☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

  とうきょう福祉ナビゲーション メールマガジン 95号 2010.8.31

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

このメールマガジンは、メルマガにお申し込みをされた都民の方や、情報提供に協力して
頂いた都内の「とうきょう福祉ナビゲーション」(愛称:福ナビ)の登録事業者の皆様に
お送りしています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

◆目次◆

【財団からのお知らせ】
1.国際福祉機器展(H.C.R.2010)で当財団の出版物を販売します。
http://www.fukushizaidan.jp/htm/003tomin/03_tomin_new_booklist.html

2.「介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修【専門講習会】」の受講者を募集しています。
http://www.fukushizaidan.jp/htm/002zigyo/pdf/h22/theme2.pdf


【東京都・国等の関連情報】
1.第110回老年学公開講座「いくつになっても介護予防」が開催されます。
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/kouenkai_top.html

2.平成22年度第1回地域機関職員研修会開催のご案内
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/oshirase/10tiiki01/index.html

3.障害者雇用の「パネル展」「シンポジウム」が開催されます。
http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2010/08/21k8a100.htm

4.平成23年度「児童福祉週間」標語の募集について
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000m1a0.html

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【財団からのお知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.国際福祉機器展(H.C.R.2010)で当財団の出版物を販売します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 国際福祉機器展は、約20,000点の最新福祉機器を総合展示するものです。
当財団は、国際福祉機器展において、福祉機器や介護保険関連の出版物などを販売します。
ぜひお越しください。

*主催:全国社会福祉協議会、(財)保健福祉広報協会

*当財団の出版物の詳細は、こちらのホームページをご覧ください。
(受託販売出版物は、国際福祉機器展では一部販売しないものもあります。)
http://www.fukushizaidan.jp/htm/003tomin/03_tomin_new_booklist.html

*国際福祉機器展の詳細は、こちらのホームページをご覧ください。
http://www.hcr.or.jp/

*「福ナビ」では、福祉機器(福祉用具)情報を掲載しています。
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/kiki/hukusikiki_menu.html

*問い合わせ先
人材養成部 普及推進室[出版担当]
電話:03−5206−8732 FAX:03−5206−8742


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.「介護支援専門員のための福祉用具・住宅改修【専門講習会】」の受講者を募集しています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 多くの高齢者は『住み慣れた家で暮らし続けたい』と考えています。そのために生活環境の
整備は、重要な要素になります。介護支援専門員には、要介護高齢者等の心身の状況にあわせ、
福祉用具の導入を手段として、適切なケアプランの作成が求められています。今回は、福祉用具と
住宅改修について、専門的な知識や理解を深め高齢者や障害を持つ方々の視点にたって
住宅改修を学びます。

*主催:(財)東京都福祉保健財団

*日時:平成22年10月25日(月)9時30分から16時30分まで

*申込締切日:平成22年9月30日(木)※FAXまたはハガキにてお申し込みください。

*詳細はこちら→ http://www.fukushizaidan.jp/htm/002zigyo/pdf/h22/theme2.pdf

*問い合わせ先
人材養成部 普及推進室[地域支援担当]
電話:03−5206−8732 FAX:03−5206−8742



【東京都・国等の関連情報】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.第110回老年学公開講座「いくつになっても介護予防」が開催されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 わが国では、現在、介護予防に向けてさまざまな試みがなされています。今回の公開講座で
ご紹介するのもその一部です。人それぞれ向き不向き、好き嫌いがあって当然です。大切なのは、
ご自分に合ったやり方でやり続けること、関わりを維持すること、そして、それ自体に
充実感を感じることでしょう。

*主催:地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター 研究所(東京都老人総合研究所)
*後援:北区(予定)/(社)東京都老人クラブ連合会(予定)

*詳細はこちら→ http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/kouenkai_top.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.平成22年度第1回地域機関職員研修会開催のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 障害のある人が地域で暮らし続けるために、気軽に話し合える仲間=ネットワークをもっと
広げたいと思ったことはありませんか?
 今年度第1回目の地域機関職員研修会は「街での暮らしを支え続ける協働の仲間たち=
ネットワーク」というテーマで企画しました。杉並と小平のネットワークについて話題提供を
受けた後、小グループでのディスカッションを行う参加型の研修会です。
 今、自分の働く地域にあるネットワークを再確認し、これからどんなつながりを作って
いけるのか、一緒に話し合いましょう!

*主催:東京都心身障害者福祉センター

*詳細はこちら→ http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shinsho/oshirase/10tiiki01/index.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.障害者雇用の「パネル展」「シンポジウム」が開催されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 東京都及び東京しごと財団では、企業や都民に対して障害者雇用の機運を醸成し、障害者の
就業機会拡大を支援するため、9月の「障害者雇用支援月間」において、障害者の就業状況の
情報を発信していきます。
 東京しごとセンターでは、特設展示コーナーを開設し、都内の障害者の就業状況を広く
発信する「パネル展」を開催します!
 また、障害者雇用に関する法改正(本年7月施行)を踏まえて、障害者雇用の進め方や
企業の取組状況についての「シンポジウム」を開催します。
 なお、「シンポジウム」当日は、障害者が製造した「パン出張販売」も行います。

*主催:(財)東京しごと財団
*共催:東京都産業労働局

*詳細はこちら→ http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2010/08/21k8a100.htm


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.平成23年度「児童福祉週間」標語の募集について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 すべての子どもが個性豊かに、たくましく育っていけるような環境・社会を目指し、政府と
民間団体が、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めています。
 児童福祉週間には、博物館や科学館の入場料を減免したり、子ども向けイベントや子育て
応援イベントを開催するなどして、国民全体で子どもの健やかな成長を考えようという
取り組みが各地で開かれます。
 この児童福祉週間の平成23年度の標語を募集します。

*主催:厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、(財)こども未来財団

*詳細はこちら→ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000000m1a0.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*その他の最新情報は、「福ナビ」トップページからご覧いただけます。
http://www.fukunavi.or.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*財団情報

ウェルネスエイジ

皆様の自主的な健康づくりの場としてご活用いただける運動施設「ウェルネスエイジ」のご案内

*詳細はこちら→ http://www.fukushizaidan.jp/htm/010wellness/10well_index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--------------------------------------------------------------------------------
◆編集後記◆

 今号では、国際福祉機器展(H.C.R.2010)の開催についてお知らせいたしました。
第37回となる今回は、福祉施設の創意・工夫事例を発表する講座のほか、高齢者や障害者(児)
向けの特別企画が用意されています。(詳細は、下記のページをご参照ください。)
 「福ナビ」担当者も、本イベントに参加し、「福ナビ」のご紹介をさせていただく予定です。
ぜひ財団の出展ブースにお立ち寄りください♪

*ふくしのスキルアップ講座
http://www.hcr.or.jp/exhibition/skillup.html
*高齢者の生活を支えるプログラム
http://www.hcr.or.jp/exhibition/2010program_senior.html
*障害がある方や子どものためのプログラム
http://www.hcr.or.jp/exhibition/2010program_handicapp.html
--------------------------------------------------------------------------------
========================================
*「福ナビ」のメールマガジンサービスをお友達にご紹介ください!
メールマガジンの登録、解除、バックナンバーはこちらからです(^_^)v
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/contents/mailmagazine/melma.html
========================================
--------------------------------------------------------------------------------
*「福ナビ」にリンクしていただく際の、リンク用バナーを作成いたしましたので、
ご活用ください。ダウンロードは、こちらからどうぞ。
http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/contents/linkbanner/link_info.html
--------------------------------------------------------------------------------
========================================
◆問い合わせ先◆
(財)東京都福祉保健財団
   情報部 福祉情報室
電 話 03−5206−8733  FAX 03−5206−8743
ホームページ http://www.fukunavi.or.jp/
携帯電話 http://mobile.fukunavi.or.jp/fukunavi/keitai/
FAX(情報提供サービス) 03−5229−5304
メール fukushiit@fukushizaidan.jp
========================================