特集:福祉における「経営」を考える
3 今こそ福祉に「経営」を!
こうした状況下にあって、福祉サービス提供事業者に求められるのは、利用者に選ばれるために、しっかりとした「経営」を行っていくことです。特に、措置制度のもとでは、行政の指導と保護の下で「運営」をしてきた社会福祉法人においては、「経営」という観点でのノウハウが不足している面があります。

このような背景のもと、今、福祉サービス提供事業者には、自らの組織の理念や目的の実現に向けて、これまでの「運営体制」から、効率的な「経営体制」への変革、すなわち「経営改革」への取組みに着手することが求められているのです。