例や情報を組織として収集し、予防対策を策定している
  標準項目3 事故、感染症、侵入、災害などの発生時でもサービス提供が継続できるよう、職員、利用者、関係機関などに具体的な活動内容が伝わっている
  標準項目4 事故、感染症、侵入などの被害が発生したときは、要因を分析し、再発防止に取り組んでいる
講評
長期計画を踏まえた年度の事業計画が策定されている

年度の事業計画書のなかに長期事業計画を盛り込んでいる。年度の事業計画は園長や主任保育士で検討・策定し、年度初めの会議で職員に周知を図っている。事業計画には保育事業や家庭との関わり、地域との関わり、子育て支援事業などが盛り込まれ、行事や研修等の年間計画も作成されている。策定に当たっては前年度の反省や保護者アンケート、地域の現状等を考慮している。

園運営や行事などは役割分担をおこない推進している

年度末には新年度の体制を話し合い、職員会議など園運営に関する係や行事担当などの役割分担を確認し、それぞれが担当の業務や行事を推進している。園運営や食育などは月ごとに担当保育士が決められ取り組む体制となっている。また、行事の実施後はクラスで反省をおこない、次年度につながるようにしている。なお、年度の事業計画は期中においても取り組みを振り返り、成果や課題などを明確にすることも期待される。

避難訓練の前後に話し合いを持ち毎回の訓練に工夫を重ねている

年間計画のもと毎月、地震や火災、不審者等を想定した避難訓練を実施している。そのうち2回は消防署にも来てもらい、消火器やAEDの使い方などの指導を受け、全職員が対応できるようにしている。そのほか、職員用のヘルメットや園児用の防災頭巾、非常持ち出しや備蓄品の用意もしている。行政から事故や不審者情報もメールで配信されるため職員との共有を図っている。避難訓練はさまざまな場面を想定し実施しており、訓練前と後に職員全員で話し合うことで、訓練に工夫が見られるようになっている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー5  職員と組織の能力向上
  サブカテゴリー1  事業所が目指している経営・サービスを実現する人材の確保・育成に取り組んでいる
  評価項目1 事業所にとって必要な人材構成にしている 実施状況
  標準項目1 事業所の人事制度に関する方針(人材像、職員育成・評価の考え方)を明示している
  標準項目2 事業所が必要とする人材を踏まえた採用を行っている
  標準項目3 適材適所の人員配置に取り組んでいる
  評価項目2 職員の質の向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員一人ひとりの能力向上に関する希望を把握している
  標準項目2 事業所の人材育成計画と職員一人ひとりの意向に基づき、個人別の育成(研修)計画を策定している
  標準項目3 個人別の育成(研修)計画は、職員の技術水準、知識、専門資格の習得(取得)などの視点を入れて策定している
  標準項目4 職員一人ひとりの個人別の育成(研修)計画に基づいて、必要な支援をしている
  標準項目5 職員の研修成果を確認し(研修時・研修直後・研修数ヶ月後など)、研修が本人の育成に役立ったかを確認している
  サブカテゴリー2  職員一人ひとりと組織力の発揮に取り組んでいる
  評価項目1 職員一人ひとりの主体的な判断・行動と組織としての学びに取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員の判断で実施可能な範囲と、それを超えた場合の対応方法を明示している
  標準項目2 職員一人ひとりの日頃の気づきや工夫について、互いに学ぶことに取り組んでいる
  標準項目3 職員一人ひとりの研修成果を、レポートや発表等で共有化に取り組んでいる
  評価項目2 職員のやる気向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所の特性を踏まえ、職員の育成・評価・報酬(賃金、昇進・昇格、賞賛など)が連動した人材マネジメントを行っている
  標準項目2 就業状況(勤務時間や休暇取得、疲労・ストレスなど)を把握し、改善に取り組んでいる
  標準項目3 職員の意識を把握し、やる気と働きがいの向上に取り組んでいる
  標準項目4 福利厚生制度の充実に取り組んでいる
講評
職員一人ひとりとの個別面談を通して質の向上を支援している

園長は年2回の職員との個別面談をおこない、アンケートで把握した一人ひとりの課題や目標等について話し合っている。同時に参加してみたい研修についても聞き取っており、課題に合わせた研修への受講を促し、質の向上を支援している。研修受講後は職員会議で、今後の保育にどう活かしていけるかなど報告してもらっている。アンケート結果をもとにした職員一人ひとりとの面談を通じて質の向上を支援している。

研修体制を整え職員に学びの機会を提供し園の保育の質向上を目指している

外部研修については職員の希望や受講してもらいたい研修に職員を派遣し、園内研修の内容はリーダー会議で検討し実施している。定期的な園内研修として、エプロンシアターやパネルシアター、絵本の読み聞かせ等をおこなっている。研修受講後は会議で発表してもらうほか、内容によっては別途時間をとり伝達研修としている。また、職員一人ひとりが自らの保育を振り返っており、それをもとにクラスでオープンに話し合い、不十分な点は改善し保育に活かすようにするなど、全員で保育の質向上に向け取り組んでいる。

さまざまな場で職員の意向を把握し働きがいの向上に努めている

人材マネジメントとして、職員には年度末に自らの保育を振り返ってもらい、園長面談で評価し処遇に反映させている。また、職員個別の目標を一緒に考えたり、何か問題があればいつでも相談に乗っている。会議においても、誰でも自由に感じたことや率直な意見を出せるようにしている。日常においても書類の添削や負担の少ないシフトにするなど、スキルアップや健康に配慮している。区の勤労福祉サービスセンターに加入し、職員の福利厚生にも取り組んでいる。職員アンケートでは、やる気向上に対しての意見もあり、さらなる取り組みを期待したい。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー7  情報の保護・共有
  サブカテゴリー1  情報の保護・共有に取り組んでいる
  評価項目1 事業所が蓄積している経営に関する情報の保護・共有に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 情報の重要性や機密性を踏まえ、アクセス権限を設定している
  標準項目2 収集した情報は、必要な人が必要なときに活用できるように整理・保管している
  標準項目3 保管している情報の状況を把握し、使いやすいように更新している
  評価項目2 個人情報は、「個人情報保護法」の趣旨を踏まえて保護・共有している 実施状況
  標準項目1 事業所で扱っている個人情報の利用目的を明示している
  標準項目2 個人情報の保護に関する規定を明示している
  標準項目3 開示請求に対する対応方法を明示している
  標準項目4 個人情報の保護について職員(実習生やボランティアを含む)が理解し行動できるための取り組みを行っている
講評
重要情報の保護・管理に取り組んでいる

共用パソコンがあるが重要情報は保存せず写真の取り込み等で活用し、児童票等の重要書類は鍵のかかるロッカーに保存している。日誌や月案、連絡ノート、会計書類等は年度ごと整理し保存している。子どもの具合が悪くなったときなど保護者に連絡する場合は、必ず園長に確認を取り間違いがないようにしている。また、職員のマイナンバーは労務士に管理してもらうなど、重要情報の保護・管理に取り組んでいる。

個人情報保護の基本方針を明示し保護に努めている

個人情報保護の基本方針が作成され、個人情報の取り扱いについては職員会議で説明している。保護者に対しては契約時に重要事項説明書で伝え、園児の名前を便りに載せることや、行事写真の販売等については承諾書をもらっている。ボランティア等に対してはオリエンテーションで説明している。子どもや保護者、職員の個人情報は原則開示せず、必要時は園長に申し出た上で、本人の了解を得るようにしている。園は見学者も多く掲示物にも注意し、個人情報の保護に努めたいとしている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー8  カテゴリー1~7に関する活動成果
  サブカテゴリー1  前年度と比べ、事業所の方向性の明確化や関係者への周知、地域・社会への責任の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー1:「リーダーシップと意思決定」
・カテゴリー2:「経営における社会的責任」
・カテゴリー4:「計画の策定と着実な実行」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
地域に園を開放するなど社会的責任を果たしている
園でおこなう英語教室や音楽教室等は地域の親子に開放したり、入園希望者の見学はできる限り対応し受け入れている。今年度は地域の中学校の教員を研修で受け入れる予定であり、さまざまな機会を通し地域を支援する園の役割を果たしている。 
  サブカテゴリー2  前年度と比べ、職員と組織の能力の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー5:「職員と組織の能力向上」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
会議や話し合いの場を多く持ち保育の質向上に取り組んでいる
今年度は新人職員の入職も多く、会議や話し合いの場を多く持っている。役割分担も新任職員と現任職員をペアにし、園の保育を学んでもらっている。また、他園の経験のある職員もおり、新たな手遊びや体操などを教わり、保育活動の幅が広がっている。その結果、年齢別保育にも注力できるようになっている。 
  サブカテゴリー3  前年度と比べ、福祉サービス提供プロセスや情報保護・共有の面において向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー6:「サービス提供のプロセス」
・カテゴリー7:「情報の保護・共有」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
保護者の個人情報承諾書に目を通してもらい情報保護を意識した保育につなげている
個人情報の保護に取り組み、保護者には入園時に重要事項説明書で伝えている。また、園児の名前を便りに載せることや、行事写真の掲示や販売等については承諾書をもらっている。職員には承諾書に目を通してもらうことで、個人情報保護を意識した保育につながっている。 
  サブカテゴリー4  事業所の財政等において向上している
  評価項目1 財政状態や収支バランスの改善へ向けた計画的かつ主体的な取り組みにより成果が上がっている
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
園児と人材の確保をおこない収支バランスを改善している
訪問月は定員いっぱいの園児数であり収支バランスも安定している。また、人材確保に取り組んでおりキャリアアップ助成金も活用し、処遇の改善に取り組んでいる。 
  サブカテゴリー5  前年度と比べ、利用者満足や利用者意向の把握等の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、利用者満足や以下のカテゴリーで評価される部分において改善傾向を示している
・カテゴリー3:「利用者意向や地域・事業環境などの把握と活用」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
保護者とのコミュニケーションの機会を増やしている
新任職員も増えたため、保護者会や保護者参加の行事の際は、保護者と話す機会を多く設けている。職員と保護者とのコミュニケーションも増え、日常の保育も円滑におこなっている。 

Ⅵ サービス提供のプロセス項目(カテゴリー6)

カテゴリー6 サービス提供のプロセス
  サブカテゴリー1 サービス情報の提供
  評価項目1 利用希望者等に対してサービスの情報を提供している 実施状況
  標準項目1 利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している
  標準項目2 利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている
  標準項目3 事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している
  標準項目4 利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
  標準項目5 事業所のサービス利用が困難な場合には、理由を説明したうえで、他の相談先紹介など支援の必要に応じた対応をしている
講評
ホームページ等を通じて、入所希望者への情報提供をおこなっている

さくらんぼ保育園のホームページは保育目標、保育料、募集人数、一日の流れ、年間行事等、入所希望者が見たい項目がわかりやすく明記されている。必要な項目を選び大変見やすく作成されている。園のパンフレットも自由に手に取れるように置かれており、入所希望者への情報提供に努めている。

利用希望者の問い合わせや見学に丁寧に対応している

見学については随時受けつけている。急な見学や来園者についても園長が丁寧に対応するようにしている。見学者の要望等を聞いた上で、アドバイスや援助に努めている。電話での問い合わせについては必要に応じて見学するように提案したり、個々の状況に応じて丁寧な対応をおこなっている。

利用者の多様な要望に応えられるように努めている

園の入所状況はホームページに募集人数の状況を掲載し、伝えている。定員いっぱいで利用者の要望に応えられない場合は、一時預かりサービスの利用を提案している。さらに、区役所の窓口を紹介したり、区の子育てガイドブックのサービス内容を紹介するなど、利用者にとってわかりやすい情報を伝えるように努めている。


  サブカテゴリー2 サービスの開始・終了時の対応
  評価項目1 サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている 実施状況
  標準項目1 サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明している
  標準項目2 サービス内容について、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目3 サービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  評価項目2 サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 サービス開始時に、子どもの保育に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している
  標準項目2 利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っている
  標準項目3 サービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
講評
サービス開始時に説明をおこない、同意を得ている

入園前には園長と担当保育士で面談をおこなっている。重要事項説明書に沿って説明をおこない、保護者に納得していただいた上で契約を交わすようにしている。保護者の同意を得た時点で、入園申込用紙、契約書の提出をお願いしている。

入所に際しての手続きを丁寧におこない環境変化への支援をおこなっている

入所時には入園申込用紙、家庭状況表、児童票、入園までの生活状況、母子手帳等の記録により、子どもの状況を把握するようにしている。慣らし保育については、一日目の様子を見て保護者と相談しすすめるようにしている。食事や水分がとれることなど子どもに無理がないように、配慮するなど園生活と家庭での生活の違いによるストレスが軽減されるように支援している。


  サブカテゴリー3 個別状況に応じた計画策定・記録
  評価項目1 定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している 実施状況
  標準項目1 子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している
  標準項目2 子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録している
  標準項目3 アセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  評価項目2 保育課程や子どもの様子を踏まえた指導計画を作成している 実施状況
  標準項目1 指導計画は、保育課程を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している
  標準項目2 指導計画は、子どもの実態や子どもを取り巻く状況(保護者の意向を含む)の変化に即して、作成、見直しをしている
  標準項目3 個別的な計画が必要な子どもに対し、子どもの状況(年齢・発達の状況など)に応じて、個別的な計画の作成、見直しをしている
  標準項目4 指導計画を保護者にわかりやすく説明している
  標準項目5 指導計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している
  評価項目3 子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している 実施状況
  標準項目1 子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある
  標準項目2 指導計画に沿った具体的な保育内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  評価項目4 子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している 実施状況
  標準項目1 指導計画の内容や個人の記録を、保育を担当する職員すべてが共有し、活用している
  標準項目2 申し送り・引継ぎ等により、子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
講評
保育課程に基づいた年間指導計画・月案・週案・日案の立案に努めている

0~2才児までの保育園として保育課程の保育内容が明示さている。養護、教育、食育の内容に沿って、各年齢の年間指導計画が立案され、子ども一人ひとりの状況を踏まえた月別指導計画に反映されている。個々の子どもの成長発達、家庭状況、保護者の要望等を把握し、個人別指導計画の立案につなげている。

子ども一人ひとりに関する記録がおこなわれ、管理されている

子ども一人ひとりに関する記録は、児童票、心身の発育記録、健康記録等々に記録されている。毎日の体温、食事、睡眠、排泄等は日誌の個人別欄に記録され、保護者には、連絡帳と口頭で伝えている。保育士は配慮点、反省等を記録し、月別指導計画、週案に反映している。

子どもの状況等に関する情報を全職員が共有するように努めている

園児の児童票等の個人記録は全職員で確認し合っている。日誌、連絡帳等の内容についても全職員で共有するように努めている。毎朝おこなっている朝の会(9:15~9:30)には出勤している職員が参加し、連絡事項を伝えている。また、リーダー会議を通し、各クラスの状況を細かく連絡し合い、共有することもおこなわれている。1フロアであり、認証保育所の利点を生かした情報共有がおこなわれている。


  サブカテゴリー4 サービスの実施
  評価項目1 子ども一人ひとりの発達の状態に応じた保育を行っている 実施状況
  標準項目1 発達の過程や生活環境などにより、子ども一人ひとりの全体的な姿を把握したうえで保育を行っている
  標準項目2 子どもが主体的に周囲の人・もの・ことに興味や関心を持ち、働きかけることができるよう、環境を工夫している
  標準項目3 子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう配慮している
  標準項目4 特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している
  標準項目5 発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている
  標準項目6 【5歳児の定員を設けている保育所のみ】 小学校教育への円滑な接続に向け、小学校と連携を図っている -
講評
子ども一人ひとりの成長発達を把握し保育をおこなっている

子ども一人ひとりの成長発達は、児童票、健康記録、心身の発育記録等に記録され、職員全員で把握するようにしている。日常的には朝の受け入れ時、連絡帳、日誌で個々の様子を把握し、保育をおこなっている。職員は子ども一人ひとりに合わせた援助をおこなえるように職員同士の話し合いの場を多く設けるように努めている。

異年齢の関わりの中でやさしさや思いやりが育まれている

1フロアで保育をおこなっているため、子どもたちは異年齢のお友だちと多く関わっている。0~2才児の小さい年齢の子どもたちではあるが、日常の関わりの中で、子ども同士の思いやりややさしさが育まれ、身についている様子が見える。時には子ども同士、相手の思いや力加減がわからないこともあるため、保育士が仲立ちをする必要がある。園では職員のスキルをさらに高めたいと考えている。

子ども一人ひとりの状況を全職員で把握するように努めている

園では、子ども一人ひとりの発達・健康状態・情緒・性格等を全職員が把握し、その子どもに合わせた保育をおこなえるように努めている。そのために職員同士の話し合いの機会を多く設けるようにしている。定員29名の認証保育所の特徴を生かしており、大変評価できる。

  評価項目2 子どもの生活が安定するよう、子ども一人ひとりの生活のリズムに配慮した保育を行っている 実施状況
  標準項目1 登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している
  標準項目2 発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう援助している
  標準項目3 休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮している
  標準項目4 降園時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
講評
登降園時の対応を丁寧におこなっている

朝の登園時には体調・機嫌など連絡帳で確認し、子どもの様子を保護者から聞き取り日誌に記入している。職員は子どもの些細な変化にも気づくように努め、その日の子どもの様子に合わせた保育を心がけている。夕方の降園時には、保護者に直接口頭でその日の様子を伝えるように努めている。利用者アンケートでは「子どもの事を良く見ており、少しの変化にもすぐ気付いてくれる。とても信頼をおいている」等の意見が寄せられている。

月齢に応じた基本的な生活習慣が無理なく身に着くように支援している

0~2歳児の月齢の小さい子どもたちなので、子ども一人ひとりの心地よい生活を大切に保育をおこなっている。個々の発達を把握し理解した上で、家庭との連絡を密にとりながら基本的な生活習慣が身に着くように支援をおこなっている。

子どもの状況に配慮した休息の設定に努めている

子どもの年齢・体調・機嫌等、個々の様子に合わせて午睡に入るようにしている。睡眠の様子は睡眠ボードに記入し把握するようにしている。午前中におこなわれる英語教室・音楽教室の日は、みんなで楽しむ時間になっているが、個々の子どもの月齢や体調に配慮して参加できるようにしている。

  評価項目3 日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している 実施状況
  標準項目1 子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている
  標準項目2 子どもが人と関わる力を養えるよう援助している
  標準項目3 子ども一人ひとりの状況に応じて、言葉に対する感覚を養えるよう配慮している
  標準項目4 子どもが様々な表現を楽しめるようにしている
  標準項目5 子どもの心身の発達が促されるよう、戸外・園外活動(外気浴を含む)を実施している
  標準項目6 生活や遊びを通して、子どもが自分の気持ちを調整する力を育てられるよう、配慮している
講評
英語教室や音楽教室の活動を子どもたちは保育士と一緒に楽しんでいる

園では毎週火・木曜日の9:25~9:55、外国人講師による英語教室をおこなっている。0~2歳児の小さな子どもたちが対象のため、絵本やイラストを見ての歌やゲームなど楽しみながら英語に親しんでいる。水曜日の10:00~10:30におこなわれる音楽教室(リトミック)も専任講師を招いている。ピアノなどの楽器に合わせてのリズム遊びで身体をたくさん動かし、保育士と一緒に楽しんでいる。いつも見学者が来ており、地域に喜ばれている様子がうかがえる。 

毎日の戸外活動で子どもたちは様々な経験をしている

園の近くに広大な都立東綾瀬公園があり、子どもたちは毎日の戸外遊びを楽しんでいる。春は桜や様々な花を探索している。秋はどんぐりや落ち葉拾いを楽しんでいる。子どもたちは戸外遊びで自然に沢山ふれることができる。公園の行き帰りには、商店の方や地元の方々との交流もあり、子どもたちは様々な経験をしている。

保育室は子どもたちの作品が飾られて、明るく楽しい雰囲気になっている

小さい年齢の子どもたちなので、保育士と一緒に作品づくりをおこなっていると思われるが、季節を取り入れた作品が0歳・1歳・2歳のそれぞれの保育室に飾られている。子どもたち一人ひとりの作品を保護者も楽しく見ている様子がうかがえる。利用者アンケートでは「リトミックや英語、絵本の読み聞かせ、毎日のお散歩、制作活動ととても素晴らしい。」等の意見が寄せられている。

  評価項目4 日常の保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している 実施状況
  標準項目1 行事等の実施にあたり、子どもが興味や関心を持ち、自ら進んで取り組めるよう工夫している
  標準項目2 みんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している
  標準項目3 子どもが意欲的に行事等に取り組めるよう、行事等の準備・実施にあたり、保護者の理解や協力を得るための工夫をしている
講評
子どもたちは、様々な行事を保育士と一緒に楽しんでいる

0~2歳児までの小さな子どもたちのため、日頃の活動の中で行事の導入・期待が生まれるように働きかけている。遠足・七夕のつどい・運動遊び・お買いものごっこ・クリスマス会・発表会等様々な行事がおこなわれ、子どもたちは保育士と一緒に楽しんでいる。10月の「運動遊び」は、毎日散歩に行っている東綾瀬公園でおこなわれ、2歳児が始めと終わりの言葉を担当するなど子どもの年齢を考慮した楽しい行事になっている。

保育士と一緒に行事の準備をおこない、期待を持って行事に参加をしている

園の行事は、行事担当者が前年度の反省をもとに、その年度のねらいを立てて案を作成している。その案を職員会議で話し合い準備に取り組んでいる。職員は、お買い物ごっこ・発表会等の行事等、事前の練習を楽しくおこなって子どもたちが期待を持って参加できるように働きかけている。利用者アンケートでは「行事について様々なものを企画して下さるので、子どももとても楽しそう」等の意見が寄せられている。  

行事の説明を保護者に丁寧におこなうように努めている

園では、入園時保護者会で年間行事の説明をおこなっている。各行事については毎月の園だよりで内容などをお知らせし、詳細は玄関に掲示するようにしている。各クラスごとの保育参観も保護者が期待する行事となっている。

  評価項目5 保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている 実施状況
  標準項目1 保育時間の長い子どもが安心し、くつろげる環境になるよう配慮をしている
  標準項目2 保育時間が長くなる中で、保育形態の変化がある場合でも、子どもが楽しく過ごせるよう配慮をしている
講評
保育時間の長い子どもが安心して過ごせるよう配慮をおこなっている

園では乳児の延長保育も受け入れている。0歳児は朝夕様子を見て睡眠をとるようにするなど一人ひとりの生活リズムを大切にしている。延長時間帯の子どもたちの様子や好みを把握し、好きな遊具で遊んだりして安心して過ごせるように配慮している。お迎えが午後7時以降になる子どもたちには、6時30分頃補食を提供している。

保護者への伝達事項に漏れがないように努めている

保護者のお迎え時に伝える事項については、日誌にもれなく記入し、延長保育を担当する職員に伝えている。園児を引き継ぐ際、延長保育日誌を確認し伝え漏れがないようにしている。

  評価項目6 子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している 実施状況
  標準項目1 子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮している
  標準項目2 メニューや味付けなどに工夫を凝らしている
  標準項目3 子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している                                                                                        
  標準項目4 食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている
講評
きめ細やかな予定献立表を作成し保護者に配布している

園の予定献立表は、初期食(ゴックン期)・中期食(もぐもぐ期)・後期食(カミカミ期)・幼児食と4種類作成され保護者に配布されている。離乳開始時は、園の作成した資料をもとに家庭で2回以上食べた食材に○印をつけて提出してもらい、それをもとに進めるようにしているなど、きめ細やかな対応をおこなっている。

季節の食材を取り入れた食事は美味しいと喜ばれている

園の食事は季節の食材を取り入れ、食材の味を生かすように薄味で調理されている。大変おいしいと好評を得ている。様々な行事食も子どもたちに喜ばれている。食事とおやつは展示ケースに展示され、子どもが保護者に伝えたり、食事に親子で関心を持つきっかけになっている。園と同じメニューを作る試みをする保護者もいるなど、家庭の食の幅を広げている様子も見られる。

様々な食育の取り組みをおこない、食への関心を広げている

園の食育方針は「楽しく何でもよく食べる元気な子」となっている。この方針に沿って0~2歳児までの食育計画が作られている。月ごとの食育計画により、毎月1日「食育の日」を設けている。5月野菜苗植え・6月空豆さやむき・8月トウモロコシの皮むき等、季節を取り入れた内容である。五感を大切にした取り組みで野菜を中心に食材に触れることで食べ物に親しみを持ち、食事の時間を楽しみにできるように働きかけている。

  評価項目7 子どもが心身の健康を維持できるよう援助している 実施状況
  標準項目1 子どもが自分の健康や安全に関心を持ち、病気やけがを予防・防止できるように援助している
  標準項目2 医療的なケアが必要な子どもに、専門機関等との連携に基づく対応をしている
  標準項目3 保護者と連携をとって、子ども一人ひとりの健康維持に向けた取り組み(乳幼児突然死症候群の予防を含む)を行っている
  標準項目4 子どもの入退所により環境に変化がある場合には、入所している子どもの不安やストレスが軽減されるよう配慮している
講評
子どもが自分の健康や安全に関心を持つような取り組みをおこなっている

0~2歳児までの小さい子どもたちではあるが、虫歯予防デーには虫歯予防の話をしたり、毎月の身体測定では大きくなったことを一緒に喜び目で確認できるようにしている。毎日の散歩で安全について伝えるなど、子どもの年齢に応じた取り組みをおこなっている。

嘱託医・保護者と連携し、子どもの健康管理に努めている

嘱託医による全園児健診を年2回おこなっている。日常の健康管理・感染症等に関する相談も嘱託医との連携でおこなっている。「入園までの生活状況」と「健康記録」で園児一人ひとりの既往症を把握するとともに、いつもと違う点に気付いた時は、保護者に連絡をし、連携のもとに速やかな対応をおこなっている。

  評価項目8 保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して支援を行っている
  標準項目2 保護者同士が交流できる機会を設けている
  標準項目3 保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている
  標準項目4 子どもの発達や育児などについて、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている
  標準項目5 保護者の養育力向上のため、園の保育の活動への参加を促している
講評
保護者の急な変更や要望に対して柔軟な対応をおこなっている

園では、保護者の就労に関する急な変更や要望にも柔軟に対応し、保護者が安心して過ごせるように配慮している。利用者アンケートでは「とても親身になって対応していただいている」「いつも助かっている」等の意見が寄せられている。

保護者会や保育参観を通し保護者同士の交流を図っている

保護者会は年に2回土曜日におこなわれている。保護者会では全体の集まりをおこなった後、各クラス別の懇談会をおこなっている。保護者は懇談会の中で悩みや相談を話し合うことができている。保育参観はクラス別に実施されており、保護者同士はそうした行事を通して交流を図っている。

園全体で保護者支援に取り組んでいる

年2回の保護者会では、園長が各クラスをまわり保護者の様子を把握するように努めている。0歳児クラスの懇談会には調理担当職員が参加し、離乳食の話等をおこなっている。職員は日常的に、担当クラス以外の保護者に対しても積極的に声をかけて話をするように心がけている。そうした園全体での保護者支援の姿勢により、保護者との信頼関係が構築されている。

  評価項目9 地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている 実施状況
  標準項目1 子どもが地域の資源を利用し、多様な体験や交流ができるような機会を確保している
  標準項目2 園の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
講評
毎日の戸外活動や毎月の避難訓練等を通して地域との交流がおこなわれている

毎日の戸外活動では、公園への往復や町内散歩等で近所の商店街の方々や子育て世帯との触れ合いがおこなわれている。毎月の避難訓練では、近隣の中学校を避難場所に指定して学校との交流をおこなっている。水害避難訓練の時は、住民の協力を得て、園舎のあるマンションの2階共有部分に避難している。自衛消防訓練では、地元の消防署に依頼して消防車を見たり、消防職員との交流もおこなっている。

園の行事に地域の子育て世代を積極的に招き喜ばれている

園でおこなっている英語教室・音楽教室・絵本読みの日程や内容はホームページやポスターでお知らせしている。希望する地域の方々は自由に参加できるようになっている。参加者は在園児・保育士たちと一緒にリズムに合わせたり、講師の話・歌を楽しんでいる。こうした園の取り組みは、地域の方々に喜ばれている。


  サブカテゴリー5 プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
  評価項目1 子どものプライバシー保護を徹底している 実施状況
  標準項目1 子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目2 子どもの羞恥心に配慮した保育を行っている
  評価項目2 サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している 実施状況
  標準項目1 日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している
  標準項目2 子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した保育を行っている
  標準項目3 虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている
  標準項目4 子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している
  標準項目5 虐待を受けている疑いのある子どもの情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関に連絡し、その後も連携できるような体制を整えている
講評
園の規定に基づき、プライバシー保護に努めている

入園の時に園の個人情報基本方針について保護者に説明し、同意を得た上で契約書を提出してもらうようにしている。日常的に必要な子どもたちの名前の掲示、写真の扱いについては、保護者から承諾書をもらい、その内容に沿っておこなうようにしている。

子どもの人権について等、事業所より職員に話をする機会を設けている

園では職員会議等の機会に、責任者から子どもの権利の尊重について話をしている。憲法、児童福祉法、子どもの権利条約等にも触れ、職員一人ひとりが子どもの人権について、理解を深めることが出来るように働きかけている。さらに今後も人権に関する研修会に積極的に参加し、学び合っていきたいと考えている。

虐待防止や育児困難家庭への支援について地域の関係機関との連携をおこなっている

職員は児童虐待に関する研修会に参加し、全職員に報告をして、理解を深めている。また園長は年三回おこなわれる要保護児童対策地域協議会地区連絡会に参加している。児童虐待防止マニュアルも作成されており、区役所の担当者、子ども支援センター等、地域の関係機関との連携がおこなわれている。


  サブカテゴリー6 事業所業務の標準化
  評価項目1 手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている
  標準項目2 提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている
  標準項目3 職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  評価項目2 サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている
  標準項目2 提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている
  標準項目3 職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  評価項目3 さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している 実施状況
  標準項目1 打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている
  標準項目2 職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している
  標準項目3 職員全員が、子どもの安全性に配慮した保育ができるようにしている
  標準項目4 職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している
  標準項目5 職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
講評
各種マニュアルが作成され、職員は共通理解に努めている

園では各種マニュアルが作成され、ファイルに整理されいつでも見ることができるようになっている。リーダー会議や職員会議での話し合いの機会も設けて、全体で点検、見直しもおこなっている。一方で今回の職員アンケートではマニュアルの活用に関する課題が見受けられる。マニュアル等に関する職員の理解がさらに深まる取り組みをされるように期待したい。

職員や保護者の意見等を取り入れて、基本事項や手順等の見直しをおこなっている

職員の意見や提案はリーダー会議、職員会議等で聞き取っている。行事について等、保護者からアンケートで意見や要望を寄せてもらっている。改善できる事や取り入れられることについてはサービスの基本事項や手順等の見直しをおこない、職員が共有するようにしている。

職員研修に力を入れ、職員が知識や技術を学べるように配慮している

職員の年齢や経験に応じて研修計画を立案し、一定レベルに近づけるように研修への参加を促している。研修に参加した職員はレポートをまとめて、職員会議で発表し、職員が共有できるようにしている。新人職員には「新人マニュアル」を渡し、早遅番の業務、散歩の手順等、日常の業務への理解がすすむように援助をおこなっている。