東京都福祉サービス第三者評価  評価結果





評価結果基本情報

評価年度 平成28年度
サービス名称 認可保育所
法人名称 社会福祉法人未来こどもランド
事業所名称 練馬区立光が丘第十保育園
評価機関名称 株式会社 川原経営総合センター

コメント

・利用者調査の一環として、福祉分野担当の評価者による半日程度の滞在調査を実施しました。また、訪問調査の際にも、同じ給食を園児と同じテーブルで一緒に試食させてもらうなど、サービスの現場に一定時間滞在する中で、利用者意向の把握に努めました。
・職員の自己評価では、オリジナルの回答シートを用意し、階層別の評点分布だけでなく、より問題点を特定しやすいように集計結果をまとめて、事業所に報告しました。


(内容)
 Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像
 Ⅱ 全体の評価講評
 Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み
 Ⅳ 利用者調査結果
 Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)
 Ⅵ サービス提供のプロセス項目


公益財団法人東京都福祉保健財団
Copyright©2003 Tokyo Metropolitan Foundation of Social Welfare and Public Health. All Rights Reserved.


Ⅰ 事業者の理念・方針、期待する職員像

1 理念・方針  (関連 カテゴリー1 リーダーシップと意思決定)
  事業者が大切にしている考え(事業者の理念・ビジョン・使命など)

1)子どもの人権への配慮 2)専門性を活かした子育て支援 3)養護と教育が一体となった子どもの育成 4)保護者との信頼関係の構築 5)地域の関係機関との連携

 
2 期待する職員像  (関連 カテゴリー5 職員と組織の能力向上)
  (1)職員に求めている人材像や役割

・保育の専門性 ・法人の理念、方針の理解 ・多様な保育ニーズへの対応 ・地域との連携、子育て支援 ・守秘義務の尊重 ・保育環境の整備

 
(2)職員に期待すること(職員に持って欲しい使命感)

・一人ひとりの子どもを大切にする ・保育者の人間性が子どもに盈虚を与えることを自覚する ・未来を見据えて、長期的視野を持って生きる力の基礎を培うことを目標とする

 


Ⅱ 全体の評価講評

全体の評価講評

特に良いと思う点
1 子どもの成長に合わせて保育室のレイアウトを柔軟に変更し、その時々に子どもにとって最適な環境設定を提供しています

可動式の棚を移動させることで、子どもが落ち着いて遊ぶことができる空間を作り成長に合わせてレイアウトを変更して保育を進めています。子ども一人ひとりの様子をきちんと把握し、全体の動きも考慮して担当同士が思いを出し合って決めています。布を天井から吊るして空間の調節をしたり壁にもさりげない装飾があり季節感や温かさが伝わるような工夫が園内のところどころにされています。玩具は程よい量が提供され、エリアマットや畳のスペースで思い思いにじっくりと遊べるような環境構成が考えられています。
2 近隣の小学校との連携があり、就学に向けた取り組みが重ねられている為、不安なく小学校の生活に入っていくための丁寧な関わりがあります

小学校に入学すると園から「ひかり組」への誘いのお便りが届きます。4・5中旬・10・12月には運動会などの行事も含めて園に遊びに来る機会が設けられ、卒園児が集まり小学校での話や園庭で楽しみます。新しい環境での緊張も懐かしい友だちに会う事で少し和らぎ、緩やかに学校生活へ慣れていける配慮がされています。12月には、近隣の小学校の1年生が授業や給食の配膳を見学できるようにと誘ってくれる交流が続けられています。その様子は家庭にも発信されているので、家庭にとっても大きな安心となっています。
3 園は保護者の意見や要望を汲み取り、保護者は目指す保育を理解することで、相互関係が築かれています

保護者から口頭や連絡帳、アンケートなどを通して意見や要望などを汲み取っていますが、園との信頼関係があるからこそ、保護者に誤解のないよう園として伝えるべきことはきちんと伝える関係性が築かれています。毎週水曜日に保育参加で保護者を受け入れ、園の目指す保育について体験してもらったり、行事などを通して子どもの成長をみてもらうなど、園の取組みをきちんと保護者に伝えていることで、利用者調査の結果から見ても、保護者・園が互いの意見を尊重し、共に園を運営に関わっているものと推察されます。

さらなる改善が望まれる点
1 在宅親子の支援「いっしょにあそびましょ」の更なる充実を期待します

在宅親子の支援「いっしょにあそびましょ」は園の行事に参加の形式を取り入れ、リズムで遊ぼうでは、16組の親子の参加があり、日常生活では体験できない経験で楽しかったと感想があります。ホールでのマリンバコンサート等昨年度より親子参加数が増加しています。園は駅から近く利用しやすい条件にあります。今後は広報活動や実施回数を増やす等、更なる充実が期待されます。
2 事故とヒヤリハットの線引きを明確化し、職員の気づきをより集めやすくするための運用方法の見直しが期待されます

当月に起こり得る過去の事例を区の重大事故情報を活用し、職員へ意識付けを図っています。事故報告書とヒヤリハットを用いて、園内外で発生するリスク対策に取り組んでおり、看護師が集計し、注意喚起を図っています。しかし、事故とヒヤリハットの線引きが明確ではないため、事故についてもヒヤリハットであげられています。事故報告書とヒヤリハットの線引きを明確にし、職員の気づきをより集約しやすくすることが期待されます。
3 個人の目標を設定するなど、職員が主体となって自己研鑚できるような工夫が期待されます

今年度から交換保育やテーマ別研究会に取組み始め、職員の資質向上に向けた人材育成の取組みが強化されました。徐々に園が目指す保育実践が出来てきたと経営層は捉えています。現在、育成面談や自己評価表で受講したい研修テーマを聞き出すなど、職員一人ひとりの興味関心やキャリア形成の方向性について把握をしています。今後、より組織的な人材育成を進めるためにも、外部研修の受講を進める等、職員が主体となって自己研鑚できるような工夫が期待されます。

Ⅲ 事業者が特に力を入れている取り組み

1 ★ 指導計画作成から保育日誌まで書式が整理され児の発達を把握し保育に繋げています

保育課程・年間・月・週指導計画の書式を0歳児から5歳児まで統一した書式で作成されており、クラスごとの発達の繋がりが把握できます。乳児は個別の月の指導計画を作成し、幼児は年4回個別計画を立て、子どもの姿・育てたい姿を生活と領域で記録化しています。保育日誌も0歳児から統一し生活・あそび・特記事項、個別の項目で記録化しています。職員間で共通認識を持ち、個を大切にした保育を実践しています。
関連評価項目(子ども一人ひとりの発達の状態に応じた援助を行っている)

Ⅳ 利用者調査結果

調査概要
調査対象:調査は世帯単位で実施(101世帯、127名)。回答者のうち、記入者の年齢が20歳代7%・30歳代60%・40歳代26%、無記入7%でした。

調査方法:アンケート方式  
調査票等は利用時に事業所経由で配布する形をとりました。回収は返信用封筒に調査票を入れ直接評価機関に郵送する方法をとり、利用者が気兼ねなく書けるように配慮しました。

利用者総数 101人
アンケートや聞き取りを行った人数 101人
有効回答者数 70人
回答者割合(%) 69.3%

総括
・総合的な感想において、「大変満足」「満足」と回答した方が合わせて96%、「どちらともいえない」「大変不満」「無回答」と回答した方はそれぞれ1%と、非常に高い満足度が示されました。 ・個々の質問に対する回答状況を見ると、「はい」の回答が16設問中5設問にて90%以上となっています。その他8設問も80%以上で、個々の取り組みについても高い満足度が示されました。 ・一方、問3(利用時間の柔軟な変更)問16(外部の相談窓口)については、意見にばらつきが見受けられます。 ・自由記述では48世帯から率直な意見が寄せられており、園に対する感謝の言葉が多く寄せられています。

利用者調査結果

1.提供される食事は、子どもの状況に配慮されているか
はい 68人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
「はい」と回答した方は97%と非常に高い満足度が示されており、「毎日とっても美味しかったと言ってお代わりをしている」「お誕生日のお祝いの食事が、その子のために作ってくれ大変素晴らしい」「美味しいと言ってくれ、好き嫌いが減っている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は1%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は1%です。
2.保育所の生活で身近な自然や社会と十分関わっているか
はい 62人  どちらともいえない 7人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
「はい」と回答した方は87%と高い満足度が示されており、「自然と触れ合えている」「水遊びでも子どもが飽きないように、手づくりの魚釣りや水流し等で楽しませてくれている」「雨の日の傘散歩や日常生活で気を付けるべき事も、戸外遊びに取り入れて楽しみながら学べている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は10%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は1%です。
3.保育時間の変更は、保護者の状況に柔軟に対応されているか
はい 46人  どちらともいえない 9人  いいえ 2人  無回答・非該当 13人 
「はい」と回答した方は66%に止まっていますが、「スポットで預かってくれ大変有難い」「ルールを守りながらも、対応策を検討してくれている様子がある」「やむを得えずお迎えに間に合わない時も、『大丈夫ですよ』と言ってくれた」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は13%、「いいえ」と回答した方は3%、「無回答・非該当」は19%です。
4.安全対策が十分取られていると思うか
はい 61人  どちらともいえない 5人  いいえ 1人  無回答・非該当 3人 
「はい」と回答した方は87%と高い満足度が示されており、「入口が常時オートロックなので、部外者が入る心配は少ない」「ハード面は園だけではどうにもならないところもあると思うが、限られた範囲内で安全対策を取ってもらえていると思う」「子どもが転びそうな時は、すぐ手を伸ばしてくれるので有難い」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は7%、「いいえ」と回答した方は1%、「無回答・非該当」は4%です。
5.行事日程の設定は、保護者の状況に対する配慮は十分か
はい 64人  どちらともいえない 4人  いいえ 0人  無回答・非該当 2人 
「はい」と回答した方は91%と非常に高い満足度が示されており、「区直営の時は平日に行われていた行事も、土曜日開催となり大変助かっている」「あらかじめ年間予定が配られるので助かる」「大きな行事は場所の都合もあるが、時間的な部分や親も楽しめる内容など工夫してくれていると感じる」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は6%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は3%です。
6.子どもの保育について家庭と保育所に信頼関係があるか
はい 62人  どちらともいえない 7人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
「はい」と回答した方は87%と高い満足度が示されており、「送迎の際に一日の様子を簡単に聞ける」「色々な立場の方が声をかけてくれて、話しやすい雰囲気がある」「少しでも気にかかると教えてくれ、家庭ケアの参考になる」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は10%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は1%です。
7.職員は保護者の考えを聞く姿勢があるか
はい 60人  どちらともいえない 3人  いいえ 2人  無回答・非該当 5人 
「はい」と回答した方は86%と高い満足度が示されており、「いつも優しく話しを聞いてくれる」「一人ひとりの保護者の話を丁寧に聞いてくれる」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は4%、「いいえ」と回答した方は3%、「無回答・非該当」は7%です。
8.施設内の清掃、整理整頓は行き届いているか
はい 67人  どちらともいえない 1人  いいえ 1人  無回答・非該当 1人 
「はい」と回答した方は96%と非常に高い満足度が示されており、「他の園に比べてとても綺麗に整理され安全」「ちょっとした写真コーナーや季節の飾りなど、いつも楽しみに安心して園内を見ている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は1%、「いいえ」と回答した方は1%、「無回答・非該当」は1%です。
9.職員の接遇・態度は適切か
はい 66人  どちらともいえない 3人  いいえ 0人  無回答・非該当 1人 
「はい」と回答した方は94%と非常に高い満足度が示されており、「笑顔が温かい」「可愛いエプロンで皆さん清潔感があり好感が持てる」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は4%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は1%です。
10.病気やけがをした際の職員の対応は信頼できるか
はい 62人  どちらともいえない 5人  いいえ 0人  無回答・非該当 3人 
「はい」と回答した方は89%と高い満足度が示されており、「柔軟に対応してくれる様子があり信頼している」「熱が出た時すぐ親に連絡も大事ですが、仕事の都合を考えて少し様子を見てくれるなど、とても助かっている」「お迎えの連絡の際も、親の状況を考えてくれ助かった」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は7%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は4%です。
11.子ども同士のトラブルに関する対応は信頼できるか
はい 50人  どちらともいえない 6人  いいえ 0人  無回答・非該当 14人 
「はい」と回答した方は71%と一定の満足度が示されており、「説明が丁寧なので信頼している」「該当の子どもだけでなく、クラス全体で気持ちを考え学ぶ場があり、問題解決だけでなく再発防止にもなっている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は9%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は20%で、該当しない乳児クラスの数値が高くなっています。
12.子どもの気持ちを尊重した対応がされているか
はい 66人  どちらともいえない 1人  いいえ 0人  無回答・非該当 3人 
「はい」と回答した方は94%と非常に高い満足度が示されており、「子どもが楽しいと言っていて、大切にされていることが伝わってくる」「大人しい子どもにも時間を作って、マンツーマンで対応している」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は1%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は4%です。
13.子どもと保護者のプライバシーは守られているか
はい 58人  どちらともいえない 1人  いいえ 1人  無回答・非該当 10人 
「はい」と回答した方は83%と高い満足度が示されており、「時々子どもが家庭の事を話しているようだが、触れずにいてくれている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は1%、「いいえ」と回答した方は1%、「無回答・非該当」は14%です。
14.保育内容に関する職員の説明はわかりやすいか
はい 62人  どちらともいえない 6人  いいえ 0人  無回答・非該当 2人 
「はい」と回答した方は89%と高い満足度が示されており、「お便りで見る内容と話してくれる内容があり分かりやすい」「保護者会でも細かく分かりやすく説明してくれ、毎回とても有意義に参加できている」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は9%、「いいえ」と回答した方は一人もいませんでした。「無回答・非該当」は3%です。
15.利用者の不満や要望は対応されているか
はい 56人  どちらともいえない 6人  いいえ 1人  無回答・非該当 7人 
「はい」と回答した方は80%と高い満足度が示されていますが、「受け入れと日中保育の担当が違うため、子どもの体調の引継ぎが不十分に感じる」「たまにその後の経過を教えてくれない時がある。最後まで対応してくれると有難い」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は9%、「いいえ」と回答した方は1%、「無回答・非該当」は10%です。
16.外部の苦情窓口(行政や第三者委員等)にも相談できることを伝えられているか
はい 35人  どちらともいえない 9人  いいえ 5人  無回答・非該当 21人 
「はい」と回答した方は50%で、「きちんと掲示され、また日頃のお迎えの状況などを見て気遣ってくれるのがとても嬉しい」と言った声が寄せられています。「どちらともいえない」と回答した方は13%、「いいえ」と回答した方は7%、「無回答・非該当」は30%です。

Ⅴ 組織マネジメント項目(カテゴリー1~5、7、8)

※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー1  リーダーシップと意思決定
  サブカテゴリー1  事業所が目指していることの実現に向けて一丸となっている
  評価項目1 事業所が目指していること(理念、基本方針)を明確化・周知している 実施状況
  標準項目1 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を明示している
  標準項目2 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、職員の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目3 事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)について、利用者本人や家族等の理解が深まるような取り組みを行っている
  標準項目4 重要な意思決定や判断に迷ったときに、事業所が目指していること(理念・ビジョン、基本方針など)を思い起こすことができる取り組みを行っている(会議中に確認できるなど)
  評価項目2 経営層(運営管理者含む)は自らの役割と責任を職員に対して表明し、事業所をリードしている 実施状況
  標準項目1 経営層は、自らの役割と責任を職員に伝えている
  標準項目2 経営層は、自らの役割と責任に基づいて行動している
  評価項目3 重要な案件について、経営層(運営管理者含む)は実情を踏まえて意思決定し、その内容を関係者に周知している 実施状況
  標準項目1 重要な案件を検討し、決定する手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 重要な意思決定に関し、その内容と決定経緯について職員に周知している
  標準項目3 利用者等に対し、重要な案件に関する決定事項について、必要に応じてその内容と決定経緯を伝えている
講評
法人理念や3つの保育目標に沿った保育実践に向けて取組んでいます

委託園となって4年目を迎える当園では、法人理念「こどものため 保護者のため 地域のため」にどういった保育をしていかなければならないか、また公立園としての保育水準の維持をしっかりと職員へ伝えながら、一丸となって、保育実践を行ってきました。「健康な子ども」「意欲的で心豊かな子ども」「自分で考え行動する子ども」という3つの保育目標に沿って、身体的な発育と合わせて、心の育ちにも十分目を向けた、一人ひとりの子どもを大切にした保育を実践できるよう、経営層を中心に職員へ伝えています。

保護者との共育ての実践に向けて、保育参加や育ちをエピソードを添えて伝えています

毎週水曜日に保育参加を行い、日々の保育内容を知ってもらう機会を積極的に作っています。絵本の読み聞かせを行い、近隣への散歩やリズム遊びなど、他児とも関わりながら子どもの育ちを感じてもらえるようにしています。その後、個別面談を行い、どういう子育てをしていきたいかを保護者と共有し、共育てが出来るように努めています。3つの保育理念に照らし合わせた子どもの育ちをエピソードを添えて保護者に伝えたり、運動会などの行事を通してみてもらうなど、家庭の延長線上に保育園があるように、共育ての実践に取り組んでいます。

各種会議体や非常勤職員にも伝える時間を取って、共通認識を図っています

園の取り組みや方向性を確認する機会として月1回の全体会議が位置付けられています。資料は事前に配布され、報告・連絡だけではなく、しっかり討議する時間も取られています。またリーダー会議では、区からの情報や方針・動向なども共有し、園運営の方向性についてリーダー層がきちんと把握できるようにしており、クラスごとに閲覧できるよう資料はバインダーに挟んで管理しています。非常勤職員にも保育のやり方を変更する場合や区・法人の動向などを伝える時間を取って、丁寧に説明し、共通認識を図っています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー2  経営における社会的責任
  サブカテゴリー1  社会人・福祉サービス事業者として守るべきことを明確にし、その達成に取り組んでいる
  評価項目1 社会人・福祉サービスに従事する者として守るべき法・規範・倫理などを周知している 実施状況
  標準項目1 福祉サービスに従事する者として、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などを明示している
  標準項目2 全職員に対して、守るべき法・規範・倫理(個人の尊厳)などの理解が深まるように取り組んでいる
  評価項目2 第三者による評価の結果公表、情報開示などにより、地域社会に対し、透明性の高い組織となっている 実施状況
  標準項目1 第三者による評価の結果公表、情報開示など外部の導入を図り、開かれた組織となるように取り組んでいる
  標準項目2 透明性を高めるために、地域の人の目にふれやすい方法(事業者便り・会報など)で地域社会に事業所に関する情報を開示している
  サブカテゴリー2  地域の福祉に役立つ取り組みを行っている
  評価項目1 事業所の機能や福祉の専門性をいかした取り組みがある 実施状況
  標準項目1 事業所の機能や専門性は、利用者に支障のない範囲で地域の人に還元している(施設・備品等の開放、個別相談など)
  標準項目2 地域の人や関係機関を対象に、事業所の機能や専門性をいかした企画・啓発活動(研修会の開催、講師派遣など)を行っている
  評価項目2 ボランティア受け入れに関する基本姿勢を明確にし、体制を確立している 実施状況
  標準項目1 ボランティアの受け入れに対する基本姿勢を明示している
  標準項目2 ボランティアの受け入れ体制を整備している(担当者の配置、手引き書の作成など)
  標準項目3 ボランティアに利用者のプライバシーの尊重やその他の留意事項などを伝えている
  評価項目3 地域の関係機関との連携を図っている 実施状況
  標準項目1 地域の関係機関のネットワーク(事業者連絡会など)に参画している
  標準項目2 地域ネットワーク内での共通課題について、協働して取り組めるような体制を整えている
講評
法人職員として求められる姿について、入職時や研修時に周知しています

入職時オリエンテーションで法人職員として求められる姿を冊子にまとめ、職員に配布して、周知を図っています。法人研修を実施し、振り返る機会を定期的に設け、意識付けを図っています。「大人のルール」という社会人として基本的な服装や挨拶のあるべき姿、「保育士一人ひとりが職員としての自覚を持ち、より良い保育を目指していく」という保育姿勢も明示されています。また、あいさつをする(A)、じんけんを守る(J)、えがおを大切にする(E)の頭文字をとったスローガンを掲げていますが、なかなか浸透していないと経営層は感じています。

自宅では経験できない活動を取り入れた地域交流事業を実施しています

地域交流事業として園庭開放や育児相談、ふれあい給食、園で行う行事へのお誘いなどを行い、地域の子育て家庭を支える取組みを行っています。栄養士による離乳食やアレルギー、看護師による健康相談なども行い、園の有する専門性を活かした取組みも行っています。地域交流に参加した保護者へアンケートを取り、その声に応える形で、自宅ではなかなか経験させることができない活動として"リズム遊び"を取り入れました。保護者からも好評で、昨年度に比べて、地域交流に参加する保護者も増加しました。

幼保小連絡会や地域住民との交流等を通して、園の役割や機能の検討をしています

幼保小の連絡会に参加し、子どもの育ちや小学校への円滑な進級について協議する場を持っています。地域の小学校と他園を交えた交流会を行ったり、小学校の会議にも参加し、円滑な進級に向けて、気になる子の増加や親子支援について連携できるよう、情報交換を密に行っています。また、光が丘地区の関係機関が集まる施設交流会への参加や地域の幼稚園との交流、園が併設している団地住民との交流、園だよりを小学校や幼稚園にも配布するなど、地域と関わりながら、地域ニーズの把握や園がどういった役割・機能を担えるかなど検討しています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー3  利用者意向や地域・事業環境の把握と活用
  サブカテゴリー1  利用者意向や地域・事業環境に関する情報を収集・活用している
  評価項目1 利用者一人ひとりの意向(意見・要望・苦情)を多様な方法で把握し、迅速に対応している(苦情解決制度を含む) 実施状況
  標準項目1 苦情解決制度を利用できることや事業者以外の相談先を遠慮なく利用できることを、利用者に伝えている
  標準項目2 利用者一人ひとりの意見・要望・苦情に対する解決に取り組んでいる
  評価項目2 利用者意向の集約・分析とサービス向上への活用に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者アンケートなど、事業所側からの働きかけにより利用者の意向を把握することに取り組んでいる
  標準項目2 事業者が把握している利用者の意向を取りまとめ、利用者から見たサービスの現状・問題を把握している
  標準項目3 利用者の意向をサービス向上につなげることに取り組んでいる
  評価項目3 地域・事業環境に関する情報を収集し、状況を把握・分析している 実施状況
  標準項目1 地域の福祉ニーズの収集(地域での聞き取り、地域懇談会など)に取り組んでいる
  標準項目2 福祉事業全体の動向(行政や業界などの動き)の収集に取り組んでいる
  標準項目3 事業所としての今後のあり方の参考になるように、地域の福祉ニーズや福祉事業全体の動向を整理・分析している
講評
口頭や連絡帳等を通して、保護者の声を汲み取れるようにしています

保護者とは登降園時に直接口頭や連絡帳を通して、意見や要望等を汲み取っています。気になる内容があれば、コピーを取って、職員間で共有し、統一した対応が取れるようにしています。園としての回答が必要な場合は、園だよりを通じて、保護者への理解、周知を図っています。運動会等の大きな行事を行った際は、アンケートを取って、次年度に生かしています。今年度はアンケートの声を踏まえ、子ども主体の"こども縁日"の内容を見直すことが出来ました。事務所前の玄関に意見箱が設置されているため、保護者が提出しにくい状況が推察されます。

保護者の多様な働き方を支えるための多様な保育サービスを提供しています

保護者の多様な働き方を支えるために、朝の受け入れ時間を8時30分から30分前倒し、8時からの受け入れを開始しました。保育が長時間におよぶ児も少なくないため、時間に応じた環境づくりとして、おもちゃの入れ替えを行うなど遊び込める環境づくりに取組んでいます。土曜保育も15~20名程度の利用があり、いつもとは違った雰囲気の中で過ごすことができます。多様な保育サービスを提供していることで、利用者調査の結果も非常に高い満足度が示されています。

園長会で区内の保育に関する情報収集し、職員とも共有して業界動向を把握しています

園長会で区内の保育に関する情報収集を行っています。職員へは各種会議体を通じて、分かりやすく、かみ砕いて伝えるようにし、その都度、情報共有できるようにしています。また、新聞の切り抜きや情報誌から抜粋するなど、業界動向についてアンテナを高くして情報収集しています。また園運営や方針について、父母会を通じて協議し、意向や要望を園運営に反映できるようにしています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー4  計画の策定と着実な実行
  サブカテゴリー1  実践的な課題・計画策定に取り組んでいる
  評価項目1 取り組み期間に応じた課題・計画を策定している 実施状況
  標準項目1 理念・ビジョンの実現に向けた中・長期計画を策定している
  標準項目2 年度単位の計画を策定している
  標準項目3 短期の活動についても、計画的(担当者・スケジュールの設定など)に取り組んでいる
  評価項目2 多角的な視点から課題を把握し、計画を策定している 実施状況
  標準項目1 課題の明確化、計画策定の時期や手順があらかじめ決まっている
  標準項目2 課題の明確化、計画の策定にあたり、現場の意向を反映できるようにしている
  標準項目3 計画は、サービスの現状(利用者意向、地域の福祉ニーズや事業環境など)を踏まえて策定している
  標準項目4 計画は、想定されるリスク(利用者への影響、職員への業務負担、必要経費の増大など)を踏まえて策定している
  評価項目3 着実な計画の実行に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 計画推進の方法(体制、職員の役割や活動内容など)を明示している
  標準項目2 計画推進にあたり、より高い成果が得られるように事業所内外の先進事例・失敗事例を参考にするなどの取り組みを行っている
  標準項目3 計画推進にあたり、目指す目標と達成度合いを測る指標を明示している
  標準項目4 計画推進にあたり、進捗状況を確認し(半期・月単位など)、必要に応じて見直しをしながら取り組んでいる
  サブカテゴリー2  利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる
  評価項目1 利用者の安全の確保・向上に計画的に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 利用者の安全の確保・向上を図るため、関係機関との連携や事業所内の役割分担を明示している
  標準項目2 事故、感染症、侵入、災害などの事例や情報を組織として収集し、予防対策を策定している
  標準項目3 事故、感染症、侵入、災害などの発生時でもサービス提供が継続できるよう、職員、利用者、関係機関などに具体的な活動内容が伝わっている
  標準項目4 事故、感染症、侵入などの被害が発生したときは、要因を分析し、再発防止に取り組んでいる
講評
園独自の重点テーマに基づく事業計画書を作成しています

区の書式による事業計画書のほかに、園独自の重点テーマに基づく事業計画書を作成しています。今年度の重点テーマは「子どもの安心・安全」で、経年で取組んだり、新たに重点テーマが追加され、園の目指すありたい姿に向けて取組んでいます。「子どもの安心・安全」に関する内容として園の防災や散歩、園庭遊びを取り上げ、具体的な取組み内容については年間カリキュラムに落とし込み、日々の保育で実践しています。職員にも事業計画書を配布し、園が目指すありたい姿や方向性を確認した上で取組めるようにしています。

行事について行事分担表を作成、行事内容のブラッシュアップを図っています

大きな行事ではプロジェクト会議を重ね、準備、進行のため話し合いを重ねて進めています。バス遠足やこども縁日、運動会、おおきくなったね会、卒園式の大きな行事では、各クラスから担当する職員を選出し、行事分担表を基に役割やどのように進めるかを整理して取組んでいます。行事ごとに取るアンケートを基に、改善すべき点は改善し、行事のブラッシュアップを図っています。今年度のこども縁日は、お店屋さんごっこの延長線として年長児が出店をだし、子ども目線で楽しめるような内容に変更し、昨年度とは違った楽しみ方が出来たと推察されます。

重大事故の予防に向けて、事故報告書とヒヤリハットの線引きの明確化が期待されます

当月に起こり得る過去の事例を区の重大事故情報を活用し、職員へ意識付けを行っています。事故やヒヤリハットは所定の書式にて記録化しています。ヒヤリハットについては、看護師が定期的に集計し、重大事故につながらないよう職員も意識を高めています。しかし、未然の事象について取り上げるべきヒヤリハットと事故報告書の線引きが必ずしも明確ではなく、事後の事象(転んでしまった)もヒヤリハットに記載されています。事故とヒヤリハットの線引きを明確にし、職員の気づきを集約することで、重大事故の予防につなげていくことが期待されます。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー5  職員と組織の能力向上
  サブカテゴリー1  事業所が目指している経営・サービスを実現する人材の確保・育成に取り組んでいる
  評価項目1 事業所にとって必要な人材構成にしている 実施状況
  標準項目1 事業所の人事制度に関する方針(人材像、職員育成・評価の考え方)を明示している
  標準項目2 事業所が必要とする人材を踏まえた採用を行っている
  標準項目3 適材適所の人員配置に取り組んでいる
  評価項目2 職員の質の向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員一人ひとりの能力向上に関する希望を把握している
  標準項目2 事業所の人材育成計画と職員一人ひとりの意向に基づき、個人別の育成(研修)計画を策定している
  標準項目3 個人別の育成(研修)計画は、職員の技術水準、知識、専門資格の習得(取得)などの視点を入れて策定している
  標準項目4 職員一人ひとりの個人別の育成(研修)計画に基づいて、必要な支援をしている
  標準項目5 職員の研修成果を確認し(研修時・研修直後・研修数ヶ月後など)、研修が本人の育成に役立ったかを確認している
  サブカテゴリー2  職員一人ひとりと組織力の発揮に取り組んでいる
  評価項目1 職員一人ひとりの主体的な判断・行動と組織としての学びに取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 職員の判断で実施可能な範囲と、それを超えた場合の対応方法を明示している
  標準項目2 職員一人ひとりの日頃の気づきや工夫について、互いに学ぶことに取り組んでいる
  標準項目3 職員一人ひとりの研修成果を、レポートや発表等で共有化に取り組んでいる
  評価項目2 職員のやる気向上に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 事業所の特性を踏まえ、職員の育成・評価・報酬(賃金、昇進・昇格、賞賛など)が連動した人材マネジメントを行っている
  標準項目2 就業状況(勤務時間や休暇取得、疲労・ストレスなど)を把握し、改善に取り組んでいる
  標準項目3 職員の意識を把握し、やる気と働きがいの向上に取り組んでいる
  標準項目4 福利厚生制度の充実に取り組んでいる
講評
等級毎のキャリアパスや育成面談を通して、職員のキャリア形成を進めています

法人、園のキャリアパスとして「求められる人材像と役割」を作成し、職員に配布して周知を図っています。園長との育成面談を行い、園外研修(個別研修)の希望表を基に知識・技術・意識・その他の分野で受講を希望する研修テーマについて職員から意向を確認し、参加を促しています。育成面談を通して、職員一人ひとりのキャリア形成を促せるよう育成計画を話すことで、職員の成長を組織的にも後押ししています。さらに、個人の目標を要素として追加することで、育成の視点をより強化していくことが出来ると推察されます。

園独自の自己評価を行い、業務の振り返りや期待人材像との照らし合わせを行っています

毎年11月から12月に実施する育成面談の参考資料として職員一人ひとりに対して自己評価を園独自の取り組みとして実施しています。常勤職員と非常勤職員では異なる項目で自己評価を行います。「1.専門家としての能力、良識、義務」「2.組織の一員としてのあり方」「3.健康と安全」「4.担当業務を十分果たせたか」「5.課題と思ったことは何か」について、4段階で振り返りを行い、その取り組み度合いを園長と面談で確認します。日々の業務の振り返りや法人、園として求められる人材像と自身を照らし合わせられる機会となっています。

保育のボトムアップに向けた交換保育やテーマ別研究会による自己研鑚に取組んでいます

その日の保育を5分程度振り返る時間を毎日設け、子どもの援助の仕方や職員同士意見交換する中で、タイムリーに保育の見直しが出来るようにしています。チームで保育を行っているため、クラス内の課題をクラス内で解決できるようになってきました。また、今年度から自主的に学び合う関係を作るためのテーマ別研究会を立ち上げました。職員を小グループに分け、外部研修の受講等を通して、保育のボトムアップを目指しています。さらに他クラスに入って自身の保育を振り返る交換保育も取り入れ、より広い視野で業務に当たれるような機会を設けています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー7  情報の保護・共有
  サブカテゴリー1  情報の保護・共有に取り組んでいる
  評価項目1 事業所が蓄積している経営に関する情報の保護・共有に取り組んでいる 実施状況
  標準項目1 情報の重要性や機密性を踏まえ、アクセス権限を設定している
  標準項目2 収集した情報は、必要な人が必要なときに活用できるように整理・保管している
  標準項目3 保管している情報の状況を把握し、使いやすいように更新している
  評価項目2 個人情報は、「個人情報保護法」の趣旨を踏まえて保護・共有している 実施状況
  標準項目1 事業所で扱っている個人情報の利用目的を明示している
  標準項目2 個人情報の保護に関する規定を明示している
  標準項目3 開示請求に対する対応方法を明示している
  標準項目4 個人情報の保護について職員(実習生やボランティアを含む)が理解し行動できるための取り組みを行っている
講評
個人情報に関わる機密性の高い情報についてはアクセス制限や施錠管理を徹底しています

園のパソコンにはアクセス制限が設けられ、それぞれパスワードが付与されています。機密性の高い情報は園長専用のパソコンで管理され、インターネットへの接続も限られたパソコンのみとしています。児の個人情報に関わる児童票やデジタルカメラを持出す際は、必ず園長、主任に口頭で報告し、かつ持ち出し簿にも名前と時間を記録に残し、紛失や情報漏えいのないよう持ち出し・返却の管理を行っています。会議で使用した内容は持ち帰らず、回収してシュレッダーにかけ、個人情報に関わる資料は施錠できる保管庫にて管理を徹底しています。

個人情報の取り扱いについては、区の方針や研修等を通して注意喚起を図っています

個人情報の取り扱いについては、区共通のフォーマットを用いて、保護者と同意書の取り交わしを行っています。区の個人情報保護の方針に準じた対応に努めています。個人情報に関する事故が他園であれば、会議で議題として取り上げ、手順を確認したり、セキュリティー研修を行い、定期的な注意喚起を図っています。また、職員に対しては入職時に誓約書を取り交わし、職場体験を行う学生に対する個人情報の取り扱いについても、誓約書を取り交わし、注意事項の確認を行っています。


※実施あり:、実施なし:×、非該当:-  
カテゴリー8  カテゴリー1~7に関する活動成果
  サブカテゴリー1  前年度と比べ、事業所の方向性の明確化や関係者への周知、地域・社会への責任の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー1:「リーダーシップと意思決定」
・カテゴリー2:「経営における社会的責任」
・カテゴリー4:「計画の策定と着実な実行」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
"リズム遊び"を新たに取入れたことで、地域交流の参加者が増えました
地域交流事業として、園庭開放や育児相談、ふれあい給食の提供等を行っています。参加者にはアンケートを取り、地域の子育て家庭がどういったことを園に求めているのかを把握することが出来ました。その声に応える形で、"リズム遊び(リズムであそぼう)"を新たに取入れました。毎月5~8名程度の参加者ですが、リズム遊びを実施した月は約3倍の参加者となっています。なかなか自宅では体験できない活動を地域交流事業として実施したことで、地域の子育て家庭にも好評であったと推察されます。 
  サブカテゴリー2  前年度と比べ、職員と組織の能力の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー5:「職員と組織の能力向上」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
交換保育やテーマ別研究会を通した、職員の資質向上に向けた取組みを強化しました
委託園となって4年目を迎えました。法人の理念や公立園としての水準維持を職員に丁寧に伝えながら、職員が一丸となり保育実践を行っていきました。日々の保育の中で、子どもが育つ実感を感じながら、職員一人ひとりが主体的に保育を組み立て、働きかけられるようになり、職員の専門性についても徐々に高まってきていると、経営層は捉えています。今年度はさらに自らの保育を振り返る機会として、他クラスに入る交換保育を取り入れ、他クラスの保育や児の成長をみることで、より広い視野で業務に当たれるような取組みを始めました。さらに、職員を小グループに分けたテーマ別研究会を立ち上げるなど、職員の資質向上に向けて取組みがより強化されました。 
  サブカテゴリー3  前年度と比べ、福祉サービス提供プロセスや情報保護・共有の面において向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、以下のカテゴリーで評価される部分について、改善を行い成果が上がっている
・カテゴリー6:「サービス提供のプロセス」
・カテゴリー7:「情報の保護・共有」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
遊ぶ空間と食事の空間を分けたランチルームの取組みをはじめました
今年度からホールをランチルームにした食事を4・5歳児で実施しました。遊ぶ空間と食事の空間を分けて、落ち着いた雰囲気のなかで食事が出来るようにしました。児は当番活動として、スモック・帽子を被り職員と一緒に、椅子やコップ、お茶くみ、スプーンを置く等の配膳準備を行います。メニューによって栄養士の話があり、魚メニューでは等身大の魚の写真や切り身と骨の絵を見せ食育指導をしており、食に対して関心を持たせる取り組みも実践しています。 
  サブカテゴリー4  事業所の財政等において向上している
  評価項目1 財政状態や収支バランスの改善へ向けた計画的かつ主体的な取り組みにより成果が上がっている
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
予算の効果的な執行として、保育環境の充実を図っています
日々の経費を削減しながら、保育環境の充実を図るために効果的な予算の実行に努めています。置き遊具の設置や玩具の購入等に還元し、保育サービスの向上につながりました。 
  サブカテゴリー5  前年度と比べ、利用者満足や利用者意向の把握等の面で向上している
  評価項目1 前年度(比較困難な場合は可能な期間で)と比べて、利用者満足や以下のカテゴリーで評価される部分において改善傾向を示している
・カテゴリー3:「利用者意向や地域・事業環境などの把握と活用」
評価結果 改善に向けた計画的な取り組みが行われており、成果として現れている
保護者の声を踏まえた、行事のブラッシュアップを図っています
大きな行事ごとにアンケートを取り、次年度に生かして、行事のブラッシュアップを図っています。昨年度は保護者主体で行ったこども縁日について、保護者の負担軽減を図ることも踏まえ、子ども主体で実施する内容に見直しました。お店屋さんごっこの延長線として、年長児が出店をだし、子ども目線で楽しめる内容となりました。園では、保護者の声も尊重するとともに、子どもの育ちを大事にした行事を行えるように取組んでいます。 

Ⅵ サービス提供のプロセス項目(カテゴリー6)

カテゴリー6 サービス提供のプロセス
  サブカテゴリー1 サービス情報の提供
  評価項目1 利用希望者等に対してサービスの情報を提供している 実施状況
  標準項目1 利用希望者等が入手できる媒体で、事業所の情報を提供している
  標準項目2 利用希望者等の特性を考慮し、提供する情報の表記や内容をわかりやすいものにしている
  標準項目3 事業所の情報を、行政や関係機関等に提供している
  標準項目4 利用希望者等の問い合わせや見学の要望があった場合には、個別の状況に応じて対応している
講評
パンフレットやホームページで利用者が知りたい情報を広く伝えています

パンフレットには園の方針や保育の内容について、分かりやすく記載されています。ホームページには園の概要や地域事業の具体的な日程と内容が情報提供され、写真からは行事の様子や園内の雰囲気も伝わるような配慮がなされています。これらの情報が、初めて来園する家庭も安心して参加することに役立ち入園を考えている保護者にとっては保育内容を知るうえで有効なものとなっています。併せて、同じ法人の子育て広場や学童保育、放課後等デイサービスについての案内もなさています。

入園のしおりは利用者の視点に立って写真を使ったわかりやすい内容となっています

しおりには、園が大切にしていることや約束事、持ち物の説明等の入園に向けて利用者が知りたい内容が写真を使ってわかりやすく説明されています。室内玩具や保育の様子も紹介され、実際の園生活をイメージしやすい工夫があります。また、入園した年齢だけの事ではなく、0歳~6歳までを見通せるような内容になるよう配慮され園全体のことがわかるようなものとなっています。面接時に直接説明を聴けなかった人もこれを見ることで情報を共有できるということを考えて作られています。

見学者の受け入れは園の様子がわかる時間帯で曜日を決めて対応しています。

見学者の受け入れは、毎週水曜日の午前中に4・5組毎で園長が対応しています。この曜日は、園児の保護者の保育参加の曜日にあてている為、その様子を見てほしいという思いと日にちを限定することで園児の生活も大切にしながら行うことの配慮があります。園児が主活動をしているところを見ることで、より園の様子を見て体験もできるような受け入れ体制を整えています。入園前に用意する物を、実際に使っている様子を見ることで準備しやすくなるように説明しながら見学を進めています。


  サブカテゴリー2 サービスの開始・終了時の対応
  評価項目1 サービスの開始にあたり保護者に説明し、同意を得ている 実施状況
  標準項目1 サービスの開始にあたり、基本的ルール、重要事項等を保護者の状況に応じて説明している
  標準項目2 サービス内容について、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目3 サービスに関する説明の際に、保護者の意向を確認し、記録化している
  評価項目2 サービスの開始及び終了の際に、環境変化に対応できるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 サービス開始時に、子どもの支援に必要な個別事情や要望を決められた書式に記録し、把握している
  標準項目2 利用開始直後には、子どもの不安やストレスが軽減されるように支援を行っている
  標準項目3 サービスの終了時には、子どもや保護者の不安を軽減し、支援の継続性に配慮した支援を行っている
講評
入園面接は園長が行い、これまでの生活や家庭の思いを丁寧に聴き取りをしています

入園面接では、入園前の家庭での過ごし方や子どもの様子や保護者の思い(どんなふうに育てたいか、子育てにおいて大切にしている事等)を丁寧に聴き取るように心がけています。児童票は事前に家庭に送付し、面接前に必要事項を記入してもらいそれに沿って聴き取りを行います。入園後、安心して過ごせるように愛称(家庭での呼び名)や寝つきの際の癖や安心できる寝入り方、食事の形態も確認をするようにしています。聴き取った情報は看護師・栄養士・担当保育士で連携し記録に残して保育に活かしています。

慣れ保育は、初日に親子一緒に行い無理なく環境に慣れていけるようにすすめます

乳児クラスの受け入れについては、入園初日に親子一緒で登園してもらい食事を一緒に食べ、遊びや睡眠などの対応について実際の様子を見て体験することで安心して預けることができるようにすすめています。食事の試食をすることでまだ食べていない食材等の話が上がれば、栄養士とも話ができるように調整をしています。慣れ保育の日程については、子どもの様子と保護者の仕事の都合を考慮して期間を決めるよう、柔軟な対応がなされています。新年度の受け入れ準備では、クラスのレイアウトや人員配置についても話し合いを重ねています。

年長児については、就学を見据えた活動が計画的に進められています

年長児は就学に向けての期待や喜びが持てるように、年間を通して計画的に近隣小学校との交流を持っています。近隣の小学校が、構内見学や給食の配膳の見学をする機会も作ってくれることで、少しずつ小学校生活に見通しを持つことができる取り組みがあります。日々の保育の中でも、雨の中を傘をさして列になって歩くというプログラムを実施する事で登校時をイメージした活動などをする工夫があります。職員は、練馬区の幼稚園・保育園・小学校の関係者が集まる機会に積極的に参加をして情報交換等を行い、情報の共有に努めています。


  サブカテゴリー3 個別状況に応じた計画策定・記録
  評価項目1 定められた手順に従ってアセスメント(情報収集、分析および課題設定)を行い、子どもの課題を個別のサービス場面ごとに明示している 実施状況
  標準項目1 子どもの心身状況や生活状況等を、組織が定めた統一した様式によって記録し把握している
  標準項目2 子どもや保護者のニーズや課題を明示する手続きを定め、記録している
  標準項目3 アセスメントの定期的見直しの時期と手順を定めている
  評価項目2 子どもの様子や保護者の希望、関係者の意見を取り入れた指導計画を作成している 実施状況
  標準項目1 計画は、保育課程を踏まえて、養護(生命の保持・情緒の安定)と教育(健康・人間関係・環境・言葉・表現)の各領域を考慮して作成している
  標準項目2 計画は、子どもの様子や保護者の希望を尊重して作成、見直しをしている
  標準項目3 計画を保護者にわかりやすく説明している
  標準項目4 計画は、見直しの時期・手順等の基準を定めたうえで、必要に応じて見直している
  標準項目5 計画を緊急に変更する場合のしくみを整備している
  評価項目3 子どもに関する記録が行われ、管理体制を確立している 実施状況
  標準項目1 子ども一人ひとりに関する必要な情報を記載するしくみがある
  標準項目2 計画に沿った具体的な支援内容と、その結果子どもの状態がどのように推移したのかについて具体的に記録している
  評価項目4 子どもの状況等に関する情報を職員間で共有化している 実施状況
  標準項目1 計画の内容や個人の記録を、支援を担当する職員すべてが共有し、活用している
  標準項目2 子どもや保護者の状況に変化があった場合の情報を職員間で共有化している
講評
園の方針を大切にしながら、連続性を大切にした保育計画が立てられています

保育課程を基にした年間指導計画があり、クラス毎に月の指導計画を立てています。毎月振り返りをしてまとめて見直し、次月に活かす為の話し合いが丁寧に行われています。また、家庭との個人面談で出された意向や情報についてもその中で共有し、個別計画の中に反映させていきます。子ども一人ひとりの心身の発達や生活状況については、乳児は毎月、幼児は1年を4期に分けて期ごとにまとめています。それらの中で、全体で話し合ったほうが良いことについては、主任やリーダーが会議の場に持ち寄り全体で共有する仕組みが整っています。

保育内容については、毎月の「園だより」と「クラスだより」で家庭に伝えています

毎月の園だよりは園全体の動向がわかるように、前月の様子と今月の予定、実習生についてなどの情報が記載され、時には保護者からの声が紹介される場合もあります。クラスだよりに「すくすくポイント」というわかりやすい表現を用いて月のねらいを発信しているのは、それを共有することで子どもの成長を一緒に支えていきましょうという園の思いの表れです。「栄養だより」と「保健だより」にはその季節に合った内容が盛り込まれ、栄養だよりには保育園で人気のメニューが紹介される事もあり好評を得ています。

緊急の課題や日々の情報についても職員間での情報共有についての工夫があります

保護者からの要望や事故・怪我などのトラブルについては、担当職員からリーダーに報告がなされ、主任・副園長・園長と情報が共有される仕組みが構築されています。それにより園の方針が変わることなく丁寧な対応が保たれています。リーダー会は定例の会議の他に、緊急時にも召集されて問題解決に向けての園の方針を決定し速やかな対応できるよう努めています。一日の情報が全ての職員で共有される為に、クラスの人数やその日の活動、職員の動向・来客・誕生日の子どもまでもが記載されている連絡体制簿が活用されています。


  サブカテゴリー4 サービスの実施
  評価項目1 子ども一人ひとりの発達の状態に応じた援助を行っている 実施状況
  標準項目1 子ども一人ひとりの発達の過程や生活環境などにより子どもの全体的な姿を把握している
  標準項目2 子どもが主体的に周囲の人やものに働きかけることができるよう、環境構成を工夫している
  標準項目3 子ども同士が年齢や文化・習慣の違いなどを認め合い、互いを尊重する心が育つよう援助している
  標準項目4 特別な配慮が必要な子ども(障害のある子どもを含む)の保育にあたっては、他の子どもとの生活を通して共に成長できるよう援助している
  標準項目5 発達の過程で生じる子ども同士のトラブル(けんか・かみつき等)に対し、子どもの気持ちを尊重した対応をしている
講評
連絡帳や乳児は月の個別指導計画幼児は期毎の個別計画を作成し児の姿を把握しています

全クラスに連絡帳があり、家庭と園での様子を把握し、児に応じた保育に繋げています。乳児は、個別に月の指導計画を作成しており、子どもの姿・育てたい姿・配慮を領域ごとの項目で細かく記録化し、一人ひとりの発達に応じた保育を実践しています。幼児も期ごとに個別計画を作成し、子どもの姿・育てたい姿・配慮を生活と領域の項目で記録化しています。保育を振り返り次月に繋げており、児童票の記録と合わせて丁寧に子どもと関わる保育が構築されています。

コーナー保育はクラスの発達や興味等に応じた遊具を揃え自ら遊び込める環境構成です

全クラスにはコーナーが設定され、低い棚や、キッチンセット・ドレッサー・丸テーブルと全て木製で統一されています。遊具は手作りのバックやおぶいひも人形の服等があり、パズルや指先の遊具はクラスの発達に応じたものが設定されています。幼児の保育室には、積み木遊びのコーナーがあり、毎日継続して遊べる空間があります。また、遊びの様子を見て玩具の入れ替えを行い、子ども達が自分で遊びを見つけ遊び込める環境構成に力を入れています。棚の中の玩具は、かごに整理され写真で場所を示し元の場所に戻しやすい配慮があります。

幼児は兄弟すずめの異年齢交流を図っています

幼児クラスは、4月から兄弟すずめの異年齢交流を図っています。3・4・5歳児が一人ずつ3人グループになり、全体で3グループを作り担当保育士は固定です。年間活動計画を作成し4月は顔合わせ・散歩・グループ散歩・リズム・荒馬・夏の遊び・運動会練習・リース制作・会食等月に2・3回実施しています。日誌は異年齢交流用の用紙に記録化しています。保育目標に掲げている異年齢の中で子ども同士の育ちあいや、人と関わる力を育くんでいます。4・5歳児のホールでのランチや園庭遊びの中でも自然な交流が図られています。

  評価項目2 家庭と保育所の生活の連続性を意識して保育を行っている 実施状況
  標準項目1 登園時に、家庭での子どもの様子を保護者に確認している
  標準項目2 発達の状態に応じ、食事・排せつなどの基本的な生活習慣の大切さを伝え、身につくよう支援を行っている
  標準項目3 休息(昼寝を含む)の長さや時間帯は子どもの状況に配慮している
  標準項目4 お迎え時に、その日の子どもの状況を保護者一人ひとりに直接伝えている
講評
登園時には目視と連絡帳や口頭でも確認し、お迎え時は園での様子を伝えています

朝保育の受け入れでは、登園時に連絡帳と目視・口頭で、健康面等の確認をし伝言がある時は朝夕ノートに記録しています。8時の時点で各クラスの担任が揃うので、保護者と顔を合わせ、確認し、受け入れています。降園時は、18時30分までクラス保育なので担任から一日の様子を報告しています。複数担任なので、職員のシフトをクラスの中でダブらない様に調整しており、担任がいることで、保護者の安心感や信頼関係を構築しています。園の工夫があり良いシステムとして評価できます。

乳児は担当制で、食事・排泄は同じ手順で行い児の意欲を生活習慣に繋げています

乳児クラスは担当制で保育をしており、、食事・排泄・午睡等日々の生活を同じ手順で行うことで、保育士の声掛けや励ましで自らの意欲を引き出し生活習慣が身につくよう支援しています。生活の場面はクラスだよりに写真と様子を記載したり、食事の様子を写真とコメントをつけ、クラスの掲示板に掲載し保護者に園での様子を伝え共育てをしています。乳児は、オムツがえの場所をコーナーで仕切りプライベートゾーンの配慮があります。乳児から羞恥心についても育てています。連絡帳や保護者と直接話し生活習慣が身につくよう支援しています。

児の状況に応じた午睡の配慮をしています

0歳児は連絡帳を基に家庭での睡眠時間や体調を確認し、児の生活リズムに合わせ、午前寝・夕寝の配慮をしており0歳児室は、月齢で2グループに分かれて保育をしています。低月齢児の睡眠の部屋があるので安心して眠れ、体調がすぐれない子も個別の保育が出来る環境があります。午睡チェック表は0歳児は個別に5分毎で確認しています。1歳児からは10分毎で、園児数・異常・特記事項・担当の書式で実施していますが、乳児は午睡中の事故予防のためにも、個別の記録化が望まれます。

  評価項目3 日常の保育を通して、子どもの生活や遊びが豊かに展開されるよう工夫している 実施状況
  標準項目1 日常の保育の内容は保育目標を反映して構成されている
  標準項目2 子どもの自主性、自発性を尊重し、遊びこめる時間と空間の配慮をしている
  標準項目3 子どもが、集団活動に主体的に関われるよう援助している
  標準項目4 戸外・園外活動には、季節の移り変わりなどを感じとることができるような視点を取り入れている
講評
園目標から年間指導計・月指導計画を作成し、保育が構築されています

園目標「健康な子ども・意欲的で心豊かな子ども・自分で考え行動する子ども」を基に、一人ひとりを大切にするための保育を行っています。遊びを通して豊な心を育み、子ども同士の育ちあいを大切に保育を実践しています。保育課程から年間・月・週指導計画に連動した保育が構築されています。また、主体的に遊べる環境として、積み木、ごっこ、絵本、手を使う、ルールーのある遊び、描画・制作と発達にあったコーナーの設定で想像・思考・構成・集中力、人間関係を育んでいます。

外部講師によるリズム・絵画指導があり子ども達が楽しみにしている活動です

園では外部講師を招き、豊かな保育実践につなげています。リズムは2歳~5歳児を対象につき1回実施し、リズム運動を通して、しなやかな体づくりを行っています。絵画指導は、4、5歳児対象に、月1回実施し、描画や造形表現活動を通して、作品を作る楽しさを味わえるようにしています。

公園マップを作成し、五感で季節を体感しています

園は、団地の1階にあり近隣は緑が多く、公園も多数あり、乳児・幼児の発達にあった活動を行うことが出来ます。散歩先での注意点・ルート等公園の写真を載せた公園マップがあり、目的に合わせて活用しています。一日1回は園外に出かけており、天気・雨天時にも出かけ自然事象や、季節を体感しています。また、園庭には季節の花を植えたり、プランターでの野菜栽培と季節感を体感できる環境にも力を入れています。

  評価項目4 行事等を通して、日常の保育に変化と潤いを持たせるよう工夫をしている 実施状況
  標準項目1 みんなで協力し、やり遂げることの喜びを味わえるような行事等を実施している
  標準項目2 子どもが興味を持ち、自ら進んで取り組めるような行事等を実施している
  標準項目3 行事等を行うときは、保護者の理解が得られるような工夫をしている
  標準項目4 保育所の行事に地域の人の参加を呼び掛けたり、地域の行事に参加する等、子どもが職員以外の人と交流できる機会を確保している
講評
0歳クラスから運動会に参加し、発達に合った取り組みを行っています

運動会は近隣の小学校の校庭で土曜日に、0歳児からの参加で保護者や地域の人を含め、500人くらいが集まり、各年齢の発達に合わせた取り組みを行っています。オープニングは年長児の荒馬で始まり、乳児は親子で楽しめる競技となっています。幼児は個々が目標に向けて取組み、成就感や達成感を体感できるようにしています。

行事等に向けてのお便りや、取り組みの様子を写真とコメントを載せ掲示しています

園では、年間行事予定表を年度初めに保護者に配布しています。園で行う季節の伝承行事は取り組みの様子をその日のエピソードとして連絡帳に印刷したり、集会の様子を写真とコメントをつけクラスごとに掲示しています。また、荒馬を保育活動に取り入れた経緯や講師による荒馬の踊りの写真を保護者に情報提供しています。運動会や大きくなった会等保護者参加のものはクラスの取り組み状況や直前号を出し、期待感や安心感を持たせています。

年長児は小学校や近隣委託園児との交流を積極的に行っています

年長児の小学校との交流は、近隣園児と一緒に、秋まつりの招待で1年生と遊んだり、作品展の見学・公開授業と校内案内や給食の配膳の様子を見学する機会を設けています。就学に向けて期待を持たす良い取り組みとなっています。また、今年度は小学校の教師が保育園に来て実習を行い、乳児・幼児の生活や活動を知ってもらうことで、保小連携に役立つ取組みとなっています。近隣委託園の年長児とプレーパークの交流もあります。

  評価項目5 保育時間の長い子どもが落ち着いて過ごせるような配慮をしている 実施状況
  標準項目1 保育時間の長い子どもが、くつろげる環境になるよう配慮をしている
  標準項目2 年齢の違う子どもとも楽しく遊べるような配慮をしている
  標準項目3 子どもの様子を確実な方法により職員間で引き継いでいる
  標準項目4 お迎え時には、子どもの日中の様子(担任からの引き継ぎ事項等を含む)を保護者に直接伝えている
講評
18時30分まで、クラス別保育を行い、ゆった過ごせるようにしています

職員の出勤シフトをクラス別にし、各クラスの運営を円滑にしてしています。18時30分まで、クラス保育をしているので、落ち着いて過ごしており、担任から日中の子どもの様子を伝えています。

夕保育用の遊具や、異年齢で遊べるよう工夫しています

保育時間が長いので、夕保育は日中の保育と雰囲気を変えリラックスできる環境構成にしています。夕保育は、0・1歳児用コーナーと2歳児からのコーナーに分け、遊具も子どもの様子に合わせて見直し、夕保育を楽しみに出来るように工夫しています。また、夕保育はメンバーも同じなので、好きな友達や異年齢で遊ぶ中で思いやりやお世話をする気持ちが育まれています。

クラスの申し送りノートで引き継ぎ、お迎え時に子どもの様子を伝えています

夕保育は3歳児室で過ごし、補食と夕食はコーナーで分かれて食べています。各クラスの申し送りノートで引き継いでおり、朝・夕別の項目で伝達事項欄があり、記録化しています。延長の担当者に各クラス簿を引き継ぎ、お迎えが来たらチェックで確認しています。延長簿には、クラス名当番名・保育補助名・保護者からの連絡欄があり、翌日引き継ぐものはメモで朝保育に引き継いでいます。

  評価項目6 子どもが楽しく安心して食べることができる食事を提供している 実施状況
  標準項目1 子どもが楽しく、落ち着いて食事をとれるような雰囲気作りに配慮している
  標準項目2 メニューや味付けなどに工夫を凝らしている
  標準項目3 子どもの体調(食物アレルギーを含む)や文化の違いに応じた食事を提供している
  標準項目4 食についての関心を深めるための取り組み(食材の栽培や子どもの調理活動等)を行っている
  標準項目5 保育所の食育に関する取り組みを、保護者に対して伝える活動をしている
講評
4・5歳児は配膳当番があり、ホールのランチルームで食事をしています

今年度から4・5歳児はホールをランチルームにして食事をしています。遊ぶ空間と食事の空間を別にし落ち着いた雰囲気で食事が出来ています。当番活動として、スモック・帽子を被り職員と一緒に、椅子やコップ、お茶くみ、スプーンを置く等の配膳準備をし、クラスごとに揃ったら挨拶をし食事をします。おかわりコーナーを設けてあり、自分で食べられる量を決めて、おかわりすることが出来ます。

温かいご飯・汁物の提供や、年長児は誕生日のバースディランチがあり好評です

食事は決まった場所で食べており、おしぼりは保温バックに入れ温かいものを使用と細かい配慮があります。おひつからご飯や、お鍋から汁物をよそい、温かい食事の提供をして家庭に近い環境を工夫しており、調理との連携で良い取り組みとして評価できます。また、年長児は児の誕生日にバースディランチがあり、好きな車・動物等をリクエストし、当日の食材を工夫して盛り付けワンプレートに乗せて食べており4歳児は年長児になることへの期待感がもてます。

野菜を栽培・収穫し、食材にしたり、食育の様子を栄養だよりや掲示で伝えています

栄養士による食育年間指導計画があり、年齢や児に応じた食具やマナーの指導を実践しています。園庭でトウモロコシ・かぼちゃ等夏野菜の栽培・収穫をしたり、年長児は区の農園を借り、春はジャガイモの栽培・収穫からピーラーで皮むきし食材にしたり、秋は大根の種まきから栽培し、収穫したものを持ち帰り、おでん作りをしています。様子は写真とコメントを付けクラス前の廊下に掲示しています。

  評価項目7 子どもが心身の健康を維持できるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 けがや病気を防止するため、日頃から身の回りの危険について子どもに伝えている
  標準項目2 医療的なケアが必要な子どもに対し、専門機関等との連携に基づく支援を行っている
  標準項目3 保護者に対して感染症や乳幼児突然死症候群(SIDS)等に関する情報を提供し、予防に努めている
講評
看護師による、健康・安全の保健指導を定期的に実施しています

看護師による保健年間指導計画が作成され、月毎に生活習慣の大切さとして、うがいの仕方、手洗い、歯磨き指導を行っています。クラスを巡回指導したり、幼児は集会形式で話や紙芝居を実施し、健康について関心を持たせています。

個別に対応が必要な児に専門機関と連携するしくみがあります

個別に対応が必要な児については、看護師が一覧表を作成し、職員間で共有理解しています。食物アレルギー児の一覧表は個別に記録化しており、除去するもの、指示書・予薬依頼書をファイル化し、熱性けいれん児の一覧表は座薬預かり児・預かり薬・使用時の注意、肘内症、既往児、喘息、ステロイド等が記録化され、各クラスの出席簿に添付し緊急時の対応が出来るよう周知しています。

感染症やSIDSの情報提供をし、保健だよりで保護者に予防を啓発しています

感染症が発症した時は、事務所前の廊下のほけんコーナーに、感染症名・発症の日・クラス・人数・症状・潜伏期などを掲示しています。また、保健だよりでも前月の罹患状況を掲載し、保護者に予防の啓発をしています。職員間では、看護師による下痢・おう吐の処理の研修や専門家による心肺蘇生・誤飲の研修をし全員が実践できるようにしており、職員間の危機管理が徹底されています。

  評価項目8 保護者が安心して子育てをすることができるよう支援を行っている 実施状況
  標準項目1 保護者には、子育てや就労等の個々の事情に配慮して接している
  標準項目2 保護者同士が交流できる機会を設けている
  標準項目3 保護者と職員の信頼関係が深まるような取り組みをしている
  標準項目4 保育所の保育に関して、保護者の考えや提案を聴く機会を設け反映させている
  標準項目5 子どもの発達や育児などについて、懇談会や勉強会を開催し、保護者との共通認識を得る取り組みを行っている
講評
園で用意のエプロンやおしぼり預かり、保護者の負担を軽減しています

園は年度初めに、乳児は白色のおしぼりを10枚預かり、園で管理、洗濯しています。0、1歳児のエプロンは園で用意し、使用、洗濯しています。長時間保育を利用する保護者が多く、家庭の負担軽減を図ることを目的に、親子の時間を大切に出来るように配慮しています。

保育参加等で保護者との信頼関係が構築されています

玄関脇の廊下に貸し出し絵本コーナーがあり、壁には今月の誕生児の写真とバースディケーキや掲示コーナーがあります。保育参加は年間を通し毎週水曜日に保護者の都合に合わせ実施しており、保護者が選んだ絵本を子ども達に読み聞かせをしてもらったり、一緒に散歩やリズム遊びなどを体感してもらい、クラスの取り組みや理解につながるようにしています。

卒園児の保護者から小学校の話を聞く会や、保護者会で懇談の場を設けています

卒園児の保護者1名を招き、年長の保護者が小学校の様子を聞くミニ学習会を実施しています。卒園児も年に4回、園に遊びに来て、子どもを真ん中に、保護者、職員の交流を図っています。保護者会は、年2回実施し、懇談会では、クラスごとにテーマを決め、保護者間で情報交換をしたり、子どもの育ちについて、園と共育てをしています。

  評価項目9 地域のニーズに即した子育て支援を実施している 実施状況
  標準項目1 地域における在宅子育て家庭のニーズに応じた子育て支援事業を実施している
  標準項目2 地域における在宅子育て家庭同士が交流できるような支援を行っている
  標準項目3 提供している子育て支援事業の評価・見直しをしている
講評
在宅親子の支援「いっしょにあそびましょ」を月1回実施しています

在宅親子の支援「いっしょにあそびましょ」を月1回実施しています。今年度は、園庭遊びの他に、園の行事やリズムに参加の形で実施しています。家庭では味わえない伝統行事は好評で、参加者の要望からリズムを取り入れ、3歳児のリズムに16組の親子の参加がありました。

担当保育士が仲立ちになり、参加者が交流できるよう支援しています

「いっしょにあそびましょう」の担当は副園長が主で園長・事務職員で実施しています。ふれあい給食は、0歳児室で一緒に食べますが、栄養士が離乳食等の相談をうけ支援しています。また、園行事に参加の時はリピーターも多く、七夕、節分等、家庭では経験出来ない行事に参加し、体験できる場として園の特色が発揮でき、良い取り組みになっています。

実施後のアンケートや年度末の反省を次回に繋げています

「いっしょにあそびましょ」は、ホームページ・掲示板で知らせています。参加者には、毎回アンケートを取り、感想・意見・要望を把握しています。リズム遊びは好評で参加者も多く、体験型の内容も充実したものになっているようです。職員間で共通理解し、実施していますが、今後は、開催日の増加や情報提供の更なる工夫をするなかで、より充実した活動になるよう期待します。


  サブカテゴリー5 プライバシーの保護等個人の尊厳の尊重
  評価項目1 子どものプライバシー保護を徹底している 実施状況
  標準項目1 子どもに関する情報(事項)を外部とやりとりする必要が生じた場合には、保護者の同意を得るようにしている
  標準項目2 子どもの羞恥心に配慮した支援を行っている
  評価項目2 サービスの実施にあたり、子どもの権利を守り、子どもの意思を尊重している 実施状況
  標準項目1 日常の保育の中で子ども一人ひとりを尊重している
  標準項目2 子どもと保護者の価値観や生活習慣に配慮した支援を行っている
  標準項目3 虐待防止や育児困難家庭への支援に向けて、職員の勉強会・研修会を実施し理解を深めている
  標準項目4 子どもの気持ちを傷つけるような職員の言動、虐待が行われることのないよう、職員が相互に日常の言動を振り返り、組織的に防止対策を徹底している
  標準項目5 虐待を受けている疑いのある子どもの情報を得たときや、虐待の事実を把握した際には、組織として関係機関に連絡し、その後も連携できるような体制を整えている
講評
羞恥心に配慮した環境設定が丁寧に整えられ、子どもにもわかりやすく伝えています

プール活動の時にはすだれを配置して遊んでいる様子が見えにくいような配慮があり、着替えの仕方も裸にならないように行うような手順を具体的に伝えています。乳児の排泄については、一斉にトイレに向かうことはせず遊びの切れ目のタイミングで個々に声をかけ一人ずつ誘っています。子どもたちはその年齢なりに少しずつ羞恥心について身についていきます。各クラスにはプライベートゾーンに配慮された空間が設定されていて、おむつ替えや着替えなどは友達に見られることなく安心して行えるような環境が整えられています。

一人ひとりを大切にする保育を目指し、日々の保育や行事の中で実践しています

職員に期待する事・持ってほしい使命感に一人ひとりを大切にする事があげられています。会議の中でもそのことをいつでも中心に置きながら話し合いを進めていきます。行事では、一人ひとりの力が発揮されて活躍できるように内容を考え、みんなで成長を喜び合えることを大切にしています。

個人情報は保護者に同意書を提出してもらい丁寧に取り扱っています

入園のしおりの中には「個人情報について」というページがあり、園生活で起こる細かな場面ごとにその取扱いについて基本的な対応について明記されています。特に写真の取り扱いについては家庭の立場に立ってわかりやすく説明され、理解を得るように努めています。併せて、個人情報管理規定、個人情報の利用目的に定められたルールを入園面接の際に説明し同意書の提出をお願いしています。職員もその取扱いに対する意識が高く、外に持ち出さないことなどが徹底されています。


  サブカテゴリー6 事業所業務の標準化
  評価項目1 手引書等を整備し、事業所業務の標準化を図るための取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 手引書(基準書、手順書、マニュアル)等で、事業所が提供しているサービスの基本事項や手順等を明確にしている
  標準項目2 提供しているサービスが定められた基本事項や手順等に沿っているかどうか定期的に点検・見直しをしている
  標準項目3 職員は、わからないことが起きた際や業務点検の手段として、日常的に手引書等を活用している
  評価項目2 サービスの向上をめざして、事業所の標準的な業務水準を見直す取り組みをしている 実施状況
  標準項目1 提供しているサービスの基本事項や手順等は改変の時期や見直しの基準が定められている
  標準項目2 提供しているサービスの基本事項や手順等の見直しにあたり、職員や保護者等からの意見や提案、子どもの様子を反映するようにしている
  標準項目3 職員一人ひとりが工夫・改善したサービス事例などをもとに、基本事項や手順等の改善に取り組んでいる
  評価項目3 さまざまな取り組みにより、業務の一定水準を確保している 実施状況
  標準項目1 打ち合わせや会議等の機会を通じて、サービスの基本事項や手順等が職員全体に行き渡るようにしている
  標準項目2 職員が一定レベルの知識や技術を学べるような機会を提供している
  標準項目3 職員全員が、子どもの安全性に配慮した支援ができるようにしている
  標準項目4 職員一人ひとりのサービス提供の方法について、指導者が助言・指導している
  標準項目5 職員は、わからないことが起きた際に、指導者や先輩等に相談し、助言を受けている
講評
日々の保育や様々な業務について、手順を定めたマニュアルが整えられています

保育の一つひとつの場面についての細かな手引書が整備されている事で、園が大切にしていることが変わることなく保たれ、困ったときには見返し確認することができます。事務室の決められた場所にきちんと整頓されていることで、知りたい情報をすぐに見つけることができます。各保育室にも、日常的に活用できるようマニュアルが整えられています。「会議の在り方」や、「早番遅番のトラブル発生時の対応」「プールの安全管理と諸注意について」等々、園独自のものが多くある事は業務内容について充分に考えている表れです。

他職種と協力して保育を工夫し進めています

各係やプロジェクトチームは自主的な活動をしています。用務職員の協力を得ながら子どもの食事用の椅子の足置きを作製したり季節にあった環境構成について配慮しています。給食で魚の切り身が出た時には、魚屋さんの手によってさばかれて食べやすい大きさになって食卓に上っていることをわかりやすく説明する等の工夫があります。少しの工夫で子どもたちの好奇心を刺激して興味を引き出しています。各クラスでは遊びのアイディアや環境設定について点検と見直しを行っています。

園内外の研修や各会議等でよりよい保育に向けて積極的な取り組みをしています

全体・幼児・乳児会議において各月で話し合う内容が計画的に組まれている為、議題が偏ることなく園全体のことから細かな日常の事や保育技術・季節の行事や環境設定の事までが話し合いにより方向性が決められていきます。全体会議では、毎回事故検証が議題としてあげられる事で園として事故防止に取り組む姿勢が表れています。園内研修では、互いの保育を知り気づきあう事を目的に「交換保育」を行ない荒馬やリズムなどの実技研修も外部講師を招き、より良い保育に向けての取り組みとなっています。