東京都福祉サービス第三者評価  評価結果





評価結果基本情報

評価年度 平成29年度
サービス名称 認可保育所
法人名称 株式会社アイグラン
事業所名称 あい保育園日本橋
評価機関名称 株式会社 シーサポート

コメント

・評価者に保育士資格保持者を配置した。
・利用者調査のアンケート調査:専用封筒の使用を使用した。
・利用者調査・職員自己評価結果:グラフ化した報告書にて提出した。


(内容)
 Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像
 Ⅱ 全体の評価講評
 Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み
 Ⅳ 利用者調査結果
 Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)
 Ⅵ サービス提供のプロセス項目


公益財団法人東京都福祉保健財団
Copyright©2003 Tokyo Metropolitan Foundation of Social Welfare and Public Health. All Rights Reserved.


Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像

1 理念・方針  (関連 カテゴリー1 リーダーシップと意思決定)
  事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)

1)えがおあふれる保育園作り 2)子どもの自主性を育てる 3)子どもの個性を大切にする 4)思いやりの気持ちが育つ心の基地づくり 5)自然との触れ合いを大切にする

 
2 期待する職員像  (関連 カテゴリー5 職員と組織の能力向上)
  (1)職員に求めている人材像や役割

思いやりのある人

 
(2)職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

プロの保育士という意識

 


Ⅱ 全体の評価講評

全体の評価講評

特に良いと思う点
1 有言実行を基に、高い志と意欲を持って保育に臨むよう取り組んでいます

今年度より職員の年度の目標とその反省を日々目に触れるよう園長室に掲示しています。口頭で話すことと書面にしたためることの違いを認識しており、保育従事者として有言実行がなされるよう取り組んでいます。またこれらは園長をはじめとする管理職も一律に行われており、様々な経歴をもつ職員の保育観をすり合わせながら園一丸となってより良い保育を実践しようとする姿勢が理解できます。
2 合同保育を取り入れながら他者の尊重とルールを教えています

高齢児クラスの人数が少ないこともあり、異年齢による合同保育を取り入れながら、関係性の構築や大きな遊びへの展開が心掛けられています。また延長保育については、0歳から5歳までの各クラスが一つにまとまることから他者を尊重する気持ちを養う場面としても活用されています。高齢児が乳児を抱っこしたりすることを控えたりなどルールを設けながら、皆で仲よく・楽しく過ごせるよう取り組んでいます。
3 関心を引き出すことなど食育への注力がなされています

日々の給食については、赤・黄・緑の栄養群に食材を仕訳けるボードを設置し、子どもたちの関心を引き出す取り組みがなされています。また高齢児クラスでは、食材をホワイトボードに記したりクラスで好きなメニューを貼りだしたりなど独自の取り組みがなされています。幼児期より食事のバランスやイメージを膨らませる環境を整えており、食に重きを置いた保育の実践が表れています。

さらなる改善が望まれる点
1 実務者研修の参加とその実践に取り組む意向を持っています

保育者のための実務研修会については、子どもたちの遊びの充実等に対して参加の効用を認識しており、職員全員が経験できるよう今後の研修計画を立案していく意向をもっています。それらを日々の保育に反映し、子どもたちの遊びがより豊かになることが期待されます。
2 更なる衛生・安全対策の実施を思案しています

午睡時に使用する布団については、衛生面を考慮し、クリーニング回数の増加を検討していまする。また現在出火元を園長室を中心に火災想定の避難訓練を実施していますが、厨房が地下にあることを踏まえ、厨房を出火元として想定した訓練の実施を思案しています。園に面した道路は交通量が多いことから送迎時の危険性を鑑み、カラーコーンの設置等注意喚起方法の検討もなされており、これらの実現により更なる衛生・安全体制の構築がなされることと予想されます。
3 地域交流を今後の課題と位置付けています

自治会に加入し、回覧板の閲覧等にて地域の情報を得ているものの、地域交流は今後の課題として位置づけています。日本有数のオフィス街に位置することから地域交流を進めるにはアイディアを要します。小学校就学後のことも考慮し、近隣の保育園との交流から始めることを思案しており、何気ない・小さな親睦から深められていくことが期待されます。

Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み

1 ★ 職員の自主性の尊重により責任感の醸成にあたっています

管理職は、職員の言動や表情について日々注視しており、働きやすい職場となるよう思慮しながら取り組んでいます。また会議の際には意見が出やすいよう職員を指名して意見を求めるなどボトムアップの意識が心掛けられています。クラス運営や行事の実施については、職員のアイディアやモチベーションを奪わないよう心掛けて指導にあたっており、あわせて職員の責任感が醸成されるよう取り組んでいます。
関連評価項目(経営層(運営管理者含む)は自らの役割と責任を職員に対して表明し、事業所をリードしている)
2 ★ ヒヤリハット報告書の集計と分析をもって安全対策を行っています

事故報告書・ヒヤリハット報告書が設置されており、子どもたちの事故予防・再発防止策が講じられています。ヒヤリハット報告書については、園で集計をとっており、園内での危険性について職員間の共有化が図れるよう努めています。感染症対策等も含めて、園全体の衛生と安全が確保されるよう取り組んでいます。
関連評価項目(利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる)
3 ★ 子どもと職員が達成感と感動を共有できるよう行事の実施にあたっています

七夕祭り、夏祭り、運動会、遠足等々年度において多くの行事が企画・実施されており、子どもに対しては、行事前に内容や意味を伝え、理解したうえで楽しめるよう取り組んでいます。また職員は試行錯誤しながら・悩みながら企画・実施しており、職員自身の成長に繋がるよう管理職により見守られています。行事終了時には子どもたち・職員が達成感を味わい、感動を共有できる取り組みとして一つひとつの行事が大切に行われています。
関連評価項目(日常の保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している)

Ⅳ 利用者調査結果

調査概要
調査対象:園児52名に対する全世帯44世帯を単位・対象として実施。

調査方法:アンケート方式  
アンケート方式
事業所より利用者調査票を各世帯に配布。専用の提出用封書にて評価機関に直送。


利用者総数 52人
利用者家族総数(世帯) 44世帯
アンケートや聞き取りを行った人数 44人
有効回答者数 33人
回答者割合(%) 75.0%

総括
・園の総合的満足度については、「大変満足」:30.3パーセント、「満足」:63.6パーセント、「どちらともいえない」:3.0パーセント、「不満」:3.0パーセント、「大変不満」:0パーセント、「無回答」0パーセントの回答となっている。 ・園の保育、職員の尽力に対する感謝、管理職への信頼、保育方針への賛同、保育内容の公表に対して賛辞の声があった。 ・職員の経験、戸外活動の増加、職員の異動、入園時の説明、接遇について要望・意見があった。 ・保育士の待遇改善や業務の負担を心配する声も複数あった。

利用者調査結果

1.保育所での活動は、子どもの心身の発達に役立っているか
はい 31人  どちらともいえない 2人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい:役立っている」:93.9パーセント、「どちらともいえない」:6.1パーセント、「いいえ」:0パーセンント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。家庭ではなかなか実施できない活動をしてくれることに対して賛辞の声があった。
2.保育所での活動は、子どもが興味や関心を持って行えるようになっているか
はい 29人  どちらともいえない 4人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい:行えるようになっている」:87.9パーセント、「どちらともいえない」:12.1パーセント、「いいえ」:0パーセンント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。リトミックやクッキング、運動会の練習を楽しみにしている旨の意見があった。また興味や関心は子どもの個性によるものである旨の意見もあった。
3.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい 29人  どちらともいえない 4人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい:配慮されている」:87.9パーセント、「どちらともいえない」:12.1パーセント、「いいえ」:0パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。栄養のバランス、味、アレルギー対策等食事提供に対する賛辞の声が多数あった。
4.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい 24人  どちらともいえない 6人  いいえ 2人  無回答・非該当 1人 
「はい:関わっている」:72.7パーセント、「どちらともいえない」:18.2パーセント、「いいえ」:6.1パーセント、「無回答・非該当」:3.0パーセントの回答となっている。イベント等での工夫がなされている旨の意見があった。一方で戸外活動の少なさ、発育への不安、環境を考慮すると仕方がない旨の意見があった。
5.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい 17人  どちらともいえない 5人  いいえ 1人  無回答・非該当 10人 
「はい:対応されている」:51.5パーセント、「どちらともいえない」:15.2パーセント、「いいえ」:3.0パーセント、「無回答・非該当」:30.3パーセントの回答となっている。延長の経験がない旨、対応への意見があった。
6.安全対策が十分取られていると思うか
はい 19人  どちらともいえない 12人  いいえ 2人  無回答・非該当 0人 
「はい:取られている」:57.6パーセント、「どちらともいえない」:36.4パーセント、「いいえ」:6.1パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。定期での避難訓練の実施していること、事故がないこと、特に心配はない旨の意見があった。また、園を出た際の危険、職員の配置、説明、整美についての意見も挙げられていた。
7.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい 26人  どちらともいえない 6人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
「はい:十分である」:78.8パーセント、「どちらともいえない」:18.2パーセント、「いいえ」:0パーセント、「無回答・非該当」:3.0パーセントの回答となっている。迅速な行事予定の周知に対して賛辞の声があった。また運動会の開催場所の変更、行事の開催曜日への不満の声があった。
8.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい 23人  どちらともいえない 9人  いいえ 1人  無回答・非該当 0人 
「はい:信頼関係がある」:69.7パーセント、「どちらともいえない」:27.3パーセント、「いいえ」:3.0パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。子どもの把握、相談対応への感謝の言葉があげられている。また職員の忙しさから声がかけずらい旨の意見が複数あった。
9.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい 26人  どちらともいえない 7人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい:行き届いている」:78.8パーセント、「どちらともいえない」:21.2パーセント、「いいえ」:0パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。整理整頓されている旨の意見がある一方で、整美・匂いに対する言及があった。
10.職員の接遇・態度は適切か
はい 26人  どちらともいえない 4人  いいえ 3人  無回答・非該当 0人 
「はい:適切である」:78.8パーセント、「どちらともいえない」:12.1パーセント、「いいえ」:9.1パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。職員の身だしなみ、接遇、疲労感に対する言及があった。また一方で特に気にならない旨の意見もあった。
11.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい 24人  どちらともいえない 7人  いいえ 0人  無回答・非該当 2人 
「はい:信頼できる」:72.7パーセント、「どちらともいえない」:21.2パーセント、「いいえ」:0パーセント、「無回答・非該当」:6.1パーセントの回答となっている。担任以外の職員も配慮している旨の意見があった。発熱時の連絡方法への要望、過去のケガについての報告等があった。看護師の配置については異なる意見があった。
12.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい 14人  どちらともいえない 8人  いいえ 2人  無回答・非該当 9人 
「はい:信頼できる」:42.4パーセント、「どちらともいえない」:24.2パーセント、「いいえ」:6.1パーセント、「無回答・非該当」:27.3パーセントの回答となっている。トラブルの経験がない旨、きちんとした対応への感謝の意見があった。また大人はトラブルに対して不介入であるべきとの意見もあった。
13.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい 27人  どちらともいえない 6人  いいえ 0人  無回答・非該当 0人 
「はい:対応がされている」:81.8パーセント、「どちらともいえない」:18.2パーセント、「いいえ」:0パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。子どもへの丁寧な対応について賛辞の声があり、集団生活を優先するため致し方ない旨の意見もあった。また子どもに寄り添う姿勢を要望する意見もあった。
14.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい 25人  どちらともいえない 2人  いいえ 3人  無回答・非該当 3人 
「はい:守られている」:75.8パーセント、「どちらともいえない」:6.1パーセント、「いいえ」:9.1パーセント、「無回答・非該当」:9.1パーセントの回答となっている。信頼できる旨の意見があった。
15.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい 27人  どちらともいえない 5人  いいえ 1人  無回答・非該当 0人 
「はい:わかりやすい」:81.8パーセント、「どちらともいえない」:15.2パーセント、「いいえ」:3.0パーセント、「無回答・非該当」:0パーセントの回答となっている。ホワイトボードや連絡帳での報告を見ている旨、発達や不安についても対応や説明がある旨の意見があった。また他の子どもとの勘違いやクラスでの様子を連絡帳に記してほしい旨の意見もあった。
16.利用者の不満や要望は対応されているか
はい 19人  どちらともいえない 6人  いいえ 3人  無回答・非該当 5人 
「はい:対応されている」:57.6パーセント、「どちらともいえない」:18.2パーセント、「いいえ」:9.1パーセント、「無回答・非該当」:15.2パーセントの回答となっている。特に伝えたことはない旨の意見があった。
17.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい 10人  どちらともいえない 8人  いいえ 3人  無回答・非該当 12人 
「はい:伝えられている」:30.3パーセント、「どちらともいえない」:24.2パーセント、「いいえ」:9.1パーセント、「無回答・非該当」:36.4パーセントの回答となっている。特に必要性がない旨の意見があった。

Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)

※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー1  リーダーシップと意思決定
  サブカテゴリー1  事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている
  評価項目1 事業所が目指していること(理念、基本方針)を明確化・周知している 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を明示している
  標準項目2 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、職員の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目3 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、利用者本人や家族等の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目4 重要な意思決定や判断に迷ったときに、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を思い起こすことができる取り組みを行っている(会議中に確認できるなど)
  評価項目2 経営層(運営管理者含む)は自らの役割と責任を職員に対して表明し、事業所をリードしている 実施状況
  標準項目1 経営層は、自らの役割と責任を職員に伝えている
  標準項目2 経営層は、自らの役割と責任に基づいて行動している
  評価項目3 重要な案件について、経営層(運営管理者含む)は実情を踏まえて意思決定し、その内容を関係者に周知している 実施状況
  標準項目1 重要な案件を検討し、決定する手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 重要な意思決定に関し、その内容と決定経緯について職員に周知している
  標準項目3 利用者等に対し、重要な案件に関する決定事項について、必要に応じてその内容と決定経緯を伝えている
講評
独自の目標を定め、園が一つの方向に向かうよう取り組んでいる

「え・が・お」の頭文字にそれぞれのスローガンを紐づけた保育目標が掲げられており、園内への掲示を通して保護者・職員への周知に取り組んでいる。園独自の取り組みであり、子どもたちの健やかな成長をともに見守る思いから始められている。法人の運営方針、保育理念、保育方針は、ホームページ、パンフレット、入園のしおりにて紹介しており、理解が深まるよう努めている。

日々思慮に努め、働きやすい職場となるよう取り組んでいる

園長・主任等の役職をはじめ職務分担表が設置されており、あわせて行事・災害・会議録作成等の役割についても作成・掲示されている。若い職員が多いことから職員会議等も発言しやすいよう配慮するなど工夫をしながら園を牽引している。職員の言動や表情についても日々注視しており、働きやすい職場となるよう思慮しながら取り組んでいる。

各種会合への参加を通して情報を収集し、職員に伝えている

法人において定期で管理職が集まる、「園長・主任会議」、「認可園長会」など各種会議が設定されており、法人の決定事項や指導事項について伝達がなされている。また区の私立園長会等地域の会合にも参加し、情報の収集に努めている。集められた情報は、精査しながら、職員会議や昼礼等にて職員に報告し、円滑な運営となるよう努めている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー2  経営における社会的責任
  サブカテゴリー1  社会人・福祉サービス事業者として守るべきことを明確にし、その達成に取り組んでいる
  評価項目1 社会人・福祉サービスに従事する者として守るべき法・規範・倫理などを周知している 実施状況
  標準項目1 福祉サービスに従事する者として、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などを明示している
  標準項目2 全職員に対して、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などの理解が深まるように取り組んでいる
  評価項目2 第三者による評価の結果公表、情報開示などにより、地域社会に対し、透明性の高い組織となっている 実施状況
  標準項目1 第三者による評価の結果公表、情報開示など外部の導入を図り、開かれた組織となるように取り組んでいる
  標準項目2 透明性を高めるために、地域の人の目にふれやすい方法(事業者便り・会報など)で地域社会に事業所に関する情報を開示している
  サブカテゴリー2  地域の福祉に役立つ取り組みを行っている
  評価項目1 事業所の機能や福祉の専門性をいかした取り組みがある 実施状況
  標準項目1 事業所の機能や専門性は、利用者に支障のない範囲で地域の人に還元している(施設・備品等の開放、個別相談など) ×
  標準項目2 地域の人や関係機関を対象に、事業所の機能や専門性をいかした企画・啓発活動(研修会の開催、講師派遣など)を行っている ×
  評価項目2 ボランティア受け入れに関する基本姿勢を明確にし、体制を確立している 実施状況
  標準項目1 ボランティアの受け入れに対する基本姿勢を明示している ×
  標準項目2 ボランティアの受け入れ体制を整備している(担当者の配置、手引き書の作成など) ×
  標準項目3 ボランティアに利用者のプライバシーの尊重やその他の留意事項などを伝えている ×
  評価項目3 地域の関係機関との連携を図っている 実施状況
  標準項目1 地域の関係機関のネットワーク(事業者連絡会など)に参画している
  標準項目2 地域ネットワーク内での共通課題について、協働して取り組めるような体制を整えている
講評
昼礼での取り組み等保育者としての自覚を促している

昼礼での徳目の確認により目指す保育の浸透を図り、日々の積み重ねにより保育士としての成長を促している。職員が守るべき事項についてルール化されており、年度初めには確認と周知がなされている。また昼礼では、職員同士が感謝の言葉を伝えあい、それをノートにしたためており、記録からは職員が協力しあわなければ園の運営は成り立たないことを理解できる。

保護者アンケートは掲示により公表するなど情報の公開に努めている

法人のホームページには法人の沿革と概要のほか、理念・方針が掲載されている。サイト内には本園のページも設定されており、苦情解決体制、保育概要等が公表されている。また区のホームページには認可保育所として掲載されており、レイアウト図やしおりがダウンロードできるようになっている。また保護者からのアンケート結果は掲示し、広く周知を図っている。

地域の園との交流を深めていく意向をもっている

自治会に加入し、回覧板の閲覧等にて地域の情報を得ているものの、地域交流は今後の課題として位置づけている。日本有数のオフィス街に位置することから地域交流を進めるにはアイディアを要する。小学校就学後のことも考慮し、近隣の保育園との交流から始めることを思案しており、何気ない・小さな親睦から深められていくことが期待される。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー3  利用者意向や地域・事業環境の把握と活用
  サブカテゴリー1  利用者意向や地域・事業環境に関する情報を収集・活用している
  評価項目1 利用者一人ひとりの意向(意見・要望・苦情)を多様な方法で把握し、迅速に対応している(苦情解決制度を含む) 実施状況
  標準項目1 苦情解決制度を利用できることや事業者以外の相談先を遠慮なく利用できることを、利用者に伝えている
  標準項目2 利用者一人ひとりの意見・要望・苦情に対する解決に取り組んでいる
  評価項目2 利用者意向の集約・分析とサービス向上への活用に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者アンケートなど、事業所側からの働きかけにより利用者の意向を把握することに取り組んでいる
  標準項目2 事業者が把握している利用者の意向を取りまとめ、利用者から見たサービスの現状・問題を把握している
  標準項目3 利用者の意向をサービス向上につなげることに取り組んでいる
  評価項目3 地域・事業環境に関する情報を収集し、状況を把握・分析している 実施状況
  標準項目1 地域の福祉ニーズの収集(地域での聞き取り、地域懇談会など)に取り組んでいる
  標準項目2 福祉事業全体の動向(行政や業界などの動き)の収集に取り組んでいる
  標準項目3 事業所としての今後のあり方の参考になるように、地域の福祉ニーズや福祉事業全体の動向を整理・分析している
講評
法人と連係を図りながら意見や要望への対処に努めている

意見箱が設置されており、誰でも気軽に意見を言える環境を整えている。また意見箱への投函に限らず、寄せられた意見や要望に対しては、職員会議等での話し合いを経て検討および改善にあたっている。また事案によっては法人本部の協力を仰ぎながら、適切な対応を図るよう取り組んでいる。

保護者からの意見を受け、改善を図っている

年に2回の個別面談、年度末の保護者へのアンケートを実施し、日頃の保育についての要望や意見の聴取にあたっている。保護者からの要望を鑑み、申し送り方法を変更するなど貴重な意見として運営改善に取り入れている。また保護者に対する接遇についても昼礼等の機会を利用して指導および徹底にあたり、より良い対応となるよう心掛けている。

苦情解決体制の明示がなされている

重要事項説明書(入園のしおり)には、苦情解決体制(解決受付担当者・対応解決責任者・第三者委員)が明示されており、園内に掲示がされている。重要事項説明書に対しては同意書をとっており、入園前面談等でも説明と周知に努めている。また苦情解決マニュアルの設定、意見箱の設置等意見の申し出やその対応について体制が完備されている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー4  計画の策定と着実な実行
  サブカテゴリー1  実践的な課題・計画策定に取り組んでいる
  評価項目1 取り組み期間に応じた課題・計画を策定している 実施状況
  標準項目1 理念・ビジョンの実現に向けた中・長期計画を策定している ×
  標準項目2 年度単位の計画を策定している
  標準項目3 短期の活動についても、計画的(担当者・スケジュールの設定など)に取り組んでいる
  評価項目2 多角的な視点から課題を把握し、計画を策定している 実施状況
  標準項目1 課題の明確化、計画策定の時期や手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 課題の明確化、計画の策定にあたり、現場の意向を反映できるようにしている
  標準項目3 計画は、サービスの現状(利用者意向、地域の福祉ニーズや事業環境など)を踏まえて策定している
  標準項目4 計画は、想定されるリスク(利用者への影響、職員への業務負担、必要経費の増大など)を踏まえて策定している
  評価項目3 着実な計画の実行に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 計画推進の方法(体制、職員の役割や活動内容など)を明示している
  標準項目2 計画推進にあたり、より高い成果が得られるように事業所内外の先進事例・失敗事例を参考にするなどの取り組みを行っている
  標準項目3 計画推進にあたり、目指す目標と達成度合いを測る指標を明示している
  標準項目4 計画推進にあたり、進捗状況を確認し(半期・月単位など)、必要に応じて見直しをしながら取り組んでいる
  サブカテゴリー2  利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる
  評価項目1 利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者の安全の確保・向上を図るため、関係機関との連携や事業所内の役割分担を明示している
  標準項目2 事故、感染症、侵入、災害などの事例や情報を組織として収集し、予防対策を策定している
  標準項目3 事故、感染症、侵入、災害などの発生時でもサービス提供が継続できるよう、職員、利用者、関係機関などに具体的な活動内容が伝わっている
  標準項目4 事故、感染症、侵入などの被害が発生したときは、要因を分析し、再発防止に取り組んでいる
講評
事業計画および保育課程の策定により計画的な運営と保育を実践している

年度の事業計画が立てられており、安全管理、職員研修、資金計画等の項目にて構成されている。また保育課程は、玄関に掲示し、保護者をはじめ誰でも見られるようになっている。年間指導計画は、発達・発育の過程と年齢ごとのバランスを考慮し、前年度からの流れを参考にしながら作成されている。

各タームでの反省と評価をを加え、計画の進捗が図られている

4半期ごとに課題・目標・振り返りがなされる年間保育計画が策定されており、これを踏まえ、月案、週案が策定されている。各計画はそのタームごとに反省と評価が行われており、特に衛生面での対応については細かに修正と確認を加えながら進めている。職員会議等での話し合いを通じて月案や週案の作成と周知を図っており、異年齢での交流についてはクラスを超えての話し合いをもって調整がなされている。また午睡時に使用する布団についても衛生面を考慮し、クリーニング回数の増加を検討している。

多様な想定による避難訓練の実施を思案している

ヒヤリハット報告書については園にて年間で集計をとっており、園内での危険性について認識に取り組んでいる。また月に1回の避難訓練を実施し、万一の事態に備えるよう努めている。現在出火元を園長室を中心に火災想定の避難訓練を実施しているが、厨房が地下にあることを踏まえ、厨房を出火元として想定した訓練の実施を思案している。また園に面した道路は交通量が多いことから送迎時の危険性を鑑み、カラーコーンの設置等注意喚起方法の検討もなされている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー5  職員と組織の能力向上
  サブカテゴリー1  事業所が目指している経営・サービスを実現する人材の確保・育成に取り組んでいる
  評価項目1 事業所にとって必要な人材構成にしている 実施状況
  標準項目1 事業所の人事制度に関する方針(人材像、職員育成・評価の考え方)を明示している
  標準項目2 事業所が必要とする人材を踏まえた採用を行っている
  標準項目3 適材適所の人員配置に取り組んでいる
  評価項目2 職員の質の向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員一人ひとりの能力向上に関する希望を把握している
  標準項目2 事業所の人材育成計画と職員一人ひとりの意向に基づき、個人別の育成(研修)計画を策定している ×
  標準項目3 個人別の育成(研修)計画は、職員の技術水準、知識、専門資格の習得(取得)などの視点を入れて策定している ×
  標準項目4 職員一人ひとりの個人別の育成(研修)計画に基づいて、必要な支援をしている ×
  標準項目5 職員の研修成果を確認し(研修時・研修直後・研修数ヶ月後など)、研修が本人の育成に役立ったかを確認している
  サブカテゴリー2  職員一人ひとりと組織力の発揮に取り組んでいる
  評価項目1 職員一人ひとりの主体的な判断・行動と組織としての学びに取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員の判断で実施可能な範囲と、それを超えた場合の対応方法を明示している
  標準項目2 職員一人ひとりの日頃の気づきや工夫について、互いに学ぶことに取り組んでいる
  標準項目3 職員一人ひとりの研修成果を、レポートや発表等で共有化に取り組んでいる
  評価項目2 職員のやる気向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所の特性を踏まえ、職員の育成・評価・報酬(賃金、昇進・昇格、賞賛など)が連動した人材マネジメントを行っている
  標準項目2 就業状況(勤務時間や休暇取得、疲労・ストレスなど)を把握し、改善に取り組んでいる
  標準項目3 職員の意識を把握し、やる気と働きがいの向上に取り組んでいる
  標準項目4 福利厚生制度の充実に取り組んでいる
講評
職員の目標を掲示し、職員の意識高揚に取り組んでいる

今年度より職員の年度の目標とその反省を日々目に触れるよう園長室に掲示している。口頭で話すことと書面にしたためることの違いを認識しており、保育従事者として有言実行がなされるよう取り組んでいる。またこれらは園長をはじめとする管理職も一律に行われており、様々な経歴をもつ職員の保育観をすり合わせながら園一丸となってより良い保育を実践しようとする姿勢が理解できる。

管理職の背中を見ながら職員の成長がなされている

若い職員が多いことから、その吸収力と日々の成長を実感している。特に指導役となるクラスリーダーの影響を受けることからクラスリーダーには他の職員の模範となることが求められている。職員個別面談についても不定期にて随時行ない、キャリア形成だけでなく、体調や職場環境に対しても配慮するよう努めており、本音で話し合いができるよう取り組んでいる。

子どもたちの遊びの充実に注力した研修参加の意向をもっている

年間の研修計画が立案されており、法人内・園内・外部による具体的研修課題が明示されている。研修後には研修報告書が作成・提出され、日々の保育への反映に繋げてもらいたいとの希望をもっている。保育者のための実務研修会については、子どもたちの遊びの充実等に対して参加の効用を認識しており、職員全員が経験できるよう今後の研修計画を立案していく意向をもっている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー7  情報の保護・共有
  サブカテゴリー1  情報の保護・共有に取り組んでいる
  評価項目1 事業所が蓄積している経営に関する情報の保護・共有に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 情報の重要性や機密性を踏まえ、アクセス権限を設定している
  標準項目2 収集した情報は、必要な人が必要なときに活用できるように整理・保管している
  標準項目3 保管している情報の状況を把握し、使いやすいように更新している
  評価項目2 個人情報は、「個人情報保護法」の趣旨を踏まえて保護・共有している 実施状況
  標準項目1 事業所で扱っている個人情報の利用目的を明示している
  標準項目2 個人情報の保護に関する規定を明示している
  標準項目3 開示請求に対する対応方法を明示している
  標準項目4 個人情報の保護について職員(実習生やボランティアを含む)が理解し行動できるための取り組みを行っている
講評
情報の適切な管理と保管に取り組んでいる

使用するパソコンはパスワードの使用により、アクセスの権限を設定しており、職員個人により使用できる範囲を定めている。また子どもたちの成長の記録と情報については、鍵のかかる部屋および施錠できるキャビネットにて保管し取扱いに注意をしており、漏洩することのないよう保全されている。

いま一度周知の機会創設を思案している

個人情報保護について標準化文書が策定されており、また日々の保管体制についても整備がなされている。個人情報の開示についても法人ホームページへの掲載がなされている。職員に対しては今一度個人情報保護の基礎から周知を図る必要性を認識しており、勉強会等の機会を設けることを思案している。

個人情報の利用目的を重要事項説明書にて明示している

重要事項説明書(入園のしおり)には、個人情報の利用について7つの目的を明示している。また重要事項説明書の配布と説明によって保護者への理解が深まるよう取り組んでおり、入園時には書面の提出をもって同意を得ている。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー8  カテゴリー1~7に関する活動成果
  サブカテゴリー1  前年度と比べ、事業所の方向性の明確化や関係者への周知、地域・社会への責任の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー1:「リーダーシップと意思決定」
・カテゴリー2:「経営における社会的責任」
・カテゴリー4:「計画の策定と着実な実行」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
わかりやすい園のスローガンを定め、一つの方向に導くよう取り組んでいる
「え・が・お」の頭文字にそれぞれのスローガンを紐づけた保育目標が掲げられており、園内への掲示を通して保護者・職員への周知に取り組んでいる。園独自の取り組みであり、園を一つの方向に導くため・より良い保育の実践を理解してもらうことを主眼として始められている。それぞれの考え方を尊重しつつも、子どもの健やかな成長をともに見守るという共通の思いが込められている。 
  サブカテゴリー2  前年度と比べ、職員と組織の能力の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー5:「職員と組織の能力向上」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
職員の目標を掲示し、職員の意識高揚に取り組んでいる
今年度より職員の年度の目標とその反省を日々目に触れるよう園長室に掲示している。口頭で話すことと書面にしたためることの違いを認識しており、保育従事者として有言実行がなされるよう取り組んでいる。またこれらは園長をはじめとする管理職も一律に行われており、様々な経歴をもつ職員の保育観をすり合わせながら園一丸となってより良い保育を実践しようとする姿勢が理解できる。 
  サブカテゴリー3  前年度と比べ、福祉サービス提供プロセスや情報保護・共有の面において向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー6:「サービス提供のプロセス」
・カテゴリー7:「情報の保護・共有」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
ホワイトボードの設置により正確な伝達が実現している
お迎え時の保護者への情報伝達のため、ホワイトボードを設置している。口頭での伝え漏れ防止や忙しい保護者への時間短縮等に役立っている。保護者も写真に収めるなどの対応をしており、「わかりやすい」という意見を認識している。 
  サブカテゴリー4  事業所の財政等において向上している
  評価項目1 財政状態や収支バランスの改善へ向けた計画的かつ主体的な取り組みにより成果が上がっている
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
メリハリを利かせながらバランスを配慮した運営にあたっている
子どもの玩具など必要な費用については増やし、消耗品などできうるものについては削減するなどメリハリを利かせながら収支バランスの向上にあたっている。また月内の予算をバランスよく配分するよう取り組んでおり、食材の購入等工夫しながら対応に努めている。 
  サブカテゴリー5  前年度と比べ、利用者満足や利用者意向の把握等の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、利用者満足や以下のカテゴリーで評価される部分において改善傾向を示している
・カテゴリー3:「利用者意向や地域・事業環境などの把握と活用」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
保護者の要望を鑑み、意見を取り入れた運営に取り組んでいる
年に2回の個別面談、年度末の保護者へのアンケートを実施し、日頃の保育についての要望や意見の聴取にあたっている。保護者からの要望を鑑み、申し送り方法を変更するなど貴重な意見として運営改善に取り入れている。また保護者に対する接遇についても昼礼等の機会を利用して指導および徹底にあたり、より良い対応となるよう心掛けられている。 

Ⅵ サービス提供のプロセス項目(カテゴリー6)

カテゴリー6 サービス提供のプロセス
  サブカテゴリー1 サービス情報の提供
  評価項目1 利用希望者等に対してサービスの情報を提供している 実施状況
  標準項目1 利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している
  標準項目2 利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている
  標準項目3 事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している
  標準項目4 利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
講評
巡回指導・私立園長会等を通して行政との連携にあたっている

月に1回、行政の巡回指導がなされており、園児の様子を見てもらう際に相談をするなど連携が深まるよう取り組んでいる。また区役所へのパンフレット設置、区のホームページへの掲載等情報発信の機会の提供も受けている。区の私立園長会にも参加し、情報収集、意見交換等を通して親交を深め、園の運営に役立てるよう努めている。

ホームページにより法人・園の情報を提供している

法人にてホームページが策定されており、サイト内には園のページが設定されている。保育理念・方針、法人の概要・沿革等の情報が掲載されており、子育てに対する法人の想いを感じることができる内容となっている。また多くの保育施設を手掛けていることや管理者や職員のフォロー体制が整備されていることも理解できる。

活動や安全性について理解が深まるよう説明している

入園希望者の見学については、随時受け付けており、丁寧な説明となるよう1日に2組までとしている。見学者には管理職が応対し、保育理念や保育方針が掲載されたパンフレットを使用して職員の配置、SIDS対策、戸外活動の様子など見学者の質問について理解が深まるよう説明に努めている。


  サブカテゴリー2 サービスの開始・終了時の対応
  評価項目1 サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている 実施状況
  標準項目1 サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明している
  標準項目2 サービス内容について、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目3 サービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  評価項目2 サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 サービス開始時に、子どもの保育に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している
  標準項目2 利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っている
  標準項目3 サービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
講評
入園時の面談を通して状況・状態の聴取がなされている

入園時には全体での説明会を開催し、重要事項説明書(入園のしおり)に沿って保育内容や留意事項を紹介している。あわせて個人情報の取り扱い、苦情相談体制などの説明をし、同意書の提出がなされている。また説明会の後は個人面談を実施し、服装、保護者の負担など詳細な質問に応じ、安心して利用してもらえるよう努めている。面談の記録はシートに残し、職員間での情報共有に役立てている。

総合的なバランスに配慮し、慣れ保育の実施にあたっている

入園時には一定の期間の慣れ保育の実施を依頼しており、子どもの状況や保護者の就労とのバランスに配慮し、柔軟な対応に努めている。また子どもの身体・精神的負担に対しては担当職員が密接に関わり、少しでも軽減できるよう取り組んでいる。職員のストレスについても管理職が考慮し、総合的に適正な受け入れとなるよう心掛けられている。

他の園との交流を深め、退園後に備えることを思案している

午睡時間の減少、上履きを履くなど就学を見据えた支援に努めており、スムースな就学となるよう取り組んでいる。年長時クラスは少人数であるため、就学後の大きな集団に慣れることができるよう他園との交流を増やしていくことを思案している。また引っ越しに伴う転園等の数は少ないものの、該当する場合は必要な対処に努めている。


  サブカテゴリー3 個別状況に応じた計画策定・記録
  評価項目1 定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している 実施状況
  標準項目1 子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している
  標準項目2 子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録している
  標準項目3 アセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  評価項目2 保育課程や子どもの様子を踏まえた指導計画を作成している 実施状況
  標準項目1 指導計画は、保育課程を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している
  標準項目2 指導計画は、子どもの実態や子どもを取り巻く状況の変化に即して、作成、見直しをしている
  標準項目3 個別的な計画が必要な子どもに対し、子どもの状況(年齢・発達の状況など)に応じて、個別的な計画の作成、見直しをしている
  標準項目4 指導計画を保護者にわかりやすく説明している
  標準項目5 指導計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している
  評価項目3 子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している 実施状況
  標準項目1 子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある
  標準項目2 指導計画に沿った具体的な保育内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  評価項目4 子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している 実施状況
  標準項目1 指導計画の内容や個人の記録を、保育を担当する職員すべてが共有し、活用している
  標準項目2 申し送り・引継ぎ等により、子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
講評
展開と留意事項を考慮しながら月案・週案が策定されている

保育課程、年間指導計画の方針に沿った月案・週案が設定されており、担当職員による作成、管理職によるチェックのもと職員に周知が図られている。月案については、前月の反省と評価を活かすよう、週案は配慮事項を定め、丁寧かつ安全な保育となるよう立案されている。クラス合同での活動についても案作成時に話し合い、展開を考慮しながら取り組んでいる。

入園時には各種情報を収集・共有し、迎え入れられている

入園時には健康状態・食事・アレルギー・家庭等々の状況について記載し、提出してもらうよう様式がセットされており、情報の収集がなされている。提出された各種情報は、書庫に収められており、職員が使用しやすいようファイリング方法が工夫されている。また年齢ごとに保育の状況や発達・発育について記録様式を定めており、子どもたちの成長が確認できる仕組みが整えられている。

児童票は毎月の様子・目標・課題が収められている

子どもたちの毎月の発達・発育の状況は児童票に収められており、成長を振り返ることができるよう記録されている。子どもそれぞれの課題や目標が意識されており、月ごとの繋がりを意識するよう記載されている。また必要に応じて職員会議での討議やクラスでの話し合いがなされており、職員自身も適切な記載を通して成長できる機会としている。


  サブカテゴリー4 サービスの実施
  評価項目1 子ども一人ひとりの発達の状態に応じた保育を行っている 実施状況
  標準項目1 発達の過程や生活環境などにより、子ども一人ひとりの全体的な姿を把握したうえで保育を行っている
  標準項目2 子どもが主体的に周囲の人・もの・ことに興味や関心を持ち、働きかけることができるよう、環境を工夫している
  標準項目3 子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう配慮している
  標準項目4 特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している
  標準項目5 発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている
  標準項目6 【5歳児の定員を設けている保育所のみ】 小学校教育への円滑な接続に向け、小学校と連携をとって、援助している
講評
子どもたちが主体的に遊べるようサポートしている

子どもたちが主体的に遊べるよう玩具を配置したり、コーナーを設置したりと工夫した取り組みがなされている。何をして遊んでよいのか迷ってしまう子どもに対しては見守りながら一緒に玩具を探したりと子ども一人ひとりに合わせて対応している。子どもたちが持つ興味や関心を引き出しながら遊びの中で自由な発想を持てるよう取り組んでいる。

異年齢保育を上手に取り入れ、子どもの成長を支援している

高齢児クラスの人数が少ないこともあり、異年齢による合同保育を取り入れながら、関係性の構築や大きな遊びへの展開に取り組んでいる。また延長保育については、0歳から5歳までの各クラスが一つにまとまることから他者を尊重する気持ちを養う場面としても活用されている。ケガやトラブルがないよう見守りに努めている。

子ども同士のトラブルは子どもの気持ちを受け止めて対応に努めている

発達の過程で生じる子ども同士のトラブルについては、互いの子どもの話を聞き、双方の気持ちを受け止めながら対応するよう努めている。また保護者への伝達については、状況に応じた適切な対応に努めている。トラブルを成長の糧とできるよう・相手の気持ちを考えることに繋がるよう取り組んでいる。

  評価項目2 子どもの生活が安定するよう、子ども一人ひとりの生活のリズムに配慮した保育を行っている 実施状況
  標準項目1 登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している
  標準項目2 発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう援助している
  標準項目3 休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮している
  標準項目4 降園時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
講評
登降園時のコミュニケーションと連絡帳にて報告に努めている

登園時には、担当職員の役割分担と配置がなされており、スムースで安全な登園となるよう努めている。また保護者と家庭での健康状態や状況についてコミュニケーションを図り、連絡帳でのやりとりを通して確認がなされている。また登園時の視診では、顔色や全身の状態を確認し、健康管理にあたっている。連絡帳の返信やお迎え時に保護者に対して健康状態の変化や状態について報告している。

状況を伝えながら適切なタイミングにて生活習慣の習得に取り組んでいる

トイレトレーニングについては、子どもの発達・発育を鑑みながら、家庭での様子を聴取し、一人ひとりのタイミングを見極めながら取り組んでいる。園での様子を伝え、家庭と連携した支援となるよう努めている。食事、排せつ等基本的生活習慣の習得については、子どもの興味や意思を尊重し、無理なく進められるよう取り組んでいる。

就学に向けて午睡時間の考慮がなされている

5歳児クラスについては、就学を控える秋口より午睡時間を短くするなど対応を図っている。また訪問調査時には、子どもの体調を見て休みながら活動するなど柔軟な対応を見ることができた。子どもの午睡時を想定した避難訓練が実施されており、危険を考慮し、あらゆる対応ができるよう取り組んでいる。

  評価項目3 日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している 実施状況
  標準項目1 子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている
  標準項目2 子どもが、集団活動に主体的に関われるよう援助している
  標準項目3 子ども一人ひとりの状況に応じて、子どもが言葉による伝え合いを楽しみ、言葉に対する感覚を養えるよう配慮している
  標準項目4 子どもが様々な表現を楽しめるようにしている
  標準項目5 戸外・園外活動には、季節の移り変わりなどを感じとることができるような視点を取り入れている
  標準項目6 生活や遊びを通して、子どもがきまりの大切さに気付き、自分の気持ちを調整する力を育てられるよう、配慮している
講評
遊びながら表現する楽しさを学べるよう取り組んでいる

外部講師によるリトミック指導を実施しており、自由に・遊びながら音楽を通して表現することを学ぶ機会を提供している。合唱や発表など表現する機会を設け、表現することを楽しめるよう取り組んでいる。創作活動も活発になされており、クラスの壁に掲示したり過去の創作物を写真に収めたりと保護者が見られるよう配慮されている。

午後の散歩など遊び込める環境づくりに努めている

天候の良い日には、作成された散歩マップにある近隣の公園に戸外活動にでかけており、季節ごとに楽しめるよう・異年齢による合同での外出などがなされている。また公園が込み合う時間を避けたり、子どもたちの状況や天候によっては午後の時間帯にも散歩にでたりなど状況に応じた対応も心掛けられている。雨天時には限られたスペースを考慮し、廊下を活用するなど職員それぞれが工夫を凝らして取り組んでいる。

日常の決まりを教え、自身で考える力が身につくよう取り組んでいる

クラス担任が中心となり、日常生活の決まりやルールを学べるよう取り組んでいる。トイレのサンダルを整えることができるようテープを床に貼って指導するなど工夫した取り組みがなされている。また子どもたち同士の関係性を尊重し、職員が間に入りすぎないよう配慮しながら保育を進めており、子どもたち自身が考えながら思いやりの気持ちを持てるよう取り組んでいる。

  評価項目4 日常の保育に変化と潤いを持たせるよう、行事等を実施している 実施状況
  標準項目1 行事等の実施にあたり、子どもが興味や関心を持ち、自ら進んで取り組めるよう工夫している
  標準項目2 みんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している
  標準項目3 子どもが意欲的に行事等に取り組めるよう、行事等の準備・実施にあたり、保護者の理解や協力を得るための工夫をしている
講評
子どもたちに意味と内容を伝えながら行事を楽しんでいる

七夕祭り、夏祭り、運動会、遠足等々年度において多くの行事が企画・実施されており、保護者が参加しやすいよう実施日を配慮している。子どもに対しては、行事前に内容や意味を伝え、理解したうえで楽しめるよう取り組んでいる。職員は試行錯誤しながら・悩みながら自身の成長にも繋げられている。行事終了時には子どもたち・職員が達成感を味わい、感動を共有している。

昨年度の活動を振り返りながら行事の改善が進められている

前年度の反省を考慮しながら行事ごとに行事計画書が策定され、行事が実施されている。子どもや保護者が楽しめる工夫をしつつも職員の負担に配慮し、無理な職務とならないよう分担表の作成にあたっている。行事で使う衣装についても昨年度のものを参考にしながら改訂するなど工夫を凝らしながら取り組んでいる。

行政・保護者の協力を得て開催がなされている

今年度の運動会は、選挙の実施から開催場所の変更を余儀なくされるなど対応に苦慮する場面があった。代替場所の選定にあたっては、行政の協力を得られ、開催当日は保護者の協力のもと、無事に終えることができている。日々の信頼関係から様々な方々の協力が運営に繋げられている。

  評価項目5 保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている 実施状況
  標準項目1 保育時間の長い子どもが安心し、くつろげる環境になるよう配慮をしている
  標準項目2 保育時間が長くなる中で、保育形態の変化がある場合でも、子どもが楽しく過ごせるよう配慮をしている
講評
子どもの体調にあわせた保育が実践されている

保育時間が長くなる場合も含めて子どもの体調に合わせた保育の実践にあたっている。訪問調査時にも体調に配慮し、個別に対応する姿を拝見することができた。また月案には長時間保育に渡る場合の配慮についても記載されており、園全体で適切な保育となるよう・子どもに合わせた活動となるよう取り組んでいる。

安全な保育となるよう決まりを設けて合同保育がなされている

16時30分からは全クラスが合同となり、異年齢による保育がなされている。乳児の安全に配慮し、職員が見守りに注力している。一緒に活動することを制限することはないものの、高齢児が乳児を抱っこしたりすることを控えたりなどルールを設けながら、皆で仲よく・楽しく過ごせるよう取り組んでいる。また遊びについても落ち着いて静かにあそべるものを中心に据え、体力や体調を考慮するよう努めている。

  評価項目6 子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している 実施状況
  標準項目1 子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮している
  標準項目2 メニューや味付けなどに工夫を凝らしている
  標準項目3 子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している                                                                                        
  標準項目4 食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている
講評
食育を意識した取り組みにより子どもたちの関心を引き出している

日々の給食については、赤・黄・緑の栄養群に食材を仕訳けるボードを設置し、子どもたちの関心を引き出す取り組みがなされている。また高齢児クラスでは、食材をホワイトボードに記したりクラスで好きなメニューを貼りだしたりなど独自の取り組みがなされている。幼児期より食事のバランスやイメージを膨らませられる環境を整えており、食育への注力が理解できる。

給食試食会を開催するなど保護者への理解深化に努めている

毎日の給食は玄関にサンプルを表示し、食事提供に対して理解が深まるよう努めている。また年に1回、給食試食会を実施しており、実際に喫食してもらうことで園の栄養提供や味を理解してもらえるよう努めている。給食だよりにてレシピを紹介したり、おやつ試食会を実施したりとそのほかにも多々趣向をこらした取り組みがなされている。

給食会議を実施し、改善を図っている

毎月、管理職と厨房職員とが集り、給食会議が実施されている。子どもたちの喫食状況の伝達、食事形態の適切さの確認などがなされており、献立や調理方法の改善に役立てられている。また日頃より厨房職員が給食時に顔を出し確認に努めている。厨房とフロアーが異なり、作業状況を子どもたちが見ることができないため、野菜の下ごしらえを手伝うなどの取り組みも行われている。

  評価項目7 子どもが心身の健康を維持できるよう援助している 実施状況
  標準項目1 子どもが自分の健康や安全に関心を持ち、病気やけがを予防・防止できるように援助している
  標準項目2 医療的なケアが必要な子どもに、専門機関等との連携に基づく対応をしている
  標準項目3 保護者と連携をとって、子ども一人ひとりの健康維持に向けた取り組み(乳幼児突然死症候群の予防を含む)を行っている
講評
看護師を中心に子どもたちの健康管理がなされている

危機管理マニュアルが設置されており、各種リスクに対する対応が記されている。また看護師を中心に子どもたちの健康管理がなされており、子どもたちが健やかに過ごすことができるよう環境整備にあたっている。看護師は行政の部会に出席するなど情報収集に努めており、噛み付きへの対応など周知と指導にあたっている。

入園のしおりに記載するなど感染症蔓延防止に取り組んでいる

手洗い励行、消毒の実施等感染症蔓延防止に対しては尽力しているが、保護者に対しても入園のしおりに感染症別の登園停止期間や感染症が疑われる場合の留意事項を載せるなど協力を呼びかけている。また外出時には虫よけスプレーを使用するなど対応を図っており、子どもたちが安全に遊べるよう努めている。

定期での健康診断等により健康管理がなされている

各年齢により定められた期間ごとに嘱託医による健康診断を実施しており、相談と連携により子どもたちの健康管理にあたっている。また歯科検診・身体測定も定期で行われており、あわせて記録がなされている。歯磨きについては、行政等と相談し、安全かつ衛生が保たれる方策を検討している。

  評価項目8 保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して支援を行っている
  標準項目2 保護者同士が交流できる機会を設けている
  標準項目3 保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている
  標準項目4 子どもの発達や育児などについて、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている
  標準項目5 保護者の養育力向上のため、園の保育の活動への参加を促している
講評
参観により日々の保育の様子を伝えている

保護者の予定を考慮して1週間の期間を定め、保育参観を実施している。保護者は自身の就労等を鑑み、希望の日程にて参加しており、父親にも参加を呼び掛けている。一緒に遊びや活動をしてもらうことで、日々の保育の様子を理解してもらえるよう取り組んでいる。給食を試食してもらう機会ともなっている。また保育内容が伝わりやすいよう1週間の保育内容をホワイトボードに記すなど、保護者への配慮がなされている。

保護者の就労に配慮し、対応にあたっている

保護者の就労に対しては配慮に努めており、一人ひとりの状況や事情を勘案するよう取り組んでいる。急な残業による延長、慣れ保育の短縮、行事予定の早期連絡などできうる支援にあたっている。補食の準備等もルールに沿って対応しているものの、柔軟な対応により子どもたちにとって最適な保育となるよう取り組んでいる。

保護者会・個別面談等にて保育方針を伝えている

年に2回の保護者会が開催されており、保育方針や日々の取り組みについて伝えている。また個別面談、親子遊びなども開催されており、保護者との連携を密にできる環境づくりに努めている。日々の様子は連絡帳のやりとりを通して行われており、「誤解を与えないよう・ニュアンスを間違えないよう」注意するよう指導にあたっている。

  評価項目9 地域との連携のもとに子どもの生活の幅を広げるための取り組みを行っている 実施状況
  標準項目1 子どもが地域の資源を利用し、多様な体験や交流ができるような機会を確保している
  標準項目2 園の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している ×
講評
近隣社会資源との温かな交流がなされている

近隣の消防署とは見学などを通して交流が図られている。また地域の児童館からは映画上映などの誘いを受けており、予定を鑑みながら参加を思慮している。自治会に加入し、地域との交流を進めているが、日本有数のオフィス街であることから方策については今後も検討をしていく必要があることを認識している。

地域との交流を図り、双方向での交流がなされることを目標としている

親子遊びの行事を実施しており、そこに入園希望者や地域の方々を招待していく意向をもっている。また「昔の遊びを伝承してもらえるよう高齢者を招待する」・「高齢者施設に慰問に伺う」などもアイディアとしてあげられている。開園より3年が経過しようとしている中、日々の保育には落ち着きが見られ、地域交流等にも力を傾けていく時期を迎えている。


  サブカテゴリー5 プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
  評価項目1 子どものプライバシー保護を徹底している 実施状況
  標準項目1 子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目2 子どもの羞恥心に配慮した保育を行っている
  評価項目2 サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している 実施状況
  標準項目1 日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している
  標準項目2 子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した保育を行っている
  標準項目3 虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている
  標準項目4 子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している
  標準項目5 虐待を受けている疑いのある子どもの情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関に連絡し、その後も連携できるような体制を整えている
講評
着替え等羞恥心に配慮するよう努めている

特に高齢児については、羞恥心に気を配り、身体測定、着替え、プール時のシャワーなど随時配慮するよう努めている。また乳児クラスにはおむつ替えコーナーが設置されており、ハードにおいても考慮された造りとなっている。クラスの男女比についても留意するよう努めており、適切な保育となるよう心掛けられている。

毎朝の視診や検温により子どもの健康を管理している

毎朝の登園時には、看護師が視診をしており、顔色や全身の状況を確認し、検温等子どもの健康を管理している。また関係機関と連携し、情報を共有しながら保護者と子どもの支援にあたっている。子どもの気持ちを傷つけるような発言や態度とならないよう職員会議等において注意と指導にあたっている。

個人情報の保護について明示と周知がなされている

重要事項説明書(入園のしおり)には、個人情報の保護について7つの目的を明示している。また写真の使用についても説明をし、入園時には同意書を提出してもらい、その周知と確認を実施している。本評価に伴う利用者調査における「プライバシーが守られているか」の問に対して「はい」の回答が多数を占めている。


  サブカテゴリー6 事業所業務の標準化
  評価項目1 手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている
  標準項目2 提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている
  標準項目3 職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  評価項目2 サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている
  標準項目2 提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている
  標準項目3 職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  評価項目3 さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している 実施状況
  標準項目1 打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている
  標準項目2 職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している
  標準項目3 職員全員が、子どもの安全性に配慮した保育ができるようにしている
  標準項目4 職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している
  標準項目5 職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
講評
各種マニュアルと規程が整備されている

健康管理、離乳食、衛生、アレルギー対応、個人情報保護、苦情解決などのマニュアルおよび就業規則、給与規程、経理規程等の諸規程が整備されており、それぞれファイリングされ職員が誰でも見られるよう保管されている。また勤務シフト別の仕事についても明記されており、職員が分担して業務にあたれるよう定められている。

責任感・使命感のある職員の醸成に努めている

職員の育成に対しては容易にいくものではないことを認識しており、職員会議や日々の指導を通じて着実に成長できるよう見守られている。些細な責任感のない行動によりこれまでの信用が崩れ去ってしまう職業であることを認識し、責任感のある・使命感のある職員の醸成に努めている。管理職同士が相談をしながらキャリアアップを目指す職員の助力となるよう取り組んでいる。

法人が中心となりマニュアルの変更と追加がなされている

完備されたマニュアル・規程は法人主導にて策定されている。法改正や情勢の変化により、都度見直しがなされており、メール等にて連絡の後差し替え等がなされている。法人として現場が保育に集中できる体制整備に取り組んでおり、本取り組みからは法人の現場への配慮、子どもへの想い、ガバナンス、コンプライアンスへの注力が理解できる。